FC2ブログ

2018.03.03 (Sat)


「赤っ恥の朝日新聞」とHanada4月号が特集


↓↓↓クリックよろしく!


FC2バナー2

朝日新聞の御臨終が近いらしい

またぞろ朝日新聞が森友学園問題の消えかかった火に油を注ごうとしている。

朝日新聞デジタル(2018/3/2)
森友文書、財務省が書き換えか
「特例」など文言消える

 学校法人・森友学園(大阪市)との国有地取引の際に財務省が作成した決裁文書について、契約当時の文書の内容と、昨年2月の問題発覚後に国会議員らに開示した文書の内容に違いがあることがわかった。学園側との交渉についての記載や、「特例」などの文言が複数箇所でなくなったり、変わったりしている。複数の関係者によると、問題発覚後に書き換えられた疑いがあるという。


(以下略)

この情報に飛びついたのが野党だ。
攻め所を失って、もはや政府攻撃のタネも尽きたかと思われていた時にこのニュース。
政府攻撃のネタを自分で探そうとしないで、反日新聞や反日週刊誌ネタしか予算委員会で引用できない立民党や希望の党などの野党にとっては願ったり叶ったりである。

こんな朝日新聞に対して「赤っ恥!」と決め付けたHanada4月号が痛快だ。
正論4月号が発売されてHanada、WILLと三大保守月刊誌が揃い踏みとなったが、やはりHanadaが群を抜いている。

平昌五輪で二連覇を達成し国民栄誉賞を受賞した羽生結弦選手をグラビアで巻頭の10ページを飾り中綴じでは女子ジャンプの高梨沙羅のグラビアに9ページを割いた花田紀凱編集長の大衆迎合の手腕は流石。
他の二誌は締め切りに間に合ったはずの「正論」まで取り上げなかった。

2018030302.jpg

ついでに言えば「正論」4月号はまた表紙のデザインを変え、内容も今までより砕けた記事が多くなったのが残念。
なにやら「Hanada」に近づいているようにみえる。

201801300001.jpg

されはさて置き、Hanada4月号の読み所の一部をご紹介すると・・・

「冗談ではなくなる朝鮮半島『赤化統一』」(門田隆将)

北朝鮮に取り込まれた文在寅大統領。
「トランプ大統領は、すでに韓国への経済制裁も視野にいれており、さらにいえば、今後、『在韓米軍の撤退』もチラつかせながら、文在寅氏にきついお灸を据えにかかるだろう。
(中略)
北朝鮮に対して腹を括っているのは、安倍政権とトランプ政権だけであることがわかっただけでも、平昌五輪の政治ショーも、それなりの『意義』があったかもしれない。

文在寅にお灸が効くかどうか、かなり疑問だ。

「哀れ!朝日新聞の自殺」(小川榮太郎)

「・・・それとも慰安婦報道謝罪のあとの極端な開き直りの裏には、国内極左勢力はもとより、中国共産党との何らかの意味での結託があるかについては、いまは保留しておく。
だが、彼らによる日本国家への実害は、もはやその社論や報道姿勢を批判していて事足りるレベルではない。ここまで開き直られては、もはや廃業に向けた国民運動を展開するしかないのではあるまいか」


・・・と朝日新聞廃業への国民運動を提唱!

「『誤報して逆上』は昔っから」(高山正之)

軽妙な筆致で朝日新聞攻撃を飯のタネにする高山氏。
朝日新聞の「旧日本軍の毒ガス誤報」はたびたび読んだが、産経新聞が「あれは毒ガスではなくて煙幕」の指摘に怒り狂った朝日新聞の学芸部長に乗り込まれてたった一人で対応したのが当時の高山氏。その時の模様がいままでになく具体的に書き込まれていて面白い。
朝日新聞がクオリテイペーパーだと自負している様子がよく分かる。

「間違っておきながら、訂正でもお詫びでもない。要するに、朝日新聞はあの時とまったく同じなのだ」

高山氏も小川氏と同時に朝日新聞の標的にされた。

結語
「朝日新聞は、もう死んでいく運命なのかもしれない」


「安倍総理が呆れた『惨めな』言い訳」(和田政宗参院議員)

朝日新聞が黒にフェイドアウトした記事が実は安倍首相が森友学園に関与していなかったことの証拠であったり、安倍晋三記念小学校ではなくて開成小学校だったと摘発したのが和田議員。
和田議員のフェイスブックに安倍首相が書き込みをしたことを野党に予算委員会で攻撃されたが、安倍首相は悪びれることなく朝日新聞を批判した。
一国の首相が一商業新聞をあからさまに国会で批判したのは珍しく、話題を呼んだが。
葬式を出すという朝日新聞を叩かないわけには行かない。
それは安倍首相の葬式を出すことだけでなく、日本国の葬式を出すことになるからである。


私の全人格に対する差別と侮辱 古谷経衡氏のヘイトスピーチ」(石平)

古谷経衡がオバカさんであることは当ブログでもたびたび指摘しているが、ネット上で石平氏と論争していたとは知らなかった。
完全に石平氏の勝ちである。
石平氏によれば「大メディアがこのネット上の論争を完全無視」したという。
フェイスブックをやらないPonkoは情報弱者であったか。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2







テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

01:26  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★日本国ヘイト抑止法の「国内違法居住者たち」に完全に該当しているとっても多数の帰化未帰化在日韓国人たちを韓国式囲い込んでいる「きむちアカヒ新聞」

日本国ヘイト抑止法の「国内違法居住者たち」に完全に該当しているとっても多数の帰化未帰化在日韓国人たちを韓国式囲い込んでいる「きむちアカヒ新聞」
-----

韓国兵役義務および韓国納税義務を果たしていない帰化未帰化在日韓国人たちがとっても多数いる「きむちアカヒ新聞」は、日本国ヘイト抑止法の「国内違法居住者たち」に完全に該当しているとっても多数の帰化未帰化在日韓国人たちを韓国式囲い込んでいるため、とっても嫌われていますよ。
A敦子 |  2018.03.04(Sun) 09:35 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4751-025ed044

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |