FC2ブログ

2018.02.27 (Tue)


平昌五輪の熱から冷めて現実に戻ろう


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

朝鮮半島人は日本を敵国視していることを忘れるな

朝鮮半島人はまことに日本人とは水と油の関係である。
(朝鮮人は差別用語だというので、韓国と北朝鮮を含む朝鮮半島の同族民族を朝鮮半島人と呼ぶことにする)

まず、自分の国の大統領が失脚すると死刑を宣言したり、長期の刑罰を与える。
その罪は家族・親戚にまで及ぶ。
日本では考えられないことだ。
それどころか、その昔(1904年~1945年)親日派だったという理由だけでその財産を国家が没収するという「親日反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法」(略称「反日法」)などという法律がアッサリ決まってしまう。

日本の陸軍士官学校を卒業した朴正𤋮元大統領・・・

2018022801(1).jpg

を父とする朴槿恵元大統領もセウォル号沈没事故に端を発して失脚した。
しかも朴前大統領の量刑は懲役30年だそうだ。
現在66歳だから93歳まで牢獄につながれていることになる。
信じられない判決である。
もっとも、普通は恩赦で刑期は減ぜられるのではあるが・・・

⇒産経ニュース(2018/2/27)
朴槿恵前大統領に懲役30年を求刑


2018022802(1).jpg
韓国の朴槿恵元大統領

 【ソウル=名村隆寛】巨額の収賄罪などに問われている韓国前大統領、朴槿恵(パク・クネ)被告の求刑公判が27日、ソウル中央地裁で開かれ、検察は朴被告に懲役30年、罰金1185億ウォン(約118億5000万円)を求刑した。
 この日も朴被告は出廷せず、公判は被告人不在のまま、書面での陳述もなく進められた。
 朴被告は、親友で女性元実業家の崔順実(チェ・スンシル)被告が事実上、支配していた「ミル財団」や「Kスポーツ財団」への大企業に対する拠出強要、大手財閥のサムスングループやロッテなどからの収賄、朴槿恵政権に批判的だった文化・芸術関係者の政府支援からの排除、公務上の秘密漏えいなど計18の罪で昨年4月に起訴された。うち13の罪が崔被告と重なっていた。
 事件をめぐってソウル中央地裁は今月13日、朴被告と共謀し財界に資金拠出を強要したとして、崔被告に対し、職権乱用や収賄などの罪で懲役20年と罰金180億ウォン(約18億円)、追徴金約73億ウォンの実刑判決を言い渡した。
 また、韓国ロッテグループ会長、重光昭夫(韓国名・辛東彬=シン・ドンビン)被告に贈賄の罪で懲役2年6月、追徴金70億ウォンを、朴槿恵政権で大統領府政策調整首席秘書官を務めた安鍾範(アン・ジョンボム)被告に懲役6年と罰金1億ウォンの実刑判決をそれぞれ言い渡した。
朴被告に対し、地裁は昨年10月に最長6カ月の勾留延長を決定。朴被告はこれに「法治の名を借りた政治報復だ」と反発し、弁護団全員が辞任した。地裁が国選弁護人5人を選び、その後、裁判は再開されたが、朴被告は「不利益」が生じる可能性を地裁から指摘されたにもかかわらず、出廷を拒否し続けた。


聨合ニュース写真は容赦なく、生々しい。

2018022803(1).jpg

セウォル号沈没の被害者はもう一人居る。
日本向け記事を書いた当時の加藤達也産経新聞ソウル支局長である。
加藤氏が朝鮮日報や証券街の報道を元に書いた「セウォル号沈没の日、朴槿恵大統領の空白の7時間」が名誉毀損だとして2014年8月から約9ヶ月間、出国禁止処分を受けた末、無罪となった。
判決の日、加藤被告は見せしめに3時間も立たされ続けた。
韓国式報復である。

最近、韓国の裁判で有罪判決を受けたもう一人は元自衛官の奥茂治氏である。
故吉田清治氏が韓国に建てた謝罪碑を撤去して欲しいと吉田氏の長男に頼まれて韓国に向かったが、コンクリートの謝罪碑の撤去が困難なので追悼碑を上書きした。
堂々と名乗り出て韓国の裁判所に出頭した奥氏は加藤氏と同じ出国禁止の末、裁判で有罪(執行猶予)となった。
韓国は早速新しい売春婦追悼碑を傍に建てて報復した。

韓国のテレビ局は平昌五輪でも日本人勝者の表彰式での国旗掲揚と「君が代」演奏をスルーした。
根っからの反日国家なのである。

一方、日本国内にも反日勢力が居る。
マスメディアのほかに司法界がそうだ。
最高裁判所は元より地方裁判所にも反日勢力が巣食っていることは周知の事実だが、朝鮮人追悼碑訴訟もそのひとつである。

⇒産経ニュース(同上)
【朝鮮人追悼碑訴訟】
群馬県が控訴 「許可条件違反の政治的発言あった」


朝鮮人追悼碑
散歩やジョギングの人たちが使う遊歩道に面した朝鮮人追悼碑
群馬県高崎市綿貫町の県立公園「群馬の森」(橋爪一彦撮影)


 群馬県高崎市の県立公園「群馬の森」にある朝鮮人追悼碑の設置期間更新を県が許可しなかったのは違法として、碑を設置した市民団体「追悼碑を守る会」が不許可処分の取り消しを求めた訴訟で、県は27日、処分を取り消した今月14日の前橋地裁判決を不服として控訴した。
 控訴理由について県は「許可条件違反となる政治的発言、行事がなされたので、碑の設置期間更新を不許可にするのは当然」と説明した。
 判決は、原告側が毎年開いている集会で、建立許可の際に県と原告側が交わした「政治的行事を行わない」との条件に違反する行為があると認定した一方、憩いの場としての公園の役割は失われなかったとして、「処分は裁量権を逸脱した」と結論付けた。


(引用終わり)

事の経緯は高崎市の県立公園「群馬の森」に市民団体が朝鮮人労働者の追悼碑を建てたことに始まる。
群馬県は碑の前で政治的な行事が行われたことを理由に設置許可の期間を更新しなかった。
市民団体が控訴した。
前橋地方裁判所は市民団体の主張を認め県に処分の取り消しを命じた。
この判決を不服として県は27日控訴した。

そもそも県民たちが散歩やジョギングを楽しむ遊歩道に朝鮮人労働者の追悼碑を建てた市民団体が間違っている。
しかも、それは追悼に名を借りた反日勢力の活動の場なのである。

「前橋地方裁判所は今月14日、『政治的行事を行わないことが設置許可の条件だが、市民団体は碑の前で開いた集会で政治的な発言をしていた』と指摘する一方、『集会が公園の機能を失わせたとは言えず、裁量権の逸脱があった』と指摘し、県に処分の取り消しを命じました。
この判決を不服として県は27日控訴しました。」(NHKニュース)


前橋地方裁判所は市民団体の政治活動の場であることを認めながらも、「集会で公園の機能は失われない」とした。
市民団体の勝訴である。
しかし明らかにこの判決は矛盾している。
政治的行事をしたことは明らかに契約違反であり、アウトである。

慰安婦像(売春婦像)を海外に建てる一方で、日本国内には「朝鮮人追悼碑」を建てる朝鮮半島人とその手先である日本国内の反日市民団体。

平昌五輪の熱も冷めたいま、日本は一層朝鮮半島に厳しい視線を投げ掛ける必要がある。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2



テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:54  |  -朝鮮半島  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

三権分立とかいうけれど、司法が一番上にあります。行政がやることを訴
えれば、司法が判決し、行政もそれに従わなっければならないのは、分立
とは言えないでしょう。特に司法の裁判官は馬鹿が多いから。法律だけと
言う帳面面だけしか判らない人間に、世の中をひっかきまわされたくない。
司法に国民が物を言えるのは、最高裁判事の国民審査しかありません。
国民審査の際は全員に×を付けましょ。
おっさん |  2018.02.28(Wed) 06:25 |  URL |  【コメント編集】

★もうそろそろ

確かに幾つかの大きな感動があった。
逆に実に北朝鮮がからんだ政治的なオリンピックでもあった。
その両極端な大会だった。

しかし毎日毎日
テレビはオリンピックばかり。
ちょいとヒマをみつけては安倍批判。

ほかにもマスコミが伝えなきゃならない重要なニュースって
あるだろうが。
M |  2018.02.28(Wed) 08:25 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4744-8491c9ec

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |