FC2ブログ

2018.04.27 (Fri)


金に騙される文の愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

東京新聞の望月衣塑子記者がペシャンコに

今日は朝からテレビは南北首脳会談の話題で持ち切りだ。
くだらない。
共同宣言は「核の無い朝鮮半島実現」だと?
何度騙されれば気が済むのか。

金正恩が中国に命乞いに行き、韓国やアメリカとの首脳会談を模索したのは日米が主導した国際社会の経済制裁が効いたからだ。

しかし金正恩は決して核ミサイルを放棄しないだろう。
放棄すれば自分の命がなくなることを金自身が一番良くわかっているからだ。
今まで腹違いの兄をはじめ何人も粛清し、独裁政権で国民を痛みつけているからだ。

家人がテレビを見ながら「日本は取り残されるような気がする」と心配していた。
テレビの洗脳の効果をまざまざと目にした。

明日の朝日、毎日、東京の社説は「南北融和マンセー」一色になるだろう。

Hanada「 6月号」(つづき)

朝日と野党の歪んだ倒閣運動(長谷川幸洋)

森友問題の本質を詳しく解説している。
野党は問題の本質を見誤っており、「政権というより官僚の問題」だという。

「野党の質問や尋問はつめが甘く、結局、佐川氏に逃げられてしまった。その根本的な理由は『敵は安倍政権だ』と思い込んでいて、官僚と戦う気がないからである」

そういえば、野党は野党合同ヒアリングと称して下っ端の官僚を呼びつけてテレビカメラの前で苛めて意気揚々としていた。
こんなことをすれば野党の支持率はますます落ちるということに気が付かない阿呆な議員達。

「一部のマスコミは安倍首相が内閣人事局を作って人事権を集中したのが原因などと主張した。(中略)
そんなバカげた主張を、事情通を装い、真面目な顔をして唱えるのが、いまのトンデモ・マスコミやテレビのコメンテーターなのだ」

TBS「サンモニ」で寺島実郎センセがそう主張していたことは当ブログでご紹介した。

「今回の事件は官僚の腐敗とともに、野党や一部マスコミの歪んだ政権打倒運動も暴き出した。それは事件の数少ない成果と言えるかもしれない」

望月衣塑子(東京新聞)は記者失格(藤原かずえ ブロガー)

2018031601.jpg

いまやブログ界では有名になった藤原かずえ女史の寄稿。

「ジャーナリズムが政権を論理的にチェックすることは、民主主義社会にとって不可欠な機能と言えますが、政権追求自体を目的化する似非ジャーナリズムが非論理的な追求で政権を悪魔化して信頼低下させることは、民主主義社会に不必要な政治の停滞をもたらすことに他なりません」

と前置きして、イソコの質問パターンを分類、分析して不合理性を批判した傑作だ。

1. 不当な根拠に基づく質問
(1)主観的憶測に基づく質問
(2)真偽不明情報に基づく質問
(3)虚偽情報に基づく質問

2.不要な回答を求める質問
(1)仮定に基づく質問
(2)筋違いの質問
(3)悪魔の証明を求める質問
(4)秘匿事項に関する質問

3.政治的主張のための修辞的質問
(1)レトリカル・クエスチョン
(2)政治的要求
(3)繰り返し質問


菅官房長官の記者会見や大臣会見でのイソコの質問の具体的な事例つきで実に説得力がある。
「愚問賢答」絵に描いたようである。

イソコを思考停止のルサンチマンだと断定し・・・

「記者会見に参加している記者が国民の負託を受けた代弁者であるかのように振る舞い、実際に国民の負託を受けている政権を完全否定するのは極めて理不尽な手法であると言えます。
望月記者の大きな勘違いは・・・」


と具体的な事例を紹介。

「残念ながら、望月記者と親和的な革新勢力(朝日新聞・毎日新聞・TBS・テレビ朝日・立憲民主党・共産党・社民党・自由党等)には、この【奴隷道徳】が蔓延しており、【ルサンチマン】を毎日発散するために政権批判を繰り返しています」

「扇動者のパターンを知れ」の項では・・・

「望月記者のように、ヒステリックで恫喝的な大声を浴びせて関係者の【倫理】を問う必要はまったくないわけです。逆に、菅官房長官を罵倒する望月記者の極めて攻撃的な口調は、望月記者の『追求力』の低さを露呈しているといえます。
私たち国民にとって重要なのは、論理を書いた扇動者の扇動パターンを共通の知識とすることで、けっして騙されないことです」


一年をモリ・カケでクラスバカ野党(堤 暁・久保紘之 対談)

佐川,氏の証言拒否を批判した野党はバカ。


「(46回も拒否したのは)野党議員が46回も同義反復の質問を繰り返したからだ。テメエのほうに問題がある」

「枝野は政治的未熟児」とか本音トークがてんこ盛り。

本誌は反日勢力の実態を国民に知らせる必読の言論誌である。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル : 政治・経済

23:36  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

嘘つき同士の精一杯のパフォーマンスが、世界中に流されたようですね。
もし、これで朝鮮半島の非核化が嘘でしたという事がバレると、あの民族は、嘘つきだということが、世界中に知れ渡ってしまうと思うのですが・・・。
なんにしても、南も北も信用ならない国です。




なつみ |  2018.04.28(Sat) 15:53 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4819-25734ea9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |