2017.01.01 (Sun)


今年も反日勢力を斬る


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

本音で語る東京MX「ニュース女子」

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

新年に当たってつくづく思うに、日本がいまだに混迷を深めている原因のひとつは反日マスメディアであると思う。
真実を報道するのではなく、おのれの思想信条を伝えるために書いている。
昨年暮れに記事にした朝日新聞などその良い例で、見出しは・・・

少女像設置団体、勝利叫ぶ 靖国参拝が後押しとの見方も
ソウル=牧野愛博


とありながら、本文には靖国参拝の「ヤ」の字も無い。
だから、誰がそういう見方をしたのかも勿論書いてない。
これでは見出しだけ読んだ読者は「やっぱり稲田防衛相の靖国神社参拝が韓国を刺激したのだ」と思い込んでしまう。

まさにペテン師的行為であり、ジャーナズムの端にも置けない。
「クオリティペーパー」などと自称するのは笑止千万である。

さて新年早々、昨年の話を持ち出して恐縮だが、東京MX「ニュース女子」(12/26)が「偏りがあるかもしれないメディアについて」と題して朝日・沖縄タイムズ・琉球新報など実名を挙げて左翼メディアをぶった切っていた。

女性の声
「左翼メディアって何なんの?」

男性の声(以下、男女のやりとり)
「それはねえ、社会主義的、無政府主義的、共産主義的な思想を基本として、俗には反日的、反政府的な視点からニュースや記事を発信しているメディアのことなんだ」


「日本のメデイアなのに反日なの?」


「今年の流行語大賞で『保育園落ちた日本死ね』がトップテンに入ったけど、これも左翼メディアの影響が大きいと言われているよ」


民進党の山尾議員がまるで自分の手柄みたいに受賞してたヤツだ


「そんななか、11月15日発売の「通販生活」が驚きのメッセージを掲載したんだ」


「へえっ!どんな?」


「戦争、まっぴら御免。原発まっぴら御免。言論圧力まっぴら御免。沖縄差別まっぴら御免。
こんな『まっぴら』を左翼とおっしゃるのなら、左翼でけっこうです・・・だって」


「通販生活ってカタログ雑誌だよねえ。なんでなんで?」


「過去の紙面で安保法案反対を訴えたことへの批判に対して明確な態度を示したんだけど・・・」


「まあ、みずから左翼ですって言い切る姿勢は清々しいですなあ」


「メデイアって政治的に中立な立場だと思い勝ちなんだけど・・・」


「そんな事、全然無いんだね!」


「うーん、左翼寄りのメディアも色々あるんだよ。
例えば朝日新聞を初めとする朝日新聞グループ。有名な報道では日本の国際的地位を貶めた歴史的誤報の慰安婦問題があるよねえ」


「日本は酷いことをしたって反日感情を煽る記事ばっかり書き続けていたもんねえ」


「そうそう。日本の新聞にも拘わらず日本と日本人の名誉を毀損し続けたんだ。誤報と認めた後も世界中でも日本に対する誤解は未だに残っていて、朝日はそれに対しては何のフォローもないまま」


「うーん、この落とし前どうしてくれるんじゃい!」


「地方紙では沖縄の二大新聞、琉球新報沖縄タイムズが左翼メディアと言われるねえ」


「あっ、この新聞よく見かける」


「この2紙は反米、反基地、反政府、反戦平和、そして親中という方針で編集されていて、沖縄県民ですら首を傾げる内容が多いんだって!


「ほんとに何処の国の新聞なのよと聞きたくなるわ」


「そして定期購読者が中心とされる週刊金曜日」


「それはあんまり聞いたこと無いよねえ」


「日本で唯一のタブーなき硬派な総合週刊誌を標榜する雑誌で朝日系の週刊誌の流れを汲むだけあって、論評は左より」


「ほんとにいろんな左翼メディアがあるって分かったけど、そもそもどういう経緯で生まれたの?」


「それなんだけど、戦後の公職追放が背景にあるんだって。軍国主義者などが追放されことでマスコミや教育界の空いた席に戦前戦中の反体制派だった左翼が座り、GHQによる占領政策と自虐史観の浸透の片棒を担いだことが今日まで残っていると言われているんだ」


「なるほど!今の日本のメディアはこうして作られたのかあ!」


「昨年の安保法制をめぐる報道では左翼メディアは戦争法案だと煽り立て、最近では自衛隊の『駆けつけ警護』に対して『戦争への強行参加だ』などと政府批判を繰り返しただけど」


「日本でも真逆な意見を主張する保守的メディアもあるんだよね」


「うんうん、どちらの意見に賛同するのか受け取る側もいろいろ考えないとね」

この前振りに始まって、ニュース女子が発言。

ニュース女子
「メディアでも誤報を出してしまったりとか、下手したら民進党よりもたちの悪いことで・・・と思ってしまうんですよね。反日活動って、日本人なのにどうして反日の活動してしまうのだろうとそもそも疑問で謎ですね」


左翼とリベラルの違いは何だという話になって・・・

長谷川幸洋
「まず、そもそもメデイアは自分が左翼であろうと思っているのかいないのか。ボクはズバリ言うと安倍政権に反対するのが俺達の役割くらいに思っててね、実は左翼であろうと思ってるのかというとクェッションンマークだ」

末延吉正氏(元テレ朝政治部長・東海大学教授)
「朝日は左翼だと思ってないよ!自分達がエリートで正しいと思ってる。それと違うことをする安倍政権は反知性主義の政権だと。だから自分達が論陣を張らなきゃいけない。まったく彼等迷ってない」

須田慎一郎
「新聞記事は事実を報道しているから署名が無いんだと学んだ。しかし編集局の方向性で事実が捻じ曲げらりてしまう。政治的な意図が反映されていて事実ではない」

ニュース女子
東京新聞は比較的左寄りだけど長谷川さんは防衛はタカ派じゃないですか。新聞社の中で圧力ってあるんですか?」

長谷川
「圧力?圧力は僕自身はまったく感じたこと無いね」

須田
「圧力無いって、新聞記事書いてないもん、彼」


(一堂爆笑)

末延
「長谷川さんの所属する新聞は一番左。なのに長谷川さんは保守の右。それを合わせて昔はリベラルと言った。多元主義で自由を保障する。昔はリベラルと左派とは一緒にセットでは使えなかった言葉だった」

長谷川
「本当のことを言うと、新聞社はビジネスなの。この番組だってそうなんだ。商業ジャーナリズムだから生き延びなきゃいけないワケ。そうすると左で朝日新聞居るよね。それよれ更に左に居ることによって自分達のビジネス上の立場を作ろうとする。
東京新聞がとこまで言ってるかどうか知らないけど、たとえば産経新聞
産経新聞は朝日新聞があるから意識的に俺達は右で商売しよう。だからビジネスなんだ」


産経新聞が商売として朝日と歴史戦争をしているとは言い過ぎだろう。
やはりそれなりの国家観や歴史観から朝日新聞を叩いているのだと思う。

須田
「産経は財界がスポンサーだ。朝日だとか左メディアが日本国内を席捲してるからキチンとした論調を出さなきゃいけないという事で産経新聞がある


「キチンとした論調」たしかに。

飯星景子
「話を少し戻してみたいと思うんですけど・・・


折角、産経新聞が出てきて盛り上がったところで水を差すアシスタントの飯星景子(作家・タレント)。
西川史子に変わって二回目のアシスタントを務めているというが、統一教会からの脱会騒動の時に比べてふっくらとしている。
メディアリテラシーとか言い出して喋りすぎ。
西川史子の方が、賢いのにお馬鹿さんのフリをして場を盛り上げていて良かった。

飯星景子
「新聞やテレビの既存メディのほかにネットメディアのようなみたいな括りも分かれてるじゃないですか。これは既存メディアには書いてないがネットには書いてあるから本当だみたいな乱暴な受け取り方をする人も居るでしょう。この辺の線引きと言うかリテラシーというのも大事だなと凄く思います」


コメンテーターのおじさん達は一斉に引いてしまった。
おじさん達は賢そうな物言いをする女性は嫌いなのだ。
確かに「あの男は本名ナニガシの朝鮮人だ」などというネット情報の大部分は嘘だろうが、飯星景子はネット情報は信用できないと二度も繰り返した。

アシスタントのオバさんに比べてニュース女子のギャル達の素朴なコメントの方が直裁的でコメンテーターのおじさん(おじいさん)達のウケがいいのがこの番組の面白いところ。

それはさて置き、「左翼メディアの良いところ まともな左翼なら議論が豊かになる」と題して長谷川幸洋氏が自民党の中では東京新聞が一番読まれていると言っていた。
さすが東京新聞のセールスマンだが、ある閣僚は「敵の攻め口が分かって答弁の役に立つ」と言っていたらしい。

本音で語る「ニュース女子」は今年も目が離せない。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:58  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★皇紀2677年謹賀新年![dt.: Herzliche Glueckwuensche zum neuen Tennotumsjahr 2677!]

皇紀2677年謹賀新年![dt.: Herzliche Glueckwuensche zum neuen Tennotumsjahr 2677!]
A敦子 |  2017.01.02(Mon) 21:50 |  URL |  【コメント編集】

この御仁本当に統一教会脱会したのか?
個人的に好きなタイプなのに・・・・
統一景子 |  2017.01.03(Tue) 04:47 |  URL |  【コメント編集】

★「(ユダヤ人式)マルクス資本論=(ユダヤ人式)マルクス経済学」=ユダヤ人たち、帰化未帰化在日韓国人たち、帰化未帰化在日韓国人たちによって韓国式騙されている莫迦サヨ日本人たちのユダヤ人式トンデモ慟哭

「(ユダヤ人式)マルクス資本論=(ユダヤ人式)マルクス経済学」=ユダヤ人たち、帰化未帰化在日韓国人たち、帰化未帰化在日韓国人たちによって韓国式騙されている莫迦サヨ日本人たちのユダヤ人式トンデモ慟哭
-----

帰化未帰化在日韓国人たち及び彼らたちによって韓国式騙されている莫迦サヨ日本人たちが教義として韓国式崇めている「(ユダヤ人式)マルクス資本論=(ユダヤ人式)マルクス経済学」は、娘二人に自●され隠し子を友達にユダヤ人式押し付けたアル中で無職のユダヤ人多重債務者が借金取りに追われる中で責任をすべて(大企業、中企業、小企業、零細企業などの)資本家たち、国家及び社会へユダヤ人式押し付けたユダヤ人式トンデモ慟哭

平成28年8月9日
渡邉哲也 @daitojimari
【マルクスの資本論】
娘二人に自サツされ隠し子を友達に押し付けたアル中で無職の多重債務者が、借金取りに追われる中で責任をすべて資本家と社会に押し付けた魂の叫び。
だから、これを教義としてあがめる共産党は、最後は大企業と自民党が悪いで終わる。で、成長しない。

平成28年8月21日
渡邉哲也 @daitojimari
【サヨクのデモや集会】
もっともらしい小理屈付けているけど、マルクス経済学とは不平不満の合理化。
簡単に言えば、[(マルクス経済学=)マルクスの資本論は、]自分の不遇を社会や資本家に押し付けるための魔法の教本。
小理屈付けずにみんなで うらめしやーと唱和してれば良いのでは?
A敦子 |  2017.01.03(Tue) 11:03 |  URL |  【コメント編集】

一寸、男性出演者陣、長谷川さんのメディアとサヨクに対する考え方が非常に変だと思いますが。
元を返せばジャーナリズムとは政府を批判する左翼思想でなければ成らないと言いだしたフランス辺りの著名サヨクに触発されてジャーナリズムとはサヨクでなければならないと意識しだし政府批判色サヨク色を強めたのが今のマスゴミ、羽織ゴロだと云われて居りますが

云う成れば
反権力有りで良いも悪いも抜きに批判するスタンスこそ大切と捉えつつ反日と云う病を拗らせ、反社会的勢力に与してるのが今のマスゴミだと思いますし。
本人たちも其の自覚は大いに有るでしょう。
報道とはサヨク姿勢で反権力がカッコイイと捉えて憧れ報道を志した奴は多数いるでしょうし報道に付く者の大半は今でも此の思想に取り付かれて居るでしょう。
謂わばサヨクとは報道のデフォな訳です。
なので転向組を自称する長谷川氏の発言には違和感を強く覚える

TBSが安倍総理の真珠湾訪問を誤表記したみたいですね
此れは如何見ても態とですよ


【これは酷い】TBS、誤表記を謝罪・訂正... 真珠湾訪問に関するハワイ州知事のコメント「真珠湾“攻撃”を決めた安倍総理には〜」←“訪問”の間違い
http://www.honmotakeshi.com/archives/50360514.html
TBSがオウムから受け続いだサブリミナルを狙った悪印象の刷り込みでしょ。
みのもんたもやってましたね
見逃しませんよ
シベリア帰り |  2017.01.03(Tue) 21:48 |  URL |  【コメント編集】

★反日メディアの黒幕 NHK

NHKは、国民の生き血を吸ってる国賊メディアである。

政治家たちは、恐ろしくて分っていても手を出せない。

NHKに逆らうと次回選挙で、打撃を食らうのを分かっているからだ。

民放の反日は未だ可愛い方だ。東京MXなどは反日の糞どもに気を使っているのが見え見えである。(TBS、テレ朝などは反日そのもので論外)

モーニングクロスなどのコメンテーターは金髪豚野郎や鳥越エロ爺などの国賊を出して「ニュース女子」とバランスをとっているのだろうね。

NHKには国賊の隠れ共産党員が根を張っている上、自民党等の政治家の
身内や親族を職員にして立てこもっているのでガードは堅いし、手口も巧妙だ。
どうにかしてぶっ壊したい。

虎の門ニュースは糞野郎が入ってない正論です。
国賊メディアを叩き潰せ |  2017.01.04(Wed) 16:38 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4206-b7b73b91

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |