FC2ブログ

2018.07.25 (Wed)


自民党・杉田水脈議員の言論を封殺するな



政治ランキング

杉田議員バッシングは左翼ファシズムだ

自民党の杉田水脈議員は朝日新聞によって毀損された日本の名誉を回復するために海外でも積極的に活動している議員である。

この杉田議員が「同性カップルには生産性が無い」と「新潮45」に寄稿したとしてパクヨメディアが槍玉に上げている。
それどころがゲイを自認する男から殺害予告をされて警察が警戒している。

「『常識』や『普通であること』を見失っていく社会は『秩序』がなくなり、いずれ崩壊していくことにもなりかねません」

と書いたことをヘイトだの差別だのと騒いでいる。

しかし杉田議員の主張は一面の真理を突いていると思う。
それを騒ぎ立てることの方がおかしい。
「弱者の横暴」という言葉があるが、何もそんなに肘を突っ張ることではないだろう。

同性カップルを認めないと言っているわけではない。
しかしもし国民の全部が同性カップルになってしまったら日本人種は絶滅することは間違いない。
だから例外として認めよう、あるいは見ないふりをしようというのが今までの日本人の良識だった。

日本人は彼等に対して攻撃的な姿勢を取り、排除しようとしたことが一度でもあるのか?
無い。
それなのに杉田議員を朝日新聞や朝日新聞が出資しているBUZFEEDなどのパヨクメディア、言論人が一斉に攻撃している。
彼らにとって安倍政権に打撃を与える絶好のチャンスなのだ。
だからあれほど攻撃していた稲田朋美議員がLGBTに理解があるという理由で今度は利用しようとしている。
目的のためには手段を選ばないのだ。

パヨクメディアが良く言う「言論封鎖」という言葉をそのまま投げ返してやろう。

⇒朝日新聞(2018/7/23)
同性カップルは「生産性なし」 杉田水脈氏の寄稿に批判


 自民党の杉田水脈(みお)衆院議員(比例中国ブロック)が月刊誌への寄稿で、同性カップルを念頭に「彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がない。そこに税金を投入することが果たしていいのかどうか」と行政による支援を疑問視した。人権意識を欠いた記述だと批判が上がっている。
寄稿は18日発売の月刊「新潮45」が掲載。「『LGBT』支援の度が過ぎる」と題して、「『常識』や『普通であること』を見失っていく社会は『秩序』がなくなり、いずれ崩壊していくことにもなりかねません」などと主張した。
 SNSで「優生思想だ」といった批判が広がると杉田氏は22日、自身のツイッターで、先輩議員から「間違ったこと言ってないんだから、胸張ってればいいよ」などと声をかけられたとし、「自民党の懐の深さを感じます」と投稿した。
 しかし、党内からも批判が相次ぐ。武井俊輔・前外務政務官は19日、寄稿を念頭に「劣情を煽(あお)るのは政治ではなくて単なるヘイト」とツイッターで指摘。橋本岳・同党厚生労働部会長は朝日新聞の取材に「生きづらさを抱える人たちが、自分らしく生きられるようにするための福祉行政全般を否定していると受け止められかねない」とした。
 当事者団体も23日、抗議声明を発表した。LGBT法連合会は「LGBTに限らず広く人権の観点から、『生産性』を引き合いに出す主張は疑問」と指摘。LGBT理解増進会は「重大な懸念」を表明し、自民党本部に善処を申し入れた。
 杉田氏は23日、月刊誌の発売後に「ゲイだと名乗る人間」から殺害予告のメールが届いたとして赤坂署に被害届を提出し、関連するツイートを削除。その後、朝日新聞の取材には「コメントできない」と語った。
 杉田氏は2012年に初当選し、2期目。元次世代の党で、自民党が昨年の総選挙で比例中国ブロックに、比例単独候補としては最上位の17位で擁立した。(二階堂友紀)


杉田議員は国内でも講演している。

⇒産経新聞(2018/7/17)
【杉田水脈氏講演】
慰安婦・徴用工・琉球独立…日本の科研費で行われる反日的研究


 保守系の女性論客として活躍する自民党の杉田水脈(みお)衆院議員を講師に招いた講演会が、鳥取県琴浦町の町生涯学習センターで開かれた。杉田氏は「歴史戦の最前線」とタイトルを掲げて科研費や徴用工などをめぐる問題、憲法改正に関する議論の現状などについて熱く語った。講演の主な内容は次の通り。(以下略)

自民党の二階俊博幹事長は杉田議員を咎めることなく受け流した。

産経新聞(同上)
自民・二階俊博幹事長「多様性を受け入れる社会の実現が大事」
杉田水脈氏のLGBT関連の寄稿で

自民党の二階俊博幹事長は24日の記者会見で、同党の杉田水脈(みお)衆院議員が18日発売の月刊誌に、性的少数者(LGBT)への行政支援に疑問を呈する内容を寄稿した件に関し、「(LGBTの人が)社会、職場、学校の場でつらい思いや不利益を被ることがないよう、多様性を受け入れる社会の実現を図ることが大事だ。今後も努力していきたい」と述べた。


最近、保守派が正しいことを主張するとパヨク達が叩き潰そうとする傾向がある。
Kazuyaチャンネルとか明治天皇の玄孫の竹田恒泰氏などの保守派のYoutubeサイトが閉鎖されている。
この動きはどうしたことだろう。
パヨクは言論が封殺される、安倍一強政権が・・・と被害者面をして騒ぎ立てる加害者であり笑止千万である。


ランキングに参加しています。
↓ ↓ ↓ ↓


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

00:35  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

同性の一緒に暮らすことは何ら問題ないが、それを結婚と同等に扱うこと
は自然の摂理に反します。結婚とは人類の究極の目的子孫の確保と言う
ことがあるため特別に扱わなければならないのに、子供ができないこと
がはっきりしている同性の結婚など異常でしかありません。
杉田水脈さんには大いに頑張ってほしい。
おっさん |  2018.07.25(Wed) 05:52 |  URL |  【コメント編集】

★自民党 保守力不足

杉田水脈議員が浮き上がってしまっているのは
逆に言えば自民党でさえまともな正論を言える保守政治家が少ない。
ということだろう。
今回の発言、過剰にLGBTを保護するなというの主旨だろう。
それは当たり前の話。

せめて自民党の議員1/3これぐらいの議員がいたら、
日本は正常化へ進むんだろうけど。
自民党内でケチをつけるやつもいるとか。
M |  2018.07.25(Wed) 06:41 |  URL |  【コメント編集】

LGBTのヒステリックな言動にはうんざりします。
だからと言って水田氏の「生産性なし」という言葉を擁護する気は
ありませんが。

安倍首相夫妻だって、子供はいません。
過去には「後継者がいない・・・・」と言われ、辛い経験もしてきたと
思います。

武井俊輔氏の意見に賛同します。
ひろし |  2018.07.26(Thu) 13:52 |  URL |  【コメント編集】

 片耳が聞こえない人は、立体音が聞こえないという言葉を発したときに、障碍者がどのくらい傷つくかということと同じだと思うが、その時の状況と言葉の流れによりそのニュアンスは変わってしまうと思う。

 言葉を部分的に切り取って、中傷する風潮が最近とみに多くなってきたのは、それだけ人心が荒んでいる証拠ではないだろうか。

 政治家はそれだけ脇を固めなければならないという教訓でもあるとは思うが、報道界の趣旨に合わない言動をする人だけを対象にした中傷報道が多いのは忌むべき事態だと慨嘆している。
tbsasahinhk |  2018.07.26(Thu) 21:04 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4929-a32175fb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |