2017.03.07 (Tue)


4月解散かと産経新聞


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

小池劇場のおぞましさ

 今日(もう昨日になってしまった)の産経新聞一面トップは「再び解散風 4月にも」という衝撃的な、そしていかにも遅過ぎた解散の動きを報じている。

⇒産経新聞(2017/3/6)
再び解散風が吹き始めた 「4月衆院選」その狙いはどこにあるのか


 .自民党は5日、第84回党大会を都内で開き、総裁任期を連続2期6年から連続3期9年に延長する党則改正を了承した。これで安倍晋三首相(党総裁)に3選の道が開かれた。そんな中、自民党内で再び解散風が吹き始めた。平成29年度予算成立直後に解散して4月衆院選。その狙いはどこにあるのか-。 (以下略)

(引用終わり)

安倍首相はもっと早く解散を打つべきだったのだ。
民進党を叩きのめして非生産的な国会論議を終焉させることが日本にとって最も重要な課題だからだ。

顔を見ただけでも虫唾が走る二重国籍蓮舫、ガソリーヌ山尾、ピースボート辻元清美を国会から追い出すことだ・・・と誰かが言っていた。 

 少々自民党の新人議員が落選しても相打ちで肉を斬らせて骨を斬ることが必要だ。
このまま行けば大衆迎合のパフォーマンス都政を進める小池都知事の思う壺に嵌る。

都議選で蓮舫民進党が議席ゼロになって蓮舫失墜するのは御同慶の至りではあるが・・・。

石原慎太郎氏の記者会見があった。
「座して死を待つ気は毛頭ない」と百条委員会に先立って会見した。
その悲壮感にはやや違和感を覚えた。

 しかし会見後、小池都知事が「昔の武士みたいで古臭い」と揶揄したのは許せない。
石原氏は小池氏に責任があるとし、小池氏は石原氏に責任があるとした。
そもそも百条委員会など開かなくても小池都知事が部下の担当者に聞けばかつての経緯はすぐ把握できるはずだ。
それを百条委員会という舞台を設けて小池劇場でパフォーマンスをして都議会選を有利に進めようという魂胆だ。

 辛坊治郎氏も言っていたが、森友学園の校庭に埋められた産業廃棄物と豊洲市場の地下水の問題は同じようなものだ。
豊洲市場の地下水を飲むわけではないし、児童が校庭を何メーターも掘り起こして遊ぶというわけでもない。

しかし物議を醸してパフォーマンスするには格好の材料と都知事は考え、それをパヨクが応援しているのだ。

ついでに言えば辛坊氏はPonkoの疑念を証明していた。

「自民に共産のスパイ」(2017/3/4)

石原氏の記者会見の司会を務めた橋本五郎氏が石原氏に向かって「知らなかったでは都知事としての責任が果たせないはないか」と詰問したのである。

 地下水について科学的な知見も持ち合わせていない石原元都知事は部下の報告を信用するしかないではないか。
その責任を取るのはGOサインを出した都知事であることは言うまでも無いが。
これは企業の意思決定についても同じ事が言える。
何故GOサインを出したのかと後になって問い詰めてもになんの役にも立たない。

小池都政は劇場型でマスメディアのネタにはなるが、一体彼女が就任してから何か仕事らしい仕事をしたのか?
石原元都知事は就任後まず東京都の排気ガスを規制した。
記者会見で試験管に車の排気ガスの煤を入れて振って見せた情景は記憶に新しい。

保守言論人の岩田 温氏は次のように言う。

⇒岩田温の備忘録(2017/3/5)
「科学」を「敵」にした小池都知事の誤り


 豊洲の移転問題について、殆ど興味がなかったのだが、マスコミがこぞって石原慎太郎批判を展開しているので、興味をもって石原慎太郎の記者会見の全文を読んだ。

結論から言えば、石原慎太郎を悪魔化しようとしても、それは無理筋だということだ。

小池都知事は政治家として、なかなか戦略的な人物で、つねに大衆を人気を得ようとして戦略的に振る舞っている。彼女には自身の基盤となる政党の支持がないので、大衆の支持だけが頼りになるのだろう。

彼女の一貫した戦略は、大きな敵を作り出し、自分が巨悪、敵と戦う正義の政治家だと演出する戦略だ。古代より「敵」を作って内部を結束させ、支持を得る戦略が存在した。マキャヴェリは『君主論』の中で、次のように指摘している。
「賢明な君主は、機会があれば奸策を弄してでも、わざと敵対関係をこしらえ、これを克服することで勢力の拡大をはかる」
 古代の君主たちが用いた戦略は、民主主義社会の中で、さらに力を発揮することになった。最も究極的なのはヒトラーで、彼は「ユダヤ人」の脅威を煽り立てて国民を恐怖させ、支配者となった。

小池都知事は、当初、内田茂氏を「都議会のドン」という「敵」に仕立て上げ、千代田区長選挙で代理戦争を演出し、血祭りにあげた。ここまではうまくいった。

勝利を喜ぶと同時に、彼女は勝利に焦ったはずだ。「敵」が消え去れば、巨悪と戦う政治家として演出する戦略が不可能になるからだ。

そこで「敵」となる次なる獲物が石原慎太郎だったのだろう。

だが、石原慎太郎を「敵」にしようとする方法があまりに露骨で、論理が粗雑に過ぎた。記者会見の全文を読んでみれば、石原慎太郎を「悪魔化」することが非論理の極みであることは明らかだろう。

豊洲の移転に関して石原慎太郎は言う。
「行政の組織、都庁全体が専門家含め検討し、しかも議会が了としたものを私は裁可せざるを得なかった」
恐らく、今回の問題に対する最大の答えがここにある。組織で動いてきたこの問題を石原慎太郎個人の罪として追及するのは、論理的に考えれば、無理な話なのだ。

石原の説明を「恥さらしの説明」と決めつけ、「日本男児の愛国者を標榜」する石原は責任を取らないのかという挑発的な質問に対しても冷静に答えている。
「あの土地をあのコストで購入したのは、私が決めたわけではありませんよ。そのための審議会が専門家を含めて決めたことですから。私は恥とは思ってませんね。」
私もこんなことを恥だとは思わない。審議会が専門家を含めて決めたことを首長がひとつずつ拒絶していたら、行政機能は麻痺してしまうだろう。

私が最も重要だと感じたのは次の指摘だ。
「風評に負けて豊洲がこのまま放置されるっていうことは、結局科学が風評に負けたということになる。これはまさに国辱だと。日本が世界で恥をかくことになるという忠告をいただきました。」
これはまさにその通りだ。使いもしない地下水の問題を喚きたてる理屈はまさに非科学的だし、単に「風評」被害をでっち上げているだけの話だ。科学が風評に負けてはならない。

以前、教えていた福島県出身の学生が、福島ナンバーの車で旅をすると、タイヤをパンクさせられたりすることがあり、本当に嫌な思いをすると話してくれたことがある。「福島から来るな」という意味が込められているのだという。当初、考えすぎではないのかと思っていたのだが、ニュースでも福島県出身の子供が公園で虐められた話等々が報道されているのをみると、本当に「福島県から来るな」「福島県出身者のそばに行くと『被爆』する」などという全く非科学的ないじめが存在していると思わざるを得ない。無知なる風評が科学を無視していじめとなっているのだ。

科学が風評に負けてはならない。

小池都知事の誤りは石原慎太郎を「敵」としようとしたあまり、「科学」を敵にしてしまった点だ。


(引用終わり)

いずれ小池氏は石破茂を再び擁立して首相選を戦い、あわよくば禅譲を受けようという算段なのであろう。
しかし自民党に進退届けを出したが返事がないから離党しないと開き直り、宙ぶらりんの自民党議員で都議会新党を作っても恐らく持たないだろう。

マスメディアがこぞって小池旋風だと持ち上げた都議選で自民党が負ける前に総選挙でその芽をつぶすことだ。
小池旋風にあやかろうと自民党を脱退したり小池氏に秋波を送る節操の無い都議会議員のザマをテレビで見かけるにつけまことに情けない連中だと思う。
選挙で落選することを怖れて党派を変える連中は必ずや報いを受けることだろう。





↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:59  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

豊洲と福島原発に関しては共通した問題がありますね。
豊洲では汚染の濃度が問題で、福島原発も放射線の強度が問題で、実際
にそれらによる被害は出ていません。福島原発の被害と言えば、放射線
の恐怖を煽った時の政権とマスコミによる被害でしょう。放射線による被害
はないのに、危険だと言って住所を移させたり、農産物や海産物の出荷停
止を強いたりしたための人為的な被害です。その良い例がほうれん草の出荷停
止です。ほうれん草1キログラムから放射線が500ベクレル出ている
ものを、毎日1キログラム1年間食べ続ければ、ガンになる確率が0.5%
上がると言うことで、出荷停止にしました。一度に1キログラムのほうれん
草を食べられる人がいるでしょうか。また、毎日食べ続けられるでしょうか。
更に、放射線の強度が500ベクレル以上のものを選んで食べなければな
らないのです。また、ガンになる確率が0.5%増加すると言いますが、日本人がガンになる確率は50%と言われています。0.5%は誤差の範囲では
ないでしょうか。とにかく恐怖を煽るような政治はやめてもらいたいと思いま
す。
おっさん |  2017.03.08(Wed) 08:35 |  URL |  【コメント編集】

 おっさんさんの仰る通り、豊洲の問題は福島原発事故と全く同じ構図だと私も思っている。
 この二つの事象のほかにも多くの似たような現象がある。

 左翼が意欲的に行っている反対運動の殆どがこの減少と同じ構図で、針小棒大に不安を煽ることから始めている。
 オスプレイ問題、日米安保による戦争誘発問題、テロ防止対策案の反対など、限りがないくらいに妄想に近い不安材料を探し出して煽ることから始めている。

 庶民への情報操作として、反日マスコミがその運動に輪をかけて煽るから、善良な庶民、特にインターネットに疎い年配者たちは、一方的な煽り情報に影響されて世論が間違った方向に流されていく。
 この流れを、何とか打ち崩さなければ、政府も正しい決定を出せない状態が続いてしまう。

 インターネット情報が世に出る前は、嘘と捏造報道のやりたい放題であったが、少しずつではあるがマスコミの嘘や不都合な情報隠しの実態が一部に自覚され始めてきた。

 今まで世論を誘導できていたこれら日本解体に組する反日分子たち(左翼政治屋、脳内左翼学者、マスコミ、電波芸者評論家、金権主義経済界)の最期の足掻きでこれから益々激しい運動が行われるであろうが、世の流れに逆らう事は不可能であり、時間とともに瓦解されるであろうことを願っている。
tbsasahinhk |  2017.03.08(Wed) 11:26 |  URL |  【コメント編集】

 石原元都知事の弁明で、問題視されている組織上の責任について考察する。

 組織の決定権は、その組織の頂点にある長にあるのは当然であり、その長が権限委譲したとしても、最終決定責任は長にあることは明白である。
 しかし、北朝鮮や中共のような独裁主義の組織ならばともかく、民主主義、資本主義の組織において、一定の協議機関を通り最終決定がなされた組織においては、事後その瑕疵が認められた際に、決定責任がその長にだけあると決めつけるのは問題がある。

 もし、このような論理がまかり通るなら、我が国のみならず、民主主義を貴ぶ諸国の組織の長は、決定に際して、責任の重責を思うばかり、徒にその決定を遅らせる結果になり、早急な事態に対処できないばかりか、そんな危険を冒してまで最終決定する組織の長を引き受ける人は居なくなる。

 現今の世情を見ると、世間が関心を持ちそうな対象を見つけると、そのいきさつや真偽、重要さなどは二の次にして、己が利益を優先して、水に落とした犬を叩くがごとき話題を世間に公表して金儲けのための情報操作に血眼になる傾向がやたらに多くなっているのは由々しき事態である。

 男は黙って責任を取るのが美徳とされた時代はすでに過去の遺物とされ、本当の責任者を隠し、表面的な組織の長が形式的に頭を深く垂れて、世間に詫びるという図が流行り、受け取る側もその責任の取り方に一片の真意も感じることのできないパフォーマンスにうんざりしているのが通例になってしまっている。

 石原氏の今回の記者会見の弁明も、私を含めた古い日本人的な感覚では、“男らしくない、無責任だ”との評価も散見されるが、言っていることの本質には理があるというべきではないだろうか。
tbsasahinhk |  2017.03.08(Wed) 13:18 |  URL |  【コメント編集】

少々コメントがしたくなったので、長文失礼を・・・・・。

石原氏をたたく小池女史。米国のトランプ大統領がオバマ氏をたたく。
同じ構図になぜか見える。自らに自信が大ありであれば、他者を悪者にはしないはず。
しかし、いつの日の発言か忘れたが、武士道のはなしは今の時代にそぐわないと発言した小池女史。東京は元江戸で、町を作ったのは徳川家。否定した武士道の武士が、今の東京の下地となっているのはお忘れなのでしょうか?小池女史は、科学と歴史を否定して、何を作ろうとするのか。
日本男子とし、私は申し上げたいが、都知事の都政の最大のお仕事は天皇陛下の玉座である東京都の守衛であり、都民は時には天皇陛下の守人で、そのことが、時代の変化でわすれさられているのでは?
オット・・・。本音が出たところで、都政で悪いとこも今の都知事の所有物であると思うのは自分だけ?元の都知事を悪者にするやり方は、民進党と、郵政改革を反対し、自民党から追い出した小泉純一郎のやり方と同じで、ワイドショーうけのやり方でしかない。
小沢一郎氏から学んだことであるのだろうか?国政に担う政治家をこれから育てるというが、橋下徹氏のようにうまくはいかないだろう。現に橋下氏に集いし者は、いろんな政党に行きましたしね・・・。ん?橋下氏の失敗していますか?
まあ、何と云いますか、おてんばお嬢さん。おバカを演じていられるのは、小沢一郎の一番弟子でしたと知られるまでですよ。
管理人さんへ、小池女史は、小沢の一番弟子であると喧伝したほうがいいと、具申申し上げます。武士道をけなした罪は重い。小池女史には怒りがありますので・・・。
 |  2017.03.09(Thu) 17:11 |  URL |  【コメント編集】

【自由民主党・安倍首相へ】


『必勝 祈願』


日本社会に、しつこく“こびりつく”反日勢力を徹底的に叩きのめして下さい。

ご存じの様に、相手側も本気でかかってきています。容赦は要りません。


いい機会なので、魑魅魍魎どもを殲滅まで追いこんで下さい。
 |  2017.03.09(Thu) 23:34 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4302-aab08e19

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |