FC2ブログ

2008.11.07 (Fri)


「村山談話」から「村山神話」へ

田母神氏の論文が公になった時に、こういう展開になる事が十分予想された。

たとえその論文が100%正しくとも、政争の具にされ「村山談話」を金科玉条とする勢力の餌食になる事は明らかだった。

麻生首相が「村山談話」を破棄する可能性はゼロに近く、国会で弁明に追われれば、「村山談話」は「村山神話」にまで高められ、二度と覆す事のできない日本人のトラウマとして後世代々に渡って日本人を苦しめるだろう。

田母神氏は責任をもって、自らが投じた一石の波紋を広げ、「村山談話」破棄につながる行動を取っていただきたい。

よもや「退職金を返納する」などと言わないと思うが・・・

国を憂える人たちは全面的にあなたを支援すると思うから。
石破茂氏が田母神氏と渡部昇一氏をブログで批判している。
このような思想の持ち主が日本の防衛の責任者だったと思うと慄然とする。
そのブログに石破礼賛のコメントが溢れるのを見てさらに慄然とする。
日本はいったいどうなってしまったのか。

http://ishiba-shigeru.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-8451.html

産経ニュース(2008.11.7 13:04)
西岡氏が田母神問題で麻生首相を批判 新テロ法案審議で説明を

西岡武夫参院議院運営委員長(民主党)は7日午前、国会内で記者会見し、田母神俊雄前航空幕僚長が政府見解に反する論文を発表した問題について「シビリアンコントロール(文民統制)の観点から由々しき発言だ」と指摘。懲戒免職でなく定年退職になったことについて麻生太郎首相が「どうのこうのという立場にない」と発言したことに触れ、「自衛隊の行動などの最終責任は首相にある。どうのこうのいう立場にある」と述べ、首相を批判した。
 また、新テロ対策特別措置法改正案が参院で審議中であることを受け、「国会の場で首相が考え方を明快に国民に説明すべきだ。それをやらないまま改正案を採決するならば、議運委員長として本会議の取り扱いを考えざるを得ない」と述べ、首相が参院外交防衛委員会などに出席して明確な説明をしなければ、同法改正案採決のための本会議を開会しない考えを示した。


村山談話は破棄せよと思う方はクリックを!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

16:58  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/471-f8bf94c2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |