FC2ブログ

2008.10.26 (Sun)


「WILL」12月号拾い読み

「WILL」12月号拾い読み

WILL12月号の特集は「米金融危機」と「政権交代はなるか」の二本立て。その中から拾い読みしてご紹介する。

「日本は千載一遇のチャンスだ」(長谷川慶太郎)

冒頭は金融不安を吹っ飛ばす明るい話を紹介し、日本が世界の同時不況の中でもその影響が最小限であり、日本の技術が日本を救うと勇気付けてくれる。
信頼が崩壊したアメリカに比べ、日本が信用経済の破綻の影響を直接的に受けなかった理由を「小泉・竹中改革のおかげ」だと長谷川氏はいう。

「銀行は竹中平蔵にブーブー文句言ってましたが、結果としてCDS(Credit Default Swap)にタッチしなかったからこそ、世界経済大国のなかで唯一、日本だけが無傷でしられるのです。今や世界中から日本の銀行に『助けてください』『資金を出してください』という声が殺到している」

一番注意しなければならないのはお隣の韓国。1997年のアジア通貨危機の時にはIMFが韓国に介入し、日本は韓国に対するIMF緊急支援570億ドルのうち百数十億ドル分を負担した。もう二度と日本は負担すべきではない。
どうしても金を貸してくれというのなら竹島から完全に撤退し日本に返してもらおう。

日本は原発の高い技術力や新幹線(フランスはロンドン・パリの新幹線用にのぞみ型車両1700両買って出荷中)石油パイプ製造など日本でなければ出来ないものを持っている。
日本のマスコミは現場に出掛けないで不安ばかり煽るが、これから来るデフレ時代に高水準の技術を沢山持っている日本は有利だと長谷川氏は言う。

一方、小泉・竹内改革はアメリカの意図に従っただけと批判する水島総氏の意見も載っている。

「最近やっと「小泉劇場」なるものが、アメリカ政府の企画製作で、脚本が対日要望書から作られ、主演が小泉純一郎、助演が竹中平蔵だった事が明らかになってきた。この小泉
劇場にはきちんとした製作意図が存在した。つまり、日本国民の虎の子の郵貯と簡易保険の金を「運用」と称して、アメリカに貢がせるという明確な目的と意志である」


「霞ヶ関の周到な手口教えます!」(江田けんじ)

今年6月に「脱藩官僚の会(官僚国家日本を変える元官僚の会)」を立ち上げた元橋本内閣の総理秘書官の江田けんじ氏が、公務務員制度改革を骨抜きにするてめの官僚の手口を紹介している。推進本部の事務局員公募の時期を遅らせて間に合わないにして都合のいい人間を送り込む、顧問に多忙な大物を入れて会議の回数を減らし、資料は官僚が作る。顧問会議の議論とは関係ない骨抜きのペーパーを官僚が作る等々。

20代、30代の若手官僚は国の改革のために残業して一所懸命に仕事をするが、管理職になる40代前後で「政策志向」から「天下り志向」になる。

福田前総理は「官僚とともに」という考えだから渡辺喜美氏も四面楚歌になった。しかし、天下り禁止を叫ぶ民主党にも懸念がある。民主党の支持基盤は自治労などの官公労だからである。官公労は行政改革反対だから民主党が政権を取っても彼等と決別できるか、正直厳しいものがある。しかし民主党案の歩留まりは8割でもいい。

(歩留まり8割になるわけが無い)

官僚天国を壊すのは政権交代だけだ(屋山太郎)

WILLの面白い(?)ところは本文のタイトルと表紙の目次のタイトルと時々違うことだ。目次が過激でも本文のタイトルはそうではなかったり、その反対だったりする。
本稿は表紙の目次では「官僚栄えて国を滅ぶ」という比較的穏当なタイトルになっているが、本文では「民主党しか官僚政治は打破できない」というメッセージのタイトルになっている。
官僚政治を否定する屋山氏の最近の論調は民主党政権誕への期待だ。
麻生首相を「マンガオタクにもかかわらず、政治感覚がまるで古くさい」と批判し、「臨時国会での麻生首相の"代表質問"、小沢代表の"所信表明"に見られるように政権交代は目前」という。
「小沢氏は『日米同盟機構と国連中心主義は両立する』と断言した。民主党の外交、国防政策の幅が広がったことに意味がある」というがちょっと甘いのではないか。
仮に民主党政権になって官僚制度を壊したとしても(あり得ないが)、その前に人権擁護法、外国人参政権付与その他の反日政策で日本が壊れてしまうことを屋山氏はどう考えるか。

やっぱり日教組はぶっ壊せ!(中山前国交相)

今後の中山氏の活躍に期待したい。


ワンクリックでランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2



テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

12:52  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/443-ad704cd4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |