FC2ブログ

2018.03.18 (Sun)


安倍首相を降ろして誰が居る?


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

安倍首相と反日メディアの戦い

パヨクメディアのひとつ、共同新聞が実施した世論調査によれば、安倍内閣の支持率が38.7%に急落し、不支持率(48.2%)が上回ったという。
その原因が一年掛けて反日メディアが連続的に報道してきたモリカケ問題とりわけ「森友文書改竄事件」であることは間違いない。
「してやったり!」とほくそ笑んでいる朝日新聞の姿が見える。

政権打倒を狙う(しかし政権交代の気概は無い)野党は毎日のように政権を批判しているが、その様は政権支持・不支持者を問わず顔をしかめるような品の無さと無政策である。
これでは内閣支持率が急落しても野党の支持率が急上昇するはずがない。

情報弱者の大多数の国民は新聞・テレビの連日の政権批判番組に洗脳されつつも、それに代わる野党も信頼していないという僅かな良識は残している。
そういう不信層は政治に失望し無党派層に流れて行くだけである。

ただ許せないのは、こういう時になると顔を出して安倍批判を繰り出す自民党の反安倍派である。

2018031804(1).jpg

「そろそろ、大所高所の判断をすべき時期に来ているのではないか。ハッキリ申し上げて、全部、出発点は安倍さんだと思っている」(自民党 村上誠一郎)

村上議員は安保法制にも反対した。

2018031805(1).jpg

「政治は自分が関わっていなくても、結果に責任を負わなければいけないことがある」(石破茂)

罪が無くても責任を取れというのである。

党内派閥はあるとしても、国難に近い状態で安倍首相を後ろから撃とうとするのは国民の理解を得られないだろう。

今秋の自民党総裁選がどのような結果になるかは分からないが、石破、岸田、野田の誰がなっても日本の舵取りは出来まい。

安倍政権は百点満点とは言えないが、少なくとも及第点は取っている。
いままでのどの政権より国益を守っている。

朝日新聞をはじめとする反日メディアの世論誘導で安倍政権が仮に倒れるとしたら、日本の民主主義は終わりである。
民主主義の終わりであるだけでなく、日本の終わりの始まりである。
しかし、「一度自民党にお灸を据えよう」とした有権者は民主党政権を生んで酷い目に遭った。
民主党政権時代の国益の損失は計り知れない。

ルーピー鳩山が基地は県外にと言った沖縄では少しずつ覚醒して来た有権者が翁長政治にノーを突きつけ始めてきた。
オール沖縄と沖縄を狙う中国にとっては困ったことであろう。
我那覇真子さんや八重山日報の仲新城誠編集長が頑張っている。
自衛隊も頑張っている。

今日、安倍首相は防衛大学の卒議式で次のように挨拶した。


安倍首相2

防衛大学校卒業式典で訓示する安倍晋三首相=18日午前、神奈川県横須賀市の防衛大学校(佐藤徳昭撮影)

「平和は決して人から与えられるものではありません。われわれの手で勝ちとるものであります。自らの手で自らを守る気概なき国を誰も守ってくれるはずはない。安全保障政策の根幹となるのは、わが国自身の努力に他なりません。そして、わが国の平和の最終的な支えが自衛隊です。平和を求める日本の揺るぎない意志と能力を明確に示すものであります」(産経新聞)


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:23  |  安倍政権  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

私は今介護付き有料老人ホームに入っています。80歳代の人の話を聞い
ていると変なことを言っている人が多くいます。例えば「戦争に負けてよか
った」、「戦争に負けたおかげで民主主義になった」、「あの戦争は日本の
侵略戦争だった」等々。そのほかにもいろいろありますが、ここに挙げた3
件だけには反論せずにはおられません。こんな親に育てられた子供が、今
の国会議員にはたくさんいるのだろうと思うと暗澹たる気持ちになります。
石破茂あたりがあれほど大きな顔ができるのもこのようなことが関連してい
るのでしょう。早く真っ当な国になってほしいと思います。
おっさん |  2018.03.19(Mon) 06:21 |  URL |  【コメント編集】

★おっさん さん

先の大東亜戦争(戦後教育に毒されたPonkoはつい太平洋戦争と書いていつもおっさんさんに叱られている)が終決した後のGHQによるWGIP(ウォーギルト・インフォメーション・プロク゜ラム)の洗脳からまだ覚めていない日本人が多いということでしょう。
今の若者は日本とアメリカが戦争したことすら知りません。
ヘンリー・ストークス氏や江崎道朗氏の著書を教材にした正しい歴史教育が必要な所以です。

今日の産経新聞の一面トップには「安倍三選に黄信号」とあり、石破茂がトップに躍り出たそうです。
彼の国防論には軍法会議の復活など正しいこともありますが、今ひとつ信用が置けません。
ponko |  2018.03.19(Mon) 10:14 |  URL |  【コメント編集】

★国賊・石破茂

 石破の国防論はただ単に兵器に少し詳しいだけで、国家観が全く欠けているので、首相にしたら、国益より中国、南北朝鮮の餌食になる政策をとることは必定です。

 先の”大東亜戦争”の尊い英霊が祀られている靖国神社に”絶対参拝しない”と公言しているような国賊を総理にするなんてとんでもないことです。
tbsasahinhk |  2018.03.19(Mon) 11:28 |  URL |  【コメント編集】

★あからさまになっている人間を何故持ち上げるのか?

其処が、日本人の変なところ。
有権者は、選ぶ人間を常に間違えている。
その結果代表が、国会議員だが、これも狂った人間が、多い。
石破を首相にして喜ぶ人間は、国賊である。

katachi |  2018.03.19(Mon) 12:17 |  URL |  【コメント編集】

盤石と思えた安倍政権がいま大逆風に見舞われているが、これはある意味、予想通りと受け止めるべきだろう。
安倍政権の宿願は憲法改正であり、さらにまた放送業界の改革にも手を付けようとしている。前者の敵は国内の左翼勢力で、奴らは政界・官界・法曹界・教育界など至る所に跋扈している上、中国・韓国・北朝鮮といった外国勢力とも結託している。
また後者の敵はNHK・民放などの既存放送業界であり、加えて系列の新聞各社も牙を剥くだろう。奴らは戦後利得者であり、その既得権益を奪おうとする者は、断固排除しなければならないからだ。
安倍政権が戦後レジームからの脱却を図るのは、まさに真の日本を取り戻す為だが、それは我々国民の悲願でもある。敵はいま総力を挙げ、必死になってそれを阻止しようとしている。しかもその敵は圧倒的に数が多い。
今こそ踏ん張りどころなのだ。安倍政権はこの大逆風を当然と受け止め、はね返し、ぜひ真の日本を取り戻して欲しい。我々国民はそれを望んでいる。
反左巻き |  2018.03.19(Mon) 14:08 |  URL |  【コメント編集】

>今こそ踏ん張りどころ
同感です。
深層ニュースで元検事の高井さんが 鋭い指摘をしていた。
文書改ざん問題の真相を調査するのは必要であるが、国民は成熟しているから国会でこの議論ばかりしていることに 疑問をもっていると思う。半島の問題とかほかにも国益のために重要なことがあるのではと言っていたが その通りと思った次第です。
弥生 |  2018.03.19(Mon) 23:37 |  URL |  【コメント編集】

高井元検事が深層ニュースで発言してましたことに、同感したのです。
また氏は 検察がこれをリークしたならば非常に問題ともはっきり言ってました。自分にはあなたと理論で言い合う気持ちは全くありませんし、その力はありません。ただ 昭恵さんがなんでこのように責められるのかわかりません。
弥生 |  2018.03.22(Thu) 23:45 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4771-b72410b9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |