2017.07.31 (Mon)


常軌を逸した安倍叩き特集「HANADA」9月号は必読


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

ワイドショー民主主義で日本は韓国化する

hanada9月号

アマゾンでは「HANADA」9月号は一時品切れ状態で納期が遅いため140円安いKindle 版で購入した。
もっとも今日当たり平常配送に戻ったようだ。

9月焦熱号、総力大特集は「常軌を逸した『安倍叩き』」。

モリカケ問題を言挙げし、国会を空転させ、内閣支持率低下を引き起こしたマスメディア。
そのなりふり構わぬ政権批判の実態と思想に迫ります。また、第二特集では「中国に人権はない」と題し、日本人拘束の現状や劉暁波氏死去の真相について取り上げます。

目次

【総力大特集 「常軌を逸した『安倍叩き』】

小川榮太郎 加計学園問題の〝主犯〟は石破茂
阿比留瑠比 朝日新聞は「発狂状態」だ
長谷川幸洋 言論弾圧は左翼の専売特許
百田尚樹×有本香 「安倍潰し報道」はもはや犯罪だ!
高村正彦 日本を託せるのは安倍晋三しかいない
鈴木宗男 都議選惨敗は、自民党の追い風に
加藤清隆×末延吉正 ワイドショーの作り方、教えます
青山繁晴 澄哲録片片 暗黒を超ゆるは明日ならず

【蒟蒻問答】
堤堯×久保紘之 都民ファーストじゃなくて、愚民ファーストだ!


(以下略)

 朝日新聞を筆頭に反日マスメディアがスクラムを組んで安倍首相の追い落としを謀っている。
毎日毎日、新聞とテレビのワイドショーの狂乱は実に目に余る。
安倍首相の支持率が急落したことで反日メディアはますます強気になっている。
それに対抗できるのは数少ない言論誌とネットの限られた保守派だけである。
ネット上ではアンチ安倍のサイトも多く、保守派ブログへの攻撃的な書き込みが増えている。

しかしブログの先輩に教えて頂いた様に、嵐コメは淡々として削除するだけである。
だから無駄な行為は止めた方がいい。

さて、HANADA9月号は先にご紹介したWILL9月号に勝るとも劣らぬ反日メディア叩き。安倍叩きへの叩き返し特集である。

「一定不易」(加地伸行)

嘘つき前川は「面従腹背」が座右の銘だと言った。
しかし、加地伸行氏によれば、中国では「面従後言」(面している時は従い、後では非難する)と言うらしい。

「『面従後言』とは悪行の意であり、絶対に『座右の銘』とは成りえない。
にもかかわらず前川某は『面従腹背』が『座右の銘』と公言したのである。こんな輩が文教(道徳教育を含む)行政の長であったとは、信じがたい。人間として悪行をすることがモットーとは。そうか、その理屈からすれば、この男が出会い系バーに出没するのも当然か」


【告発スクープ】
「加計学園問題の "主犯" は石破茂」(小川榮太郎)


すでに産経新聞が石破茂の4原則とに日本獣医師会との癒着を指摘した。
その記事を官邸の誰かが自民党員に配布したとして石破派の連中が猛烈に抗議したことは過去記事でご紹介した。
その件を小川氏が日本獣医師会の議事録を引用して証明している。
さらに・・・

「石破氏は農水族の族議員であり、平成24年に日本獣医師政治連盟から100万円の献金を受け取っている」

「石破氏の内閣=国民の負託への背信ではないのか。そしてまた業界保護のため『行政を歪めた』ことにならないのか」


加戸前愛媛県知事の発言は説得力があるとし、「前川証言は『嘘』ばっかり」「前川氏は嘘つきの『犯罪者』」とまで批判している。

前川をヒーロー扱いにしているマスメディアも同罪である。
石破氏に対しては・・・

「総理総裁候補とは思えない器量の矮小・卑劣に呆れざるを得ない。自民党は、この悪質な政治家から党籍を剥奪すべきである。いや、氏自身が自らの背信行為を恥じ、処分前に進退を決すべきではないか」

と厳しい。
確かに今回の一件でますます石破茂は総理総裁に相応しくない人間だということが判明した。

「朝日新聞は『発狂状態』だ」(阿比留瑠比)

この言葉は阿比留記者が政府高官から聞いた言葉らしい。
事の発端となった5月17日の朝日新聞の一面トップ記事の写真を掲載して批判している。
「社運を賭けた総力戦」だそうだ。
しかし朝日新聞には「噂の真相」というゴシップ誌の記事を一面トップに持ってきて嘘をついた過去がある。

「いまはまだ朝日新聞に騙されている読者のうち、何割かはやがて真相に気付くだろう。
結局、残るのは、深刻さを増し、取り返しのつかないところまでいった報道不信だけということになりそうである」


と同業者として嘆いている。
しかし、今日離任式を終えた稲田前防衛相に対しては産経新聞も「発狂状態」である。
是非とも同社の阿比留瑠比記者に意見を聞きたいものである。

「言論弾圧は左翼の専売特許」(長谷川幸洋)

かつて左翼だった長谷川氏がサヨク斬り。
同社の望月衣塑子記者は記者会見で菅官房長官に同じ質問を繰り返ししてサヨクの英雄になった。
しかし彼女は反政府運動の集会で「アジテーションまがいの演説」をしたのは記者倫理に反すると長谷川氏。
「政権打倒のジャンヌダルクにでもなったつもりか」と手厳しい。
自分が沖縄特集のMCをして左遷された実情も紹介。
左派系メディアの加計学園問題報道は「フェイクニュース」と一刀両断。

「冷戦がとっくに終わり、いまや存亡の危機立っている左翼が唯一、生き残っている世界が左派系メデイアだ」

しかし、メディアだけではない。
朝鮮学校無償化対象外の国の処分を取り消し大阪地裁などの司法界、憲法改正に反対する学会などなど、サヨクはまだまだゴマンと生き残っている。

「日本を託せるのは安倍晋三しかいない」(高村正彦)

確かにその通りだが、副総裁がそう言っても説得力に欠けるかも。

「いま、この国を託せるのは安倍晋三をおいて他にありません。近年、内政、外交を見ても、これだけ大きな成果を上げてきた政権があったでしょうか。私はこれからも日本のために、安倍総理を全力で支えていく覚悟です」

まさしくその通り。
メディアはよく「お友達内閣」だと批判するが友達の何が悪いのか。
思想信条を同じくする閣僚を揃えて日本の舵取りをすることのどこが悪いのか。
むしろ入閣の順番待ちをしている派閥バランス人事こそ日本の行く末を危うくするものである。

「演出、切り取り日常茶飯事
ワイドショーのつくり方教えます」(加藤清隆・末延吉正対談)


朝日、毎日、東京の新聞と並んで関連テレビ局のワイドショーの偏向報道は日本人を洗脳している。
その内幕を暴露。
末延氏は東京MXテレビの「ニュース女子」では本音を語っているが、他の番組では控えめな発言をしている。
この対談の結果、テレ朝の仕事がなくなるのではないかと心配している。
みんな生活がかかっているようだ。

「『安倍潰し報道』はもはや犯罪だ」(百田尚樹・有本 香対談)

有本
「いまの日本は、テレビのワイドショーが政治を決めている『ワイドショー民主主義』の国ですね」

百田
「ワイドショーの視聴者は、多くが年配のおばちゃん連中です。いわば、おばちゃんが政治を左右する。安倍政権に対する支持率と不支持率を見ると、女性の不支持率が見地に高くなっていることがわかります」


国民の情緒が優先する「情治主義の国」韓国のように、日本が韓国化していると百田氏。
あの韓国と同じだと言われて日本人は我慢できるのか。
都議選演説最後の日、秋葉原でマスメディアが「アベ帰れ!」と叫ぶ僅か一握りの反対派(プロ市民、活動家)をクローズアップした。
TBSが連れて来たとされる籠池氏は左の掌に「民主政治をどう思っている!」「100万円を返したい!」など書いたカンペを見て叫んでいた。

百田
「いま日本はの左翼メデイアが巨大な化け物なるかどうかの境目に来ていると思います。
日本がこのまま韓国化してしまうかどうか。左翼メディアとの戦いに敗れた時、日本は終わると私は思っています」


番外編として、おなじみ堤 暁氏と久保紘之氏の蒟蒻問答は「都民ファースト」じゃなくて「愚民ファースト」だ!
も必読。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:51  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★ゲル石破 茂氏、小泉進次郎くんなどは、公明党へ移籍するように、ご本人へどしどし要求しましょう!(⋈◍>◡<◍)。✧♡

ゲル石破 茂氏、小泉進次郎くんなどは、公明党へ移籍するように、ご本人へどしどし要求しましょう!(⋈◍>◡<◍)。✧♡
A敦子 |  2017.08.02(Wed) 09:15 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4480-e97c2733

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |