FC2ブログ

2008.11.06 (Thu)


濱田防衛相「退職金返せ!」と

鉄砲を撃てない兵隊に税金を使うな

もはや自民党も末期症状である。
田母神前空幕長に「退職金の自主返納を求める」とまで言い出した。
一旦上げたものを返せというのである。
しかも「自主的に」と。
なんと姑息な物言いではないか。
それを言うなら、あんたに退職金を出したのは間違いだっただから没収すると言うべきである。

この浜田靖一防衛相は「村山談話」を徹底的に自衛隊員に叩き込むとまで公言している。
さぞかしヘナチョコな兵隊さんが育つ事だろう。
日本が侵略されても鉄砲ひとつ撃てない兵隊さんばかりでは、とても日本安全は保障できない。
Ponkoは自民党WEBの「ご意見」から「総合」をクリックして抗議のメールを送った。
http://www.jimin.jp/jimin/goiken/index.html

なお、一時は55人と伝えられた自衛隊員の応募論文数が78人だと判明した。
なんと33%である。
強制的に書かされたのだという人も居るが、100歩譲って強制的であったとしても、激務の間に論文を書いた隊員の努力を讃えたい。
しかし、政府は応募隊員の調査を始めた。
内規の手続きを理由に自由な言論を封鎖するファシズムが始まった。


産経ニュース(2008.11.6 11:12)
空自78人が投稿、田母神氏と同じ懸賞論文

田母神俊雄前航空幕僚長が歴史認識をめぐり政府見解と異なる論文を公表した問題で、防衛省は6日午前の民主党外交防衛部門会議で、田母神氏のほかに航空自衛隊員78人が同じ懸賞論文に応募していたことを明らかにした。内部部局(背広組)や陸海両幕僚監部、統合幕僚監部からの投稿者はなかった。
 防衛省の示した資料によると、階級別では1佐、2佐がそれぞれ3人、3佐、曹クラスが各4人、尉官が64人だった。防衛省は、内規に義務づけられた上司への報告を怠った例がなかったかについて今後調べるとしている。
 一方、浜田靖一防衛相は同日の参院外交防衛委員会で、田母神氏の論文について「自分の立場を理解してもらえなかったのは憤りを感じる。今回の件を許すまじという思いでしっかりと対処する」と強調。田母神氏に対し、退職金の自主返納を求める考えを明らかにした。
 また、自衛隊幹部の歴史教育について「(植民地支配と侵略を謝罪した)村山談話を踏まえて適切な幹部教育に努めていきたい」と述べた。


村山談話の正当性を検証せよと思う方はクリックを!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

22:29  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/469-e2454e62

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |