2017.07.15 (Sat)


朝日も産経も同じ穴のムジナか


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

稲田防衛相と蓮舫代表の大違い

 産経抄は最近、稲田防衛相を「お子様大臣」だと痛罵した。
数少ない真性保守派の将来のある女性大臣をここまでこき下ろしていいものか。
野党4党と反日メディアは稲田防衛相の罷免を求めている。
それに加担していいのか。
稲田大臣が福岡県の水害被災地を視察したときのことを・・・

⇒「誰のための被災地視察か 稲田朋美防衛相の“頑張ってますアピール”ではなかったか」

と揶揄している。
最近の産経新聞の稲田タタキは異常である。

「来月3日に予定されている内閣改造で退任が確実視される防衛相の激励がどれほど隊員の心に響いただろうか。」(千葉倫之)

 愚衆が「自民党にお灸を据える」と民主党政権を誕生させ、自民党が下野したとき稲田朋美氏は「私はこの国を守りたい」を著した。
数少ない保守派の女性政治家である。

 安倍首相が靖国神社で稲田朋美氏を見つけて政治家になることをすすめた。
いま、安倍首相を憎む反日メディアは「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」とばかりに稲田氏を攻撃している。
たしかに彼女には軽率なところはあったかもしれない。
しかし内閣改造まで踏ん張ることだ。
そうすれば再起の芽はまだある。
長谷川幸洋氏も行政刷新担当大臣だったときの稲田氏の交渉術や調整力を高く評価している。

それにつけても長年に亘って産経抄を担当した石井英夫氏のような優れたコラムニストが産経に居なくなったのは残念なことだ。

さてその産経抄子が今日は朝日新聞に喰って掛かった。

⇒産経抄(20107/4/15)
「安倍首相は悪である」演繹法を誤用するマスコミ報道 


 一般的な原理から、事実関係を推理・説明することを「演繹(えんえき)」という。AはBである。BはCである。ゆえにAはCである-という「三段論法」は、演繹によって判断を求める演繹法の代表的なものだとされる。これを用いた結論が真であるためには前提の正しさと、飛躍がないことが不可欠だろう。

 ▼安倍晋三首相は、学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設計画をめぐり、野党が要求する閉会中審査への出席を決めた。自ら説明を尽くすという考えに異存はないが、マスコミがその中身をきちんと伝えるかというと心もとない。

 ▼これまでの一連のマスコミ報道を追うと、演繹法が誤用されている印象が濃い。安倍首相は悪である。加計学園理事長は安倍首相の友人である。ゆえに不正がなされたに違いない。そんな根拠のない前提のもとで、飛躍した論理が流布されてはいないか。

 ▼『ビルマの竪琴』の作者として知られるドイツ文学者、竹山道雄は唯物史観を批判する評論の中でこう説いた。「まずある大前提となる原理をたてて、そこから下へ下へと具体的現象の説明に及ぶ行き方は、あやまりである」。

 ▼その上で、さらに続ける。「『上からの演繹』は、かならずまちがった結論へと導く。(中略)事実をこの図式に合致したものとして理解すべく、都合のいいもののみをとりあげて都合の悪いものは棄(す)てる」。

 ▼衆参両院が10日開いた閉会中審査で、加計学園誘致を進めた当事者の加戸守行・前愛媛県知事が行った証言について、翌11日付の朝日新聞と毎日新聞の朝刊は、一般記事中で一行も取り上げなかった。安倍政権の対応を批判する前川喜平・前文部科学事務次官の主張と真っ向から食い違うため、都合が悪いと棄てたのだろう。


(引用終わり)

「演繹法」と「帰納法」などという難しい論理学用語など使わずとも、朝日新聞は共産党の赤旗と同じイデオロギー紙であるというだけで事足りる。
要するにイデオロギー先にありきで、それに基づいてフェイクニュースを乱発するのである。

朝日新聞は前川助平のタレコミを利用して加計学園問題を演出し、蓮舫の二重国籍問題を追及するのはヘイトだ差別だと主張している。
日本に取って害あって益なしの新聞である。

⇒アゴラ言論プラットフォーム(同上)
近視眼も程度が過ぎる朝日新聞(山田 肇)


 幼稚園で教育勅語を教えるとは何事と批判されていた森友学園の籠池泰典前理事長が、官僚による安倍総理大臣への忖度の証言者として持ち上げられた。文部科学省元幹部の再就職先を組織的に斡旋していた首謀者の一人である前川喜平前事務次官も、「お友達」への利益誘導の証言者として持ち上げられている。

目先の事件を報道するのはメディアの務めだが、半年、一年前の自らの報道をケロッと忘れるとはあまりに近視眼的すぎないか。

そして、今度は蓮舫氏の戸籍公開問題である。朝日新聞は社説で「本人の政治判断とはいえ、プライバシーである戸籍を迫られて公開すれば、例えば外国籍の親を持つ人々らにとって、あしき前例にならないか。」と主張した。これ幸いと、蓮舫氏は戸籍を公開しない方向に舵を切り直した。

しかし、昨日の記事に書いたように、蓮舫氏は国務大臣当時に、わが国政府の立場と明確に異なる「尖閣は領土問題」という意見を表明した。民主党政権の事業仕分けでスーパーコンピュータについて議論した際には、「2位じゃだめなんでしょうか」と発言し物議を醸した。

いずれも中国寄りの発言で、二重国籍が影響していたとしたら大問題である。

戸籍の公開は差別につながると言う前に、蓮舫氏が有力政治家として、また、国務大臣として日本の政治を歪めてこなかったかを検証するのはメディアの仕事である。朝日新聞は多くの国民の信頼をすでに失い購読者数の減少が続いているが、失地回復を目指すのであれば、蓮舫氏の二重国籍問題を徹底的に調査するのがよい。


(引用終わり)

比べるのも稲田防衛相に失礼だが、蓮舫は人の上に立つ政治家ではない。

自民党として来年の総選挙まで引き続き頑張って欲しいと願っていることだろうが、早々に民進党代表を辞任し、党を崩壊させることが最後のご奉公である。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:18  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★反日害虫マスゴミに未来はない!!

次の衆議院解散総選挙までに、内閣支持率を回復させて『圧勝』で飾って下さい。

決して反日マスゴミやイシバのような人間に屈しないで下さい。

衆議院解散総選挙……待ち遠しい……
相馬の古内裏 |  2017.07.15(Sat) 23:43 |  URL |  【コメント編集】

 稲田女史は、いじめにあいやすい側面を持っていることは確かだが、民進党や社民党の呆れた女傑達に比べるのもあまりに大人げない。
 全く素質が違う。
 彼女をこき下ろす連中のいじめはガキ大将にもなれないチンピラ不良少年のそれのようなものだ。
 ただ単に安倍総理の足を引っ張るだけに利用しているだけだから、何をかいわんやである。

 蓮舫が党首を続けようが辞任しようが、はたまた議員辞職しようが、民進党の凋落には全く無関係で、何の影響もないことはそのうち結果が出るだろうからはっきりすると思う。

 日本つぶしの悪意を持ったフェイクニュースを垂れ流し、重要な事実は国民の目から秘匿する、こんな茶番を続けている我が国の報道界は完璧に狂っているが、これを放置し、影響され続ける国民の民度の問題であるから、当分改善の余地はないと思わざるを得ない。
tbsasahinhk |  2017.07.15(Sat) 23:54 |  URL |  【コメント編集】

★今や「カスゴミ」としか呼ばれない所以

ponkoさん

だから、私も言いましたよね。
「産経」といえど所詮「右の朝日」でしかないと。
マイナス点の他紙は論外として、個人的には「30点/100点満点」がせいぜい関の山です。
戦後日本の諸悪の根源である「在日問題」に言及しない時点で、「落第点」なのです。
歴史の真実 |  2017.07.16(Sun) 06:46 |  URL |  【コメント編集】

★最近の産経抄

最近の、「産経抄」、は玉石混同、批判的な目で見ること。

一つのヒント

城山三郎さんの小説『官僚たちの夏』は、主人公の風越信吾が悠然と旧通産省の大臣室を出ていく場面から始まる。「おれたちは、国家に雇われている。大臣に雇われているわけじゃないんだ」。固い信念で、高度成長下の通産行政を推し進めていく。
 ▼モデルとなったのは、元事務次官の故・佐橋滋(さはししげる)さんである。「スジの通らんことは断じて許さない。どっちが正しいかマスコミを通じて国民に訴えるくらいに開き直れ。自信を持て」。佐橋さんは小紙のインタビューで、後輩の官僚にこんなエールを送っていた。
佐橋がよく言った、「官民一体となって」、という表現には何となく違和感がありました。
「日本の国家の発展、国益のため」に、各省庁と民間はお互い協力しあっていくのが何より大切だ」、というニュアンスがと少し違う感じを受けました。

佐橋は、「マッカーサー新憲法」、の賛美者でした。この点において、私は世間がもてはやすほど、佐橋を評価していません。

「スジの通らんことは断じて許さない」、
現憲法はそんな筋の通った内容の文章か。

「こんなものを有難がっている人間は、左右を問わず信用する気になりません」、・・・・福田恒存ーーー「当用憲法論
町工場の親方 |  2017.07.16(Sun) 08:20 |  URL |  【コメント編集】

★産経新聞の坂本一之、黄金崎元、酒井 充、園田和洋、豊田真由美、平山一城、本田 誠、松岡達郎、松本 学、渡部裕明ら帰化未帰化在日韓国人たちも、いつものように、韓国語が社内公用語である日テレなどに韓国式便乗して、韓国の悪習である「韓国式捏造歪曲言葉狩り」をしています。

産経新聞の坂本一之、黄金崎元、酒井 充、園田和洋、豊田真由美、平山一城、本田 誠、松岡達郎、松本 学、渡部裕明ら帰化未帰化在日韓国人たちも、いつものように、韓国語が社内公用語である日テレなどに韓国式便乗して、韓国の悪習である「韓国式捏造歪曲言葉狩り」をしています。
A敦子 |  2017.07.16(Sun) 11:46 |  URL |  【コメント編集】

 町工場の親方さんの仰る通り、ミスター通産省と言われた佐橋氏の言動には大いなる違和感を持ちます。

 官僚はあくまでも政治家、閣僚の手足に過ぎない。
 手足の分際で、頭脳である政治家の言う事を批判的に行動することはその時点で気が狂っている肉体と同じである。
 意見具申することと、決定したことに背くことは全く次元の違う話である。

 糞次官の前川如きが、面従腹背を信条とすると公言した時点で、奴の腐った根性が丸見えで鼻持ちならない。
tbsasahinhk |  2017.07.16(Sun) 12:21 |  URL |  【コメント編集】

マスコミの稲田大臣への攻撃は、ちょっとした失言に皆が群がって正義をふりかざした参加型のイジメの構造にみえる。
皆と同様の意見を言っていれば楽である。しかし、稲田大臣の失言は国民に
何か損失を与えただろうか。多くの国民を巻き込んでの言葉狩りを不快に思っている人も同様に沢山いる筈だ。よってたかってのイジメを日本人は潜在的に嫌いだ。産経はそろそろ手をさしのべるべきである。アサヒですらお仲間の蓮舫氏を手を差し出し救い上げようとする。
ちょと見方を変えれば、アサヒの蓮舫氏の擁護のように保守に呆れられても一般向けに理屈はこねられる。産経も努力すべきだ。
なつみ |  2017.07.16(Sun) 13:49 |  URL |  【コメント編集】

 私は朝日新聞販売所から配られる産経新聞を購読しているが、アメポチの産経を全面的に支持してぃるわけではない。

 TPPに賛成したり、皇族への尊称を捻じ曲げて臆面もなく、皇后陛下や皇太子殿下を”〇〇さま”と呼称したり、気に入らないことも数多くあるのは許せないが、安倍内閣同様、他に代わる、より優れたものがないから、必然的に支持せざるを得ないというのが実情である。

 産経の中にも良識的な記者や論説委員も散見されるが、紙面全体では矛盾する論調が多くみられる。
 その点、朝日や毎日、東京(中日)などが首尾一貫して反日なのは敵ながら見事であると感嘆ざるを得ない。(笑)
tbsasahinhk |  2017.07.16(Sun) 14:57 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4458-9e558871

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |