2017.02.21 (Tue)


日本は敵基地攻撃能力を持てと産経社説


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

安倍首相の仕草を咎める朝日新聞

 外国で生活していた金正男氏を簡単に暗殺できる能力を持つ北朝鮮は日本海にミサイルを撃ち込んでいる。可動式発射台から発射されるミサイルは核を積んで日本領土内のどこに、いつ撃ち込むか分からない。
それにしては平和ボケした日本人や反日野党は呑気過ぎる。

「戦闘」と記した自衛隊の日誌を隠蔽したとして稲田防衛相の辞任を要求したり、テロ等防止法案の答弁が気に入らないと金田法相の辞任を要求したり、まったく呑気なものだ。

今日の産経新聞社説は専守防衛などと呑気な事を言っていないで「敵基地攻撃能力」さらには「敵地攻撃能力」を持てと主張している。

産経新聞(2017/2/21)
敵基地攻撃能力 国民守る方策を決断せよ

 自民党の高村正彦副総裁がNHKの番組で、外国からのミサイル攻撃を防ぐ敵基地攻撃能力の保有について、政府としての検討に前向きな考えを示した。日本維新の会の片山虎之助共同代表も同調した。
 北朝鮮の核・弾道ミサイル戦力は現実の脅威である。弾道ミサイル防衛の能力を高めることに加え、敵基地攻撃によって危機を回避する方策を考えるのは当然といえる。
 安倍晋三首相も1月の国会答弁で、検討に意欲を示した。いかにして国民を守り抜くかは、すべての政治家に課せられた責任だ。意欲を口にするだけでなく、導入を決断し、具体的検討を防衛省自衛隊に指示してもらいたい
 安倍政権は平成25年に閣議決定した防衛計画の大綱の中で、「弾道ミサイル発射手段等に対する対応能力の在り方についても検討の上、必要な措置を講ずる」と、保有に含みを持たせてきた。
 しかし、これまで具体的な進展はなかった。その間にも、北朝鮮の核・弾道ミサイル戦力の強化が進んだ。北朝鮮が今回発射した新型弾道ミサイルは固体燃料で自走式車両から発射された。見つかりにくく奇襲的に運用できるため、脅威度は格段に増している。
残念なのは同じ番組での公明党の山口那津男代表の発言だ。「敵基地攻撃能力は米国しか持っていない」と、自衛隊のミサイル防衛の整備しか言及しなかった。
 日本が攻撃能力を持つことへの拒否反応がある。だが、それはすべてを米国に依存しようという姿勢の表れともいえる。
 北朝鮮が近い将来、米本土への核攻撃能力を持ち、米国の対北姿勢が及び腰になったらどうするのか。自らの抑止力を考えておかなければ、有事の際の対処力は損なわれてしまう。
 敵基地攻撃能力や、将来的には「敵地攻撃能力」を整えることは日米同盟の抑止力を確かなものとする上でも欠かせないだろう。
 指摘しておきたいのは、安倍首相や高村氏らが、いまなお専守防衛を強調している点である。これは、軍拡に余念がない中国や北朝鮮を相手に、自らの抑止力に大きなブレーキをかける元凶だ。 政府は耳に心地よい言葉として専守防衛を唱えてきた。だが、それでは平和を守りきれなくなっている。現実を国民に正直に説明すべきである。


(引用終わり)

似非平和主義の公明党が足を引っ張っている。
自民党は早く力を蓄えて公明党と組まなくても単独政権を持てるようにしなければ駄目だ。
アメリカはオバマリベラル政権からトランプ共和党政権に変わった。
いまがチャンスである。
トランプ大統領は自分の国は自分で守れといっている。
当たり前だ。
日米安保にタダ乗りして、日本が中国や北朝鮮に攻撃されたら守ってください、でも日本はアメリカ兵を守りませんからと野党4党のようなバカなことを言っている場合ではない。

日本政府は場合によっては「先制攻撃」もありうると内外に示すべきである。
日本のリベラル野党や反日メディアなどの反日勢力は、テロを計画しただけでもしょっぴく「テロ等防止法案」に反対している。
計画していただけなら一般人で、まだテロリストではないという馬鹿げた理由である。
テロリストは自分はテロリストだとは言わない、一般人を装っているのだからそんな事を言っていてはテロを防ぐことはできない。

そんな簡単な理屈も抜きに毎日々々国会で無駄な質疑応答が続いているのだから、安倍首相が疲れた仕草をするのは当たり前だ。

 「1月26日、衆院予算委員会。民進党の大西健介氏が質問している最中、ツツーと安倍晋三首相が退席した。
え? なに? トイレ? 騒然とする委員室。やがて戻ってきた首相は、ズボンをずり上げるしぐさに続き、両手を上げて伸びをして、閣僚らからドッと笑いが起きた。 国会審議を軽んじている。カリカリと質問する野党議員を見下し、嗤っている――。」(「仕方ない帝国」に生きていて楽しい? 朝日新聞政治部次長 高橋純子)


産経新聞と朝日新聞のどちらが日本人の安全を守ることができるのか言うまでも無い。





↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:58  |  これぞ正論  |  TB(0)  |  CM(11)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★安倍さんは、アメリカ民主党寄りの考え。

だから今まで通りの専守防衛で良いと判断していたが、共和党に変わって風向きが変わって来た。
敵基地攻撃能力を持つことは、想定して居なかったはず。
従って国民を守るとは、口だけである。
実際には、敵が攻撃がする前に叩くことが国・国民を守る事に成る。
それだけの民間技術が日本に存在する。
アメリカの逆で、それを軍事利用するだけで、犠牲を省く事が可能なのだ。
後は、従来と違う兵器でプラズマ兵器成るモノを開発すれば、バリアーになると考える。
日本にもプラズマの第一人者の科学者が、存在する。
日本は、やろうと思えば、何でもそろっている。
安倍さんは、似非ユダヤ金融と歩調を取って来たから、グローバリストで有り国家観の薄い人間である。
その点に関しては、石破氏も同類である。
戦後の日本政治家に保守は一人もいない。
保守の人間が、何時ごろ日本に登場してくるだろうか?
katachi |  2017.02.22(Wed) 02:08 |  URL |  【コメント編集】

戦後70年以上が経過して、初めて敵基地攻撃の必要性が言われ始めたよう
な気がする。言われるまでに70年以上を要したのだから、実現するには更に
70年はかかるだろう。その時日本は存在しているのだろうか。
おっさん |  2017.02.22(Wed) 08:14 |  URL |  【コメント編集】

アメポチ産経の社説は間違っている。敵基地攻撃能力を自衛隊が持つのは良いが、それが意味するものは日米安保の抑止力を強化することではなく、日米安保体制の枠組みを変え、日本が米国から独立するということ。
日米防衛指針の改定時の交渉でも分かるように米国は今まで日本の敵基地攻撃能力の保持に強硬に反対してきた。これは、米国が日本を軍事的に骨抜きにし、米軍をして日本を支配するに至らしめてきた最大の理由。敵基地攻撃能力がなければ自国を守れない。その敵基地攻撃能力を日本に持たせず、米国だけが持つことは、日本を米国抜きでは防衛も出来ない、国家主権のない国にしてしまう事と同義であり、だからこそ米国は日本の敵基地攻撃能力の保有に反対していた。
 |  2017.02.22(Wed) 08:21 |  URL |  【コメント編集】

朝日新聞は今はこんな記事書いてるんですか。幼稚というか拙悪ですらある。
貧すれば鈍するの典型例ですね。
日没新聞 |  2017.02.22(Wed) 08:38 |  URL |  【コメント編集】

★Re: タイトルなし

> アメポチ産経の社説は間違っている。

産経はアメポチであることをやめたのかな?(笑)
ponko |  2017.02.22(Wed) 09:32 |  URL |  【コメント編集】

★Re: 安倍さんは、アメリカ民主党寄りの考え。

どちらかというと共和党寄りだと思うけど。
ponko |  2017.02.22(Wed) 09:34 |  URL |  【コメント編集】

★自衛隊に地下持久戦闘団を創設すべき

自衛隊は敵基地攻撃力を持たず、基本的に待つだけの防衛部隊である。
であれば、戦闘が始まれば、それは必然的に本土決戦となる。
本土決戦で重要なのは、戦力の温存と持久戦闘である。
基本となるのは、地下に坑道を掘って抗戦するのが最も効率的な戦闘方法となる。
地下に籠って、何年でも持久するのである。
必要となるのは、大量の備蓄物資と、地下空間を広げるためのシールドマシンである。
そこで、大量の備蓄物資を予め備え、巨大なシールドマシンを持つ地下持久戦闘団を自衛隊に創設すべきと考えます。
我が国が核の先制攻撃により壊滅しても、地下持久戦闘団は地下で何年も抗戦し、敵勢力による我が国の完全制圧を阻止するのが目的です。
地下で抗戦し続ければ、国際情勢が変わり、勝機がつかめるかもしれない。
核武装しないことを国是とする我が国には、この戦闘方法しかありません。
核を持たないなら、地下持久戦闘団は必須の部隊です。
薄志弱行 |  2017.02.22(Wed) 09:34 |  URL |  【コメント編集】

>アメポチ産経の社説は間違っている。

前にも提案しましたが、HNさえも隠して投稿する輩の言い分は削除しましょう。

専守防衛(専守は漢字変換されない)のまま攻撃を受けて被害が出たときに民進党は政府を非難するのですかね。
竜胆 干城 |  2017.02.22(Wed) 11:52 |  URL |  【コメント編集】

★日本の安全を脅かすのが中国・韓国・在日本野党・マスコミとか

元寇のころならいざしらず。
第二次世界大戦VⅠ号VⅡ号ができる前ならいざしらず。
日本を標的に中国のミサイルはいつでも発射可能。
日本を照準して北朝鮮のミサイルはいつでも発射可能。
それが核でも積んでいたら、原爆が広島、長崎の次に日本で爆発するのだ。
しかも威力は100倍とかになる。

そんな時代に民進党とか共産党とかそのほか野党とか。
日本の国民の生命を軽視しているのではないかとまともな頭があれば思う。

いったん核ミサイルが日本にむけて発射されたら、さあさあさあさあ・・
撃ち落とせないかもね。

だから敵地攻撃能力

それで、日本に3発目の原水爆が落ちたとき、
この在日本野党・マスコミとかはどう言い逃れをするんかな。

あ、アメぽちの話。
支那ポチ、朝鮮ポチよりよほどいいじゃあないですか。
米国に占領されて今でも地位協定なんてある立場なのだ。
それが嫌なら極端にいえば「日本は核武装しろ」でしかないのだ。
M |  2017.02.22(Wed) 12:01 |  URL |  【コメント編集】

★自立しない保守って有るんでしょうか?

憲法も変えない、アメリカの属国が、保守と言えるでしょうか?
安倍さんは、移民を受け入れグローバリストとして似非ユダヤ金融と歩調を合わせて来た。
アメリカに逆らえば(日本独自の動き)田中角栄氏の様に失脚してしまう。
そう言う国を相手にしている事を忘れてはいけない。
トランプ氏は、今のところ似非ユダヤとの繋がりは、見えてこないが、イスラエルのアメリカ大使館をエルサレムに移すとしている。
イヴァンカの旦那は、似非ユダヤ人である。イヴァンカさんもユダヤ教に改宗している。
そう言う点でトランプ氏の動きが、解らないところがある。
現在のユダヤ人の定義が血統人種では無くユダヤ教徒であるか否かで有るらしい。
だからDNAで判別しないようにしている割には、ロスト10を探す動機が良く解らん。スファラディーは血統的にユダヤ人であろう。
アシュケナージは、第13民族であるハザール人の末裔だ。同族のケストラー氏が、民族の素性を本にして自殺している。
それが真実だ。
ヒットラーのしたこともユダヤ人を正当化しようとした演出に過ぎない。
全て芝居であるのに騙されている。
そしてそれらをタブーにして触れさせない。
こんな輩と安倍氏は、歩調を合わせている事に成る。
katachi |  2017.02.22(Wed) 12:40 |  URL |  【コメント編集】

★甘い

一つだけ一般論としていいますとですね。

安倍首相はハンデを持って首相になったということで。

もう日本国はサヨクに汚染されまくり、
あのみんなもご存じ「サンモニ」もやってるTBS=まいんちん新聞
岸井・金平・竹内・・・・
朝日「報道ステーション」
富川・後藤とか

もちろん
日教組・日弁連とか・・

どっぷりサヨク汚染されている今の日本で、
そう簡単に

憲法改正なんぞ
でけません。
M |  2017.02.22(Wed) 13:09 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4288-8dc659b7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |