FC2ブログ

2008.10.30 (Thu)


服装チェックで校長がクビに

教育委員会の常識を疑う

創立28年在校生347人の神奈川県立神田高校の校長が、筆記試験に合格していたのに服装や態度で不合格にしたのは問題だとして解任された。
県の教育委員会によると、かつて、この学校は問題の生徒が多く年間で1クラスに相当する中退者が出る「課題校」とされていた。

この高校はよほど近所な嫌われていたらしく、近所のコンビは「入店お断り」、先生の昼食の出前もお断りだったということだ。

しかし、2005年から学校を良くしたいと考えた校長は願書提出日と入試当日の学生を教員3名が一組になってチェックし、職員会議で審査した。
茶髪、眉そり、ピアス、長い爪、ボタンをはずす、ズボンを引き摺る、スカートが短い、態度がその判定基準。
2005年以降、合格していたのに落ちた学生は22人。
来年、学校が合併されるので2007年はこのチェックを止めたら不真面目な生徒が増えたという。

この3年間でずいぶん変わったと近所の人たちはインタビューで答えている。
一方、批判的な在校生はだらしなくシャツの胸元をはだけてネクタイを緩めていた。
これがすべてを物語っている。
「人は見た目が大事」であり、茶髪やミニスカートが高校生に相応しくないのは当たり前だ。

ところが、県の教育委員会はこの審査基準が公表されていなかったという理由で校長を更迭した。
公表されていようがいまいが、こんなことは受験生の常識である。
教育委員会の常識を疑う。


県立高校校長異動へ 服装チェック不合格問題

 神奈川県立神田高校(同県平塚市)が、合格点に達していた受験生22人を服装や態度を理由に不合格にしていた問題で、県教育委員会は29日、同校の淵野辰雄校長を11月1日付で県立総合教育センターの専任主幹へ異動させることを決めた。事実上の解任とみられる。
 神田高校は2005、06、08年度の入試で「まゆをそっている」「スカートが短い」といった公表されていない基準を合否判定に加味し、指導が困難と判断した場合に、合格圏内だった受験生を不合格にしていた。淵野校長は28日の会見で「教師の生徒指導に関する負担を軽減し、まじめな子をとりたかった」と話していた。(共同通信 2008/10/30)


校長更迭に異議ありと思う方はクリックを!
****
FC2バナー2

テーマ : 教育問題 - ジャンル : 政治・経済

11:21  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/458-0669752a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |