FC2ブログ

2017.11.26 (Sun)


明日からのモリカケ国会が楽しみだとTBS「サンモニ」


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

トランプ大統領の命令聞かない軍最高司令官に賛同の愚

アメリカ軍の司令官が、トランプ大統領が核兵器使用の命令を出しても従わないと表明した。
何様だと思っているのだ。
アメリカ国民が選挙で選んだ大統領である。
そのトランプ大統領は軍の最高司令官である。
トランプ大統領が重篤状態とか発狂したとかというなら副大統領が取って代わる。
その副大統領が北朝鮮攻撃を中止せよと命令したなら分かる。
しかしトランプ大統領は重篤でもなければ発狂しているわけでもない。

日本も自衛隊の最高司令官は総理大臣である。
それを民主党の党首だった菅直人元首相は知らなかったことで恥を掻いた。
安倍総理大臣が米軍と共同作戦を取れと命令したとき、自衛隊の陸海空の統合幕僚長が従わなければ大問題である。

ところがTBS「サンモニ」の連中はそう考えていない。

TBS「サンモニ」(2017/11/26)
北朝鮮 "テロ支援国家" 再指定
米司令官「核使用に従わず」

田中秀征(福山大学客員教授)
「(テロ支援国家再指定を)歓迎するわけではないが、やむをえない。どんどん制裁を加えているから限定的だと思う。軍の対応は当然だと思う」

2017112703.jpg

大宅映子(評論家)
 (なぜか今日はいやにルージュが濃い)
大統領が違法な決断をするという前提は今まで考えなくて済んだ(笑)。アメリカの精神医学の人達が集まってどう見てもおかしいと声明を発表している

同盟国のトップをここまで馬鹿にして済むものだろうか。

岡本行夫(外交評論家)
「大統領は軍の最高司令官であるけれども、戦争を始める権限は憲法上議会にある。だから大統領が勝手に戦争を始めれば、これは違法という事になる。
この間シリアに29発のトマホークミサイルを撃ち込んだが、ああいう限定的な先制攻撃あるいは懲罰的な行動は議会の了承を取るのか境界線が曖昧だ。
その中で、軍人達が自分達は違法な命令に従わないと言うことはトランプのような人に対して大きな抑止力になると思う。この傾向がこれから強まるばいいと思う」

2017112704.jpg

幸田真音(作家)
 (なぜかこの人も今日は厚化粧が目立つ)
「やはりマチス国務長官(国防長官)とか軍事のプロが回りに居てちゃんとトップにノーが言えるのは健康的だと思う。
どっかの国の忖度と違って、正しいことは正しい、イリーガルな事はキチっと判断できる人が周囲に居るってことは安心だと思う」

荻上チキ
今回の制裁はほとんど効果が無い。アメリカの強い態度は他の国に対するアピールにつながる。
加盟国の中でも北朝鮮の制裁に積極的に参加している国は極く僅かだ。
アフリカ、中東など北朝鮮と関わり合いの深い国がある。
対話と圧力と言ったとき、対話の相手は実は北朝鮮とではなくて、北朝鮮への圧力に消極的な様々な国と対話を進めて行く必要がある。
だから北朝鮮だけを見ていてはダメで、他の国にどう働きかけていくかということがアメリカと日本と他の様々な国に求められている」


今回の制裁は本当に効果がないのか。その理由を説明して欲しい。
実際には北朝鮮に関係する諸外国の団体が追い出しを食っている。これは大きな効果だ。
日本も北に通じている朝鮮総連を追い出すぐらいのことをする必要がある。

岸井成格
「年内にも北朝鮮はミサイルを発射するのではないかと言われている。一番速ければ12月17日の金正恩総書記の命日になるのではないかと。
トランプ大統領は日本の上空を飛んだミサイルを撃ち落さなかったのは信じられないと言っている。
迎撃するのはアメリカ軍か日本か韓国か物凄く大変な決断を迫られている」

伊藤友里(サブMC)
未だに解明が不十分な森友学園問題。会計検査院が提出した報告書を巡って改めて野党の追求が始まっています」


おいおいいつまでやる積りだ。

田中秀征
「石破さんも岸田さんもどんどん物を言い始めた。非常に歓迎すべきことだ。どんどん言ってもらいたい」


どうせ次期総理大臣を狙っての発言だろう。

この田中秀征、「風を読む」のコーナーで会計検査院の問題をとりあげた中で問題発言をしたとネットで騒がれている。

2017112702.jpg

田中秀征
「森友も加計もそうですけど、永遠に続きますこういう処理の仕方は。
処理されてないですよね。だから学園が開校になってから、あるいは在校生も言われるし、卒業生も言われるから
もうキチッと締めておかなければ学生に本当に可哀想ですよ」


どうやら加計学園を閉めろというのではなくて会計検査院が指摘している事務処理を問題にしているようだ。
それにしても、毎日々々明けても暮れてもモリカケでは加計学園にとっては妨害活動でしかない。
折角、岩盤規制を打ち破って新しい学部が出来るというのに入学希望者が居るのかと心配だ。

岸井成格
「大変な事だ。いままでこんな事は無かった。最終的にもし捜査が行くと財務省と国交省が共犯関係になると。なんでそんな事が出来たのということになる」

関口 宏(司会)
「となると明日の国会は・・・」

岸井
「大変な事になる」


まあ大いに空騒ぎをしてもらいやしょう。



   ↑
使ってます。便利です。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:53  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

すいません。全くこのテーマと関係ないですがどうしても気になったのでこの場っを借りて書かせて下さい。

この所世間の話題を独占している日馬富士暴行事件、半月以上経っても進展のない状況、次々に出てくる関係者。果たしてどう決着がつくのかもそうなんですが
この騒動で自分が一番気になったのが貴乃花に対する批判的報道。確かに暴行事件の直後や現在でっも協会に報告や説明をしない事が事件の拡大化になってる事も一理あるけどそもそも単純に見て暴行を行った事、そしてそれを本人も認めてる時点で即解雇をしない協会の方針に問題があるのではないか?

そもそも今回の暴行事件が明るみになったのもスポーツ紙のスクープが切っ掛けで協会がハッキリと会見を開いたワケではない。
その事からも鑑みて協会はこの事件を秘匿化、矮小化しようとしてたのは明らかであった。
その点から見たら貴乃花が協会に対して非協力的なのは協会に対する不信や疑念をっ持っているからこその現れではないだろうか?

良く貴乃花の事を「改革派」の旗手っとする批評を見受けられるがテレビで二宮清純が「貴乃花はウルトラ保守、相撲原理主義者」という見解を述べている、今の「興行」としての相撲ではなく本来の「神事」としての相撲に回帰しようというのである。

ここで自分が感じたのはこの騒動の構図がまさに今の政権下での構図に合致するではないかということっである。
「戦後レジームからの脱却」をスローガンにそれまでのリベラルな思想が蔓延していた社会に憲法改正、日本自前の軍隊の保持といった保守回帰に前進している。
しかしそれを良しとしない勢力がマスコミを使って印象操作を行いその動きを潰そうとしている。
元の姿に戻そうとしているその動きを一方的に「悪」と印象操作する、しかしその様なやり方は今の時代最早通用しないのは明白である。

今回の暴行騒動の決着のつき方如何が今後の政権下での運営に何らかのヒントを見出しいてくれる事を期待している。
定時であがり |  2017.11.27(Mon) 18:05 |  URL |  【コメント編集】

★天誅

反日マスゴミを徹底的に殲滅粉砕解体せよ!!
以上


咒咒咒反日マスゴミ・ひる.おび咒咒咒
相馬の古内裏 |  2017.11.27(Mon) 19:56 |  URL |  【コメント編集】

★モリカケと言うよりイジメだろう。

こう言う大人が、いるから子供のいイジメが、無くならない。
見本を示している。
イジメの際たるものだ。
katachi |  2017.11.27(Mon) 21:00 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4621-0e43f90d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |