FC2ブログ

2018.02.05 (Mon)


民意は基地に反対だと沖縄2紙の負け惜しみ


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

沖縄タイムズと琉球新報のショックは隠せない

名護市長選の敗北を受けて、今朝の沖縄タイムズ社説は予想通り負け惜しみだった。

⇒沖縄タイムズ社説(2018/2/5)
名護市長に渡具知氏「基地疲れ」経済を重視


「もう止められない」との諦めムードをつくり、米軍普天間飛行場の辺野古移設問題を争点から外し、経済振興を前面に押し出すのが渡具知陣営の一貫した戦術だった。

 前回選挙との大きな違いは、自主投票だった公明が、渡具知氏推薦に踏み切ったことだ。渡具知氏が辺野古移設について「国と県の裁判を注視したい」と賛否を明らかにしなかったのは、公明との関係を意識したからだろう。
 両者が交わした政策協定書には「日米地位協定の改定及び海兵隊の県外・国外への移転を求める」ことがはっきりと書かれている。
 安倍政権が強調する「辺野古唯一論」と、選挙公約である「県外・国外移転」は相反するものだ。


渡具知氏と公明党と政策協定書を結んだ?
渡具知氏は「県外・国外移転」を選挙公約した?
意味が分からない、

安倍政権が強調する「辺野古唯一論」と、(渡具知候補の)選挙公約である「県外・国外移転」は相反するものだ。
本紙などの出口調査では、辺野古移設反対が64・6%に上った。
選挙によって辺野古移設反対の民意が否定されたとはいえない。 
渡具知氏が「県外・国外移転」を公約に掲げて当選した事実は重い。市長就任後もぶれることなく「県外・国外移転」を追求し、地位協定見直しに向け積極的に取り組んでもらいたい。

稲嶺氏が敗れたことは、新基地建設反対運動だけでなく、秋の知事選に大きな影響を与えるのは確実だ。
翁長知事による埋め立て承認撤回に不透明さが増し、一部で取り沙汰されている県民投票も見通せなくなった。
翁長知事は今後、公約である新基地阻止をどのように実現していくのか。県議会与党とも早急に対応を協議し、新たな方針を打ち出す必要がある。


(一部抜粋)

⇒沖縄タイムズ(同上)
「国家にはひれ伏せということか」翁長県政、主張の柱を失い大打撃 辺野古反対の戦略見直しへ


先日他界した自民党内の左翼、野中広務が「悪魔にひれ伏しても小沢と組む」と言ったとつい先日、当ブログで書いたばかりだ。
国家は悪魔か。
市民が民主主義のルールに従って投票した選挙結果を「国家にひれ伏す」とはお門違いも甚だしい。
パヨクは勝てば市民の勝利、負ければ国家の圧力と言うのである。

百田尚樹氏に「沖縄2紙は潰してしまえ」と言われたもう一方の琉球新報は「選挙に負けたからと言って新基地を容認したわけではない」と強がりを言っている。

⇒琉球新報(同上)
社説 名護市長に渡具知氏 新基地容認は早計だ


渡具知氏の当選によって市民が新基地建設を容認したと受け止めるのは早計である
渡具知氏は、建設容認を明言せず、問題を解決するために国と対話する姿勢を示しただけだからだ。
新基地容認とするのは牽強(けんきょう)付会である。
普天間の県外国外移設を求めている公明党県本部は、自民党が推薦する渡具知氏を推薦した。金城勉代表は渡具知氏と政策協定を結んだ理由について「地位協定の改定と海兵隊の県外、国外の移転を求めるということで合意に至った」と述べている。それなら海兵隊が使用する新基地は必要ないではないか。


(一部抜粋)

今日は新聞が休刊の月曜日だから明日の社説が楽しみである。

敗北した稲嶺氏が涙をぬぐうYoutubeの動画は哀れであった。

産経ニュース(同上)
茫然自失の稲嶺氏 陣営到着と同時に敗北確定 「移設問題がはぐらかされた…」

2018020500.jpg
落選が決まり、敗戦の弁を述べる稲嶺進氏。翁長雄志沖縄県知事(左端)ら支援者は落胆の表情を見せた=4日夜

 激しい選挙戦を繰り広げた沖縄県名護市長選。約3400票差で新人候補に敗れた無所属現職の稲嶺進氏=民進、共産、自由、社民、沖縄社大推薦、立民支持=は4日夜、「名護市民の選択の結果なので真摯に受け止めないといけない…」と言葉を詰まらせた。
 稲嶺氏は4日午後10時半ごろ、事務所に到着した。駆け付けていた翁長雄志沖縄県知事と笑顔で握手を交わし、集まっていた支持者らに手を振った。しかし、会場から挙がったのは歓声ではなく、悲鳴だった。

 「ん!?」

 けげんな表情で稲嶺氏が振り返ると、テレビモニターは対立候補の渡具知武豊氏の「当確」情報を伝えていた。茫然自失。そのままパイプ椅子に座り込むと、渡具知陣営の万歳三唱を突きつけられた。稲嶺氏はほとんど微動だにしなかったが、一度だけ目頭を押さえるしぐさを見せた。2期8年にわたる稲嶺市政に終止符が打たれた瞬間だった。
稲嶺氏は「残念ながら移設問題が争点となり得ず、はぐらかされてしまった」と声を振り絞る。「護岸工事は進んでいる状況だが、埋め立て面積はまだ1%に満たない。まだとめることができる。あきらめる必要は絶対にない」と強調すると、支持者からは拍手が巻き起こった。だが稲嶺氏に移設工事を止める市長権限はもうない。

 「子ども達の未来に基地はいらない」

 そう記された旗が、冷たい夜風にむなしくたなびいていた。今後の政治活動についての質問には答えず、選挙スタッフに抱えられながらの退場となった。


(引用終わり)

市長を2期も務めると権力が強大化し、余程の失政が無い限り3期目の当選は確実だと一般的にいわれている。
それを負けてしまったのは、何でもかんでも基地反対がムリ筋だったということだ。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

13:13  |  沖縄基地問題  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

渡具知武豊の勝ち→基地容認とは言えない??????
稲嶺が勝ってたら、「基地反対が民意だ!!!基地無くせ!!これが民意だ!」って騒いでたんだろ?
名前非公開 |  2018.02.05(Mon) 15:10 |  URL |  【コメント編集】

今回の市長選の投票率が公表されてて投票率は76、92%で前回より微増という結果です。
そして注目する所が10代、20代の渡具知氏への投票率が60%以上という高い投票率だったという事。
これからの日本を担っていく世代がこうしたフェイクニュースに惑わされずにしっかりと正しい認識を持っているという事が世間に示された事が何より嬉しいですね。

そして逆に50代以上の世代はこのままリベラル派によって作られた思想に乗っかったまま最期を迎えるのか、それとも自分たちの意志と行動で作られていない思想と歴史に向き合っていくかその分岐点に立たされてるのを自覚して欲しいですね。
定時であがり |  2018.02.05(Mon) 18:28 |  URL |  【コメント編集】

定時であがり 様

>そして注目する所が10代、20代の渡具知氏への投票率が60%以上
>という高い投票率だったという事。

この結果からみても、我那覇真子さんの活動の影響が大だと言えるような
気がします。
おっさん |  2018.02.05(Mon) 19:21 |  URL |  【コメント編集】

★沖縄の2紙は、過去の産物と化す。

新聞の効力は、ネットに敵わない。
ネットは、全国で見られる。
リアルタイムで意見も述べられている。
判断材料の無さは、ローカル紙の欠点である。
katachi |  2018.02.05(Mon) 19:39 |  URL |  【コメント編集】

★オール名護を認めないのか?

日本全体がxxといっても、沖縄県は反対だ!  
沖縄県がxxといっても、名護市は反対だ!
この二つは等価じゃないの?
沖縄が安倍総理に従はないのは、選挙結果に基づく沖縄の民意なら、
名護が沖縄知事に従わないのも、選挙結果に基づく名護の民意だろ?

なぜ、名護の場合は選挙結果が認められず、沖縄知事に従えと「強要」されるの?
それは、知事一派が頑強に否定してきたことじゃないの?

基準は自分たちの反米感情であり、民意はそのためのネタで勝手な判断をするんじゃないと、沖縄2紙はおっしゃているとしか読めませんね
ろう |  2018.02.07(Wed) 01:57 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4716-e5473877

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |