2018.06.22 (Fri)


「マーフィー100の成功法則」の訳者は渡部昇一先生だった!


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

(番外編)あなたにお勧めしたい成功の秘訣

2018062202.jpg

「マーフィー100の成功法則」と「眠りながら成功する」はブログ主にとって忘れられない本である。
そんな昔の本を何故いま取り上げるのかというと、その訳者である大島淳一なる人物が最近亡くなられた敬愛する渡部昇一先生であることを知ったからである。

ナポレオン・ヒルなどこの類の本は沢山世に出ているが、若い時にこの書を読んで成功したとは言わないまでも、そこそこの人生を過ごして来られた事を渡部先生に感謝したい。

18歳で肺結核に犯され、当時最先端と言われた肺区域切除の手術を東京からお招きした名医・東原先生の執刀で受けた。
浪人生活の後、東京の著名な大学を卒業し就職できた。
そして今まで、成功しないまでもそこそこの人生を送ってこられた。

子供のころテレビで外国の生活を紹介する番組を観た。
その時、海外に行きたいという強い願望が生まれた。
ラストシーンの大きな赤い太陽の光景をいまでも覚えている。

本書をいつ読んだのか覚えていないが、常に自分がそうなった状況を想像する技を覚えた。
自分がそうなりたいと念願するのではなくて、そうなった時の自分をいつも寝る前に想像するのである。
お陰でニューヨーク、パリ、香港などの駐在員になり共産圏を除く多くの土地を家族と訪ねることができた。

海外出張でロサンゼルスのディズニーランドやオーランドのディズニーワールドを初めて訪ねた時に、まだ生まれてもいない自分の子供を連れてくることを想像した。
その夢は成就できた、
パリ駐在中は407ディンギーの大きな写真を寝室の壁に貼り付けて、眠った。
帰国後、偶然後輩から自分で組み立てられるミラー・デインギーという小型ヨットがあると聞いて、東京の国分寺まで出かけて当時の金で10万円で手に入れた。
それからの約一ヶ月間は毎日遅くまで駐車場で組み立てに没頭した。新聞すら読まなくなった。
その後、クルーザーを持つことができた。
赤いスウェーデン車のVOLVO240も手に入れることができた。
今はスズキワゴンR が下駄代わりだが (^^ゞ

自分の願望を成就する方法を本書で学ぶことができた。
困った時には何かしら偶然の力が働いて自然に解決できたのが不思議だった。

ただひとつの失敗は、大金持ちになった自分の姿を寝る前に想像しなかったことである (^^ゞ

この本の書名すら忘れていたが、アマゾンを検索中に文庫本になっていること知り購入した。
数十年後の今読み返してみて感無量である。
まだお読みで無い方は騙されたと思って一度読んでみることをお勧めする。
しかし成功するかしないかはあなた次第であり、成功しなくても恨まないで頂きたい (^^ゞ

マーフィー100の成功法則 (2001年5月 三笠文庫 大島淳一 533円+税)

【もくじ】
はじめに・・・世界中の成功者が実証している
あなたに奇跡を起こす「マーフィー理論」の力!

第1章 あなたの ”成功の種” は芽を出すのを待っている!

1 あなたの中には幸運を引き寄せる "磁場” がある!
2 潜在意識はあなたの "本音” を見逃さない
3 自分の中には "万能の機械” がある!
4 "愚然" さえあなたはコントロールできる 
5 "自分に不利なこと” は口にしない、想像しない!
6「自分はダメだ」という声は、空耳だと思え! 
7 "願望の種” を播くにも最適の時間がある 
8 "マイナスの暗示”を寄せつけない自分を作る!
9 なぜ百人力の ”協力の手” を握ろうとしないのか? 
10 この世で "恵まれる” のはどんな人たちか? 
11 "プラスのイメージ″ を血液のように全身に循環させよ!
12 "くつろぐ技術” を知る人は心身が調和する 
13 この "スリル” が想像できればしめたもの! 

2章 奇跡を起こすには、この ”想像力″ さえあればいい!
    
14 "感謝できる人” の夢はかなうことになっている 
15 一回念じて満足する "ヤワな心" ではダメだ 
16 "人生の設計図”に心配・恐れをレイアウトするな!
17 どれだけ "真剣な気分”にひたれるかが鍵 
18 人と比較しなくても自分を "浮かばせる” ことはできる
19 願望をくっきりと "視覚化” できればしめたもの 
20 "子守唄” のごとく繰り返された願いは必ずかなう 
21 "感謝法”で失業者が副社長にまで出世した! 
22 "断定” するだけで驚くべき力が働き出す 
23 "願望” が強ければ "手段”は後からついてくる
24 映画、小説に "将来の自分”を見っけよ 
25 "イメージング” の力で生活の質は格段に向上する 
26 "病は気から” のこれだけの理由 
27 成功体験を "あらかじめ実感できる人” に成功は訪れる
28 人生の "偉大なこと" の多くは単純である
29 毎朝三回、この "呪文” で失望感が霧消した
 
3章 お金が自然に集まる”不思議な力″を手に入れる
4章 ″良質の暗示″はどんなクスリよりも効果がある
5章 あなたは眠りながら成功できる
6章 なぜか ”いいこと″ ばかり起こる!
7章 こんなに簡単だった!



100 潜在意識に "年だから” の言い訳は通用しない!

大島淳一の覆面を脱ぐにあたって 渡部昇一



↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2



テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

12:47  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★ありがとうございます!

ご紹介ありがとうございます!
早速 注文しました。届くのが楽しみです!
しんのすけ |  2018.06.22(Fri) 20:09 |  URL |  【コメント編集】

★しんのすけさん

夢が叶いますように・・・
ponko |  2018.06.22(Fri) 23:33 |  URL |  【コメント編集】

★これは懐かしい本……

>ただひとつの失敗は、大金持ちになった自分の姿を寝る前に想像しなかったことである (^^ゞ

人生100年時代、とすでに多くの人が言っておりますが、ponkoさんもまだまだ先は長いでしょう?
今、「富豪になった自分」を毎日、眠る前にイメージするようにして行けば、この先その願いも実現するのではないか?と僕は思いました。

本書は、初版が出たのがもう半世紀近くも前になりましたが、「ポジティヴ思考」を世界で(少なくとも日米では強く)広めた啓蒙書となったと思いますね?
近年は、平成時代の初めに起こった「バブル経済崩壊」以来だらだらと続く閉塞感が、「デフレ感」や「デフレ思考」となってビジネスリーダーたちや政治家たち、あるいはわが国の官僚らをおしなべて支配してしまっておりますが、おかげで子孫にまともな「日本」国を残すことも今や困難、とそんなご時世です……。

そんな末期症状の時代には当然、「憲法を守れ!」と叫ぶ割に国会周辺で騒じょう状態を引き起こし、暴力的な政府「転覆」を狙う国会の「野盗(党)」やプロ「市民」が一大勢力になってしまうものですが、この1年以来のわが国はそうなってしまってもおります。
こうして一種のテロリスト集団が跋扈(ばっこ)するご時世とは、わが国も落ちるところまで落ちたようで言語道断ですね?

そんな中、産経新聞社が少し報道しておりましたが、今週、遅まきながらもわが国の公取委も、スマホの「4年縛り」契約は違法ではないか?、などとおずおず言い出した所です……。
これまでは、あの「在日系」とされる孫正義氏を含む大手企業が「独占」状態を利用して横暴を続けて来たわが国のケイタイ・インターネット市場でしたが、今ようやく少し「自由化」が進む運びとなっております……

まあ、少なくとも「NTT」や「ソフトバンク」といったわが国のビジネスリーダーたちくらいは、独占市場を悪用して庶民層からカネを巻き上げて「暴利追求」するのでなく、「ポジティヴ思考」を自ら実践して「良いものをお得に提供!」とビジネスの基本を守ってほしいものだし、自らがこれまでの「閉塞感」の時代とやらを打破してもらいたいものですね?

この一世代ほどもの間、「独占」市場にあぐらをかいて経済や社会(あるいは政治)の停滞・没落を自ら引き起こしている、そんな似非「ビジネスリーダー」たちや官僚には、今、改めて「マーフィー100の成功法則」を読ませてやりたいものだと思いました。
赤色革命おことわり(笑) |  2018.06.23(Sat) 06:22 |  URL |  【コメント編集】

★大金持ちに・・・

なりましょう!
ponko |  2018.06.23(Sat) 18:02 |  URL |  【コメント編集】

★若いころ購入したが・・・

試したけど思うように願いがかなうものではなかったですな。
潜在意識はどっちかといえば、長年の心労やトラウマの
方が焼印押し状態で固定化しやすいようですな。
解除するには産土神レベルの秘術が必要だとか聞きました。
迷信と言わずに、月1回産土神社に挨拶して、6月末、12月末、
大祓式を毎回受けて潜在意識をクリアにしといてから、
マーフィー等、試す方が害がないかと思いますな。
日本人が日本の神様に祈るんだから、ついでに、恨日左翼な
思想・制度・活動する輩を祓いたまえ清めたまえな祈り等、
つけ加えても面白いかと(笑)
太陽神信仰男 |  2018.06.24(Sun) 04:09 |  URL |  【コメント編集】

★いつも貴重なお話ありがとうございますWW

ponkoさん、いつも興味深い記事を大変ありがとうございます。
「マーフィー」さんシリーズは僕もしばらく忘れておりましたが、今回の記事は久しぶりに改めてポジティヴ思考を読み直してみようかと考えるきっかけになっております。

著者のアメリカ人マーフィー氏は宗教家でしたので、自分がおカネをかせごう、という気は全くなかったわけですが、その辺りを誤解・曲解して、マーフィーは金持ちにならなかった、だからこの本もオカシイうんぬんと「批判」するという、悲しい現代的「日本人」がこの半世紀ほどの間、逆に増殖したきらいはあります。
明治時代のような本当の「日本人」なら、そうは言わずに明るく前に進んで行ったはずなのですが?WW

僕も「富豪になった自分」をまだ夜、眠る前にイメージして床に着くことが多いですが、100年人生、とするとまだ先は長いなあとよく考えます(なのでそのビジョンが実現するにもまだ時間がかかるのかも知れない)。
しかし、いつかはモルジブなど南の国で小さな島をひとつリースして(買わなくても良いので安くリースしてもらう)南の島に住んでみたり、南の島に自家用のバンガローを建てようかな、などと今も毎日、研鑽の人生を送っておりますので、やがてどこか南の国でお会いした時はまた宜しくお願い致します。WW
赤色革命おことわり(笑) |  2018.06.24(Sun) 11:13 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4888-33dfa50c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |