FC2ブログ

2018.04.03 (Tue)


石破茂 小泉進次郎に秋波の愚 背後から撃つ名人同士


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

世論ではなく輿論を

小泉進次郎副幹事長が森友文書問題は・・・

「平成の政治史に残る大きな事件」

と記者会見で批判した。

2018040205.jpg

いかにも大袈裟である。
しかも自分は安倍首相に副幹事長に抜擢されたのに、後ろから鉄砲で撃った。

後ろから撃つことで有名な石破茂がそれを聞いて仲間だと喜んで進次郎に秋波を送った。

共同通信(2018/4/2)
石橋、小泉氏に秋波「真剣勝負の思い共有」

自民党の石破茂元幹事長は2日のフジテレビ番組で、小泉進次郎筆頭副幹事長について「『常に真剣勝負』という思いは、いろいろな仕事を一緒にして共有している」と評価した。9月の党総裁選への立候補に向け、国民的な人気が高い小泉氏の協力に期待する声が石破派内で出ており、秋波を送った形だ。
 小泉氏は2012年の総裁選で石破氏に投票したことを明らかにしている。石破氏は「政治への取り組み方に共感するところが進次郎さんにあったのかもしれない。少なくとも私にはあった」と語った。


2018040301.jpg
真剣勝負している石破茂

思想信条は別にしても石破氏が国際会議に出席したら日本のイメージは上がるだろうか?

岸田文雄もダメ、野田聖子など論外とすれば、河野太郎外相しか居ない。
ここはやっぱり安倍首相にもう少し頑張ってもらわなければならない。

2018040303(1).jpg ⇒ 2018040301(1).jpg
リオ五輪と安倍首相     東京五輪と石破首相?

しかし森友文書問題は一応収まったかに見えたが、ここに来て今度は存在していないとされたイラク派遣の陸自の日報が発見されて野党と反日メディアは大喜びである。
共産党の小池晃などは記者会見で「また政府を叩く材料が出来た」と嬉しさを隠し切れず、口元が綻んでいた。
もっともあの男はいつも薄ら笑いを浮かべている男だが・・・

⇒産経ニュース(2018/4/2)
イラク派遣の陸自日報を発見 昨年「不存在」答弁 
南スーダン日報問題を受け再調査、公表に3カ月


小野寺五典防衛相は2日、政府が昨年2月の国会答弁などで「不存在」としてきた陸上自衛隊のイラク派遣部隊の日報が、陸自内で発見されたと発表した。昨年の南スーダン国連平和維持活動(PKO)日報問題を受け、再発防止策の一環として再調査した結果、平成16~18年のイラク派遣期間中に作成された延べ376日分、計約1万4千ページが見つかった。(以下略)

こんな事でいちいち野党に上げ足を取られないように自民党もしっかりして欲しい。

共同通信の世論調査によれば内閣支持率は42%に回復したという。
しかし相変わらず不支持率が上回っている。

⇒産経ニュース(同上)
内閣支持率42%に回復 共同通信世論調査 喚問「納得できぬ」72


 共同通信社が1日発表した全国緊急電話世論調査によると、安倍晋三内閣の支持率は42・4%で、3月17、18日の前回調査から3・7ポイント上昇した。不支持は0・7ポイント減の47・5%で、前回に引き続き不支持が支持を上回った
 学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却をめぐる財務省決裁文書改竄(かいざん)問題で3月27日に行われた佐川宣寿(のぶひさ)前国税庁長官の証人喚問について、佐川氏の証言に「納得できる」としたのは19・5%にとどまり、「納得できない」が72・6%に達した。
 同問題での安倍首相の責任については「あると思う」との回答は65・0%、「責任はない」は27・5%だった。安倍昭恵首相夫人の国会招致が必要だとする答えは60・7%、不要は34・8%だった。
 麻生太郎副総理兼財務相の責任に関しては「辞任すべきだ」は47・3%、辞任不要は43・2%。
 主な政党支持率は、自民党が39・1%、立憲民主党が14・2%、公明党と共産党が各3・9%、日本維新の会が2・2%だった。
 調査は3月31日、4月1日に実施した。


佐川証言に納得しないが大多数だ。
しかし今後は検察の調べに任せればいいだけの話。
安倍首相の責任がある、昭恵夫人は国会に出ろという数字が高いのは反日メディアの連日の努力の賜物だ。

しかし世論と輿論は違うとどこかの先生が書いていた。

明治の知識人や新聞は、両者を的確に使い分けていて、 「輿論は天下の公論」として尊重すべきだが、「世論は外道の言論・悪論」として受け流すべきものとされていた。
「輿論」は正確な知識・情報をもとにして、議論と吟味を経て練り上げられるべきものに対して、「世論」はたぶんに情緒的な感覚、日本語でいえば「空気」のようなものだ。


ははん、朝日、毎日、東京、共同その他の左巻き地方紙とNHKが反安倍政権の空気の醸成に成功した。
その結果の世論調査は「情緒的な感覚」「空気」である。
益々厳しくなって来た国際環境の中で、いま日本は空気などに流されている場合ではない。

安倍首相は17日に訪米し、トランプ大統領と首脳会談を行なう。
北朝鮮問題、貿易問題と課題は多い。
いま外交に強い安倍首相を降ろしてなんとする。
安倍首相にもう一踏ん張りして欲しいと願う所以である。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






10:36  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

小泉進次郎は父親の威光を借りて大きな顔をしているが、石破を応援する
ようではくずでしかない。石破茂は日本国民にしておくのが腹立たしい。さっさとシナなり朝鮮へ国籍を移して欲しい。
おっさん |  2018.04.03(Tue) 19:16 |  URL |  【コメント編集】

石破さん、若者に受けようとしての魔人ブーだと思うが、完全に滑っていますね。ただただ気持ち悪い。練りに練られた安倍マリオと違い、ユーモアもセンスのかけらもない。これで人の心を掴めると思ったのだろうか。こんな人が次期総理候補だなんて、マスコミのごり押しに今さらながら呆れる。
小泉進次郎にいたっては、喋れば喋るほど中身のなさが露呈してきて、将来の総理?とんでもないと思うようになりました。


なつみ |  2018.04.03(Tue) 21:43 |  URL |  【コメント編集】

★元副長官の萩生田光一議員も後ろから撃ち方はじめたと日刊ゲンダイが報道W

左翼的な言論を売りにして来た「日刊ゲンダイ」は、この数年「反アベ」でだいぶ稼いだタブロイド新聞社ですが、国会答弁で「言論の自由が危機」と質問された安倍首相が反論して「日刊ゲンダイを見て下さい」と名指したメディアとしても知られております。W
僕もそれを愛読してはおりませんがWW、昨夏からとんと消息を聞かなくなっていた萩生田(はぎうだ )光一議員(昨年まで官房副長官として権力をふるっていると噂された)が昨日、突然その報道に浮上したのは興味深かったと思います。

三代目小泉氏と石破氏ばかりでなく、以前は官房長官の補佐として権力をにぎっていた人物が、今こうして「反アベ」騒動に相乗りする……
どうも今、「事実関係や真実などどうでも良い、オレ様が権力を掌握できるチャンスは逃さん!」と言いたげな勢力がアタマをもたげているようですが、しかし安倍内閣もこれで総辞職、などとはならないでしょうね……?

萩生田氏は、3日付「日刊ゲンダイ」が面白おかしく伝えた所では、「自民・萩生田氏が迷発言 佐川氏喚問『私も納得できない』」と会見でブチ上げていたと一部で話題のようですWWWW……
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/226373

同氏は、昨年7月に防衛大臣(稲田氏)が突然の辞任をした後、人心一新の内閣改造で官房副長官の座から転落したそうでしたが、このタブロイド記事によると「加計学園の獣医学部新設をめぐり、文科省の内部文書に『総理は“平成30年4月開学”とお尻を切っていた』などと圧力をかけたとの記載があり、昨年8月の内閣改造で官房副長官をクビになった」と巷間の噂をまとめております……
萩生田氏のように、「副長官」と称してイバっていたのがくだんの舌禍でクビ、という転落の人生をたどった方たちは、やはり「反アベ」勢力に「合流」せざるを得なかったのでしょうね?WW

それはそれで悲しい運命と言えば言えるのですが、自分が権力欲を満たすために不用意な「圧力」をかけたため、過去1年以上も続く「モロカケ疑惑」騒動の火に油を注いだことは、自分の政治責任でしょう?……
政治家商売なら、むしろ流転の時もあって不思議はないはずですが、こうして自分の政治責任を問われて副長官を降ろされた、その安倍首相にたいするウラミを今「佐川喚問」劇の印象操作やその尻馬に乗ってはらそう、というのは、器がちいせいちいせい、と言うしかありませんよね?WW

昨夏からとんと音沙汰がなかったこのハギウダ氏でしたが、今度ひょんなことで話題に上って来てくれました。
そこで思い出すのは、最近、「反アベ路線」に転換してつまらなくなった「週刊文春」が、数年前からハギウダ氏と同誌の編集長・新谷学氏が東京都内の高校・大学をずっと一緒に進学した「竹馬の友」だと噂されており、2年ばかり前の「文春砲」ブームの折も「新谷=ハギウダが組んだ雑誌」という陰謀論がネットで有名だったことでしょう……

最近、「週刊文春」が「森友疑惑」特集記事を繰り返した背景にも、昨夏、副長官の座から転落したハギウダ氏と新谷氏による意趣がえしがあったのでしょうね?WW
「文春砲」も今ではずいぶん、ちいせいちいせい商売をしているものだと言うしかありませんね……。WWW

「週刊文春」もまだ、2年前の2月には「ネトウヨ代議士」などと呼ばれた自民党の衆議院議員・やまだ賢司氏(兵庫)の元秘書・野田哲範(てつのり)氏が兵庫で変死体で発見されて話題となった事件で、やまだ氏事務所に秘書給与の還流やその告訴について取材した内容を報じたり、と今とはちがう活きの良い「砲弾」をブチ上げていたわけですけが?……W

くだんのやまだ賢司議員は、亡き野田氏に刑事告発されたと報道されましたが、その後、半年前の総選挙でまた議員に返り咲いてはおります……
ちなみに、変死体で見つかった野田哲範氏が発信していたツイッターは、今も2年前の当時の状態で止まったまま見れる状態で保存されておりますね。https://twitter.com/noda1027

当時、フライデーその他も大々的に報道したこの野田氏の変死事件の方を、今こそ「週刊文春」も追っかけたらどうだという気はしますよね?WW
やまだ賢司議員は、衆院本会議場において日本共産党に向かって「テロ政党」と野次を飛ばして陳謝・取り消しに追い込まれた人物で、一部では「安倍チルドレン議員だ」と言われてはおりました……

しかし、秘書給与の不正その他をやらかしているようなら、国会からも安倍政権からも切り捨てられて当然ですから?WWW
そして、それはハギウダ元副長官も同断ではないでしょうかね?W

実は、そんな変死事件や秘書給与疑惑を追及するのが「週刊誌」の週刊誌らしい仕事なのですけどね?WW
それを逆に、「週刊文春」編集長が竹馬の友のハギウダ議員あたり意向を受けて(?)「反アベ特集」を組むという、政治的野心が透けて見えまくる最近のあり方では、同誌も長年の読者をどんどん失うのみでしょう……。

まあ、わが国でも殺人の時効が数年前、法制度改革によって撤廃されてしまったので、今ではそんな変死体の事件も以前のように「はい、これで終了!」とはならなくなりましたね……WW
1995年3月の警察庁長官狙撃事件にまつわる「公安警察」の無能さ加減を暴露した最近の新刊本といい、殺人の時効撤廃といい、今後わが国の司法警察が激動の時を迎えることは火を見るより明らかでしょうし?

……それにしても、上の共同通信社による世論「調査」は、もっと詳しいデータを読みたいと思っても見つからない、とそんな不思議な(?)世論調査でしたね?WW
もしかすると、上の世論「調査」は、回答拒否した人たちが余りにも多かったのではないか?、という気もして来るのですが、普通なら公表される「回答率」を今回の「調査」は公表せずじまいだったようで?……

世論調査に回答しない、という調査対象は、どうせ共同通信社や読売新聞社など、メディアが実施するものは「反アベ」の世論操作に利用されるだけだから回答は拒否する、という人たちもおりますよね?
まあ、その程度の話は大昔から統計学で言われている問題でした……

そんな「回答拒否」の人たちを排除した上で、「安倍政権の支持率は下落(あるいは上昇)」うんぬん、と「報道」してみても、真の支持率を調査したことにはなりませんね?WW
わが国の世論調査という統計は、そんな風に以前から「欠陥」が指摘され続けてきた代物ですが、今あえてそんな「調査」を利用している勢力がメディア業界にも存在する……これは異常事態でしょうね。

2006年、テレビ・新聞という独占大企業がつぶしてしまっていた、と判明してきた放送法改正・撤廃の制度改革ですが、読売新聞社はもちろん、共同通信社もこんな放送大改革で自社の配信サービスの加盟各社が暴利追求できなくなるわけですから、中立公正ではなく、共同通信社もあおりを受ける立場です。WW
読売新聞社のように元々、1924年、皇太子狙撃事件の責任を問われて警官を免職になった正力松太郎のような人物が「経営」していたメディアや同業の新聞社ばかりでなく、共同通信社も今、安倍「倒閣運動」に血まなこになっているのは当然といえば当然ですね?WWW

憲法改正だけだったならまだしも、放送法改正をブチ上げた今の安倍内閣は、こうしてメディア業界の袋だたきにあう運命だったことは言うまでもないでしょう?
2つの嵐が合体して「パーフェクト・ストーム」と呼ばれる超巨大な嵐となって襲う、という物語がありましたが、巨大な嵐を前にしながら、今も安倍内閣は後戻りする様子はないようです……

かつて、2007年には凡庸な世襲政治家として一度、退陣した安倍氏でしたが、その後、復活した時にはパワーアップを果たしていた、ということのようですね?WW
憲法9条の改正・削除が実現するまで安倍内閣の続投は続くのではないか?、と僕もそんな気がする今日この頃です。
赤色革命おことわり(笑) |  2018.04.04(Wed) 09:28 |  URL |  【コメント編集】

★ウーム!

弊ブログが最近ランキング6位に返り咲いたのは、記事のせいではなくて「赤色革命おことわり(笑)」さんのコメントのせいだったのか!感謝!
ponko |  2018.04.04(Wed) 10:15 |  URL |  【コメント編集】

★小泉jyunnが、アメリカ似非ユダヤの全くの犬だったから。

息子もその流れになるのは、当然だろう。
創価も崩れそうだし、日本の秩序も変わりそうに思うしそうあって欲しいと思う。
日本を左翼と鮮人の居ない世の中にしたいものだ。
日本の共同体の有り方が、最も世界に寄与するスタイルである。
共産主義や資本主義ではない。
全て戦後GHQに仕込まれた弊害が、今露出している。
katachi |  2018.04.04(Wed) 13:11 |  URL |  【コメント編集】

嫌いだ、ネット活動を装って近づく人間。
my日本には気をつけろ。

名前非公開 |  2018.04.04(Wed) 20:07 |  URL |  【コメント編集】

日本人には解からない朝鮮の血のにおいを互いに嗅ぎ取ったのだろう。
なかなかのコンビではなかろうか。
他の仲間も引き連れて、どれでもよいから朝鮮野党に入党した方がよいのでは。
自民党には、仲間はいない。
今までのようなマスゴミによる世論誘導はできないことを思い知れ。
憂国 |  2018.04.04(Wed) 21:56 |  URL |  【コメント編集】

>今までのようなマスゴミによる世論誘導はできないことを思い知れ。

じじばばの大半は、新聞とテレビしか信じてないよ。
ネットで情報取ってる方が少数派。
悲しいかな、これが現実だ。
現実派 |  2018.04.04(Wed) 22:02 |  URL |  【コメント編集】

俺も60代のじじいだが、もう一代上の80代両親も孫達や我々の話題に着いて行こうと、ネット活用しているぞ!
昨今のじじばばを侮るな!
じじい |  2018.04.05(Thu) 14:40 |  URL |  【コメント編集】

★杉田水脈先生と鳥取県鳥取市

杉田水脈先生と鳥取県鳥取市
-----

現在衆議院議員鳥取県第1選挙区選出中のゲルゲル石破 茂氏が政界引退した後は、現在衆議院議員中国ブロック比例選挙区選出中の杉田水脈(鳥取大学農学部林学科卒業生)先生が衆議院議員鳥取県第1選挙区へ横滑りされて自民党公認で立候補されるでしょうね。
A敦子 |  2018.04.07(Sat) 12:40 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4789-59cfe9e9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |