FC2ブログ

2008.11.17 (Mon)


こんな教育に誰がした

SAPIO12.jpg


SAPIO最新号の特集は「こんな教育に誰がした」
昔々のその昔、「こんな女に誰がした」という娼婦の歌が戦後流行ったと言う。
女性が身を持ち崩す以上に教育が崩れたら国は間違いなく崩壊する。

巻頭 SAPIO's Eye
航空幕僚長「戦争論文」は辞表を書いてから発表すべきだった


田母神氏の主張は首肯できることが多くサピオの読者なら常識の話だと述べている。そうだと思う。左派メディアは『文民統制』に反すると批判するが、即座に更迭されたから文民統制は十分すぎるほど機能しているともいうが、これまた然り。ただ、辞表を書いてから発表すべきだったと批判している。
左派メディアと朝日的文化人を一番喜ばせ、自衛隊員が火の粉をかぶった事実は重いとも批判。
さらに新事実や新たな論考が無いので、左派も右派も大騒ぎするような内容ではないと結語している。
しかし、これは小規模な懸賞論文であり、学術論文ではないのだから多くを求めても仕方あるまい。むしろ多忙な軍人さんがよくここまで勉強してまとめたものだ感心する。
村山談話は言論封殺の道具だと明言して一石を投じた事は銘記したい。

やっぱりあった学力テストと日教組の"相関関係" 八木秀次

産経新聞で明らかにされたように、日教組の強い県ほど学力テストの結果は悪かった。
それを朝日新聞は(左翼メディアも)日教組の「組織率」との相関関係にすり替えて反論した。
中山前国交相の言辞は正しかった。

何度でも言う。「日教組は教育の癌である」 中山前国交相

中山
「私は『日教組の強いところ』と言ったのであって組織率のことなど一言も口にしていません」


日教組出身で山梨県教職員組合の執行委員長だった民主党の輿石東参院議員会長は参院選で小中学の教職員から組織的に資金と票を集めて24人がシッポ切りされたが、さらに「ヤミ専従」も摘発された。

中山
こんな組織に支えられている民主党がもし政権を取り、輿石氏が文科相になったらどうなるのか。
日教組が日本の教育を支配する事になれば、日本の将来は極めて危うい。『一度民主党にやらせてみよう』という意見は全く無責任で危険な話だ


日教組の反対で中止されていた全国学力テストを一昨年43年ぶりに復活させたのは当時の中山文科相だった。

ゴーマニズム宣言 小林よしのり

ヨシリンが沖縄で講演したとき、言論封鎖魔(佐藤優)が同時に沖縄入りし、妨害したと憤慨している。本土でも言論封殺魔はあちこちの出版社に圧力を掛けて反論を封殺しているという。
沖縄の二大紙「琉球新報」と「沖縄タイムス」が政財界、富裕層と結託して「犠牲者の島、反日キャンペーンをしている。護憲主義者の佐藤優もその1人だ。

親が知らないいまどきの「超激性教育」 桜井裕子

ネットでも一時話題になったが、人形や絵を使った小中学生の過激な性教育の実態を報告している。それはもう大人でも赤面する筆舌に尽くしがたい過激さである。

そのほか「たった一人の君が代斉唱事件」など読みどころ満載だ。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

12:05  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/490-d8d9eb51

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |