2017.02.11 (Sat)


朝日に勝った安倍首相、NYタイムズに勝ったトランプ大統領


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

日米関係 順調な滑り出し

今日は建国記念日。
日本の初代天皇である神武天皇が即位された日である。
だから日本人ならば昔風に紀元節と呼んでもらいたい。
紀元節はダメだといったのはGHQである。

安倍首相がメッセージを出した。

時事通信(2017/2/11)
安倍首相が建国記念日メッセージ

 安倍晋三首相は11日、建国記念の日に当たりメッセージを発表した。「私たち今を生きる世代には、困難な課題に対しても未来志向で乗り越えていく努力を積み重ねながら、日本、そして世界の平和と繁栄のためにあたう限りの力を尽くしていく大きな責任がある」と強調。「伝統を守りながら、同時に変化を恐れることなく、より良い未来を切り開いていく」との決意を示した。
 首相が建国記念日のメッセージを出すのは、今年で4回目。


(引用終わり)

その安倍首相は昨日トランプ米大統領と正式な首脳会談を行った。
そて「日米同盟は揺るがない」と共同声明を出した。
とりあえず出だしとしては大成功である。
日本ではリベラルパヨクが会談は成功しないだろうとを腐していたが・・・

産経新聞の3面を見て驚いた。
「私は朝日に勝った」「俺もだ」という見出しである。

産経新聞(同上)

2017021101.jpg

 昨年11月の米ニューヨークのトランプタワーでの初会談で、軽くゴルフ談議をした後、安倍はこう切り出した。

 「実はあなたと私には共通点がある」

 怪訝な顔をするトランプを横目に安倍は続けた。

 「あなたはニューヨーク・タイムズ(NYT)に徹底的にたたかれた。
私もNYTと提携している朝日新聞に徹底的にたたかれた。
だが、私は勝った…」


 これを聞いたトランプは右手の親指を突き立ててこう言った。

 「俺も勝った!」

 トランプの警戒心はここで吹っ飛んだと思われる。


(引用終わり)

まだまだこれからの通商交渉に難題は残る。

安倍首相には国内外のパヨクに足を引っ張られながら今後も着実に匍匐前進して頂きたい。





↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

11:55  |  -アメリカ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★さらに、トランプ大統領に叩いて貰いたいことが

『私は、CNNにいつも嫌がらせを受けているんだ。あなたの国には、そのようなTV局は無いのか?』

『NHKいう似非公共放送局が、他局と組んで憲法改正の邪魔をしているんですよ』

『そのようなTV局は潰せばいいんだよ。私が力を貸そう』

やはり、夢物語か?
国賊メディアを叩き潰せ |  2017.02.11(Sat) 17:30 |  URL |  【コメント編集】

★安倍総理の爆弾発言

《憎日》、感情で強烈に繋がる、NYタイムス、と、「朝日」=マルクス・レーニン・コミンテルン教カルト

第150回国会 憲法調査会 第5号 平成12年11月30日(木曜日)の
参考人:石原慎太郎(当時 東京都知事)の発言より抜粋
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/150/0089/15011300089005c.html
http://megalodon.jp/2013-0506-1501-12/kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/150/0089/15011300089005c.html
(前略)
私の親友であった村松剛という非常にすぐれた評論家が、カナダの大学に交換教授で行っていて、数年いて、帰ってくる途中にニューヨークに立ち寄りまして、彼の思いつきで、日本があの戦いに敗れて降参をした八月十四日、向こうでは十四日、日本では十五日となっています。
アメリカで一番ハイブラウなニューヨーク・タイムズ紙のエディトリアル、社説をコピーして持って帰ってくれて、私と亡き三島由紀夫さんにそれをくれました。
同時に、公平を期すというか、参考の資料として、数カ月前にドイツが降伏したときの同じクオリティーペーパーのニューヨーク・タイムズの社説もコピーして私にくれた。

アメリカが非常に苦労して戦ってやっと打ち負かした、強力な、ともに近代国家、軍事産業国家ドイツの敗戦と日本の敗戦のときの、同じ相手だったアメリカの論調といいましょうか、アメリカ人の意識を代表したこのニューヨーク・タイムズの論調というのは極めて対照的でありまして、ドイツの場合には、非常にすぐれた民族であるドイツがナチスという一つの虚妄のとりこになって戦争を起こし、世界じゅうに迷惑をかけたけれども、とにかくやっと我々も勝った。
その限りで、我々は、実はすぐれた友人であるべきドイツに思い切った手をかして、その復興を助長しようということで、実際にイギリスも対象になったわけですけれども、荒廃したヨーロッパを復興させるためのマーシャル・プランが遂行されたわけです。
残念ながらその後東西に二分されて、最近になって統一が果たされましたけれども。

そのドイツの敗戦のときの論調とがらっと違いまして、日本の場合には、しかも漫画が添えてある。この部屋ぐらい大きな、何かナマズだか鯨だかわからない醜悪な化け物が倒れていて、それがあんぐりあいた口の中に、GI、つまりアメリカ兵がヘルメットをかぶって二人だか三人入っていって、大きな大きなやっとこで、あんぐりあいた怪獣の口からきばを抜いている。
その社説には、この怪物は倒れはしたが、決して命を失っていない、いまだ非常に危険な存在だ、我々はアメリカのために、世界のために、一生かかってでも、永久にかかっても、この動物のきばと骨を抜き去って解体しなくちゃいけないと書いてある。
そして、その作業はあるいはこの戦争に勝つ以上に困難かもしれないけれども、アメリカのために、世界のためにこれを行わなくちゃいけないとはっきり書いてあるのです。
町工場の親方 |  2017.02.11(Sat) 20:08 |  URL |  【コメント編集】

★続き

悪質で嫌らしい、往復・増幅機能。

築地、朝日社内にある、NYタイムスの特派員に、チョーニチが日本を貶める真っ赤な嘘の情報を伝える、(吹き込む)。

それをNYタイムスがアメリカで英語で報道する。

それをチョーニチが、「アメリカを代表するクオリィティペーパー、NYタイムスが日本についてこのように報道している」、と日本で報道する。

今までさんざんこれを繰り返してきましたが、さすがに最近は、チョーニチの信頼性失墜に伴い、このテが効かず、心ある日本国民から相手にされなくなりました。

私の記憶している、何とも不愉快なNYタイムスの報道。

「日本の右翼が、「拉致問題」、を北朝鮮攻撃の材料として利用している」

トランプ大統領は、NYタイムスとCNNを、「嘘つき、ごろつき、お前らは一切相手にしない」、と面と向かって言っています。

それにしても、安倍さん、よく言った。産経、良く報道した。

怒髪天のチョーニチと日本の左翼偏向・変脳・談合マスメディアはどう対処するつもりか。

町工場の親方 |  2017.02.11(Sat) 20:13 |  URL |  【コメント編集】

★帰化未帰化在日韓国人新聞のアカヒ新聞グループ内に燻る(=くすぶる)「新聞業、出版業などからの撤退、不動産賃貸業への専念」

【速報】H29.2.11(日本国建国記念日)

帰化未帰化在日韓国人新聞のアカヒ新聞グループ内に燻る(=くすぶる)「新聞業、出版業などからの撤退、不動産賃貸業への専念」

帰化未帰化在日韓国人新聞のアカヒ新聞は、新聞業、出版業などから撤退し、不動産賃貸業へ専念か?
A敦子 |  2017.02.11(Sat) 20:41 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4270-1dbcf97f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |