2017.09.30 (Sat)


自民党過半数割れ予測の衝撃


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

一人の女の野望のために日本をリセットするのか

以前から小池百合子という政治家は要注意人物であると思っていた。
国を考える政治家というより自分を考える政治家だからである。
愚直とは正反対のズルさ、人間の持つイヤらしさの全てを身につけている。
ひとは小池を策士とかギャンブラーだと好意的に評価するが、いかがなものか。

政治家には政治をする上において人の心を打つ真直ぐな心が必要である。
もちろん、権力を得るためには権謀術策を使うこともあるだろう。
しかし正しい政治をして国民を幸せにするのが最終目的である。
自分が日本初の女総理大臣になるという野望のためではない。

小池百合子は間違いなく都民を捨てて国政に出る。

小池を都知事に選んだ時、東京都民は愚かだと思ったが、都政も東京オリンピックも投げ捨てて国政に出た小池を選んだとすれば恥の上塗りならぬ馬鹿の上塗りになる。

龍崎 孝(流通経済大学教授)
「都民としても批判がある。もしこのまま都知事として残っても、都知事として成功する芽はもうない。ルビコン川はもう渡り切っている」


しかも「希望の党」のために、自民党は過半数を割るかもしれないという衝撃的な予想がされている。

⇒ZAKZAK(2017/9/29)
希望の党に自公“戦々恐々”「下手すれば東京全滅だ」 
安倍首相は「正々堂々と政策訴える」


安倍晋三首相率いる自民党は28日の衆院解散を受けて、「10月10日公示-22日投開票」の衆院選に突入した。北朝鮮や少子高齢化という国家的危機の対応について「国民の信」を問うが、小池百合子都知事率いる新党「希望の党」が設立されたため、最高レベルの警戒態勢を敷いている。(以下略)

⇒ZAKZAK(2019/9/30)【激闘10・22衆院選】自民過半数割れも 小池新党が大躍進、「解党」民進との合流ウラに小沢氏の存在 選挙プランナーが全465議席予測

天下分け目の激闘が始まった。衆院は28日午後、解散され、総選挙(10月10日公示-22日投開票)に突入した。安倍晋三首相は、北朝鮮や少子高齢化という国家的危機に対峙するため「国難突破解散」を断行した。そこに小池百合子都知事が国政政党「希望の党」(小池新党)を結成し、殴り込みをかけてきたため、選挙戦の構図は一気に激変している。夕刊フジで、選挙プランナーの松田馨氏に現時点での議席予測を依頼したところ、自民党は230議席と単独過半数(233)を割り込んだ。小池新党は148議席を確保し、第2党に躍進する見通しとなった。予測が現実となれば、安倍首相の責任問題も浮上しかねない。「小池劇場」は、
わが国にとって吉か凶か。


2017100103.jpg

一方で小池に拒絶された元民進党の党員が新しい政党を立ち上げるかもしれないという。

小池百合子の功罪のわずかな「功」の部分は民進党に引導を渡したこと。
それと保守とリベラルの雑居政党だった民進党をバラして分かりやすくしたことである。
民進党と共産党との選挙協力も御破算にした。

⇒ZAKZAK(2019/9/30)
辻元氏、菅氏ら希望の党“排除組”が「左派新党」立ち上げか 
“全面降伏”的な合流に危機感


小池百合子都知事率いる「希望の党」(小池新党)が、合流の条件として「憲法改正」や「安全保障関連法」への賛成を打ち出す姿勢を見せていることに、民進党左派グループが猛反発している。小池氏の“排除の論理”に弾かれかねないため、「新民進党」的な新党を立ち上げる可能性が出てきた。
 小池新党への“全面降伏”的な合流に危機感を抱いているのが、民進党の赤松広隆元衆院副議長や、枝野幸男元官房長官、辻元清美元役員室長らの左派グループ。
 小池氏から排除される可能性が高いため、独自に新党を立ち上げる動きがあるという。
 ここに、小池新党の番頭格、細野豪志元環境相から「(首相ら)三権の長を経験した方々はご遠慮いただく」と排除された菅直人元首相や、左派色が強い長妻昭元厚労相も加わる可能性があるという。

 
2017093002.jpg

正しくは「私は行きません」ではなくて「行けません」だろう。

⇒ZAKZAK(2017/9/29)
小池氏、東京1区から電撃出馬へ 都知事後継に橋下氏、東国原氏が浮上 
都政ウオッチャーの有本氏は「こんな人物に日本を初期化されては困る」


(一部引用)

権謀術数渦巻く永田町だが、この情報をどう受け止めるべきか。
 小池都政をウオッチしてきたジャーナリストの有本香氏は「もし、衆院選に出るとすれば、小池氏は『史上最悪の都知事』というしかない」といい、続けた。

 「東京五輪まで3年を切ったが、準備は大幅に遅れている。豊洲新市場への移転も、混乱の極みだ。パフォーマンスで都政を混乱させただけで、都知事として何の実績もない。衆院選に出るとすれば、本当の理由は都政運営がうまくいかず、逃げ出すということだろう。あまりにも無責任。次の知事は誰がやっても、この混乱を収拾させるのは難しい。新党設立会見で『日本をリセットする』と語っていたが、こんな人物に日本を初期化されては困る


(引用終わり)

2017100104.jpg

「小池劇場が日本を滅ぼす」の著者、有本 香氏はこうも言っている。

⇒ZAKZAK(2017/9/28)
テレビとタッグ、“小池劇場”でダマされる有権者
「悪い既得権者→そのしがらみを壊すため闘う私」


小池百合子都知事は、国政新党「希望の党」(小池新党)を立ち上げ、自ら代表に就任した。この1年間、小池都政を冷静にウオッチしてきた、ジャーナリストの有本香氏が緊急寄稿した。

201710010001.jpg

 国政での「小池新党」なるものが旗揚げされた。小池氏が1人で臨んだ記者会見(25日)は、顔の横にプラカードを掲げて話すやり方から、キャッチフレーズの空疎なところまで、すべてが昨年夏の都知事選出馬時のデジャブであった

 ただ1点、前回と異なるのは、小池氏の周りに、大義はおろか義理さえも忘れたかのような議員や議員くずれの諸氏が集まっていることだ。だが、記者会見に彼らの姿はなく、今回も「小池劇場」の幕開けは一人芝居であった。
 キャッチフレーズとして「希望の政治、希望の経済…」など、「希望」を連呼していたが、その中身は具体的に語らない。「日本には希望がない」といい、それがあたかも「官僚」や「国」のせいのようにいう。「悪い既得権者がいる→そのしがらみを壊すため闘う私」というシナリオだ。
 景気浮揚の起爆剤となるはずだった2020年東京五輪の準備・工事を遅滞させることで、東京の「希望」を消失させている張本人による、この芝居は、もはやブラックジョークだ。それでも、またダマされる有権者は全国で相当数出るだろう。
 政治家にパフォーマンスは付き物とはいえ、小池氏は度を超えている。だが、多くの有権者がそれに気づかない。この成功を支えている鍵は、メディア、特にテレビとの共犯関係にある

 1つ例を上げよう。

 昨年10月25日、新聞各紙に「東京五輪 3会場『400億円圧縮可能』…都が試算」(毎日新聞)などと記事が載った。
水泳、バレー、ボート・カヌーの3会場を見直すと豪語した小池氏が、他の自治体を巻き込んで大騒ぎした揚げ句、元の鞘に収まったことは多くの方がご記憶だろう。ただ、工事内容を見直して400億円も削減したと、小池氏の「成果」が報道されていた。
 だが、今年になって自民党の川松真一朗都議が6月5日の都議会文教委員会で、これは「予算の付け替えに過ぎない」と疑問を投げかけた。
 顛末は、週刊新潮(6月22日号)に「『五輪400億削減はインチキ』に小池都知事が怒髪天 質問議員が語る」と報じられた。400億円削減の内訳は、予算の予備費200億円を減らし、残りの200億円は環境対策を目的とした都債を発行して賄うものだったというのだ。
 同誌は、小池氏の「債権を出す、ということはすなわち借金、ということだけではございません。それをいかに活用してゆくか、このような発想が必要ではないかと考えております」という誤魔化しの答弁も紹介している。

 小池都政はことごとく、この調子だ。

 「立ち止まる」「見直す」とか言って、マスメディアを引きつけ、過去の行政や周囲の誰かを悪者にして騒ぐ。時がたって、皆が忘れたころになってこっそり元に戻す、あるいは騒ぎで空いた穴を埋めるのだが、そのことは決して発表しない。メディアも追わない。
 「安全性に問題あり」として移転を延期した豊洲新市場が、実は安全だと後になって自ら口にし、まるで罪人扱いした石原慎太郎元都知事の「潔白」が明らかになっても素知らぬ顔だ。
 こうした「小池手法」を国政でも通用させるのか。今まさに、日本の政治と、私たち有権者のレベルが測られる重大な場面を迎えている。

 ■有本香(ありもと・かおり) ジャーナリスト。1962年、奈良市生まれ。東京外国語大学卒業。旅行雑誌の編集長や企業広報を経て独立。国際関係や、日本の政治をテーマに取材・執筆活動を行う。著書・共著に『中国の「日本買収」計画』(ワック)、『リベラルの中国認識が日本を滅ぼす』(産経新聞出版)、『「小池劇場」が日本を滅ぼす』(幻冬舎)など多数。


(引用終わり)

一人の女性政治家が、日本初の総理大臣になりたいという野望だけのために日本をリセットしてもらっては困るのである。

安倍首相の言うとおり、日本新党政権の出現と民主党政権の出現で日本が損なわれた国益と国民の不幸を『二度ある事は三度ある」で繰り返してはならないのである。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:59  |  2017衆院選挙  |  TB(1)  |  CM(11)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

政治家が策士であるのは大いに結構だが、ギャンブラーでは困る。
小池率いる希望の党や左翼連中がチップにしているのは我々の生活であり、日本の歴史、そして未来である。それを賭けの対象にされては、たまったものではない。安倍自民党の支持者ではなくとも、いや反安倍であっても希望の党を見れば胡散臭さと軽薄さを感じずにはいられないだろう。
ZAKZAKの記事にある議席予測が良い意味で外れることを願うばかりである。
名前なんて要らない |  2017.10.01(Sun) 01:03 |  URL |  【コメント編集】

★予測は当たるも外すも国民しだい

小池気泡の党は、野党第一党になっても何もできないのが明らかなので、勝ち過ぎでも困る面があることでしょう。虚飾がすぐばれて。
もし記事中の予測どおりに、野党第一党になればキャスティングボードを握れて万々歳なのでしょう。カネも入るし。いろいろ美味しい思いもできるのでしょうからね。

無責任なとこから、いちゃもんつけてドヤ顔できるし、是々非々とかカッコつけながら、自民の施策に乗っかることもできちゃう。

こういう流れ者の寄せ集めにいきなり勝たせてはいけないと思います。何ができるかわからないんだから。
議席予測の3分の1でも多いのではないでしょうかね。

>一方で小池に拒絶された元民進党の党員が新しい政党を立ち上げるかもしれないという。

党名は、落ち武者党とかにするといいわ(笑)
弓取り |  2017.10.01(Sun) 02:11 |  URL |  【コメント編集】

★有本女史と我那覇女史

自民から出て頂きたい。
舌鋒鋭いですなぁ。
自己顕示欲はだれにも負けない電波芸者 |  2017.10.01(Sun) 04:24 |  URL |  【コメント編集】

★大東亜戦争の教訓をメディアは軍部や政府に転換して逃げ続けた結果がメディアの信頼崩壊である

テレビに洗脳される愚民が後を絶たない限り小池の様な奴が次から次に湧いてくるでしょう
云わば小池は愚民化した日本のシンボル、象徴にしか過ぎません
大きな始まりは小泉によるポピュリズム型選挙でしたが、其の後にもメディア的な露出、切り貼り報道で目立つ事を意識したパフォーマンス型政治が続く玉木にしろ小西にしろろモリカケ騒動にしろ全ては劣化メディアと其れに影響された愚民が起こした妄想による騒動にしか過ぎない
中身の無いから騒ぎをワイドショー型報道が切り貼りして面白おかしく伝えて人々を愚民化してゆく

小池百合子は只の目立ちがりやの客寄せパンダ、その時その時で大衆受けしそうな嘘を平気で言い人々の関心を買おうとするだけのバカで本来ならゴミくず以下の無能でこんな奴が市町村レベルの議会でも議員として存在する事さえ叶わないのが本来の政治
此のゴミくずを増長させたのがメディア戦略で観客受けするルックスと女性だから同じ女性に受けるとして多用した政治家の責任に有る
女性で有る事を看板にした時点で其の候補には何の価値も魅力も無い。最大の売りが性だからな。それは売春婦と云う奴だ

いや私は違うと云っても能力にも経験にも欠けているのに重用されたり当選するのは女性で有る事を最大の武器として居るからだ本来なら長い雑巾掛け生活で簡単に日の目を見る事は叶わない。
女性を活用するのが世界的にデフォとか頭おかしい。日本のは尚更能力ではなくイメージを求めたがり女性を起用したがる安易さが強い
全ては観客受けを狙い実よりも虚を取った政治とメディアの責任にある

女性で無くてもこう云う輩が多いのが今のテレビ型政治だ

幻想を招くメディア報道こそ大悪人で裁かれるべき権力だ奴らに責任を負わせない限りこう云う勘違い馬鹿と其れに影響された愚民が後を絶たないだろう
メディアが扇動報道に明け暮れる限りポピュリズムは続くよ死ぬまでも
iシベリア帰り |  2017.10.01(Sun) 07:23 |  URL |  【コメント編集】

★共産党にいても不思議でない面々

>赤松広隆元衆院副議長や、枝野幸男元官房長官、辻元清美元役員室長らの左派グループ

どちみち共産党と共闘だろう。
ならどうして共産党に入らない?
それこそ共産党別動隊、
そういう新党でしかない。

希望の党に入れてもらえなさそうな民進党議員、
嬉しそうな顔にみえない。

そうかそうか、共産党に入っても当選しないと
確信しているんだな。
M |  2017.10.01(Sun) 08:37 |  URL |  【コメント編集】

★希望の党(=絶望の党)は、立候補者を(小選挙区と比例を合わせて)80名も立てることができないのに、今回の衆議院議員選挙で過半数議席を獲得することができる訳がありません。

希望の党(=絶望の党)は、立候補者を(小選挙区と比例を合わせて)80名も立てることができないのに、今回の衆議院議員選挙で過半数議席を獲得することができる訳がありません。
-----

小池&きむちマスコミ各社の希望の党(=絶望の党)は、立候補者を(小選挙区と比例を合わせて)80名も立てることができないのに、今回の衆議院議員選挙で過半数議席を獲得することができる訳がありません。希望の党(=絶望の党)は、(キムチ公明党に代わってほとんど比例ばかりで)40議席を獲得することができるかどうかが焦点でしょうね。そして、希望の党(=絶望の党)は、キムチ公明党に代わって、(キムチ公明党に代わってほとんど比例ばかりで)40議席を獲得して衆議院のキャスティングボードを握ることができるかどうかが焦点でしょうね。
A敦子 |  2017.10.01(Sun) 09:15 |  URL |  【コメント編集】

★皆様の鋭いご指摘

のとおりです。
ponko |  2017.10.01(Sun) 09:24 |  URL |  【コメント編集】

★水間条項の拡散

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2587.html

「小池百合子氏は政治家として、抜きん出た「能力」の持ち主であり、
男性中心社会の中で堪え忍んで、ここに至ったことは、
男性国会議員100人位合わせた「実力」を兼ね備えていたことになり、」

抜きんでた「野心」の持ち主だと思いますが…
水間氏を支援するのも辞めたいな、と。
ネット民 |  2017.10.01(Sun) 10:05 |  URL |  【コメント編集】

マスコミが大きくみえるようにもち上げ過ぎるのが、問題だと思います。
現有議席わずか12の希望の党に対して民進党87議席を持ち込んで合流を望んだ前原さんは、当初は乗っ取れると思ったのかもしれません。
どっちにしても選挙がすめば、居直って居丈高になるか、出ていくだろうと予想されます。少し考えれば希望の党は、そういった波乱を含んだ党であると分かる筈なのだが、・・・・。 
リセット・改革・希望といった簡単なフレーズばかりが頭に残り、投票判断にしてしまう有権者がかなりいるのではないかと危惧します。
本当は一番リセットすべきはテレビマスコミなんだけどなあ~。
放送局勤務者は通名禁止。雇用は日本国籍のみ。NHKを民放へ。
↑ 
これこそが希望です。
なつみ |  2017.10.01(Sun) 10:34 |  URL |  【コメント編集】

民進党が消滅し、自民党と希望の党という政権を担える二大保守政党時代になることを願っています。民進党がなくなったことは、素直に喜びたい。
hittak |  2017.10.01(Sun) 16:27 |  URL |  【コメント編集】

有本香さんは素晴らしい。杉田水脈さんには、ぜひ当選してほしい。この二人の活躍に期待したい。もちろん、ponkoさんにも期待してる。これからも、匍匐前進しよう!
Be cool! |  2017.10.02(Mon) 10:42 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4551-db57aad2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

★安倍首相は「ファジーなソフトランデイング路線」をやめるべきだ

私は、最近の安倍政権をこうみている。基本的には支持するが、政策的に、ファジーであり、ソフトランデイング路線ばかり選択している。 自民党の議席は、先の衆参の選挙にて、次世代の党を壊滅状態に追い込み、議席的には、ほぼ上限にある。次世代の党に1議席も許さなかった選挙戦を選択、次世代の党は壊滅、田母神俊雄逮捕を容認したことで、保守政界の右寄りの領域に隙間が生まれた。拙ブログは、次世代の党が壊滅状態...
2017/10/01(日) 16:22:40 | 祖国創生

▲PageTop

 | BLOGTOP |