2017.02.03 (Fri)


沖縄パヨクが長谷川幸洋氏をクビにしろと


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

ネットでパヨク批判高まる

 東京新聞の長谷川幸洋副主幹をクビにしろと沖縄パヨクが騒いでいる。
例の東京MX「ニュース女子」で沖縄反基地運動家は「のりこえネットから日当を貰っている」と放送したからだという。

しかしそれは言い掛かりである。
確かにのりこえネットが往復飛行機代5万円を支給するかと参加者を募集しているチラシを紹介した。
しかし辛淑玉の名前はボカしてあるし、井上和彦氏(軍事ジャーナリスト)は韓国の人としか言っていない。
また捨てられた茶封筒に日当らしき金額が書いてあったというだけで、その出所がどこなのか、中国の工作員かも知れないが残念ながら分からないというのが番組の内容だった。

だから辛淑玉のBPO提訴は言い掛かりに過ぎない。
しかしBPOはその成り立ちからして、決して公正明大という訳ではないから長谷川氏は負けるかもしれない。
まあ負けたら負けてもいいだろう。
そもそも保守派の長谷川氏がパヨク紙の東京新聞に在職していることからしておかしいからである。

言論誌「正論」だったか、長谷川氏が東京毎日新聞の社長と面談して、自分は勝手なことを言うがそれでも良いかと問うたらいいという返事を貰ったとあった。
社長公認の反逆児である。

しかし今日もパヨクメディアが五月蝿い。

⇒BuzzFeed News Reporter, Japan(2017/2/3)
MX「基地反対派に日当」報道を謝罪した東京新聞
出演の論説副主幹の見解は「社内に留め置く」
籏智 広太


問題となっている「ニュース女子」のMCは東京・中日新聞の論説副主幹。東京新聞は謝罪を掲載した。そこに本人のコメントがなかったのはなぜか。論説主幹が取材に応じた。

「沖縄の基地反対派は日当を得ている」などと報じたTOKYO-MXTV「ニュース女子」。MCは東京・中日新聞論説副主幹の長谷川幸洋氏で、批判の高まりを受けて東京新聞は2月2日、1面に謝罪記事を掲載した。

ただ、記事には当の長谷川副主幹の見解やコメントは掲載されていない。なぜなのか。2月3日、深田実論説主幹がBuzzFeed Newsの電話取材に応じた。

まず、経緯を振り返る

問題となった番組は、1月2日放送の「沖縄・高江のヘリパット問題はどうなった?過激な反対派の実情を井上和彦が現地取材!」。化粧品大手DHCグループの「DHCシアター」が制作し、TOKYO-MXTVで放送している。
番組では、現地で基地建設への抗議活動をしている人たちに「のりこえねっと」が日当を支払っているなどという内容が報じられた。

(のりこえネットが日当を払っているとは一言も言っていない)

「のりこえねっと」は放送に抗議。共同代表の辛淑玉さんは1月27日、放送内容は「事実に反している」「虚偽・不公正」と、BPOに人権侵害を申し立てた。
一連の問題は、BuzzFeed Newsや東京新聞などが他メディアに先駆けて指摘、報じていた。

(自慢している)

ただ、論説副主幹がMCをしていたために、MXTVや製作の化粧品大手・DHC側だけではなく、東京新聞への批判も高まっていた。

東京新聞は謝罪

これを受け、深田実論説主幹は2月2日の朝刊1面で、「『ニュース女子』問題 深く反省」との記事を掲載。「読者の方々には心配をおかけし、おわびします」と謝罪した。
記事では、番組の内容が「本紙のこれまでの報道姿勢および社説の主張と異なる」と明言。
「事実に基づかない論評が含まれており到底同意できるものでもありません」などとし、長谷川副主幹が出演していたことについては、こう述べている。

他メディアで起きたことではあっても責任と反省を深く感じています。とりわけ副主幹が出演していたことについては重く受け止め、対処します。

この問題に対しては、読者から「多くの叱咤の手紙を受け取った」という。ただ、長谷川氏の見解は一切掲載されていなかった。

「読者部だより」には「読者の批判 重く受け止め」という記事も。

なぜ、コメントは載っていないのか

長谷川氏本人のTwitterでも、この件に触れていない。SNS上では「なぜ肝心のコメントがないのか」「長谷川氏に弁明、見解を示してほしい」などという声が上がっている。

BuzzFeed Newsは記事が掲載された2月2日、東京新聞に対し、下記3点の質問を送付した。
1.番組に出ていた長谷川幸洋副主幹のコメントがないのはなぜか

2.記事の掲載にあたり、長谷川副主幹に事情を聞いたのか

3.していないなら、その理由。したのなら、その経緯

その上で、長谷川副主幹へのインタビュー取材も依頼した。2月3日、改めて電話をしたところ、深田論説主幹が対応した。前日の質問事項は、深田氏の元まで届いていなかったという。

やりとりは、以下の通り。

ーー長谷川氏へのヒアリングはしたのか

「ヒアリングはしました」

ーー経緯や内容などについて伺うことができないか

「社内に留め置きたいと考えている。弊社の見解は昨日の紙面の通りです」

ーーなぜコメントがないのか、読者が望んでいるのでは

「あなたの想像の質問に答えられない。記事の通りということです」

ーー長谷川副主幹の取材依頼には応じられるのか

「応じられない」

(パヨク独特のしつこさだ)

Facebookコメント

佐久間芳裕
のりこえネットの高里共同代表の記事もそうだが、しばき隊の李信恵氏が「デマのはずだった」交通費5万円支給されていた話とか、辛淑玉氏が沖縄反米闘争について、「私は稼ぐ。若い子には死んでもらい、年寄りには捕まってもらう。刑務所いっぱいになれば捕まえられない」と発言している件は知っているはずだよね。籏地氏も著名マスコミの記者なんだからさ。

いいね! · 返信 · 3時間前

Hiroki Hoshi · 栃木県 宇都宮市

この記者の籏地と言う方は沖縄タイムス2013年9月20日の記事に のりこえネットの高里共同代表が 逮捕されても影響の少ない高齢者を募ってると堂々と書いて記事にしている事を知ってて取材してるのかな? まあ、知ってたらこんな偏向した内容の記事は書けないよな。

いいね! · 返信 · 4時間前


(引用終わり)

⇒沖縄タイムズ(同上)
ニュース女子:報道全体の信用失墜、副主幹の懲戒解雇を
「のりこえねっと」共同代表・辛淑玉さん


 東京MXの番組「ニュース女子」で司会を務める東京新聞・中日新聞論説副主幹の長谷川幸洋氏の罪は深く重い。
一番の問題は、副主幹という肩書を持つジャーナリストがデマを出したということだ。これは、企業の管理監督責任だけで収まらない。ジャーナリズム全体の信用を失墜させたという意味では、懲戒解雇しか考えられない。
 東京新聞の謝罪記事については、ジャーナリズムの良心が一歩前進したのかなと思う。ただ、抗議文を送っている長谷川氏自身からは何の返答もない。
 番組放送以降、ネット上では過激な言葉が止まらず、デマはすさまじい勢いで広がっている。あの番組は差別を扇動するものであり、出てしまったデマを国として社会として訂正していかないといけない。
 これはデマなんだ。デマは社会的に裁かれるということを見せていかなければ。付いてしまった火をどうやって消すのか、本気で考えないといけない。


(引用終わり)

デマだデマだと慌てふためいて火消しに走っているのが笑える。
ジャーナリズム全体の信用を失墜させたとはよく言ったものだ。
沖縄二紙やパヨクメデイアは自分をジャーナリズムと呼べるような、真実を追求し正しく報道するという立派な仕事をしているのか。






↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:53  |  沖縄基地問題  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

ここで東京新聞が長谷川氏を追放してしまうと、東京新聞は只のサヨクアジビラになってしまうなぁ。
正直、長谷川氏の存在が東京新聞を新聞として存立させているように思うので、アジビラに堕した東京新聞など社会にとって不要な存在だ。
Sat |  2017.02.04(Sat) 16:26 |  URL |  【コメント編集】

長谷川さんを首にするのは言論弾圧だ。
山口辰巳 |  2017.02.20(Mon) 17:13 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4253-59d1bef7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |