FC2ブログ

2018.07.20 (Fri)


安倍内閣の支持率回復を報道しないテレ朝


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

国会閉幕しても安倍首相が憎い朝日新聞

 今日、国会は野党の破れかぶれの内閣不信任案を否決して事実上閉幕した。
内閣不信任の演説を立憲民主党の枝野代表が2時間40分の長きに亘ってぶったとは笑止千万、言語道断である。

朝日新聞系のテレビ朝日はこの半年間の国会を振り返って、自民党がいかに悪い政党であるかと最後の最後まで印象操作を行った。

テレ朝「スーパーJチャンネル」(2018/7/20)

女子アナ
「公文書改竄問題にモリカケ疑惑、財務省のセクハラ問題と半年間に亘り混乱を極めた国会が閉幕を迎えます。

ナレーション
「働き方改革関連法案で安倍総理は厚労省のデータをもとに法案の必要性を力説したが、その後データが誤りだったことが判明。
3月には森友問題をめぐり財務省が決済文書を改竄していたことが明らかとなる。
当時の佐川国税庁長官が辞任。その後、証人喚問として国会に呼ばれるも・・・」

佐川長官
「そこについては刑事訴訟の恐れがありますのでご容赦頂きたいと思います」

ナレーション
「重要な質問に対しては口を閉ざした。
財務省をめぐっては、その後、事務次官によるセクハラ問題が発覚し辞任騒動にまで発展する。こうしたなか行われた世論調査では、内閣支持率が3割を下回るなど安倍政権が危険水域に突入。
このタイミングを逃す手はない野党は民進党とその脱党組の希望の党が合流して国民民主党を結成するが存在感を示していない。
米朝首脳会談、日米首脳会談を経て世論調査は徐々に回復をし始めた」


201807210003.jpg

しかし回復基調のグラフは示さない。

ナレーション
「会期末に向けて重要法案が次々と成立していった」


しかし大事なことを忘れてはならない。
それは安倍首相と国民の悲願である憲法改正の発議が遅れてしまったことだ。
今にして思えば、この一連の騒動は憲法改正をさせまいとする勢力の妨害活動ではなかったのか。

朝日新聞(同上)
改革熱どこへ 「戦後レジーム脱却」が進めた国会の惨状

 「理由は枚挙にいとまがない」。立憲民主党の枝野幸男代表が与党のヤジの中でそう趣旨を述べた野党提出の内閣不信任案は、20日夕に否決された。半年間続いた通常国会が終わる。
 安倍内閣は官邸主導を唱えながら、各省の相次ぐ不祥事で統治能力の欠如をさらけ出した。与党はその内閣をあっさり信認し、昨日には自民党などが出した理念なき参院定数6増の法律も駆け込みで成立させた。
 11年前に第1次安倍内閣で官邸を担当していて、やはり与党が採決の強行を重ねていた頃、政府高官が語った言葉を思い出す。

 「野党に質問機会や日程闘争で…


(以下有料記事)

国会の惨状を招いたのは安倍首相の「戦後レジームからの脱却」のせいだと言わんばかり。
朝日新聞はどうしても安倍首相の葬式を出したいらしい。

しかし国民は野党の目を覆うような劣化を忘れてはいない。

テレ朝「報ステ」(同上)
国会閉幕へ・・・政権の誤算
疑惑再燃で "防戦一方も"

ナレーション
「カジノを解禁する法律も成立。全容解明されなかった問題も残ったままの国会閉幕です」

ナレーション
「思い返せばこの国会。働き方改革と銘打った安倍総理ですが、法案の根拠となったデータに300以上の捏造があったことが発覚し・・・・」

安倍首相
「データにおいて様々なご指摘あったことについては、改めてお詫びを申し上げたいと」

ナレーション
「森友問題については公文書改竄という前代未聞の問題もありました。
昭恵夫人の名前までもが消されていたのです


「刑事訴追の恐れが」という佐川長官の答弁を繰り返し見せる。

「改竄の理由が分からない。それが分かれば苦労しない」という麻生財務相の記者会見の様子。

「セクハラ罪という罪はない」という記者会見。

加計問題で「首相案件」という文書が明らかになった。

総理が「獣医学部新設に『いいね』」とコメントした。

内閣不信任案の提出理由を演説する枝野、玉木、志位の野党代表と賛成する自民党金田の演説。

金田勝年前法務大臣
「野党は今国会、実にやりたい放題をやってきたのではないか。まったく合理性のない行動の最たるものは4月下旬から18日間も国会を欠席したことだ」


IMG_0756_0002(1)(1)(1).jpg

昼間のテレ朝が内閣支持率の反転グラフを見せなかったのでクレームがついたのか、夜になって訂正した。

197001010001.jpg

竹下隆一郎(ハフポスト日本版編集長)
「野党の追求が甘かった。ネットを見ている20代の若者は野党が批判をすることについて凄いアレルギーがある。
批判するのは野党の仕事であり、批判することで議論して建設的な民主主義を作ろうというのが目的だが、批判をしているとなんかイチャモンを付けてると特に若い人とかネットを見ている人は思っちゃうみたいですね
議論は悪い事で、なんか空気を壊してしまうことだというネガティブな印象があるみたいでなかなか根深い問題だと思う」


どう見ても野党のイチャモンだろうが。

若い人を馬鹿にするな。今の若い人はそんな馬鹿ではない。

竹下
「今の若い人は小さい時からコミュニケーションが大事だとか空気を読めとか育ってきた人達なので、激しく野党みたいに攻撃してる人を見ると何でそんなに文句を言っているんだという事でなかなか野党に支持が集まっていない」


今の若い人達はアメリカのようにディベートの訓練もしているのではないか。
だからおバカの野党の質問レベルがバレてしまうのだ。

ハフポストの初代編集長の古田大輔はTBS「サンモニ」のコメンテーターである。
ハフポストは朝日新聞が出資している。
反日勢力の一派であることを忘れてはならない。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2








テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:48  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

議員定数を6増やしたことは許せませんね。ただでさえ人手不足と言って
いるのに、国会議員を増やすなどもってのほか。ろくでもない議員は減ら
すべきです。参議院は100名程度、衆議院は300名程度でよろしい。この
増員の原因は一票の重みの違いです。自分は一票の重みが最も軽い地
区に住んでいるが、重い地区へ移住しようなどとは全く考えません。どちら
かと言うと重い地方が生活しにくいところが多い。それは当然でしょう、生
活しにくいから人が出て行ってしまい、必然的に一票の重みが重くなる。
今やっていることは現実とは逆なことでしょう。
おっさん |  2018.07.21(Sat) 06:14 |  URL |  【コメント編集】

★国民が劣化してしまった

よくこんな政権が続いていられるものだ。
かつての健全な日本ならもう4~5回はつぶれているはず。
民主党だったら大問題になっているようなことでも自民ならたいして問題じゃないかのようになってしまっている。
それだけ国民が劣化してしまった証左だ。
この国はどうなってしまうのか?
名前非公開 |  2018.07.21(Sat) 06:40 |  URL |  【コメント編集】

 政権批判は自由だが、現野党の程度の低さ、質の悪さ、マスコミという名の政治結社化による、どう見ても特亜三国の代理人としか思えない悪質な政治プロパガンダを容認する情報弱者には正直辟易している。

 2018.07.21(Sat) 06:40の言にはそっくりそのまま与野党をひっくり返してお返しする。

 ponkoさん、ご苦労ですけど、上記のような投稿は見つけ次第削除してください。
 これらは外にいくらでも、傷を舐め合う板があるはずですから・・・
 
tbsasahinhk |  2018.07.21(Sat) 07:49 |  URL |  【コメント編集】

★tbsasahinhk さん

了解しました。名なしのコメントや悪意むき出しの非論理的コメントは削除することにします。
ponko |  2018.07.21(Sat) 08:05 |  URL |  【コメント編集】

★安倍支持率報道しなくてもネットで解るから。

社会の空気は、国民の雰囲気である。
多くが、安倍支持をしていると劣勢の左翼が、何をしても焼け石に水。
空気だけは、誤魔化せない。
katachi |  2018.07.21(Sat) 11:14 |  URL |  【コメント編集】

テロ組織は早くコソボクリミア方式で殲滅しろ!!!!!!!!!!


いつまで放し飼いにする気だ!!!
dfb |  2018.07.21(Sat) 12:15 |  URL |  【コメント編集】

 何度も言うけど、数字を使って人を説得しようとするのは、大概の場合、ある意図を持った作為的なことが多い。
 世論調査とか、支持率調査とかの殆どは、初めに結論ありきを隠し、信憑性を裏付けるための誤魔化しの数字とみて間違いない。

 統計をかじったことのある者ならその数字の根拠が如何にいい加減なものかはすぐに判るはずである。

 NHKほか民放、朝日新聞ほか各新聞社の統計数字はまず意図的なものとして、問題にせず無視するのが賢明な判断といえよう。
tbsasahinhk |  2018.07.21(Sat) 12:23 |  URL |  【コメント編集】

対策本部設置しました、はい終わり。あとは国会を停滞させましょうの有害無益野党がどう質が高いのか?
ああ、いやがらせに限っては有能だね。

あと、自民党は質が高いとは一言も書いてない。
幻覚でも見てるのか?
グリーンマン |  2018.07.21(Sat) 13:45 |  URL |  【コメント編集】

かさんへ

 自民党の質が高いと誰が言ったの?
 自民党の中も玉石混交で野党に鞍替えした方がいいと思う質の悪い議員や、特亜三国の代理人としか思えない日中、日韓、日朝友好議連に属する腐った議員が掃いて捨てるほどいる。

 政治は結果論である。
 一つ一つの細かい瑕疵を取り上げて批判するのも勝手だが、大きな流れを見て判断すべきだろうに。
 今の野党はあなたと同じように細かいことに捉われて日本の国益に合致するような問題には触れずに自分たちの選挙活動のためのパフォーマンスに勤しんでいる輩ばかりではないか。
 
 現政権だって、納得出来ないところは沢山ある。
 外国人労働者の積極的受け入れなどは猛反対すべき問題だ。
 しかし相対的に見れば、民主党政権の時の無様な状況と比較すれば月とスッポンだということが良識ある国民はお見通しだと思うよ。
 
 災害対策だって、このインフラ整備にイチャモンをつけて予算大幅削減した政権をなぜとりあげないの?
tbsasahinhk |  2018.07.21(Sat) 14:05 |  URL |  【コメント編集】

★ひどい猛暑の中、あまりに寒かった「国会」が終わりとは残念ですWW

>しかし大事なことを忘れてはならない。それは安倍首相と国民の悲願である憲法改正の発議が遅れてしまったことだ。今にして思えば、この一連の騒動は憲法改正をさせまいとする勢力の妨害活動ではなかったのか。

その通りだろうと僕も思います。
結局、今回の国会(通常国会)でも「憲法審査会」は一日も開かれなかったテイタラクですが、国会の「野盗(党)」勢力による護憲運動(まあ「誤憲」のための運動)目的の「妨害工作」はまんまと「成功」した部分があるようですね残念ながら……

これでは、南西諸島での海軍のプレゼンスをどんどん増強し続けている中国軍は、「もう笑いが止まらんわい!」というような状態でしょう?WW
今春、中国が打ち出した「制度改革」なる予定の通り、今月1日から中国の「海警局」(中国版の海上保安庁)は、「中央軍事委員会」指揮下の人民武装警察部隊(武警)に編入された、と昨今、左翼的になった毎日新聞ですら一応、記事として報じておりましたが?WW

そろそろ、わが国の側も尖閣諸島・魚釣島くらいは防衛省の施設としてヘリポートやら通信所やら、何かを設置するなりして、いわゆる「実効支配」を実のあるものにして当然の段階に入っておりますけどね?
何しろ韓国が「実効支配」中の竹島(朝鮮語でドクト)では、空港建設うんぬんとの話も浮上している状態で、中国が実効支配を始めた南シナ海のサンゴ礁(を埋め立てた島)はすでに軍用の滑走路や兵器搬入も報じられている状態ですから、わが国も魚釣島に防衛省の施設を設置するのは自然のバランスというものですね?
それさえも、憲法「9条」を人質に取るわが国の左翼系の「野盗(党)」勢力は、ああでもないこうでもないと言って引き止めようとするのですが……

しかし、そろそろ尖閣諸島も(「奪還作戦」訓練を自衛隊に課すのは結構ながら)、まず「侵略したくない」と中国が思うように仕向ける防衛政策が肝心ですね?
侵略されたら命がけで奪還作戦、というのも結構ですが、それを未然に思いとどまるよう軍事力のプレゼンスを示して圧力をかける、というのが今現在の(まあ白人たちが建設した)「世界秩序」のあり方というものですから?

9条そのものは改正せず、「第9条・第3項」として「自衛隊」と書き込む、それが今現在の「安倍改憲案」ですが、今ではこの「安倍改憲案」もタナザラシをし過ぎた状態……
国会の「憲法審査会」で議論することさえ許されない「改憲案」では、中国軍の圧力・プレゼンスが毎月毎月、増強されている現状には対抗も出来そうにありません。

こうしてタナザラシが続いてしまえば、周辺の状況の変化に伴い、問題の「安倍改憲案」も一種の「古証文」と化してしまうわけですが、その時、与党である自民党として真っ当な「改憲」が出来るのか?……
まあやがては「9条」に第3項を追加するのでなく、9条そのものを削除・廃止する、という決断を迫られる状況に追いやられるでしょうが、国会で左翼系の「野盗(党)」がこんな横暴をほしいままにする「通常国会」は今度を最後にしてほしいものです。

19日付ブログで取り上げられていた、改憲に乗り気でない自民党の船田元議員(祖父が元・内務省=警察権=官僚なので同氏が「軍」復権を嫌うのも先祖譲りでしょう)のような旧弊「政治家」もあまりにも多いのが現実です。
一般有権者(の多数)は、今度の国会の運営のされ方を見聞していて、野盗(党)勢力があまりにも「妨害工作」目的の「政治」をこととしている、と理解できたでしょう。
かつて小泉純一郎内閣の「ラスプーチン」などと呼ばれ、今も安倍内閣で秘書的な仕事を続ける飯島勲氏は、あちこちのメディアで「もう一度、総選挙をすべき」とハッパをかけておりますが、実際、人心一新のため、国会議員を文字通り「総」入れ替えする選挙を行う時も来るように思いますね?

それにしても、テレビ朝日……
>昼間のテレ朝が内閣支持率の反転グラフを見せなかったのでクレームがついたのか、夜になって訂正した
どんどん姑息さが増してしまっているようですが?WW
これでは、テレビ朝日も「テレ朝ファン」の視聴者にさえ呆れられてしまい、近い内、「支持者」もいなくなる(本体である朝日新聞社と同様)のではないでしょうか?WWW

戦後憲法を「錦の御旗」として振り回して来たテレビ朝日や朝日新聞やその他の左翼系の「報道」メディアとしては、いまさら旗印を変えるのはイヤだ!、と言いたい事でしょう?
しかし、元々、誰が本当に「9条」を起草して終戦直後の国会に提出したのか?、首相であった幣原喜重郎が自分でやらかしたのか本当のアメリカ人が起草したのか?、とそんな基礎的な事実関係すら「闇」に包まれているのがこの俗に言う「民主憲法」(笑)の真実なのですから?WW

まあ、左翼的な一般市民の中には、今でも「ウソで固めた憲法の何が悪い!」と開き直る向きもあるでしょうが、ジャーナリストの桜井良子氏がわざわざ訪米して件のアメリカ人「起草者」に取材した時、当の老米国人は「『交戦権』の意味は知りません、9条起草の経緯は記憶していません」という意味の回答しかしなかったと桜井氏は今も語っております……
「ウソも方便」とわが国では良く言いますが、いくら何でもこんな「9条制定」にまつわるウソだらけの歴史はマズい、と一般の有権者(の多数派)は考えるだろうと思いますね?
「9条」の他にも、13条の一部として含まれて来た「幸福追求権」なる漠然たる権利概念は廃止して、新憲法は「所有権」を保障して、いい加減ここら辺りで「社会主義・共産主義」イデオロギーに侵食されない「憲法」へと、磐石な法体系を目指す姿勢は自民党「改憲案」もとってほしいものですね?

今月号の月刊「文芸春秋」で記事を書いた元・外交官の佐藤優氏は、今ころになってマルクス「資本論」モノまで出版するほどのマルキストですが、それでも「私は保守だ」と意味不明なことをのたまっておられましたWW……
そろそろ、そんな「私はマルクス主義者、それでも保守主義者だ」などというバカバカしい詭弁が横行しないよう、メディアも注意してほしいですがね?WWW

ちなみに、3年前の産経新聞記事が、日本と旧・西ドイツの「赤軍派」(「新左翼」の一分派)に関するドキュメンタリー映画を取り上げて面白い記事をのせておりました。https://www.sankei.com/west/print/140731/wst1407310076-c.html
その内容をとやかく言おうとは思いませんが、「西ドイツ赤軍派」による1977年のいわゆる「ドイツの秋」事件は、わが国の旧「赤軍派」とは別物として扱うべきだったでしょうね?

「西ドイツ赤軍派」の事件は、西ドイツの保守政権当時、1967年夏に警察によって殺害されたドイツ人学生ベンノ・オーネゾルク氏射殺事件から10年間、発展して起きたものでした。
近年になり、射殺した警察官は旧・東ドイツの工作員でもあった、と暴露され、検視報告の内容の捏造、警官同士の口裏あわせ、といった当時の捜査の隠蔽工作も暴露されましたが、まあ「東側の工作員」があの悪名高い西ドイツ学生運動に火を着けたのであった、という歴史の真実が掘り返されたわけですね?

その「警察テロ」に「西ドイツ赤軍派」がテロで応酬し、やがて10年後の「ドイツの秋」事件が起きて行ったわけですが、わが国の場合は「東側の工作員」による射殺・挑発工作はありませんでしたから、同じ次元の比較はムリです。
また、「ドイツの秋」事件の当時は、西ドイツの社会主義政党が政権(3年前に堂々と大往生したシュミット首相)を取っていた時代で、モガディシュー事件のようなハデな撃ち合いも演じておりますが、それもあくまで「社会主義政権」がやったこと、ですから?WWW

元・外交官である佐藤優氏のように、21世紀になってもなぜか(まあ「欧米かぶれ」のためでしょう)「マルクスは正しい」などと考えているようだと、半世紀前の旧・西ドイツのようなどす黒い事件やテロとテロの応酬やらで、国を破滅させるようなテイタラクにやがて陥って行くものですね?
「アベノミクス」という名前が気に入らない、という程度なら結構なのですが、佐藤氏のように「今もマルクス経済学が正しい」などと息巻いている左翼系の集団には、1世紀前にケインズが登場した時、マルクス経済学の誤りは明らかになったと理解できないようですね?

元々、マルクス主義の世界観そのものについても、アインシュタインの相対性理論と相性が悪く(レーニンがアインシュタインの心の師だったマッハを叩いたので)、旧・ソ連の「科学」を前提にすれば核兵器は作れないはず、とされておりましたWW……。
しかし、旧・ソ連が崩壊した後、アメリカ側から出て来た新事実のおかげで、「ソ連製」の核兵器も実はアメリカ政府内部(!)のソ連シンパがアメリカの核技術資料を盗み出してソ連大使館に持ち込んだ、などというオチが分かってずいぶん「ナゾ」は解けましたが?WW
同様に、「スプートニク」ショックのロケットもドイツ「V2」ミサイルの技術者たちを抑留して基礎設計をさせたことが発覚して来ておりますが……

社会主義・共産主義は諸悪の根源……
……それはわが国の一般有権者もうすうす気付いていることでしょうが、21世紀も四半世紀が終わろうという今ここで「マルクス主義」「社会主義」「共産主義」「社会民主主義」といったイデオロギーにもうキッパリ別れを告げられない有権者が増えたりすると、あの下らない「米ソ」冷戦なる20世紀の悲喜劇を再び繰り返してしまいそうですね?WW

元々、朝鮮戦争が勃発した時、マッカーサーが日本軍を再編して朝鮮半島に送り込んでいれば、そこで「冷戦」は終結していたし、旧・ソ連もスターリン体制もそこで崩壊し毛沢東の支配する中国も「不発」となっていたでしょう(当然、北朝鮮の核・ミサイル問題も拉致問題もナシ)?
そんな正しい防衛政策をあえて拒否して、半ば意図的に「ソ連・共産陣営」を増殖させた責任は、言うまでもなくマッカーサーとアメリカ政府にあったわけですが、おかげでその後、半世紀ばかりの時間が文字通り「ムダ」に過ぎましたね?
1972年に最後の月着陸を実現した後、50年近くも月でさえろくに有人飛行してない状態ですが?W

わが国も、そろそろ「マルクス主義は正しい」と称する「識者」にはご退場いただきWWW、21世紀らしい生活が出来る「文明」国に脱皮しないといけない時だと改めて思いました。
赤色革命おことわり(笑) |  2018.07.21(Sat) 17:14 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4922-b76aeea6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |