2017.01.20 (Fri)


「沖縄活動家は日当貰ってない」と怒るパヨクの愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

東京MXTV「ニュース女子」を総攻撃

関西には本音で語る「そこまで言って委員会」という番組があるのに関東地方では放映されないと残念に思っていたら、毎週月曜日の午後11時から東京MXテレビの「ニュース女子」があった。
「タテマエや綺麗ごとは一切なし!」というサブタイトルで長谷川幸洋氏をMCに、一癖ある評論家達と若くて美しいニュース女子達が本音を語る。

昨年の12月26日に放映された「ニュース女子」は「保育園落ちた日本死ね!」のガソリーヌ山尾や、朝日新聞、沖縄2紙の左翼メデイアを叩いて痛快だったことは過去記事でご紹介した。

⇒今年も反日勢力を斬る(207/1/1)

⇒「ニュース女子」の沖縄批判にパヨクが激怒(2017/1/8)

 このなかで、リポーターを務めた井上和彦氏は「現場に行っていない」「市民活動家は日当を貰っていない」とパヨク達が怒り出して納まらない。

東京MXテレビ「ニュース女子」(2017/1/9)
正月草々、ニュース女子に「ヘイト」「捏造だ」と抗議殺到


病気から回復した西川史子が久々にサブキャスターに復帰。
やっぱり彼女が長谷川氏の隣に座ると華が咲く。

長谷川 幸洋
「2日からニュース女子がツイッターで大炎上してるんですよ!


2017012001.jpg


「のりこえネット」とか称する左翼団体が5万円の交通費を出すから沖縄の反基地運動に集結せよとハッパを掛けたのは、配布されたチラシから一目瞭然。

井上和彦
「『ネトウヨ』『沖縄韓国ヘイト』『レイシスト』は彼等の3種の神器みたいなもんだ」

井上
「中国が沖縄基地反対運動の人達に接触していると公安調査庁も把握している」

長谷川
「こういうことを報道すると、こういう風に色々と波風騒いで恫喝されるのだということがよく分かった」

スーパー
「他局が全く報道しない気持ちも分かりました」


その恫喝はすさまじい。

朝日新聞系のハフポストが「ニュース女子」を消してしまおうと必死だ。

⇒ハフポスト(2017/1/18)
津田大介さんがテレビ番組出演を辞退 「ニュース女子」報道を疑問視

執筆者: 安藤健二

東京の地上波テレビ局「TOKYO MX」の番組「ニュース女子」での沖縄報道が問題視されていることを受けて、ジャーナリストの津田大介さんが1月18日までに同局の別のニュース番組への出演を辞退した。
津田さんが出演を辞退したのは、堀潤さんがMCを務める「モーニングCROSS」。津田氏はゲストとして何度も出演していたが、1月17日に、「『ニュース女子』について何らかの検証や総括などがない限りは出演しないつもり」と自身のTwitterに投稿した。
津田さんはハフィントンポストの取材に対して、以下のようにコメントした。

“モーニングCROSSは1月と2月にそれぞれ1回ずつ出演予定が入っていたのですが辞退させていただくことにしました。既にMX側には伝えており、了承いただいてます。理由は既に同番組への出演を辞退された安田浩一さんと同じです。
既にBPOに人権侵害の申し立てが行われているので、BPOがそれをどう判断するのか、その結果を受けてMXがどう対応するのか見届けた上で、今後については考えようと思います

ジャーナリストの安田浩一さんは、「ニュース女子」の沖縄報道への批判・抗議を「モーニングCROSS」で行いたいという希望をテレビ局側に伝えたが、実現しなかったことを理由に、「モーニングCROSS」出演を見合わせていた。

■「ニュース女子」の沖縄報道とは?

問題となった「ニュース女子」は、化粧品会社のDHCがスポンサーで、東京・中日新聞論説副主幹の長谷川幸洋氏らが司会を務める番組だ。

1月2日に放送された第91回の「沖縄基地反対派はいま」という特集では、沖縄・高江地区のヘリパッド建設現場での反対運動について、ジャーナリストの井上和彦さんが「運動家の人たちが襲撃してくるということを言ってるんですね」と述べたり、普天間飛行場の周辺で「2万」と書かれた茶封筒が見つかったとして「反対派は日当をもらってる?」「反対派の人たちは何らかの組織に雇われている?」などのテロップやナレーションが流れたりした。
沖縄の地元メディアは、この報道に反発。沖縄タイムスは1月11日付で「真偽不明 悪意むき出し」とする社説を掲載した。
琉球新報も12日付で「ヘリパッド建設に反対する市民をテロリストに例える内容の番組を放送した」と番組内容を詳細に紹介。東京のMX本社前で抗議行動があったことなどを取り上げている。


(引用終わり)

茶髪の津田大介は一体何様だと思っているのか。
安田浩一は中核派ジャーナリストで桜井誠氏の天敵である。
「モーニングクロス」はチラリと観た事があるが、なにやらパヨク集団が喋っていたような。

⇒ハフポスト(2017/1/19)
声を上げる人を嘲笑する人々〜「ニュース女子」の暴力〜
(雨宮処凛)


ただただ言葉を失った。

1月2日に放送されたTOKYO MX「ニュース女子」という番組を見ての感想だ。ご存知の通り、この番組では沖縄・高江のヘリパッド建設に反対している人々に対して、悪意剥き出しの言説を垂れ流し続けた。
反対運動をしている人々を「連中」呼ばわりし、「襲撃してくる!」「危ない!」などと、まるで猛獣・珍獣のような扱い。更には反対運動をしている人々は土日休みで平日には「出勤」している、「シルバー部隊」として「逮捕されても生活に影響がない」65歳以上の人々が動員されている、日当を貰っている等々、開いた口が塞がらないようなメチャクチャな言い分が堂々と放映されたのである。


(警告の張り紙をしようとした市の局員を集団で襲撃しているVTRを雨宮氏は見ただろうか。警察官と対峙してネットを揺さぶる活動家の姿はどう見ても「猛獣・珍獣」である。
警察官の一人が思わず「土人!」と呟いたことに深く同情する)

いちいち反論するのもバカらしいが、もちろん、反対運動をしている人に日当など出ているわけはないし、それぞれがそれぞれの思いで、手弁当で参加しているわけである。この「ニュース女子」の報道がいかにいい加減であるかはBuzzFeedがしっかりとした検証記事を書いているのでぜひ一読してほしい。

(トランプ氏も本家の Buzzfeed をケナしていたな)

(中略)

この国の民主主義の未熟さも思い知った気がした。
とにかくこの国の多くの人は、「声を上げる人」が嫌いなのである。
それは私自身、多くのことで声を上げ、バッシングされてきたからよく分かる。貧困、生活保護、労働、原発、秘密保護法、安保法制、沖縄、オリンピック反対などなど、今まで多くの問題で声を上げ、デモなどに参加してきた。そのたびに、多くのバッシングに晒されてもきた。


(以下略)

「声を上げる人が嫌い」なのでなく、その内容が問題なのだ。
それに気付かず言いたい放題のパヨクたち。
君達こそ不当なバッシング、ヘイト、言論封殺をしているではないか。

辛淑玉はBPOに人権侵害を申し立てるとか。
他人の人権を侵害し、報道の自由を奪おうとするパヨクたちこそ言論テロリストである。

雨宮 処凛
作家、社会運動家。当初は「ミニスカ右翼」と呼ばれた右翼活動家だったが、後に「ゴスロリ作家」を称する左派系論者に転向した。 近年はプレカリアート問題に取り組み、日本ジャーナリスト会議賞を受賞している。(ウィキペディア)






↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

11:58  |  沖縄基地問題  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

以前、求人欄に、反対派の求人を載せてたとか聞きましたよ。
沖縄の人が言ってましたが。
動画もあるんじゃ
国民 |  2017.01.20(Fri) 15:57 |  URL |  【コメント編集】

★総連vs民団

貰って無い人からしたらバカらしくなるよな…人によって金額とかも違ってそうだし
嫌韓起源は在チョン |  2017.01.20(Fri) 19:09 |  URL |  【コメント編集】

先日DHCがニュース女子の放送に関しての声明を発表してホームページに掲載してるんですが、これが見事というしかない堂々とした内容です。
特に3)の「基地反対派の取材をしないのは不公平との批判について」では
「基地反対派の言い分を聞く必要はないと考えます。」と断言している。
昨今の企業が政治的発言を避ける傾向の中、ここまで自分の考えを明確に表すその姿勢は武者震いがしました。

この声明に対し左派は「開き直り」だ「印象操作」だと言ってますが少なくともDHC側がこうした声明を出した以上、左派も感情論で言うだけでなくその声明に対する証拠をキチンと揃えた抗議をするべきだと思います。

是非ponko氏にはこの件について他の人の目に触れる様にエントリーしてください。
定時で上がり |  2017.01.22(Sun) 11:37 |  URL |  【コメント編集】

>毎週月曜日の午後11時から東京MXテレビの「ニュース女子」があった。

午後10時からです。
午後11時に合わせると「進撃の巨人」が映っちゃいます
 |  2017.01.24(Tue) 02:43 |  URL |  【コメント編集】


  


そもそも日本軍が南京に侵攻したのは、一九三六年、張学良が蒋介石を西安で拉致監禁した
西安事件をきっかけに、コミンテルンの指導で第二次国共合作が成立したことで、国民党政府軍は
中国共産党への攻撃をやめ、国民党政府軍に共産党勢力が入り込み、日本軍を挑発して、日本を戦争へ引きずり込んでいったことが背景にある。

一九三七年七月七日、中国盧溝橋付近で北京議定書に基づき合法的に駐留していた
Lenovo (Japan) Ltd.    Lenovo NEC Holding B.V.    NEC Corporation.
日本軍の軍事演習中に、日本軍とその近くにいた国民党政府軍の双方に対して実弾が
発射されたことをきっかけに、戦闘状態になった(盧溝橋事件)。この双方への発砲は、
後に中国共産党国家主席となった劉少奇(りゅうしょうき)が指示したものであることを、
彼自身が告白している。事件不拡大を望んだ日本軍は、その四日後には停戦協定を結んでいる。

 しかし、日本を激怒させ国民党政府軍と戦争をさせる為に、同年七月二十九日、
中国保安隊によって日本人婦女子を含む二百二十三人が残虐に虐殺された「通州事件」や、
同年八月九日に起こった「大山大尉惨殺事件」、更には、同年八月十三日、
国民党政府軍に潜入していたコミンテルンのスパイである南京上海防衛隊司令官の
張治中(ちょうじちゅう)の謀略によって、上海に合法的に駐留していた
日本海軍陸戦隊四千二百人に対して、三万人の国民党政府軍が総攻撃を仕掛けた
第二次上海事変を起こすなど、中国は日本に対して次々に挑発を繰り返し、
それまで自重し冷静な対応を取っていた日本も、中国との全面戦争を余儀なくされたのであり、不当に日本が中国を侵略したわけではない。

 上海事変で勝利した日本軍は、敗走する国民党政府軍を追撃し、国民党政府の首都であった
南京を攻略し、同年十二月十三日に南京占領。このとき敗残兵が住民に対して略奪、虐殺を行なった。
Lenovo (Japan) Ltd.    Lenovo NEC Holding B.V.    NEC Corporation.
それらの敗残兵が民間人の衣服を奪って便衣兵(ゲリラ)となったことから、
日本軍は便衣兵の掃討作戦を行った。便衣兵(ゲリラ)の殺害は国際法上認められているものであり、
一般住民を虐殺したのはこの敗残兵達(督戦隊が撃ち殺したのは、逃亡中国兵であった。)
であった。しかし、こうした事実が歪められて、情報謀略戦として、「南京三十万人虐殺説」
が流布されたのである。そもそも既に南京を攻略した日本軍にとって、南京で虐殺行為をする理由はない。
一方、通州事件や大山大尉惨殺事件、第二次上海事件などでの日本人に対する残虐行為には、日本軍を挑発し、
国民党政府軍との戦争に引きずり込むというコミンテルンの明確な意図があったのである。
090-5019-原口浩也-7878 |  2017.01.25(Wed) 15:18 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4232-364817cd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |