FC2ブログ

2007.09.26 (Wed)


ヒルなど当てにならない

ヒルなど当てにならない

拉致問題について中山恭子首相補佐官(拉致問題担当)が拉致問題の解決にご尽力されているのは心強い限りだが、今日の午後、来日中のヒル国務次官補に拉致問題の重要性を説明したところ・・・

「拉致問題の解決なしに国交正常化はないという日本の立場は理解している」

と言ったそうである(中山さんのテレビインタビューでの発言)。

中山さんも十分ご存知だろうが、アメリカ人の「I understand(理解している)」は日本語の「分かった」というニュアンスとはまったく違うものであり、「あなたの立場は分かる」といってるだけに過ぎない。
その後にBut(しかし)・・・と言うための枕詞でしかないくらいに思っていた方が間違いない。

アメリカは北朝鮮との直接交渉はしないといっておきながら、6者協議の前に米朝会談をしている。
もはやアメリカの二枚舌など信用できない。

「相手の嫌がることはしない」福田さん、6者協議の茶番劇から日本が離脱する姿勢をチラつかせて嫌がらせをしたらどうだ。


六者協議から日本は離脱せよと思う方は2クリックを!
********
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:50  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/43-76b03cff

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |