FC2ブログ

2017.10.23 (Mon)


自民大勝を喜ばない反日メディア


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

まだ森友・加計を言う執念深さ

「大義がない」と「モリカケ隠し」というパヨクの激しい批判の中に行われた総選挙は自民党の予想以上の圧勝に終わった。
これはとにもかくにも安倍総裁自民党が国民の信を得たということだ。
それでもパヨクメディアは国民は安倍首相はいやだが自民党を選んだなどと愚かな事を言ってまだ国民を騙そうとしている。

確かに希望の党をはじめとする野党が連携できなかったことも自民党に幸いした。
しかし、やはり自民党の主張する政策が広く受け入れられたということであろう。
反対に野党には政策らしい政策も有権者に提示できなかった。

今朝の各紙を読み比べてみると・・・

やはり産経新聞が一面トップに大きく「自公大勝 首相続投」と大きく報道。

「北朝鮮と小子高齢化という、日本に差し迫った国難を乗り越える。安倍晋三首相の呼びかけに、国民は強い支持を与えた」

石橋文登政治部長が・・・

「首相の強運生かすとき」と題して「小池希望の党代表の『排除』発言など『敵失による勝利』といえなくもないが、政権与党が圧倒的な勢力を得た意義は大きい」
と憲法改正への期待を膨らませた。


読売新聞
「民意は安倍政権の全てを支持するほどではない」

朝日新聞
「森友・加計学園への追求を交わす大義なき解散に勝った」
「世論調査では首相の続投を望む声は少ない」
「安倍首相は勘違いしてはならない」

毎日新聞
「押しつけ型の政権運営は見直す必要がある」
「森友・加計学園問題も過去の問題として片付けるべきではない」

東京新聞
「安倍首相が積極的に支持されたと断言するのは早計だろう」
「森友・加計問題への説明が選挙戦でされなかった」

日経新聞
「安倍政権を全面承認したのではない」


民主主義の基本原理である多数決に従っただけの話。

経済が専門の日経さんよ、自民大勝で株価は上がりっぱなしだ。
どうしてくれる。
猥褻な意味もあるというユリノミクスでこんなに株価が上がるのか。

連騰記録の更新は、高度経済成長期にあたる昭和35年12月~36年1月(14営業日続伸)以来、約56年9カ月ぶり

⇒産経新聞
東証が初の15連騰、歴代最長を更新 与党大勝でアベノミクス継続を確認



「森友・加計学園の禊が終わったと浮かれるな」


・・・と産経新聞以外は安倍政権に冷や水を浴びせるだけの各紙である。

安倍首相も敵がそう出ることは先刻ご承知で、バラの花を当選者の名前につける時も硬い表情をみせていた。
また今日の記者会見でも低姿勢で応じた。

これでいいのだ。
反日マスメディアに対して真正面から戦う必要はない。
そうすれば敵の思う壺にはまることは都議選の秋葉原で「こんな人達に負けるわけには行かない」で学習した筈だ。

モリカケ問題についてはもうこれ以上論じても時間の無駄である。
いまベストセラーの売り切れ続出で、ようやくアマゾンから入手した小川榮太郎著「徹底検証『森友・加計事件』朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」を読んでいるが、本当にこれは朝日新聞のまたしての犯罪であることは間違いない。

安倍政権が初動を少し間違えた点がないとも言えないが、何の証拠もなく推測だけで国のトップをこれ以上追い詰めても時間と国費の無駄である。

ブログ主は東京都知事選の時からマスメディアの小池旋風には疑義を抱いていた。
個人的にも小池百合子は好きになれなかった。

いわばその嫌っていた部分が今回災いして希望の党は失速して小池にはもう再起の芽はないだろう。

日刊ゲンダイは

「安倍首相に劣らぬ独裁的な『ヤバイ女』という正体を露呈し・・・」

こき下ろしている。

しかし世論とは恐ろしいものだ。
政党集団は思想信条を同じくする政治家が集まるのだから、「憲法改正」と「安保法制」に賛成という縛りをつけるのは当たり前の話だと前に書いた。
ただ「排除」という言葉が一人歩きして大事になった。
小池独特の上から目線が災いした。

排除された連中が「立憲民主党」を作って野党第一党になった。
弱いものに同情したくなるという日本人の優しい心根が仇になることもある。
「強きを挫き 弱きを助ける」というアレである。

今日の産経抄は「日本人の判官贔屓」が立憲民主党に幸いしたと見抜いている。

産経抄(2017/10/23)

赤穂藩の旧藩士47人が江戸・本所の吉良邸に討ち入ってしばらくは、上野介(こうずけのすけ)への同情の声の方が多かった。大勢の侍が年寄りを襲うなんて、というわけだ。ところが、赤穂事件を題材とした浄瑠璃や歌舞伎が上演されると、赤穂浪士はたちまちヒーローとなる。江戸研究家の故杉浦日向子さんから聞いた話である。

 ▼庶民の突然の心変わりに、吉良家の縁者たちの戸惑いは大きかったはずだ。パリに出張中の小池百合子東京都知事も日本から届く衆院選の結果を聞きながら、似たような思いをかみしめているにちがいない。

 ▼自ら立ち上げた「希望の党」への追い風は、「排除の論理」をきっかけに逆風に変わった。憲法や安全保障に対する考え方がバラバラでは、将来党内に混乱を招く。その意味でメンバーの選別は、政党のリーダーとして間違っていない。

 ▼ただ、小池氏は有権者の判官びいきを軽視したのではないか。立憲民主党が予想以上に票を集めた一因は、排除された候補者への同情だったとみる。選挙の結果は、兄の源頼朝に追っ手を差し向けられた義経が、逆に鎌倉に攻め上るがごとくである

 ▼もっとも、天下の形勢が動くほどではなかった。北朝鮮危機、少子高齢化などの国難を前にして、有権者は引き続き、自民、公明の与党に政権をゆだねた。確かに「安倍1強政治」への批判一本に絞った野党の戦略は一定の成果を収めた。ただその後の国家の舵(かじ)取りについて、青写真が示されることはない。「大統領憎し」の国民感情で誕生した、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権の迷走も影響しているかもしれない。

 ▼ただ選挙結果のくわしい分析はこれからである。土砂降りの中、投票所に足を運んだ18、19歳の若者の投票行動を何より知りたい。


立憲民主党が躍進したことは相変わらず一定数の愚民が存在することを証明した。
愚民とはマスメディアの世論誘導に容易に騙されてしまう人達を言う。
人間的には「いい人達」かもしれないが、政治の停滞の原因となる。
なぜならば為政者はこのような「愚民」にも一定の配慮をしめしながら「まつりごと」を行わなければならないからである。

しかし、安倍首相が絶対に許してはならないのはこのような「いい人達」を一定の方向に誘導するマスメディアの存在である。
昨夜の選挙報道中にも反日テレビ番組での目に余る発言があった。
つくづく日本のメディアは腐っていると思う。
それ正すのは非力ながらもネット論壇でしかない。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

18:03  |  2017衆院選挙  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

まあ今回の選挙はほぼほぼ結果が分かってたようなもんで結果以上にこれといってなく「ま、そうでしょうね」という思いです。

それより気になったのは今回の投票率。全体では53,68%で戦後二番目の低さに終わったのはこうしてネットの熱気と世間の反応とにまだ隔たりがあるのかなと思いましたね。
今回の選挙で所謂マスコミ主導ではなくネットによって報道のあり方を問う意味合いも含んでると思っただけに予想以上に伸びなかったな~と思いました。

ただ期日前投票が過去最高となる14,71%だった事は台風前にというのもあっただろうけどまだこの国の政治に期待してる証明になったと思います。

そして世代別投票率は10代、20代が自民党に4割の支持したというのは日教組の支配から脱してきた事を裏付ける事になってそこは凄く今後に希望が持てる結果になって胸をなでおろしてます。
定時であがり |  2017.10.23(Mon) 18:40 |  URL |  【コメント編集】

今回の選挙では、和田政宗さんの働きも大きかったのでは。TBSに対する牽制になったと思う。それに現場で動画を投稿した人。それを拡散した人。シンゾウマークのプラカードを考案した人。これらの人たちと政治ブログが有機的に機能しつつあるように感じました。Ponkoさん、これからもいろいろ工夫しながら頑張りましょう。
Be cool! |  2017.10.23(Mon) 19:09 |  URL |  【コメント編集】

★Re:Be cool!さん

和田政宗さんがNHK出身で、自民党の広報担当になったのは良かったです。
「報道特注(本)」ももうじき発売ですので、要チェック!
Be cool!さんの仰る通りだと思います。
いろんな人の連携が、これからのネット活動には必要ですよね。
通りすがり |  2017.10.23(Mon) 19:54 |  URL |  【コメント編集】

★東京10区の落選議員

希望の党の若狭を見て、落選するわけだと思った。

今回の敗因について、
「立憲民主党が出てきたから」「小池が『排除』と言ったから」
と、まるで他人事のように言い放ち、無責任極まりない。
さらに、今後について、
「一度政治から離れる」
と、党の要職にありながら、小池をサポートする気もない。

自民党のおかげで補欠選挙で当選したはずなのに、恩を仇で返す仕打ち。
さらに、小池に神通力がないと分かるや否や、もう見切りをつける気なのか?
こういう男には信義がないし、人としてダメだろう。
名前非公開 |  2017.10.23(Mon) 20:05 |  URL |  【コメント編集】

マスメディアはこぞって小池新党の失速の理由を「排除」だったと評し、小池氏本人も「排除」という言葉が独り歩きしたとか、適切ではなかったと反省している。
確かにあの時から潮目が変わったのは確かだが「排除」という言葉が原因ではないと思う。
主義主張の全く違う者をもすべて受け入れては政党の意味をなさない。その意味では小池氏は正しかったと思う。
左翼メディアは小池氏の「排除」が気に入らないから「排除」と言う言葉が原因だったと評しているに過ぎない。

今までの主義主張を放り出して、ただただ当選したい為に雪崩を打って小池新党に入っていく民進党議員の浅ましさを国民はしっかり見たのだ。
そのような輩が集まった小池新党を国民は信用しなくなったのだ。それが小池新党失速の理由だと思う。
言い換えれば小池新党は「排除」が足りなかったし、更に言えば民進党と合流すること自体が間違っていた。
小池新党は間もなく分裂が始まるだろう。

民主党から出てきた輩が橋下維新に入ったり出たりして維新を混乱させたのはついこの間のことではないか。
小池氏は地域政党を立ち上げることにおいては維新の党を参考にしたようだが、維新の党の苦い経験は目に入らなかったようだ。

立憲民主党が伸びたのは判官びいきがあったという評価が多いが私はそうは思わない。
日本人の四分の一くらいはまだまだ「左巻き」が居るということだ。
その「左巻き」が小池新党に行くはずだったが排除されて枝野幸男氏と共に立憲民主党に流れたに過ぎない。
この「左巻き」は今後も離合集散を繰り返しながらしぶとく生き延びるだろう。
琴姫七変化 |  2017.10.23(Mon) 20:05 |  URL |  【コメント編集】

★一番「左巻き」共産党が

敗北したのはグッドニュースでした。
立憲民主と共にサヨクは内ゲバを続ければよろしい。
ponko |  2017.10.23(Mon) 20:36 |  URL |  【コメント編集】

★山尾の選挙区の無効票11000超

無効票が当落の票差の倍でも相当話題になる。13倍だぞ13倍… 当たり前に選挙結果自体が誰が考えても無効だ。この話題新聞テレビが今の所一切取り上げないところを見ると、どうせ鈴木は比例で復活できるのだから、小選挙区では僅差で山尾の勝ちにしてくれという裏取引があった、そういうでかい力が働いたと見ると合点が行く。あまりにもかかりすぎた集計結果。二人しか居ないのに
名古屋市民 |  2017.10.24(Tue) 11:49 |  URL |  【コメント編集】

選挙期間中、ネットで安倍総理の街頭演説の様子を見ていたが 沢山の人が集まり 熱心に聞いていた。終わったあと 総理とハイタッチしようと多くの人が並んでいた。「がんばれー」「あなたしかいないよー」等々、声援する声も聞き取れた。
この様子をみて、マスコミが”安倍総理に続けてほしくないという人が多い”と伝えているが、本当かなと思ってしまう。
 
一番印象に残っているのは、熊本で 一人のお父さんが赤ちゃんを高く持ち上げていたのに 総理が気づいてにこにこと赤ちゃんの頭をなでたこと、父親の嬉しそうな様子にこちらまでほっこりとして何度も見ました。
有本さんのお父さんも遊説にかけつけ、総理としっかりと握手していた。

日本人の四分の一くらい反対勢力がいて、政権を倒そうとしているが 祈る思いで安倍総理に期待している人たちはたくさんいる。
谷垣さんが総裁としての最後の挨拶で ”国家国民のため政権を取り戻そう”と言ったことが、忘れられない。
国家国民のため これからも健康に留意され 安倍総理に日本の舵取りを期待してます。
なずな |  2017.10.24(Tue) 23:37 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4581-e1f3bf13

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |