2017.05.07 (Sun)


北朝鮮と話し合おうとTBS「サンモニ」


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

中国は歴史を見直そうとしていると姜尚中

今日のTBS「サンモニ」は相変わらず、百田尚樹氏が嗤う「ゆで蛙」たちがコメントしていた。

TBS「サンモニ」(2017/5/7)
緊張続く北朝鮮情勢
圧力強めるアメリカと中国

ナレーション
「北朝鮮が血の同盟国である中国を名指しで批判するという異例の事態が起こっている。
中国としては、いままで北朝鮮の後ろ盾となって来たのに心外だと怒っている。
北朝鮮のミサイルは中国に向かっているも考えられる」

姜尚中
「朝鮮戦争は米ソの代理戦争で、実態は北朝鮮は単なる傀儡国家ではなくて、金日成はスターリンと毛沢東を天秤に掛けて両者を巻き込んで統一しようとした。
だから中国の中では金日成に対する批判が出てる。
だからそもそも、朝鮮戦争に遡って、一体これは誰が仕掛けたんだということ。
それは中国の首脳部の中でかなり歴史の見直しが起きているという風に考えなければいけない(以下略)」


姜尚中らパヨクとパヨクメディアは「歴史の見直し」は「歴史修正主義」だと日本を批判してきたではないのか。
いま、ヘンリー・ストークス著「大東亜戦争は日本が勝った」を読んでいるが、「太平洋戦争」はアメリカの日本洗脳であり、実際はアジアの植民地諸国を白人の手から取り返した「大東亜戦争」だったと書いている。

いままで日本の保守派がそれを言うと戦勝国のアメリカや、戦ってもいないのに戦勝国ツラをする中国や韓国が「歴史修正主義」だと批判してきた。

目加田説子(中央大学教授)
「(北朝鮮に)ミサイルを使われれば、韓国も日本も取り返しのつかないダメージがもたらされるから、そのオプションは無いということを前提に粘り強い外交交渉を期待するしかない」


これこそ北朝鮮の思う壺だ。
北朝鮮のミサイル攻撃が怖くて外交交渉をするという事自体が敗北主義だ。
足元を見られているということであり、北朝鮮はますます頭に上る。

安田菜津紀(フォトシャーナリスト)
「先日アメリカがシリアを攻撃したとき、北朝鮮がこれを受けて萎縮するのではないかと前向きに捕らえる言説があったが、同じような言葉が2003年のイラク戦争の時も飛び交っていた。
遠くの国の犠牲の上に成り立つ安全を受け入れてしまうような姿勢がある限り、近くの緊張を解きほぐすことは出来ない。
14年前に投げ掛けられた教訓だ」


この女性のコメントはいつも観念的、感情的で歴史解釈が間違っている。
「遠くの国の犠牲の上に成り立つ安全」とは理解不能。

古田大輔「バブフィードバャパン」創刊編集長 元朝日新聞記者)
「危機が高まっているのは間違いない。ただ、危機を強調し過ぎないような報道が求められる


むしろ日本人の危機意識は足りないのではないか。
朝日新聞系の反日メディアは北朝鮮を刺激しないようにと配慮している。
反日メディアに騙されて憲法9条の効用を信じている「ゆで蛙」たちが多すぎるのだ。

岸井成格
「シリアを攻撃している現実もあるから、金正恩体制を読めないから、ひょっとすると不測の事態はありうるのではないかと我々メディアは始まっちゃう。
半島をめぐって大国の三つ巴、四つ巴が色々絡んでいる。
そのなかで、とにかく水面下の話し合いで、交渉で行ってもらいたい。そこには日本の役割も色々ある。
特に拉致問題は時間ないから。そこに突破口があると私は思う」


拉致問題は北朝鮮が降参しないかぎり解決しない。
拉致問題に突破口があるとは意味不明。
それとも大金を上げて拉致被害者を返してもらえとでもいうのか。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:37  |  -北朝鮮  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

腐ったリンゴの品評会が始まりましたね。
いっその事、詰め合わせにして北の将軍様に送ってあげたいですね。
メディア代表として岸井リンゴさんには、
是非、水面下の話合いで交渉を行ってもらいたい。
いとも簡単にに言ってましたしたよね。


なつみ |  2017.05.08(Mon) 23:40 |  URL |  【コメント編集】

★水面下でやってるんじゃないの?

一番話し合いたい相手は、アメリカと北だろうから。
日本は、邦人を助け拉致被害者を助けアメリカ軍家族を助けって感じですよ。
後は、アメリカ軍への補給とミサイル迎撃の手助け。
それで米軍が、引き上げれば後は、北が南下して韓を飲み込むだけ。
韓は、何のための大統領選だったのか?
或は、チャイナが韓を併合するとか。
ハッキリ言えることは、韓が消滅すると言う事。
半島が一本化するか解らない。
ロシアは、何とか出たいだろうな?
国境付近に軍隊を溜めているようだから。
katachi |  2017.05.09(Tue) 00:44 |  URL |  【コメント編集】

★カリアゲの暴走

カリアゲ君は、支那も信用していない。

父や祖父の代ほど、指導力(統制力)があるようには見えないし(そもそも、建国の父や抗日戦争の英雄(大嘘ですが)と言われる祖父や、カリスマ性(?)があった父の代ならばともかくとしても、在任期間が短く、不意に指導者に祭り上げられたカリ上げを、肝心の側近や軍部などが崇敬しているかどうかすら疑問、朝鮮半島は主体思想と儒教、父系社会であり、儒教社会では、基本的には長男が代を継がなければならないが、カリアゲは三男で、末っ子である事)、そもそも30歳そこらで、あの体型(推定130キロ、痛風持ちという話も)では、健康的な理由で、命が長くは持たない可能性が高い。そもそも、最も重要な後ろ盾であるはずの支那とのパイプを断ち切った時点で、様々な理由で「アブナイ行動」に出ている事が分かる。

最近の北朝鮮は、暴走気味で、手が付けられないような状態になっている。支那もコントロールが行き渡っているとはいえず、指導者を正男に挿げ替える予定もあったようだが、それもカリアゲの暴走で、難しくなったようだ(暗殺したのは影武者で、本物の正男は存命という話もありますが)。

北が一国だけでやっていけるわけが無く、支那がコントロールしない限り、暴走しかしないでしょうに、何がしたいのかよく分かりませんね。

>「危機が高まっているのは間違いない。ただ、危機を強調し過ぎないような報道が求められる」

少なくとも、日本以外(特に米国)では、北の核開発の脅威について、遥かに「敏感に感じ取っている」といえます。日本より遠くにある国ですら、これだけ感じ取っているのにもかかわらず、近くで常に核の標的にされている日本がこの程度の意識では、むしろ「危機感が足りなさすぎる」と言って良いでしょう。

>そのなかで、とにかく水面下の話し合いで、交渉で行ってもらいたい。そこには日本の役割も色々ある。
特に拉致問題は時間ないから。そこに突破口があると私は思う」

「拉致問題」で「話し合い」などというのは「論外」ですね。「返さなければ、軍事行動を検討する」というのが「国際常識」なのですがね。

北が勝手に動き回れるのも、支那やロシアなどが後ろ盾になっているからですね。

正直、北(カリアゲ)が馬鹿な行動を止めない限り、無理でしょうね。支那が自制させればいいのですが、その辺りは利権も絡んでいますから、難しいような気もしていますね。

西 |  2017.05.29(Mon) 22:27 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4376-af9e0f1f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |