2017.04.16 (Sun)


北朝鮮と話し合えとTBS「サンモニ」


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

アメリカのやる事が全部OKではないと関口 宏

緒戦半島の情勢が緊迫の度合いを増すなか、おなじみTBS「サンモニ」はノーテンキな井戸端会議をしている。

TBS「サンモニ」(2017/4/16)

寺島実郎
「シリアとかアフガニスタンとは違う。(中略) 相手は反撃能力を持っているので2-3発のミサイルやトマホークをぶち込むだけの戦争では終わらない。だから体制転換を求めないと言っていながら、実質的には体制を転換させなければこの戦争は終わらない。
であるが故に、ここで我々にとって大事なのは国連の制裁決議、大量破壊兵器やミサイルを放棄させるプロセスを国際的な合意の中で北朝鮮に向けるべき局面に来ている。
タイムリミットをくぎって、放棄するのかどうか中国やロシアも含めて持っていけるかどうかの段階に来ている」


「体制転換させなければこの戦争は終わらない」という点は正しい。
しかし、後段の国連の決議を持ち出す辺りは笑える。
いままで国連安保理は北朝鮮に対して全く無力だった。
金正恩の独裁体制を打ち砕き体制転換しなければこの紛争は終わらない。

元村有希子(毎日科学環境部長)
「国連外交は現実的になかなかむつかしい。中国が今まで静かだったのが、これからどう動いてくれるかなと期待を持って見ている。
トランプさんは子供っぽい発言で挑発したりする、子供の喧嘩みたいになっている。
そこに大変不安を感じている一人だ」


子供の喧嘩だとコメントする科学環部長はミスキャストだろう。

谷口真由美(大阪国際大学准教授 全日本おばちゃん党代表代行)
「いま凄く気になるのは、在日朝鮮人や在日韓国人の人に対する差別とか偏見とかの増長とか、そういう人達に対する襲撃とかが起こらないようにするために我々一般市民は冷静にそういう人たちと付き合わなきゃいけないと肝に銘じになきゃなと改めて思う」


何をバカな事を言っているのか。
在日朝鮮人や韓国人など日本人は全くの無視だ。
ただ、朝鮮半島有事に下手な動きをみせれば徹底的に叩く。

自衛隊が韓国在留邦人の救出に向かったときに万一邪魔すれば徹底的に叩く。

岸井成格
「希望的観測だが、トランプ大統領は中国に期待すると言っている。中国も水面下でいま相当動いている。
北朝鮮を説得できるかどうかだが、私が聞いた情報では中国が一番気にしてるのは、北朝鮮のメンツが潰れることでは避けたいと。アメリカの軍事力に屈服したとか、中国の説得に負けたとか、そういう形にしないように何とか話し合いにもって行きたいと。
その説得に北朝鮮は応ずるかどうか、その線引きが難しい。
核実験の実施とICBMの発射はアメリカの軍事行動のきっかけになる。
それはやらせない。今とにかくしばらくは自粛させる。
メンツを潰さない形でという非常に厄介な説得をいま中国がやっているところだ」


岸井成格見てきたような嘘をつき♪
前回は安倍首相がトランプ大統領に北朝鮮攻撃しないでくれと頼んだと言っていた。

もはや北朝鮮のメンツもクソも無い。
もう最終段階に来ている。

「風をよむ」米朝緊迫の中で

ナレーション
「トランプ大統領には北朝鮮との直接対話の姿勢は見えない。
こうした状況に・・・」

街の声
「お互いに話し合いで解決することを望みます」

「武力を使って解決しても報復を招くだけ。話し合いをもっと進めたほうがいい」

ナレーション
「両国の対話を求める声が多く聞こえるなか、両国の指導者については・・・

街の声
「北朝鮮もアメリカも何をやるかわかんないね」

「お互いに『オレはオレは』でやってるから。ぶっつかったらえにらいことになるかな」

「金正恩さんはまったく分からない」

「トランブさんはああいう性格だから。対話しようとする姿勢がお互いに無い」

関口
「こういう時にこそ短絡的な考えに走らないことだとボクは思う」

寺島実郎
「国際的な合意のなかで問題解決する流れにこだわるべきだ。北東アジアをどうしいのかというビジョンとか理念とか構想とかをしっかり語り続けることが凄く大事だ」


ルーピー鳩山の外交ブレインだった寺島センセイ
のビジョンは「日米中の正三角形」構想である。

谷口真由美(大阪国際大学准教授 全日本おばちゃん党)
「歴史を見ると国を守ることは国民をまもることや市民を守ることにつながらない。国家レベルで衝突しても民衆レベルで衝突が起きないという冷静さが大事だ


国家同士が戦争しても民衆レベルでは仲良くしようとはどういうことか(笑)

岸井成格
「いま日本が外交交渉を全面展開する絶好のチャンスかもしれない。あらゆるルートとパイプを通じて外交努力して、中国との連携で両者(米朝)を話し合わせる道が全く無いわけではない」


この段階に来てなんとノーテンキなコメントであることよ。
日本はアメリカと同盟国であり、好き嫌いは別として一蓮托生だ。

関口
「アメリカに対して日本がとるべきスタンスというのがありますよねえ。アメリカのやるとおり全部OKじゃないですねえ」


日本国民を間違った方向に誘導しようとするTBSから放送免許の剥奪を高市総務相にお願いしたい。





↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:58  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

>日本国民を間違った方向に誘導しようとするTBSから放送免許の剥奪を
>高市総務相にお願いしたい。

大賛成です。

更に、自衛隊のスクランブル関係を放映した際、中国の国旗の下に日章旗を
示したNHKについても、TBSより先に放送免許の剥奪をお願いしたい。
おっさん |  2017.04.17(Mon) 08:39 |  URL |  【コメント編集】

 免許剥奪が諸事情により困難であれば、国民の所有である電波料を売り上げに比例した高額の電波料にするよう早急に手を打っていただきたい。

 現状の電波料は独占企業にも拘らず法外な厚遇で、話にならないくらい低額である。
 少なくとも売り上げの30%以上の電波料に値上げすべきである。

 それで利益が出ないのであれば、企業努力が足りないのだから躊躇なく撤退していただき、電波料をオークションにかけて新しい放送局を募ればいい。
 これだけは是非とも早急にお願いしたい。

 NHKには視聴料を徴収するのなら、スクランブル方式を採用するよう強制してほしい。
tbsasahinhk |  2017.04.17(Mon) 09:15 |  URL |  【コメント編集】

★関口それをトランプに言ってやれ。

TVで放送しても意味無いぞ!
直に言ってやらないと左翼リベラルの遠吠えだ。
話し合いで済むならとっくの昔にケリがついている。
ガツンと遣る時は,遣らねばならん。
国が潰れてもどうってことはない自業自得ではないか。
人間は、どこでも生きる事が可能だ。
国が無くなるだけだ、最先端の生き方では無いか。
所謂グローバルだ。
人・物・金が自由に行きかう鮮人が、生まれる。
katachi |  2017.04.17(Mon) 11:18 |  URL |  【コメント編集】

対話や話し合いなどのんびりしたことを言っていると
事態はますます深刻になる。つまり何を言っても耳を
かさない北は核開発はやめるどころかますます力入れて
より危険な核開発を行うだけである。年月がたつほど
ますます被害は大きくな方向行くことは間違いない。
早急にぐうの音も出ない方法でガツンとやり込める事を第一に
考えるべき事態である。
HTTP: |  2017.04.17(Mon) 18:34 |  URL |  【コメント編集】

★定番化してしまった。

捏造と嘘の記事は、朝日・毎日で性犯罪は在日鮮人。
日本名で有ってもまずは、在日の通名と思ってしまう。
記事で報道する前に性犯罪に関して日本名報道を通名と考えてしまう習慣が、身についてしまった。
これが、外れていないだけに日本の半島人を駆逐しなければと思う。
アメリカ・ロスアンゼルスのリトル東京の鮮人を駆逐して日本人に戻って来る様にしているみたいだ。
日本の在日鮮人も初期戻って、今一度リセットした方が良い。
GHQや日本政府や官僚のいい加減な決定が、今日を招いたことは、間違いのない事実。
katachi |  2017.04.17(Mon) 21:51 |  URL |  【コメント編集】

★米国大統領トラオ:「おい、人民シナのキンピラよ、韓国は元々人民シナの一部なんだからよ、人民シナは、韓国を併合しろよ。日本国も台湾国もロシアも、韓国だけは併合したくない、と言っているからよ。」

米国大統領トラオ:「おい、人民シナのキンピラよ、韓国は元々人民シナの一部なんだからよ、人民シナは、韓国を併合しろよ。日本国も台湾国もロシアも、韓国だけは併合したくない、と言っているからよ。」
A敦子 |  2017.04.20(Thu) 10:40 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4350-ad1594c7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |