2017.07.09 (Sun)


「正論」8月号特集「小池劇場は三流喜劇」紹介


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

特集2は安倍総裁の憲法改正発議

正論8月号

 都議選が終わった今、「小池劇場の三流喜劇」を特集した「正論」8月号を取り上げるのはいささか遅きに失しているが、とりあえずご紹介。

小池百合子の連載を掲載し始めた産経新聞のことだから、稲田防衛相を「お子様大臣」と罵倒する産経抄もありというのか。
石原都知事時代も連載していたからその流れかなのか。
本誌でも小池百合子独占告白と称して喋らせている。

特集「小池劇場と不甲斐なき政治家達」では犬伏秀一(大田区議会議員 当選)が小池都知事宛てに、小川榮太郎氏が安倍首相宛に、上念司氏が蓮舫民進党代表宛に送る書簡の形式で注文をつけている。

犬伏議員は小池氏は「自分ファースト」ではないか」「豊洲問題は八ツ場ダムにそっくり」と手厳しい。
小川氏は安倍首相にこう注文をつける。

「例えば、テレビに対しては、放送法4条の罰則具体化、BPOを解体しテレビ業界主導ではない、政治的に多様な有識者による委員会の設置、地上波、BS、そとを平準化した上での電波自由化の3点の内いづれかを軸に、テレビを国民の手に取り戻す事が必要不可欠な状況に立ち至ってゐます」

前記事でご紹介したケント・ギルバート氏と同じことを言っている。
ただギルバート氏は放送法第4条は要らないと言っている。
第4条は法規範ではなく倫理規範だと言い募るパヨク達らにとって第4条など無意味だ。
アメリカには放送法などない。
なんでもありとなれば今後国民の一層のメディアリテラシーが求められる。

安倍首相の憲法9条の改正(自衛隊の付記)については「卓抜な決断」としつつも、2項削除に向かって茨の道を進めと激励している。

上念氏のR4へのレターは意味が無いので省略。

今回の読み所は杉田水脈氏の「スポンサーにNHKも名を連ねる欧州の反日フリーペーパーはこんなにひどい・・・」と長尾 敬氏の「大きなお世話だ!デービッド・ケイ 国連特別報告者のウソ」、八木秀次麗澤大学教授の「前川喜平を持ち上げるワイドショーは、やっぱりおかしい」の3本だ。

なかでも八木秀次教授は次のように言う。

「要は『安倍一強』と言われるなかで、本当のところはSNSの普及により、読者や視聴者からの鋭いツッコミで萎縮しているメディアは、官邸によって『報道がねじ曲げられた』『圧力を感じた』と思いたい。
野党は頑張れば頑張るほど支持率が落ちるだけで、安倍氏にただただ悔しい。そこに、都合よく前川氏が現れたので、『同病相憐れむ』で手を結び、意趣返しをしようとおだをあげているだけなのである」


八木教授によれば、「前川氏は民主党政権時代に高校の授業料無償化を朝鮮学校にも適用することに積極的だった」(117頁)という。文科審議官当時は「ゆとり教育」に戻るかのような発言をしたという。
それで「ゆとり教育」の戦犯、寺脇 研が最近テレビによく出て前川助平を擁護する意味が分かった。

政府は明日の閉会中審査で真相を明らかにして欲しい。

もうひとつの特集は安倍首相の憲法改正提案。
民進党の北神圭朗衆院議員が「『安倍政権下ではダメ』は通用しない」と安倍首相の提案に賛成し、「蓮舫氏の対応に違和感」「加計や森友の批判だけではダメ」と書いているのには驚いた。民進党の中にも良識派はいるのかと。

江崎道朗氏の「安倍提案 苦渋の決断、戦時国際法に適った憲法改正を」(264頁)も必読。
佐藤内閣の高辻内閣法制局長官が間違った憲法解釈をしたために自衛隊は軍隊でなくなり、その後の防衛論議が混迷したのだという。
そう言えば野党は何かと言うと内閣法制局長官の発言を引用して自民党を攻撃していた。
たかが内閣法制局長官が日本の運命を左右するほど偉いのかとよく思ったものだ。

 ただ安倍政権下で法制局長官を務めた小松一郎氏は癌の病を押して集団的自衛権の行使を積極的に容認したが、63歳の若さで亡くなった。
命を賭した国会答弁の様子を思い浮かべると強く胸を打つものがある。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:55  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★安倍内閣は、改造内閣で早急に支持率を回復させよ!!

安倍内閣は、8月の内閣改造で支持率を回復させ(内閣支持率の集計方法にいささか悪意的不正があると思う)、次の衆議院解散総選挙を『圧勝』するべく全力を尽くして欲しい。

それから、パヨクの人たち。
明日(11日)は、いよいよ『共謀罪』施行日です。
内閣支持率が“一時的に”下がろうが、新宿で禍々しい「アベガーデモ」をやろうが『明日』は訪れるのです。生きている限り。

せいぜい、最期の宴を楽しむがいいよ。

■■■■■■■
【私の最終目的は、マスゴミから朝鮮勢力及びパヨク勢力を徹底的に殲滅して駆逐する事である!!】

■■■■■■■
相馬の古内裏 |  2017.07.10(Mon) 02:28 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4447-c0c0d723

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |