FC2ブログ

2018.03.02 (Fri)


人気番組「ニュース女子」打ち切りの愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

反日勢力が人気番組を抹殺

2018030204.jpg

 関西に「そこまで言って委員会」なる歯に衣を着せぬ番組があるが、残念ながら関東地方では放映されない。
その代わり、関東には現在もっとも信頼できるジャーナリストの長谷川幸洋氏がMCを務める「ニュース女子」があり、毎週月曜日の23時からの放映を録画して楽しく拝見していた。
長谷川MCの巧みなリードで一騎当千のおじさんジャーナリストや評論家達が鼻の下を長くして政治意識のあまり高くない若いニュース女子たちに解説するという形での絡みが面白かった。
コメンテーター達の他の番組では聞かれない本音も聞くことができたことも面白かった。

 ところがその「ニュース女子」が残念ながら番組を終了することになった。
当ブログでもご紹介した沖縄の反基地・反日活動を続けるプロ市民を扱った特集番組が、BPO(放送倫理・番組向上機構)によって放送法違反だと断定されたからだ。
東京MXテレビは番組を制作会社に丸投げして、納品後も内容を検査しなかったとしてお咎めを受け謝罪した。

しかし、沖縄特集番組には実は何ら問題点はない。
これを違反と判定したBPOこそ反日勢力なのである。
まっとうな委員会ならばTBS「サンモニ」や「News23」やテレ朝「報ステ」やNHKこそ槍玉に挙げるべきだろう。

朝日新聞は昨年から得々として一連の報道をしていた。

朝日新聞(2018/12/14)
MX「ニュース女子」に「重大な放送倫理違反」 BPO

 東京メトロポリタンテレビジョン(MXテレビ)が1月に沖縄の基地反対運動について特集した番組「ニュース女子」について、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は14日、「重大な放送倫理違反があった」とする意見を公表した。番組の中核となる事実について、裏付けがないなどと判断。MXテレビの考査も適正ではなく、「放送法および放送基準に沿った内容だった」とのMXテレビの判断を「誤っている」とした


そして今回の番組打ち切りとなった。

朝日新聞(2018/3/2)
番組制作巡る協議不調 MX「ニュース女子」月内終了

 東京メトロポリタンテレビジョン(MXテレビ)は1日、沖縄の米軍基地反対運動について伝えた内容が批判されていた番組「ニュース女子」の放送を3月末で終了すると発表した。番組にはMXの売上高の1割を占める大口取引先が関与しているが、放送倫理・番組向上機構(BPO)などの厳しい指摘を背景に、事実上の打ち切りに踏み切った。(田玉恵美)

 ■「ディー社との取引ゼロ覚悟」

 ニュース女子は、化粧品大手ディーエイチシーの関連会社「DHCテレビジョン」が制作。完成版をMXに納める「持ち込み番組」として2015年10月に同局での放送が始まった。問題になった昨年1月2日放送分については、BPO放送倫理検証委員会が昨年12月、MXが番組内容を適正にチェックせず、中核となった事実の裏付けもないとして「重大な放送倫理違反があった」とする意見を公表していた。
 MXは1日、ウェブサイトで「より放送責任を明確にする立場から、当番組の制作主体を当方に移したいとの意向をスポンサーに申し入れてきた」が、「最終的に両社間の協議が不調に終わった」ため、放送を終えると説明。今月26日が同局での最後の放送になる。
 ディーエイチシー関連では、他にも月~水曜の午後に番組のロゴに「DHC」の名前がついた美容番組が放送されるなど、MXにとっては大口の取引先だ。16年度のMXの有価証券報告書によると、同局の売上高の11・5%をディーエイチシーとの取引が占める。
 MXの関係者によると、局内には放送直後から番組を問題視する声もあったが、ディーエイチシーを擁護する営業サイドとの対立もあったという。MX幹部は「今回の放送打ち切りで、ディーエイチシーとの取引はゼロになる覚悟だ。営業的には苦しいが、このままでは番組内容が一方的になることがある。我々の意向を理解してくれる新スポンサーを探すしかない」と話す。
 MXに対しては、ニュース女子の放送直後から市民らが本社前で抗議活動を続け、MX労組も会社の見解を求める申入書を出すなど厳しい目が向けられてきた。

 小川明子・名古屋大准教授(メディア論)は、この問題でMXの放送番組審議会(番審)が積極的に対応したことを評価。「番審は全放送局が設置を義務づけられているが、十分に活用されていない。今回、番審が放送直後に自ら臨時会を開くなど、積極的に問題に関わったのは特記すべきことだった」と語る。

 MXは今月中旬までに、これまでの対応状況をまとめた報告書をBPOに提出する。

 ■「コメント控える」 DHCテレビジョン

 番組を制作するDHCテレビジョンは1日、朝日新聞の取材に対し、「現段階ではコメントを控えさせていただきます」と回答。MXでの放送終了後、番組制作やネットでの無料配信を続けるのかどうかについても明らかにしていない。
 番組のプロデューサーでもあるDHCテレビジョンの山田晃社長は、月刊誌「WiLL」に寄稿。BPO放送倫理検証委の意見について「『この意見書そのものに重大な虚偽や悪質な印象操作が含まれ、BPO自体が重大な倫理規定違反を犯している』と言わざるを得ません」と述べている。

 ■MX「ニュース女子」打ち切り決定までの経緯

 <2017年1月2日> 番組で沖縄県東村高江の米軍ヘリパッド建設への抗議活動について取り上げる

 <2月28日> MXの放送番組審議会が、検証番組の放送などを求める意見を提出

 <7月1日> MXが社内に考査部を新設

 <9月30日> MXが現地を再取材した特別番組を放送

 <12月14日> BPO放送倫理検証委が「重大な放送倫理違反があった」とする意見を公表

 <2018年3月1日> MXが番組打ち切りを発表

 ◆キーワード

 <「ニュース女子」昨年1月2日の放送> 沖縄県東村高江の米軍ヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設への抗議活動の参加者を「反対運動の連中」「テロリストみたい」と表現したり、人権団体が交通費相当の金銭を支給して現地の様子を発信する「市民特派員」を募ったことを、「5万円日当」などと伝えたりした。放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は12月、「重大な放送倫理違反があった」とする意見を公表した。

(引用終わり)

BPOの権威(?)を借りた朝日新聞の一方的な記事である。
名古屋大のパヨク(助)教授のコメントも入れて偏向報道に箔をつけようとしている。
東京MXテレビはDHCのような右翼のスポンサーが抜けても「頑張る」みたいに粋がっているが潰れてしまえ。
「テロリストみたい」なのは事実だし、拾った封筒に7万円と書いてあったのを日当ではないかとしたのであり、プロ市民を募集したビラの5万円は交通費という名の日当ではないか。

⇒当ブログでもご紹介したように、しんぶん赤旗の講演会で逮捕された山城博治(沖縄反基地活動家)が講演している。

2018030203.jpg

山城は社会運動団体である沖縄平和運動センターの議長。
彼が暴力を沖縄防衛局員に対して暴力を振るう様子や、米軍基地の立ち入り禁止区間に入り込む映像を見た人は多いだろう。


2018030202.jpg
中央のピンクの鉢巻き男が山城博治

⇒【ノーカット配信】沖縄ヘリパッド移設反対派リーダーが逮捕~これが暴力行為の決定的証拠だ!【ザ・ファクト】

東京MXテレビは結構反日リベラル的名なトーク番組が多い。
そのなかで「ニュース女子」のような番組があることがいままで不思議だった。

地上波のパヨク番組から脱出して、「虎ノ門ニュース」のようなネット番組に進出すればよい。
あるいはスポンサーのDHCの力でTBS「サンモニ」の対抗番組を作るのもよい。

2018030205.jpg

DHCのサプリメントは安価なので昔から愛用していたが、「ニュース女子」騒動で、ますます応援したくなった。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

19:26  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

 ニュース女子は、MXテレビが放映する相当以前からDHCテレビで放送していました。
 地上放送のMXテレビで放送すると知って、少しは情報弱者にも影響があるかなと思っていたが、MXの腰が引けているのが判って長くはないと思っていただけに、別に驚いたりがっかりすることもない。

 DHCテレビも採算が難しいらしくテレビ放送は中止したが、Yutubeなどでいつでも視聴できるので、私はそれを視ている。

 番組も最初に比べると少し内容に不満な点がみられるようになっているが、NHKや民放の番組に比べれば段違いに評価できる。
 ponkoさんは長谷川幸洋氏をえらく高く評価されていますが、元左翼の臭いが消しきれないところが私には今一つ信頼できません。

 娯楽番組としては、DHCシアターの”放言BARリークス”の雑談が面白い。

 桜チャンネルやDHCシアターが地上放送局の一つに潜り込めれば、日本も敵性在日の傍若無人な亡国番組の牽制にはなると思うのだが、相変わらずのお花畑満開のわが国では当分無理でしょうね。

tbsasahinhk |  2018.03.02(Fri) 21:54 |  URL |  【コメント編集】

★いまのところ

ニュース女子はMXへの納品が終了するだけでネットも他の地方局も放送は続くみたいです。
鳥 |  2018.03.03(Sat) 01:40 |  URL |  【コメント編集】

既に地方局でも多く放送されてますし、BS11などの衛星放送でも毎週放送されているので、MXだけが放送を取りやめても、ほとんどの視聴者はネットでなくとも他の方法で視聴できます。

東京MXテレビの最大の株主(20%強)はFM東京というラジオ局。
第2位は司会MCの長谷川氏の親会社中日新聞(6.2%)。
今回の件に、この辺の絡みはないとは思いますが、どうでしょうかね。
企業としてのMXという点では、収益悪化が明らかな今回の悪手は、本来であれば株主からすれば悪手も悪手、株式公開企業だったら代表訴訟があってもおかしくない案件。
放送取りやめにした責任者は、本屋でどういう本が売れ筋かさえ知らないんでしょう(笑)
主悦 |  2018.03.03(Sat) 17:19 |  URL |  【コメント編集】

★MXテレビの放送方式

MXテレビではサイマル放送といって同時に2つの放送を流すということをやってますが、現在の地デジ放送方式の限界で、本来なら1920X1080で製作されているソースが、地デジの標準だと1440X1080になりますし、更にサイマル放送だと720X480までにダウングレードされてしまいます。当然のことながら画質劣化は隠せないレベルになります。
以上、ご参考まで。
Sat |  2018.03.03(Sat) 19:07 |  URL |  【コメント編集】

★MX内のが工作員は公安監視対象のCRAC(しばき隊)とつながっている

【上念司】「MXはこれから追及するがコンプライアンス問題が発生する。そんな所に企業のみなさんは広告を出して大丈夫?」
https://snjpn.net/archives/44677
coco |  2018.03.03(Sat) 22:33 |  URL |  【コメント編集】

あのようなヘイト番組の司会を務め非難されるや言論弾圧等と叫ぶような人物が「最も信頼できるジャーナリスト」とは気でも違ったか?
悪質極まりないあのような番組がなくなるのは当然すぎる話だ。
こんなのは誰がどうみても放送法違反のど真ん中だろう。
ところがネトウヨ連中はそういう頭がないらしい。
BPOも朝日に対して意見したときはたいそうな持ち上げぶりだったが自らの応援する番組を問題視されるや否やうって変わって要らない存在扱いだから呆れるばかりだ。
こういう連中が愛国を自称するのだから愛国を唱える人物は怪しいと思って間違いないだろう。
エフジー |  2018.03.07(Wed) 18:44 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4750-029324a8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |