FC2ブログ

2008.11.18 (Tue)


テレ朝も麻生叩きで忙しい

打倒麻生の昨夜の報ステ

テレ朝「報道ステーション」(008/11/17)
内閣支持率↓29.6%
「麻生VS小沢」初会談と波乱政局


わずか30分の党首会談を終えて・・・

小沢代表
「『選挙より景気対策だ』と(麻生氏が)言ったのは、国民のみんさんに対する公約じゃないか」

この人が「民意」とか「国民」とか言うたびに鳥肌が立つ(これが正しい使い方)。
そう言う小沢代表こそ早期解散を叫んでいるという自己矛盾に気が付かない。


ナレーション
「麻生内閣の支持率も29.6%に急落。早くも危険水域に突入した。これは前任の安倍、福田内閣でも見られなかった事態だ」

ナレーション
「民主党は明日からの審議に応じない方針だ」

小沢
「国民を愚弄する筋が通らないやり方は総理として内閣として非常に適当ではない」

また国民か・・・

市田忠義(共産党書記長)
「双方とも迷走している」

福島みずほ(社民党党首)
「党首会談そのものが唐突だ。第二次補正を出さないから急に手のひらを返して応じていた採決をいや採決しないというのは理解できない」

あれれ、野党も一枚岩ではない。
ところが、番組は自民党内が一枚岩ではないと話を持っていく。


ナレーション
「自民党内は一枚岩とはいかず第二次補正予算の早期提出を求める声も上がっている」

そこで登場するのが山崎拓と加藤紘一の両氏!!

山拓
「臨時国会を延長してでも第二次予算案を通したほうがいい。民主党がそれに抵抗し続けるなら国民の批判は民主党に行くので解散総選挙は恐れずにやった方がいい」

あのう、「恐れずに解散総選挙する」とあなたは二度と赤絨毯を踏めなくなる恐れがあるのですが・・・

ナレーション
「報ステの11月15/16日の電話世論調査(調査対象1000人 有効回答率59.2)によれば
麻生内閣を支持しない(46.8% +9.5)が支持する(29.6% -13.2%)を上回った。
総理就任から2ヵ月足らずで内閣支持率は危険水域とされける3割を割り込んだ。
自民党の支持率も前回より5ポイント以上下がり、民主党との差を縮める結果となった」

民主党も0.5ポイント下がった事には一切触れない偏向ぶり。
支持なし、分からないが4.3ポイント上がった事にも触れない。
もっともこの590人の調査の妥当性もいかがわしいが。


加藤紘一
「3割切るとやっぱり心配だ。いずれにしろ一年以内に選挙があるわけだから、言葉が軽く見えてしまう。それが一番重要な今のポイントだ」

山拓にせよ、加藤紘一にせよ、もう終った政治家をなぜテレ朝は登場させるのか。

星浩(朝日新聞編集委員)
「3割を切ると政争が起きる。自民党内の内紛の始まりを感じる。自民党内で麻生さんに対する反発、不満が急速に高まる」

ナレーション
「支持率急落は定額給付金が迷走に迷走を重ねたためだ。定額給付金を支持しないが60%で支持するが28%だ」

他局では逆に6割が賛成という数字が出ている。

ナレーション
「給付の判断を市町村に押し付けたことに対して適切でないが70%、適切が18%」

別の見方をすれば、今まで地方分権と独立を叫んでいた地方行政が、仕事が回って来ると忙しくなる、判断がつかない、不公平な給付になると逃げているようにも見える。

ナレーション
「選挙後、望ましい政権担当政党は、民主党が42%、自民党が39%と11日前と逆転した。与党内には危機感が募っている」

《自民党内に反麻生不穏》

中川秀直元幹事長、渡辺喜美前行革担当大臣ら反麻生派のコメントを紹介。
自民党若手議員
「もう倒閣だな、倒閣。このまま選挙に突っ込んで行ってもみんな落ちて無職になるだけ。それくらいなら下野覚悟で倒閣して顔を変えた方がいい。このままだと政界再編が起きる。小沢さんが与謝野さんに声を掛けるかも」

政界再編を国民は期待している。
麻生政権危うしの印象操作がみえみえの番組であった。

小沢代表は党首討論から逃げるな!と思う方はクリックを!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

16:16  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/493-d46bc75a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |