2017.06.17 (Sat)


空騒ぎに終わった加計学園問題の愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


パヨクメディアと野党4党の愚かさを証明

加計学園問題は予想通り空騒ぎは終わった。
「総理のご意向」とか実に下らないことで野党4党は安倍首相の首を取れると思い込み、朝日新聞などの反日メディアと結託して安倍政権に攻め込んだが、結果はタレ込んだ前川助平が人間失格であることが分かり、民進党の支持率も1ミリたりとも回復しなかった。
一言でいえば規制改革に反抗した文科省と獣医師会が負けたのである。
「総理のご意向」とか「忖度」とかをネタにして政権転覆を狙うなど、はなから無理筋なのである。
このために貴重な国会審議の時間をどれだけ浪費したことか。
民進党、共産党など野党4党は万死に値する。

いつも鋭い切れ味を示す産経抄の今朝の記事はとびきり上等である。
朝日新聞と毎日新聞を名指しで批判している。
民進党ともども出直せと。

産経抄(2046/6/17)
われこそは正義の味方とばかりにかさにかかっている新聞や野党、ご都合主義が過ぎる

 自分たちの過去の言動は忘れ、高飛車に他者を非難する。そんな新聞や野党の二重基準には、つくづくうんざりする。学校法人加計学園の獣医学部新設計画をめぐり、義家弘介文部科学副大臣が、文書を流した文科省職員を守秘義務違反で処分する可能性に触れたところ、袋だたきに遭った件である。

 ▼「政権は文書の存在を語る者の口を封じるような行いさえした。(中略)考え違いもはなはだしい」。16日付朝日新聞社説がこう批判すれば、同日付毎日新聞社説も息を合わせて糾弾する。「告発への威嚇ともとれる発言だ。政と官の関係のゆがみの表れだろう」。

 ▼民進党の蓮舫代表も「保護しないといけない者を処分の対象とする。安倍晋三内閣の姿は、絶対に許してはいけない」と息巻いていた。われこそは正義の味方とばかりにかさにかかっているが、ご都合主義が過ぎる。

 ▼平成22年9月に尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖で、中国漁船が海上保安庁の巡視船に体当たりする事件があった。当時の民主党の菅直人内閣は海保が即日公開する予定だった衝突映像を隠蔽(いんぺい)したため、海上保安官だった一色正春氏が義憤にかられ、映像をインターネットに流した。

 ▼この時、朝日社説は「政府や国会の意思に反することであり、許されない」、毎日社説は「国家公務員が政権の方針と国会の判断に公然と異を唱えた『倒閣運動』でもある」と決め付けた。菅内閣の仙谷由人官房長官は「由々しき事件だ。徹底的に調べないといけない」と強調していた。

 ▼菅内閣の「ご意向」に反する公務員はけしからんと説いた新聞が、今では文書を漏らした職員を英雄扱いして持ち上げている。民進党ともども前非を悔いて、一色氏に謝罪して出直したらどうか


事の発端となった前川助平を官邸の指示で公安が密かに調べていたというのも真っ赤な嘘。

その道の裏事情に詳しいジャーナリストの須田慎一郎氏によれば、靖国通りからちょっと入ったところにある問題の出会い系バーに管理売春の疑いがあり、警視庁が車から出入りしている男女の写真を撮っていた、だから前川が週三回通っていたことが分かった。
警視庁はまだ内偵調査中とか。

須田
「民主党政権の時、獣医学部新設が決まった。加計学園は15回も申請したが全て却下された。第一次安倍政権でも却下された。安倍・加計の親密な関係を云々するならその時に決まっていたはずだ」

末延吉正
「第一そんな危ないことをしないよ。気をつけてるから。メディアは政策の妥当性の中身をやるべきなのに、そんな話が出来ないような物語を作った」

(東京MXテレビ「ニュース女子」6月12日)


前川助平については厳しい意見が多い。

⇒アゴラ(同上)
座右の銘が「面従腹背」:これで教育行政は大丈夫か!
中村祐輔


昨日の国会中継を少しだけ見た。メモがあるのかどうか、チマチマとした質問が続いていたので、馬鹿馬鹿しくなってシャットダウンした。役所は重要な会議のメモを残すことなど常識だ。かつて在職していた医療イノベーション推進室での会議でさえ、メモが作成され、各省庁に配布されていた。短期間とはいえ、政権を担っていたのだから、メモが作成されていたのかどうかは知っているはずだ。ましてや、審議官に再三再四同じような質問をした議員は、内閣官房にいたではないのか?役所がどうなっているのか、自分の経験に基づけば、もっと内容のある質問ができたはずだ。

あの質疑を聞いていると、追及をしているポーズだけの茶番劇に思えてならない。民主主義と言えば響きは美しいが、美しい声を揃えても、岩盤規制・利権擁護の壁を壊すのは絶対無理だと思う。規制改革は民主党政権の旗印ではなかったのか、与党時と野党になった今とを比べて、180度言っていることが違うブーメランを連発するから支持率が一桁になっている現実を直視すべきではないのか?また、左翼系メディアは、メモの存在が明らかになったことで大はしゃぎしているが、役所内部の情報がダダ漏れになっている状況は、国として大きな問題ではないのか?

そもそも文部行政のトップだった人が、私の座右の銘は「面従腹背」ですと、堂々とテレビで宣言するなど、呆れかえって言葉が出てこない。教育行政を担う人が、「面従腹背」を誇って、子供たちにどんな教育ができるのだ。大人が言ったことが面白くなければ、「とりあえず、ハイと答え、心の中でアカンベーと舌を出しておけ」というのか。国のシステムを歪めたと非難しているが、この座右の銘に沿って、教育を歪めていないのか検証してほしい。

役所のシステムは破綻しているし、そんな尻馬に乗って、国会の時間を浪費している議員に給料を払うなど税金の無駄だ。テレビを見ていても、自分たちの思想に則って、一方的な考えを中心に番組を制作しているのが見え見えだ。医療保険制度が破たん寸前まで来ているし、がん対策、高齢化対策、受動喫煙問題など、国として大きな課題が山積しているなかで、この小学生のような国会の議論は悲劇だ。受動喫煙などの問題も、選挙の際の投票指標として、自分たちの主張をテレビの前でぶつけ合って欲しいものだ。


(以下略)

アゴラ(同上)
前川氏の「総理の意向」印象操作は後輩いじめ?
八幡 和郎

加計疑惑について、私は最初から、「文書はあったかもしれないが、 問題は、 そこに書かれている最高レベルの意向と内閣官房の審議官が言ったというのは、 嘘か誇張かだろう」といってきた。

霞ヶ関では交渉相手の要求を誇張した文書が作成されるのは日常茶飯事である。そのほうが、内部を説得するのが楽だからで、そんなことをしながら、落とし所を探つていくものなのだ。また、総理の意向などと具体的案件について、直裁的な言い方を内閣府の幹部がするはずないということでもある。
そして、本当に総理の強い意向らしいとなったら、前川次官は大臣と相談するべきだったのに何もしていないし、独自ルートでどこまで総理の意向というのが本当が探りも入れたはずなのに、何もしてないのだから、それほど前川氏が重要視していなかったことも明らかだ。
ただし、金曜日になってもう少し細かいことが明らかになった。「著しい誇張」であることに違いないのだが、その具体的な歪曲の方法は別の話についての表現を間違った印象操作に前川氏が使ったということらしい。
つまり、この段階では、獣医学部を一カ所だけ、しかも、今治でというのはほぼ既定路線になっていた。ただ、文部科学省は抵抗したというアリバイづくりをしたいこともあって、一年間の引き延ばしを計っていた。大学の設置は他省庁の案件より慎重に扱うべき神聖なものとアピールしたかったのだ。
そのコンテキストのなかで、「学部設置というのは、他省庁の案件と違って慎重に行うべき問題なので、そんな急いでといわれても」と抵抗し、それに対して、内閣府は「文部科学省の案件だけが慎重を帰すべき理由もないし、総理もスピード感をもってといってるのに呑気すぎる」とか言ったらしい。
それをあたかも、まだ、方針は何も決まってないのに、「獣医学部の新設を認めろ、今治にしろ」という総理の意向が示されたと、前川氏は印象操作しているのである。そして、この文書を書いた文科省の若い女性事務官は、先輩である前川氏への義理立ての板挟みになって「総理の意向といってもどういう意味か分かりません」と泣き言を言っているらしい。

それにしても、前川氏も「文書が」とかいい、それを印象操作で歪曲すれば、後輩たちに迷惑がかかることがわかっているのに、自分さえ良ければ何でもする人だと呆れる。


義憤に駆られて在職中にリークした愛国者の一色正春氏と、退職後にフェイクネタをリークして後輩を泣かせている前川助平とは大違いということだ。

アゴラ(2016/6/16)
前川文書事件の真相が見えた
八幡 和郎

文科省と内閣府の調査結果が出そろったので、だいたい、ことの真相が見えた。
つまり、文書が作成された時点では、だいたい、獣医学部はひとつだけ認める、それは、抵抗の少ない加計学園の今治のプロジェクトが最適なのではないかということでコンセンサスが成立しかかっていた。(追記:16日15時)しかし、文科省は開学時期を一年ずらして慎重に対応した形を整えたかった。
そこで、内閣府の藤原審議官は、「総理はスピード感をもってと、おっしゃっているし、早くしたほうがいいんでないですか」といったことを言った。
それを文科省は忖度して「加計学園に2019年開学でやらせるのが総理のご意向だ」という趣旨にとれる文書を書いて回した。
それを前川氏は、あたかも、まったく方針が白地のところに、2019年から今治でやれという安倍総理の意向が示されたと国民が受け取るような印象操作をしながら語ってきた
しかも、菅官房長官の発言が、マスコミによってつまみ食いされて、前川氏の印象操作に乗ってしまった。
それでは、この文書を流出させた人物は処分すべきか。森裕子議員が義家副大臣を印象操作で翻弄していたが、本件は公益通報制度とはなんの関係もない。文書流出させたのは処分の対象に疑いなくなる。
ただ、微罪だから見逃すか、処分しても軽いものにするかという問題があるだけだ。それを弁護士である森裕子氏は法律に義家氏が無知なことを利用して、いじめたというだけだ。


(引用終わり)

それにしても森裕子は醜かった。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:53  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★誰が文書をデッチ上げたのか私も考察してみました

先日も他のブログで述べましたが、私はマスゴミがこれまで報道してきた資料なるものについては、違和感どころか実際に現場で立案・調整する立場であるはずの事務官が勤務時間内での加工や捏造をしていた可能性が極めて高いのではと思います。

15年くらい前に厚労省を中心とした各省庁へのコンピュータウィルス大規模感染事件の影響で今も重要な案件は書面で郵送して事務連絡程度の案件だけメール通達するようにしているはずだからです。厚労省なら用心してメールを使わずに自前のオンラインシステムを活用するかもしれませんが。

また事務連絡程度のものでも必ず決裁がなされているため、発信者名は本省からなら課長名で伝達するはずなのに報道で見る限り係長名になっていて不自然です。それに書面も書体も役所の様式と異なりゴシック体を用いた雑然とした殴り書きであり、どう見ても組合活動にどっぷり漬かっている主任や係長クラスのパヨク職員が勤務時間中にサボってありもしないことをデッチ上げて片手間で創作していたのではないかと推察できます。

何れにしても、政府はパソコンを押収してどの時期にこれ等の文章が作成されたか専門機関に解析を行わせるべきだと思いますね。
 |  2017.06.18(Sun) 00:46 |  URL |  【コメント編集】

★ガセ掴んだか。

民主の時もそうだったが、ガセ掴んだ議員が、結局福岡で自殺した。
民進になっても相変わらずだ。
騙され易い政党に誰も期待していないけど、ちょっと軽率すぎる。
官僚の内部も宦官揃いで、陰謀渦巻く世界の様で。
これでも欧米社会と比べたらましなのかな?
最近の国会は、良く解らん。
katachi |  2017.06.18(Sun) 07:54 |  URL |  【コメント編集】

★元締めの一人か?

パヨク編集長・新谷学(しんたに まなぶ)率いる「週刊文春」によると、怪文書の元締めの一人に33歳の女性課長補佐が浮上してきたそうです。
恐らく女性課長補佐も前川喜平(前文科省事務次官)らが属する文科省親朝鮮閥の一人にすぎず、派閥の上の連中によって生贄に差し出されたのでしょう。
http://bunshun.jp/articles/-/2859
http://crx7601.com/archives/51494749.html

しかし内部告発を偽装して公文書偽造をした訳ですから単なる犯罪者(公文書偽造等罪・虚偽公文書作成等罪(何れも刑法155条1項・1年以上10年以下の懲役適用))なのに、パヨク文春は政治の犠牲者のような主張をするそうでテロ組織そのものですね。
奴らを共謀罪で摘発すればいいのに。
 |  2017.06.18(Sun) 11:33 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4419-1a6da275

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |