2017.01.21 (Sat)


トランプ米大統領が就任した


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

日本にとってはチャンスだ

日本時間の今日、トランプ米大統領が誕生した。
全てにおいて前例の無い型破り。世界は不安と期待に揺れ動いている。

そんななか、自民党の伊吹文明元衆議院議長が前日、いいことを言っていた。
民主主義が愚衆政治(ポピュリズム)の製造機械になっていると。
欧米だけでなく、東京都の都知事選もポピュリズムの極みだと。

産経ニュース(2017/1/19)
「民主主義が衆愚政治の製造機械に。欧州、米国、東京都知事選…」
自民・伊吹文明元衆院議長

自民党の伊吹文明元衆院議長は19日、最高顧問を務める同党二階派の例会で、トランプ次期米大統領の就任式が20日に迫ったことを踏まえ、民主主義について講話した。
 伊吹氏は「おのおのが勝手なことを言うと国家意思は決まらないから、多数決で決めようという約束事をしているだけだ」と指摘。そのうえで、「目先のことではなく少し将来を見据えて、自分のことではなく全体のことを考えながら多数決を行使しないと、こいつが悪いんだという国民の感情をあおりたてながら権力を握ろうという政治家が出てくると、民主主義は衆愚政治の製造機械になり果てる。それが欧州、米国、東京都知事選でも起きた」と語った。
 伊吹氏はまた、「米国という国は、原住民の生活と土地を奪い取って作られた移民国家だ。それがいまや、最初の移民が次の移民に苦しめられているということだ」と米国の現状を解説した。今後あるべき経済政策については「市場経済、競争原理も自己抑制と矜恃を持って動かさないと、結局、勝った者が偉い、もうけた人が良いんだという仕組みになる」と警鐘を鳴らし、所属議員に研究を促した。


(引用終わり)

「こいつが悪いんだという国民の感情をあおりたてながら権力を握ろうという政治家が出てくる」

欧米は置くとして、東京都知事選はまさしくその愚衆政治(ポピュリズム)の典型だった。
抵抗勢力を設定し、「郵政改革」を叫んで勝った小泉純一郎元首相。
都政のドンと都議会自民党を天敵にして「都政改革」を訴えて勝った小池百合子。
そのポピュリスズムを煽ったのがメディアだった。

しかも、その小池自身は自民党を離党もせずに、進退伺いを出したのだから首を切るのは自民党だと居座っている。
安倍政権は小池の大衆人気にビビッて除名して敵に回すことを怖れている。
一方、小池都知事は東京五輪の会場移転案も白紙に戻り人気に影がさしてきて所に幸いなことに豊洲市場の極度の汚染が明るみに出て石原慎太郎前都知事を再度槍玉に挙げようとしている。

まあ都民ではないから、都民が選んだ都知事がどう都政をしようが知ったことではないが、将来日本の首相になるつもりらしいから叩いて置かねばならない。

思想信条は別として、生理的に嫌いなのはやたらに英語を使うからである。
それも取ってつけたような英語。
わざわざ英語を使わなくても、より適切で美しい日本語があるのに。

ワイズスペンディング、サステナブル、ダイバーシティ・・・等々。
日本人だから日本語を使って貰いたい。

いままでの唯一の功績は舛添要一前知事が決めた東京五輪ガイドの韓国風の征服をご破算にしたことぐらいか。

話を元に戻して、トランプ大統領が「強いアメリカを」と叫んで大統領に選ばれたのも、ある意味ポピュリズムである。
ポピュリズムというものはまことに厄介なものだ。
佐伯啓思京都大学名誉教授は「大衆迎合主義は、もともと民主政治の本質である」と指摘している。

⇒産経ニュース(2017/1/16)
トランプ氏のポピュリズム=「大衆迎合主義」の何が危険なのか 京都大学名誉教授・佐伯啓思


トランプ大統領はTPP離脱を宣言した。
ばかな男である。
中国を喜ばせるだけである。

そのうち極端な保護政策はアメリカ経済の破綻を生むに違いない。
たしかに過度なグローバリズムの進展は世界を危うくしているが、同時にアメリカの極端な内向き姿勢はアメリカに打撃を与えるだろう。

オバマ政権は世界の警察官であることを止めたと宣言したために、中国は南シナ海への進出をやすやすと行い、ロシアはクリミアに侵攻した。
民主党のリベラリズムはまことに迷惑である。

アメリカが頼りにならないと気付いた日本はようやく戦後70年の自虐史観から抜け出す契機になるかもしれない。
自主防衛への道を進むにはまず憲法改正。
しかし、安倍首相の匍匐前進はまだまだ続くことだろう。






↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:22  |  -アメリカ  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

この佐伯は、馬鹿か。
大衆迎合というのは、
政治家が、大衆受けを、するのを
大衆迎合という。
だが、トランプ氏は、
政治家ではなく、
不動産で、成功したビジネスマンだ。
これを、称して、
大衆迎合とは言わない。
更に、tpp離脱は、
シナが喜ぶだけたと?
それは、一面の見方に過ぎない。
英 |  2017.01.23(Mon) 00:08 |  URL |  【コメント編集】

★追伸

既に、トランプ政権は、動いている。
日本が、自主防衛に、舵をきれるチャンスだが、
今度こそほふく前進などしてる暇はない。
トランプ政権とスピードを合わさないと、
置いてけぼりにされるだけだ。
英 |  2017.01.23(Mon) 00:14 |  URL |  【コメント編集】

「こいつが悪いんだという国民感情を煽りたてながら権力を
握ろうとする政治家が出てくる」

その流れにまんまとのせられて、ネオリベグローバリズム政策を
後押ししているのが自分達安倍信者だと何故気付かないのだろう?w

反中、反韓そして反日マスメディア、反日野党が悪いんだと喚き散らす一方で、保守でもなくナショナリストのふりをした新自由主義、懐国政策安倍政権を後押しする愚行。

反日を叩いていたら、いつの間にか売国、壊国政策を支持していたでござるw

 |  2017.01.23(Mon) 04:02 |  URL |  【コメント編集】

小池氏に限らず、外来のカタカナ語を そのまま使って物事を説明する方々が多く、しかも何か日本独自の意味で発しているのが多すぎると思います。

生理的に受け付けにくいし、皆さん、何を言ってるか正しく受け取れませんよね。多分、こんな意味で言ってるのかなあ位でしか、理解できません。

ふる |  2017.01.23(Mon) 11:43 |  URL |  【コメント編集】

★もうグダグダ言ってもトランプ大統領なのだ

米国がダラダラと時間をかけてやっと民主主義のルールで選んだのがトランプ大統領で。

米国で反対と叫んでいても、
日本のサヨクがトランプの批判的なことを言っても
これはもう日本が口出し無意味の決定事項だ。

そうだから、もうTPPはきほん頓挫で、ISへはロシアと一緒になって攻撃を強める。中国へも圧力をかける。

これもほぼ決定事項だろう。

日本は今まで米国に安全保障を任せ過ぎていた反省をして日本だけでどこまでできるかという問題はあるが軍事の充実、法改正が急務だ。
M |  2017.01.23(Mon) 21:34 |  URL |  【コメント編集】

    
中国人は、価値観やモラル、民度などあらゆるものが日本人と正反対。金のためなら見えすぎたうそやホラ、捏造もかまわないのだ。
性質は韓国人と一緒だ。日本が援助し、工場を建てて技術や金を投入してきたことを中心に経済が発展してきたのに、感謝も恩も感じない。
中国共産党の世界革命のために、日本の技術と金を利用することが目的だったのだ。  sony sharp nec fujitsu  toshiba
アメリカと肩を並べるようになったから、日本は用済みということだ。だから世界中で反日活動を展開するのだ。
お人よしの日本人が、在日コリアンに手玉に取られていることを見習った中国は、日本を徹底的にカモにしたのである。中韓は価値観や感情が日本人とまったく異なるのだ。
次は襲ってくるのはわかっているのだから、 攻撃されないように準備や根回しをするのは同然だ。
Lenovo (Japan) Ltd.    Lenovo NEC Holding B.V.    NEC Corporation.
欧米、その他の国には、中国や韓国、朝鮮が、今の世界の価値観や法や倫理を無視した危険思想の国であることを明らかにして、国際的に対抗しなければならない。
中国が日本にとって必要不可欠な国ではない。相手は自由のない共産主義国家で洗脳された人間なのだ。
まともな交渉や商売はできない。まずは天安門事件を再発させて、世界の失敗モデルである共産主義の中国共産党を崩壊させなければならない。

090-5019-原口浩也-7878 |  2017.01.25(Wed) 15:16 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4234-db0b0026

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |