FC2ブログ

2008.11.17 (Mon)


姑息な小沢氏の党首会談

密室党首会談より公開党首討論を

党首討論を逃げていると有権者にも見られることを怖れてか、小沢民主党代表は今日の午後突然「党首会談」を今日開く事を自民党に申し入れた。

麻生首相が金融サミットへの出席などで脚光を浴びるなか、薄くなった存在感を危ぶむ小沢代表がパフォーマンスを仕掛けたに過ぎない。
その証拠に18時から始まった党首会談は僅か30分の話し合いで終わった。

今日の午前、まだそれほど寒くないというのに首をマフラーで巻いた上にマスクをした小沢代表が党幹部と党首会談を自民党に迫る相談をした。

「党首会談をしなければテロ特措法に反対する」と自民党を脅し党首会談に持ち込んで、病身を悟られぬようにマフラーとマスクを取った小沢代表は麻生首相と会談。
最初は五時半から院内大臣室で会談する予定だったが、民主党が難色を示したため六時から総理官邸で行う事になった。(小沢代表も軽く見られたものだ)

第2次補正予算を今の臨時国会に出さなければ新テロ特措法(給油継続法案)の明日の採決に応じないと麻生首相に迫ったが、麻生首相に「最大限努力する」とあっさりかわされた。

早期解散を狙う民主党は今までの徹底抗戦をやめて審議で採決に応ずる作戦に出たが、麻生氏が金融サミットに出席中の記者会見で選挙は来春以後と示唆したため態度を硬化させ党首会談という手に打って出た。

麻生首相は会談後の記者会見で「金融再生法案とテロ特措法とは全然関係ない話だ。参議院で決められた話を党首が一方的に破棄するのは納得致しかねる(と伝えた)」と述べた。

麻生首相の方が一枚上手だ。

このような党首会談でこそこそ取引きなどしないで、両党首がそれぞれの国家観や歴史観を踏まえて防衛・外交の大局的な党首討論を公開して有権者の判断にゆだねる事こそ真の民主主義政治の在り方ではないのか。


小沢代表は党首会談を逃げるなと思う方はクリックを!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

21:13  |  2008衆院選  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/492-06ba83b4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |