2017.04.12 (Wed)


必読「儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇」


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

お人好しな日本人に迫り来る危機

2017041302.jpg

 在日韓国人の姜尚中(東京大学名誉教授)が3月5日のTBS「サンモニ」で森友学園友問題に関連して「教育勅語の基本は儒教だ」と断定し、「日本本来の伝統だとトンデモナイ勘違いしている」と揶揄し、「下手をしたら愛国有罪だ」とまで言い放ったことは過去記事でご紹介した。
しかしそれは間違いであり、教育勅語は儒教そのものではないこともご紹介した。

⇒森友学園の教育は「愛国無罪だ」とTBS「サンモニ」姜尚中

 著者のケント・ギルバート氏がテレビのバラエティ番組に登場してきた頃は、温厚で日本語が上手なアメリカ人という印象しかなかったが、いつしか日本人も顔負けの日本通になり、さらには日本を擁護し中韓に対する批判の声を上げる評論家になった。

そのギルバート氏が書いたこの本は10万部も売れているベストセラーとか。
当ブログを訪問される方々にとっては先刻ご承知のことばかりだろうが、「ですます」調で分かりやすい本書が広く読まれていることは大歓迎である。

儒教の悪い部分の影響を受けた中韓が如何に自分勝手な酷い国か、それに比べて日本は儒教の精神を部分的に咀嚼しながら中韓のように不道徳な国にならなかったのは武士道とともに、「天皇・皇室」の存在があったからだとしている。

中国については・・・

「中華思想に基づいて、周辺国の人々を散々バカにしてきた中国人ですが、儒教と共産主義という最悪の組み合わせによって、いまや本当に『禽獣以下』の社会道徳や公共心しか持たないほどに落ちぶれたといっても過言ではないでしょう」(26頁)

韓国については・・・

「すぐにバレる嘘をついてでも他者に認められたいという、彼等の異常なまでの承認欲求の強さは、両親に愛されずに育った不幸な生い立ちの子供を見ているようで、憐れみすら覚えます」(75頁)

と手厳しい。

日本人と中国人の国民性の違いも見事に表現している。

「実際の戦闘になると弱いくせに、中国人は、このような謀略が本当に得意です。逆に根が正直で性善説を好む日本人は、戦闘になれば驚くほど強いのですが、謀略にはからきし弱いのです」(36頁)

反日勢力を時には実名で指摘し、沖縄の平和運動やマスメディアのなかには中国の工作員が居ると断定する辺りには同感する。

北朝鮮は暴発寸前であり、韓国は迷走し、中国は海洋侵略を続けながら北朝鮮に対しては無力であり、業を煮やしたトランプ大統領は金正恩の斬首作戦に出る可能性も十分ある。

日本人が「お人好し」であることは美徳ではあるが、厳しさを増す国際環境のなかでは大きな弱点になりかねない。

日本人としての美徳は維持しつつも海外の反日勢力、とりわけ反日近隣諸国に対しては断固として戦うという姿勢がいま日本人に求められている。

まだお読みで無い方は是非ご一読を。

「儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇」(ケント・ギルバート著 講談社+α新書 2017年2月 907円)

【目次】
はじめに DNA以上に精神的に大きく異なる日本と中韓

序 章 「儒教の呪い」とは何か

道徳と倫理を捨てた儒教の害毒
秦の始皇帝が儒教を禁じた理由
人民解放軍とナチスの類似性
中国における沖縄の呼称は? 
中国の沖縄奪取作戦が始まった 
国境という意識がない中国人の愚
2050年に日本は消失する? 
GDPの30%に及ぶ賄賂の背景
トランプと習近平は電話したのか
新聞で信用できるのは日付だけ?
中国3000年の歴史という大嘘 
現世さえ楽しめば魚は絶滅しても 

第2章 キリストも孔子も韓国人?

韓国が中華思想を受け入れたわけ
国連では実は中国も「敵国」
米中間を右往左往のコウモリ国家
味方を撃ち殺す中国の「督戦隊」
誰も知らない独立戦争を主張して
外交儀礼違反の告げ口も辞さず
安倍総理と朴大統領の待遇に大差
賠償金の代わりにODAを
ブレア首相が天皇に見せた騎士道
1000年忘れないなら元寇は?
韓国人がノーベル賞を取れぬ理由
イタリアで受けた大ブーイング 
「パパラッチ制度」も嫉妬心から 
何でも韓国発祥の「ウリジナル」
歴史もストーリーありきの韓国
皇室を敬う安重根がなぜ英雄に
韓国はテロリスト支援国家か 
大統領が不幸な最期を迎えるわけ

第3章 中国・韓国の自己中心主義の裏側

日本のODAに感謝しない理由
日本の支援金で韓国政府は何を? 
「日本の援助は迷惑だった」 
銃弾を自衛隊から借りた末に
歴史の改竄は歴代皇帝の伝統
チペットを解放したなら出ていけ 
儒教の死生観と日本の死生観
なぜ遺体までバラバラにするのか 
特攻隊員の遺体にミズーリ艦長は
岳飛の廟で中国人が唾を吐く相手
反日デモに見えるコンプレックス
反日デモの被害も日本のせいに

第4章 日本は儒教国家ではない!

日本人の道徳規範は武士道
日本が儒教に毒されなかった背景 
日本人の死刑に際しロシア将軍は 
親日国を作った日本人の勤勉さ
中国人をも感動させた誠意 

第五章 儒教の陰謀は現在進行中!

中国の国名は日本人の造語から
世界遺産認定でのちゃぶ台返し
野球の五輪予選でも紳士協定違反
中国人船長を奪還するための詐術
外交官までハニートラップに
中国がアフリカで忌避される理由
中朝韓の肩を持つ人たちの矛盾
日中戦争はすでに始まっている 
中国の対日工作の全容
新聞の偏向報道が許されるわけ
放送局と新聞・雑誌社の大違い
「報道しない自由」とは何か
侵略行為を黙認する政治家の名前
駐中国大使の驚くべき発言
民主党政権の情けない行動華夷思想に平和憲法で勝てるか
慰安婦問題という「冤罪事件」
世界が批難
し始めた中韓

あとがき
アジア唯一の先進大国としての務め






↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:59  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★そもそも、日本国の各地方行政体などが韓国学校、(北)朝鮮学校、共産シナ学校などへ「日本国民が納付した国税、地方税など」を韓国式横流すことは、日本国憲法違反です。

そもそも、日本国の各地方行政体などが韓国学校、(北)朝鮮学校、共産シナ学校などへ「日本国民が納付した国税、地方税など」を韓国式横流すことは、日本国憲法違反です。
A敦子 |  2017.04.13(Thu) 11:32 |  URL |  【コメント編集】

★日本の周りは、き・ち・が・いだらけ。特に大陸は。

海洋国家のみが、日本と共存できる国々で有る。
最も近い台湾などは、そうである。
日本と共通認識を持ちやすい国だ。
katachi |  2017.04.13(Thu) 14:19 |  URL |  【コメント編集】

★ドイツ政府「日本国内の共同通信社、時事通信社、ロイター日本語版、日経新聞社などのような日本人なりすまし帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社の報道内容はいつも、事実と異なっている」

ドイツ政府「日本国内の共同通信社、時事通信社、ロイター日本語版、日経新聞社などのような日本人なりすまし帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社の報道内容はいつも、事実と異なっている」
A敦子 |  2017.04.13(Thu) 15:47 |  URL |  【コメント編集】

姜尚中とかいう、朝鮮人教授の実力もこの程度か。

教育勅語には、兄弟や両親だけでなく、広く社会(国)や他人の為に役立つ事を奨励しているのだが、儒教にはそれが無いだろう。

そもそも、儒教には「社会性」というものが無い事を知らないのだろうか。儒教とは、専ら自己の為に役立つ思想である。

あれは、「氏族のみ」に適用される「規範道徳」であり、「世間」とか「社会」に対しては、極めて「冷淡」である。

要するに、「自分と親族」に「都合が良い」ものであれば、どんな手段であっても(例え非人道的なものであっても)積極的に「利用する」、都合が悪いものであれば、いかなる問題が生じても、自分に責任が降りかからないように謀略を巡らすというのが、「儒教」の悪性なのである。

そして、その儒教の弊害を受けたのが支那と朝鮮半島である。支那覇共産主義と中華思想、朝鮮半島の場合は、華夷秩序の弊害を受けて、最悪な社会状態にまで成り下がっている。

対して、日本は、確かに支那から儒教を輸入したが、儒教を思想(学問)として取り入れただけで、政治体制として取り入れたわけでは無かった。

そして、思想としての儒教と、同じく大陸から伝わった「仏教」が相まって、「神道」という「国教」、及び「皇室」という「国体」ができあがったわけだ。

だから、日本と支那および朝鮮は、社会性が全く異なるし、華夷秩序も受け入れていない為、支那や朝鮮半島を兄弟分などと考えた事は無い。

極めて利己的な、儒教政治がパヨク受けしやすいのは仕方が無いのだろうが、儒教を思想・学問として取り入れたのみで、その弊害を受けなかった日本は、やはり大陸から離れた地理的位置が功を奏したのだろうと思います。
西 |  2017.04.14(Fri) 19:51 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4345-008458ca

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |