FC2ブログ

2018.05.12 (Sat)


余命三年時事漫画のご紹介


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

在日が支配する日本の現状を知ろう

201805080001.jpg

このブログを訪問される方は⇒余命三年時事日記のことをご存知だと思う。

現在は反日組織とも言える日弁連と戦っている。

本書はジャパニズムに連載されていた『嫌韓流』の著者・山野車輪氏の「余命三年時事漫画」を纏めたもので特に在日に対する批判が中心である。

政治にまったく関心のない青年が、偶然に初代「余命三年」の佐藤一郎氏と知り合い、次第に在日に支配された日本の実情を知り、運動に参加するという設定になっている。

余命三年を先刻された初代が2012年8月16日に韓国・在日・サヨクが知られたくない情報を暴露する「余命三年時事日記」というブログを立ち上げて余命プロジェクトチームを結成し、日本の危機を訴えようとした経緯が本書の主題である。

2018051201.jpg

ブログの題名を決めるときの候補に「反日勢力を斬る」が入っていたのには驚いた。
もっとも弊ブログはヤフブロで2005年に開設していたので、ご存知だとは思うが。

「多くの日本人が自分の頭で考えずに在日が支配するマスコミの偏向報道に流されて、彼らの注文通りに民主党に投票してしまった」   
                                      
 本書にあるように、終戦後、朝鮮人は日本と一緒にアメリカと戦ったのに、戦勝国面をして日本人に暴行を働いたのは創作でも嘘でもなく、紛れも無い事実である。

「たった60万人の在日韓国・朝鮮人に支配された1億人の日本人奴隷」(竹島に上陸した李明博)

「在日への批判はすべて "ヘイトスピーチ" であるとして取り締まることができるように法整備を進める。逮捕される恐怖で日本人の口を塞いでいく。反差別団体を動員してネット上の言論も監視させて『差別』レッテル貼りの草の根運動を行なって、在日批判を押さえ込んでいく。ネット言論の対策はすでに進めている」(日本乗っ取りを狙う黒幕)


ネットの世界はダイヤモンドと石ころが混在している世界だが、既成メディアに反日勢力が浸透している現在では、それに反撃する手段のひとつでもある。

現在、既成メディアの洗脳に犯されているのは若者ではなくシニア世代である。
世論調査の結果でも、若者はアベノミクスの恩恵を受け、安倍政権の政策を支持している。
しかしそうでない若者も居る。
そのような若者には是非読んで貰いたい「余命三年時事漫画」である。

【目次】

第1話 「余命」と出会った夏の日
第2話 末期癌「余命三年」の宣告
第3話 初代余命と「余命ブログ」
第4話 「戦勝国民」と「朝鮮進駐軍」
第5話 「戦勝国民」から「強制連行被害者」に
第6話 民主党大躍進と在日の暗躍
第7話 余命プロジェクトチーム結成
第8話 民主党政権崩壊と余命ブログ
最終話 巨星墜つ時、星を継ぐ者たち


【追記】
自民党を支持するLINEユーザーは憲法改正を求めている。


2018051301.jpg

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

↓↓↓↓↓↓



テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:59  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

電話1本で100万や1000万を簡単に騙し取られてしまう。こんな詐欺がまかり通るのも世界広しといえ日本位でしょう。信じる事を美徳と考えているのか、はたまた身内に厳しく他者に甘い国民性なのか、騙す側が巧妙であればあるほど知らぬ間に、内側から会社や宗教、国を乗っ取られてしまうでしょう。マスコミに至っては、日本人自らが国を憎み貶める事に関わっていますが、彼らとて日本崩壊までは考えてないと思いますが、忠実にあの国の為に働いています。それ程、嘘の上手な民族なのに通名まで差し上げて、日本という国はホント愚かです。
なつみ |  2018.05.13(Sun) 18:39 |  URL |  【コメント編集】

★あの国の為は、チャイナ?

チャイナも似非ユダヤと繋がっている。
詰まる所チャイナは、似非ユダヤが作った国。
其の為に高齢のキッシンジャーがチャイナにとんだでは無いか。
今後のシナリオを話したんだと思う。
基本をしっかり見て分断した見方を避けないと混乱するだけ。
それぞれがそれぞれの持ち場で演技しているから勘違いを起こす。
トランプは、どのユダヤと繋がっているかが問題だ。
大きく分けてナショナリストのイスラエルと国境を消滅させたいグローバリスト。
当然トランプは、アメリカ第一だから反グローバリストである。
キッシンジャーは、ロックフェラーの人間だからグローバリストである。
本質は、共産主義者。GHQと同じと考えれば良い。
GHQと共産主義者は、違うと考えている人が、多いと思うが、構成員は似非ユダヤの左翼90%で構成されている。

katachi |  2018.05.13(Sun) 22:26 |  URL |  【コメント編集】

★最近は「余命三年時事日記」ブログの周辺で「訴訟」だそうWWW……

>このブログを訪問される方は⇒余命三年時事日記のことをご存知だと思う。
>現在は反日組織とも言える日弁連と戦っている。

昨日のネットニュースでチラと見ましたが、この「余命」ブログ関連で、左翼系の「弁護士」2名が「ネトウヨを訴える」と発表があったらしいですね?
500人も訴える、あるいはもう民事提訴したのでしょうが、「弁護士・COM」発でそんなトンデモな「ニュース」がネットでたれ流されているとは……とさすがの僕も驚いてしまいました。
「2ちゃんねる」にも「ネトウヨさん訴えられる」などという掲示板が出来たそうですが、外野では面白おかしく「ニュース」になっているのでしょうね?WW

その件の関連のようですが、先週末の土日のツイッターにて、『永遠のゼロ』原作者で「虎ノ門ニュース」常連の百田尚樹氏が、自称「ネトサヨのおばちゃん」のツイッター発信を取り上げておられたようですね?
https://twitter.com/hyakutanaoki/status/995460973895954432
百田氏いわく、「なんや、このおばちゃん」。WW

フォロワーらのコメントがあってその自称「ネトサヨのおばちゃん」の意図を知ると、後の発信で「あ、あの名刺の写真は脅しだったのか。」とも触れておりましたが?
https://twitter.com/hyakutanaoki/status/995463637614514177
ことの発端となった最初の自称「ネトサヨのおばちゃん」の発信は、すぐ削除してしまったようですが、スクリーンショットを掲載してくれたフォロワーもいて、この「ネトサヨ」氏は政治家や弁護士の名刺を並べて「ネトウヨ」を恫喝(どうかつ)していたことが分かります。

この「ネトサヨ」氏は、自らの発信を削除して逃げてしまったようですがW、その発信はスクリーンショットで分かっておりますので、「証拠」がしっかり残っておりますね?
その中の文言(もんごん)を読むと、「弁護士さんを警戒する危機管理意識は大丈夫ですか?『余命』の事件は他人事???福山弁護士は京都弁護士会の副会長ですよ」、うんぬんと明らかな「どう喝」をたれていたことが分かります…
つまり、昨日、「弁護士・COM」が流した「ニュース」にある「ネトウヨさん訴えられる」の件で、すでに「どう喝」や威迫(いはく)の文言をツイッターでたれ流す「ネトサヨ」の勢力がいたというわけですね。

そんな「ネトサヨ」の人物に名刺を渡していたのが福山哲郎(立憲民主党)議員とその兄弟の福山和人弁護士のような兄弟だった、と分かったのは大きな収穫だったかも知れませんが?WW……
自分たちの名刺がインターネット上でそんな「どう喝」「威迫」の目的で利用されていては、福山議員も「国会招致」を免れないのでは?と僕は思いますがW、そんなクレームが福山氏から届いたためか、上の自称「ネトサヨのおばちゃん」も件の発信を自ら「削除」してしまったのでしょう。
しかし、「削除」して責任がなくなる、とは僕も思いませんけどね?……WW

上の「余命」関連の「ネトウヨ訴訟」を言い出した弁護士らは、先にツイッターでも「民事訴訟と刑事告発に訴える」などなどという威迫・どう喝のたぐいを「発信」してはいたようですが……
まあ、500人ほどの「ネトウヨ」を民事訴訟するのだから、総額5千万円ほどは取れる、と踏んでいるのでしょうが、これなど昨年、あの朝日新聞社が朝日報道の「フェイク」ぶりを論じた小川栄太郎氏を訴えた金額と同程度、ということにもなりそうですね?WW
昨今の左翼系の方たちや企業というのは、わが国から国外逃亡しようとでも計画しているのか、こんな大金が必要なようですがね?WWWW

上の「ネトウヨ訴訟」と無関係らしきツイッターユーザーが問題の弁護士の一人にひと言、発信したところ、その左翼系の弁護士が逆にインネンをつける発信をしているのを僕も見ました。
「わざわざ私に@を飛ばして、「香ばしい」などと揶揄する理由はなんですか?」と……
https://twitter.com/ssk_ryo/status/995605786150686720
これに対して、その一般市民は「個人の感想です」と短く答えていましたけどね?……https://twitter.com/gamu0514/status/995606659325018112

「余命三年時事日記」ブログの周辺で始まったこの「訴訟」や「刑事告訴」の騒動は、上のような左翼系の2名の弁護士が500人ほどから所属弁護士会あてに弁護士「懲戒」の請求を受けたこと、そしてそれらが全て「却下」されたので、それを好機として「法的手段」に……という騒動だとされておりますね?
5千万円も取れそうだ、と考えたら、まあ左翼系や反日系といったわが国で戦後ずっと続いて来た「ビジネス」もすでに先細りの「斜陽産業」ですから、こうして「民事訴訟だ」の「刑事事件だ」のとあげつらって「どう喝」しても不思議はなさそうですがね?WW

それにしても、わが国の「弁護士懲戒」という制度(弁護士法が定める制度)は、どうやら今でも不透明な「制度」が野放しになっている、ということのようですね?……
ponkoさんも「ヤフブロ」当時、弁護士「懲戒」で不正された被害者を名乗る一般市民の方が「ヤフー掲示板」でずっと告発を続けていたのを覚えておられるかも知れませんが?……

今はもう「削除」されて読めないだろう、と僕も思いますが、2002~2004年ころ「ヤフー掲示板」でそんな「被害者」の方が、自分の被害の事実関係とある「弁護士会」(つまるところ今や反日活動の策源地となっている「日弁連」のこと)による不正な「懲戒審理」なるものにつき、繰り返し書き込んでおられたのを記憶しております。
書き込んでは「ヤフー」側に削除され、削除されては書き込み、「真実の報道を削除するのか」、と何度も繰り返し自分の被害を訴えておられましたね……

当時の「日弁連」トップは、かつて1980年代にサラ金訴訟でテレビなどに取り上げられて名前を売り、「庶民の味方」「正義の弁護士」などとされていた宇都宮健児が会長でしたので、僕は「宇都宮氏はなぜこんな弁護士懲戒の疑惑に沈黙しているのだろう」といぶかしく思ってはおりました……。
この被害者を名乗る人物が、ウソを書き込みしている様子はありませんでしたからね?……

この方の訴えでは、ある弁護士の懲戒を請求したところ、懲戒審理の結果として弁護士会から届いた書面は、懲戒対象だった当の弁護士が自ら作成して自らを免責したものだろう、という大変な不正「懲戒」の疑惑でしたが?……
この方は、そんな問題を日弁連ウェブサイトにも訴えていたのでしょうね、その内、日弁連ウェブサイトに告知が出て、「悪い市民がメールを送ってくるので日弁連メアドは閉鎖しました」という趣旨の短い声明が件の宇都宮健児会長の下で公式に出されたのでしたが?WW
まあ、これは笑いごとではありませんよ?……

上の被害者氏の書き込みにはコメントする声もありませんでしたが、一度、同じような被害を受けたという一般市民らしき方が、弁護士の懲戒審理に実際に証人として出席したが、懲戒審理なるものは実際は密室で行われており、何ら審理記録も作成されていない、「密室裁判」状態なので要注意、という趣旨の暴露を書き込みしておられたのを記憶しております。
それは、わりとすぐ「ヤフー掲示板」側に「削除」されたのを目撃しましたが?WW

上の2名の左翼系の弁護士らが騒動を起こしている弁護士の「懲戒」という制度は、なぜ弁護士法で「日弁連」という団体を作ったのか、に関わる問題ですが、元々、弁護士の不正行為などなどを懲戒する「懲戒権」をつかさどらせる機関として「日弁連」(とその傘下の地方弁護士会)が作られたわけです。
時々、弁護士会は「弁護士の親睦団体」、などとミスリードする著書や雑誌記事がメディア企業から流されるわが国は、弁護士にまつわるメディア民度の低さも自ら証明してはおりますが、元々「日弁連」(と傘下の地方弁護士会)は弁護士を懲戒するために存在する公的な機関なわけですね(そのため日弁連への弁護士「登録」が義務付けられる)……

戦後「平和憲法」が腐敗過程をたどるにつれて、この弁護士「懲戒」制度が腐敗して、審理の記録も作成されない「密室裁判」のような代物となって来た、ということなのか、それとも戦後70年ずっと腐敗していた、ということなのか……
その辺りは不明ですが、ともあれ「ヤフー掲示板」で弁護士の被害者という方が書き込んでおられた一連の書き込みは、もうとうに「削除」され、跡形も残ってはおらないでしょう……

この間、かつては「庶民の味方」「正義の弁護士」と呼ばれた宇都宮健児氏はといえば、かねて左翼系の出版社として知られ、最近では「マルクス」関連の書籍も出している出版社の「週刊金曜日」誌における編集委員(株主?)におさまってしまいましたが?WWWW

終戦直後のわが国で都内三鷹で発生した鉄道テロの「三鷹事件」でも、日本共産党系だった弁護士が被疑者のひとり竹内景助氏の弁護人となって、竹内氏に犯行を認めるように違法な助言をした、などとされて参りましたが、竹内氏に死刑判決が下ると、もう一切、接見にも来なかったとか、日本共産党が自分たちの党派の利益を守るため竹内氏に罪を着せ、竹内氏の「単独犯行」説をPRしたとかとも言われておりますね?……
それでも件の弁護士は懲戒を受けなかったのだから、わが国の弁護士懲戒という制度そのものに、戦後ずっと制度的欠陥があったと見てまちがいはなさそうですが?……

欧米先進国で、こんな日本共産党系の「弁護士」のような「助言」などをさせようものなら、すぐ弁護士資格剥奪(disbarment)の処分が下ることは言うまでもありません……
しかし、わが国ではそれが堂々とまかり通って来たというのが真相らしく、上の日本共産党系の「弁護士」が資格を剥奪された、という報道はいまだにありませんね。

しかもその後、日本共産党のような左翼系の「政党」はわが国で堂々と政治活動を続けて来たわけだし、最近では、なんと「倒閣運動」で脚光を浴びたりしているのだから、わが国の「司法」制度も戦後70年、腐敗を続けて来たのみ、というしかないでしょう?WW
憲法改正が懸案となってすでに何年もの月日がたっておりますが、憲法改正の前に、わが国の「法務省」の改革や「弁護士法」の改正をせねばならないのか?……

こんな赤色革命イデオロギー、あるいはうそ偽りの「伝統」が今も脈々と生きているのか、上の2名の左翼系の弁護士らは、最近「ネトウヨさん訴えられる」事件を勃発させたようですが、まあ右も左も関係なく上のように不透明な密室「懲戒」手続きが長年、続いて来たわけでしょうね?……
この左翼系の弁護士らは、「ツイッター裁判」(?)よろしく馬鹿げた「裁判もどき」の「発信」をツイッターで続けてもいるようですが、そんな馬鹿な「活動」はやめて、もっと自らの先輩たちが「三鷹事件」でやらかしたと噂される不正やらスターリンの「左翼テロ」「人民裁判」の真実などなど、左翼系のイデオロギーにまつわる問題を真剣に反省したらどうか?と僕は思いますがね?……

恐らくはですが、「余命三年時事日記」ブログを攻撃することが彼らのような勢力の真の狙いであることは、ほぼまちがいないでしょうね?
今般、刑事告訴だの民事訴訟だのと「どう喝」や「威迫」を受けたわが国の「500人のネトウヨ」(ファイブハンドレッズ?)がどんな方たちなのか、僕も個人的には知りませんが、彼らが請求した「弁護士懲戒」がどのような「審理」によって「却下」されたというのか……

それを知ることは、「民事訴訟」や「刑事事件」でどう喝されている彼らにとっての正当な権利であるわけですから、この際、彼らも「日弁連」(や傘下の地方弁護士会)に問題の審理の情報を開示(「情報公開」)するよう要求すべきでしょうね?
賠償金だの刑事罰だの、という話は、あくまで国の「法廷」において「裁判長」が自らの「良心」にのみ基づいて決めること……「弁護士」などが決めることではない、ということはこの際「ネトウヨ」も学習しておいて損はないだろうと僕は思いました。
赤色革命おことわり(笑) |  2018.05.17(Thu) 10:35 |  URL |  【コメント編集】

★ネトウヨ轟沈の日

16日は余命関係で衝撃的な日となった。
ネトウヨが余命にあおられて「朝鮮学校にも無償化や補助金を出すべき」とする弁護士に懲戒請求を大量に出したらしくそれに対し弁護士側が訴訟を起こすこととなりその記者会見がある。
2017年度の弁護士への懲戒請求が1000件もあったそうだが何とその大部分をこの余命関係が占めていたという。余命は懲戒請求を出すよう煽りそのテンプレートまであったということだ。
こんな悪質極まりない行動についに不当懲戒訴訟を起こすことになったらしい。
不当懲戒が認められると15万円の損害賠償を請求されることになる。

中には無断で親族の名前と住所で43人分も出したものがおり賠償額は600万円超となるうえ私文書偽造の罪にも問われることになる。
弁護士にはネトウヨ雑誌の会社の労働問題を担当した弁護士まで含まれておりその悪質さは本当に酷いものだ。
ネトウヨは思わぬ展開に騒ぎになっており10万円も払えないとかバイトをクビになるとか余命側に何とかしろとか言っているが余命側は個人問題として相手にしない方針らしい。
これも酷いものだ。
ここで出てきたネトウヨの実態は80代の父がいるのにバイトとか10万円が払えないなど予想通り底辺でしかも頭が悪い。社会不適合者がネトウヨになるという現実を見た思いがする。
こんな連中が保守とか愛国とか名乗っているわけだ。

早速、余命ブログの執筆者であろう一人に今日訴状が届いたらしい。平静を装っているが内心は穏やかではないだろう。
内容は合意して慰謝料15万円払うか裁判になるかの二卓である。まあ裁判となっても同じ位の慰謝料となるだろうとは思う。だが名前と住所が公開されることになるわけで公安などがヘイトクライム関係者としてマークする可能性はある。

今回の事件はネトウヨの幼稚さや愚かさや生態をよくあぶり出している。
外患誘致罪と固く信じて疑わないなど愚かさは目を覆いたくなるほどだ。
また予想通り社会不適合であるという実態も見てとれた。
合意は妥協しないというのもいるようだが果たしてどこまで頑張るのか?
 |  2018.05.17(Thu) 20:20 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4832-726deeb2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |