2016.12.05 (Mon)


安倍首相の真珠湾訪問に反対する


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

アメリカの罠に嵌った日本

安倍首相がハワイを訪問し、真珠湾攻撃の犠牲者を慰霊するというニュースが流れた。

産経ニュース(2016/12/5)
安倍晋三首相、26、27両日に米ハワイ訪問へ 真珠湾で慰霊も

【産経新聞号外】安倍首相、真珠湾訪問へ

 安倍晋三首相は5日、今月26、27両日に米ハワイでオバマ大統領と首脳会談を行うことを明らかにした。また、オバマ氏とともに真珠湾を訪問し、旧日本軍による真珠湾攻撃の犠牲者を慰霊する。今年は昭和16(1941)年12月8日(米国ハワイ時間12月7日)の真珠湾攻撃から75年目。現職首相の真珠湾訪問は初めてとなる。
 安倍首相は同日夕、官邸で記者団に対し「ハワイでの会談はこの4年間を総括し、さらなる同盟の強化の意義を世界に発信する機会としたい」と述べた。その上で、オバマ氏は来年1月に退任することから「集大成となる最後の首脳会談となる」と強調した。
 今年5月にはオバマ氏が原爆を投下した米国の大統領として初めて被爆地である広島市を訪れたことから、安倍首相が真珠湾を訪問する案も浮上していた。


(引用終わり)

 安倍首相がトランプ次期大統領と会談することにオバマ政権は強く反対し牽制したという。
しかしその反対を押し切って安倍首相はトランプ氏と会談した。
最初は夕食会も予定されていたが、通訳だけを交えた単なる挨拶にとどめてオバマ政権の怒り収めようとした。
しかし、オバマ大統領はその後安倍首相との会談を拒否し、立ち話に終始したという。
一種の報復である。
しかし、それ以上の報復が安倍首相の真珠湾の犠牲者慰霊訪問である。

 オバマ大統領が広島を訪問したから安倍首相が真珠湾を訪問するというのは等価値の交換ではない。
広島は米軍が敗戦間近の日本市民を原子爆弾という最悪の大量殺戮兵器の実験場のモルモットにした。
一方、真珠湾は日本軍の米軍基地への奇襲攻撃である。
奇襲とされているが、アメリカは日本軍の暗号を解読して疾うに攻撃を知っていた。
だから大型航空母艦を退避させていたのである。
しかもそれはアメリカの罠だったことは戦後70年経った今、さまざまな公文書で知られている。

 江崎道朗氏の「アメリカ側から見た東京裁判史観の虚妄」(祥伝社)によれば、平成3年にハワイの式典に参加した江崎氏は通りすがりのアメリカ人から「アメリカ人として恥ずかしい。パールハーバーはルーズベルト大統領が日本に仕掛けた罠だったから」と語り掛けられたという。

アメリカ人ですら真相を知っているのである。

日本もルーズベルトもソ連のコミンテルンに嵌められていたのだ。

日本人は東京裁判史観からの脱却をしなければならない。
それは決してサヨクの言ういわゆる「歴史修正主義」ではなく、真の意味の「歴史修正」である。



↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:04  |  -アメリカ  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

安倍首相のフットワークの軽さだけならばいいけど、言葉の軽さと判断の誤りが目立つようになってきたので困る。
しかも、TPPの件を見ても、自らの過ちと責任を認めたくなくて無理矢理に推進させようとしているあたり、悪政とまではいかないまでもそのような趣すら漂っているので性質が悪い。

我々のご先祖様に誘拐犯と強 姦の汚名を着せた日韓合意というとんでもないことをしてくれ、あれは村山談話や河野談話レベルのことではありません。
人権問題だと誤魔化していましたが、世界中のメディアが日本の首相がsex slaveを認めたみたいな報道をされてしまった。
事実そのものが従軍慰安婦ではなかったのであるから人権もなにもあったものじゃないのに、わざわざ対日工作活動の後押しをしてしまうという最悪の判断。
もうあの人は何をしたいのかさっぱり分かりません。
戦後を終わらせる、戦後民主主義からの脱却を謳いながら実は自らその底なし沼に足を取られていたのではないか。
日韓合意にしろl、TPPにしろ、戦後体制をむしろ強固にして日本解体に寄与しているかのようです。

そして、今度はこれ。
軍と軍の衝突であり、何ら戦争の作法に則っていないものではなかった真珠湾攻撃。
有史以来、過去の戦争において宣戦布告をもって開戦されたことのほうがまれであり、むしろ、先制攻撃のほうが理に適い、自軍の兵士の危険を回避して最大限の戦果を得る当たり前の行為の他ならない。
愚かな外務省が同僚の送別会と葬儀出席のためにハワイの公館をもぬけの殻にしてしまい、宣戦布告の暗号文が届いているのを気付かずに手渡すのが遅れたに過ぎない。
ルーズベルトはルーズベルトでコミンテルンのスパイであったホワイトの意のままに動き、味方(軍、議会、国民)を欺いてまで日本軍に罠を張って先手を打たせた。
ただ、ただそれだけのことで、我が国が謝る理由などこれっぽちもない。

それなのに、行く我が国の首相。
嫌な予感がするのは取り越し苦労でしょうか。余計なことをまた言い、犯罪行為を認めた!みたいな伝えられ方をし、プロパガンダとして利用されそうな悪寒がします。

真珠湾なんて行かなくていいから、もっと他に行く所があるでしょう、安倍首相。
約束はどうなったのか?首相になる前に靖国神社に参拝しますと国民に言っていましたが、お忘れか?
外面ばかり良くて国民には薄情で、相変わらず。神道の点からいえば春と秋の例大祭が大事と屁理屈をこねたかと思えば、じゃ行くのかといえば、やはり行かない。
もはや保身と政治の功名心しか頭にないのじゃないかと勘ぐってしまう。占領統治法である日本国憲法なるものの憲法改正、そして、二島でもなんでもいいから北方領土の”解決”と日露条約を何としてもやりたいのでしょう。
岸元首相のように歴史に名を残したいと躍起になっているように思えてならない。

それでは、別の選択肢をといっても、野党もくそ、与党もくそ、国を売ることしか考えていない。行くも地獄引くも地獄、どうにかならないものか。
amechan |  2016.12.06(Tue) 00:11 |  URL |  【コメント編集】

★真珠湾訪問は、靖国参拝と同じ。

先の戦争で共に命を懸けた慰霊であるから、策略的要素はともかく日米双方の参拝をすれば、靖国も従来通り参拝できるのではないか?
歴史の本筋は、東京裁判史観の誤りも解明され日本悪も払拭できるまでになった。
今は、同盟国であり歴史の恨み無しに参拝すべきである。
アメリカも自分たちが、正しいとは思わなくなっている。
為政者による犠牲が、日米の国民である。
katachi |  2016.12.06(Tue) 10:31 |  URL |  【コメント編集】

日韓合意をやらかした売国奴安倍のことですから、今回も何をやらかすかわからないですね。
私も訪問に反対です。
na |  2016.12.06(Tue) 13:52 |  URL |  【コメント編集】

★帰国したら靖国へ

 真珠湾攻撃はアメリカの陰謀だとか、広島長崎の犠牲者は民間人で真珠湾は軍人だからバランスが悪いとかいろんな考えがあると思いますが、小生は基本的には賛成です。眼前の敵が大陸及び半島にあることを考えれば、日米同盟強化につながるこの件も大局的な判断だと思います。もっとも、安倍首相のスピーチの内容にも関心がありますが、、、。
 小生としては、真珠湾から帰国したその足で、どうか靖国神社に参拝して戴きたい。真珠湾での慰霊を靖国の英霊にご報告するという形でアメリカ社会に説明すれば、アメリカの靖国参拝への批判はかなり鎮まるのではないでしょうか。靖国参拝に体裁を整えなければならないのは残念ですが、参拝できていない現実では、どんな体裁をとろうが参拝できることが大切と思います。
太郎 |  2016.12.06(Tue) 15:01 |  URL |  【コメント編集】

★私も賛成

私も賛成です。オバマ大統領との会談が立ち話だけで終わるのは、日本的な心情としては違和感があるのではと思っていました。

今更、広島の見返りとして先方から強要されて受け身でいかなければならない状況には全くありませんから、安倍さん主導の訪問でしょう。
アメリカ側も、靖国参拝に対して「失望した」などとコメントした連中は恥じているのでは?…

有益な会談になって、未来につながる素晴らしい宣言の発信がなされることをを願っています。
かわた |  2016.12.06(Tue) 18:38 |  URL |  【コメント編集】

★歴史の変な切り取り方

これを報道しているテレビはこぞって、

「太平洋戦争の発端となった」という伝え方。

歴史を知らないと
日本が奇襲攻撃で戦争を始めたと
とらえる。

その前のABCD包囲網・フライングタイガー・ハルノートとかの経緯が
抜け落ちている。
M |  2016.12.06(Tue) 20:46 |  URL |  【コメント編集】

★事実の意図的な切り取り

>その前のABCD包囲網・フライングタイガー・ハルノートとかの経緯が
抜け落ちている。
1941年7月、ルーズベルトは在米日本資産の凍結に踏み切る。これに英蘭も同調し、日本がため込んできた在外ドル資産は使えなくなった。アメリカから輸出許可を得ていた輸出も、代金が支払えなくなった。この頃までに、アメリカの戦略物資の対日輸出は、非航空用燃料を除き、ほぼすべての品目に輸出許可がおりなくなった。日本経済の息の根を止めたのが、「対敵通商法」の発動と金融制裁、そして石油の全面禁輸だった
これが、ABCD包囲網の中味だ。

同じく、1941年7月、ルーズベルトは「JB355」を認可した。これは、米軍人が米軍機を使って、支那から、1941年9~10月頃、日本を先制爆撃する計画だった。

ルーズベルトは、1941年4月15日に、米軍人に対してフライング・タイガースに自主的に志願するよう行政命令を出した。
アメリカは、「1941年4月15日に」日本に宣戦布告しているのだ。

「真珠湾を先制奇襲攻撃したから、日本は原爆を落とされたのだ」とは、
アメリカの戦時プロパガンダだ。

「日米戦争は日本が悪く、アメリカは正しい」がWGIPだ。
これは、アメリカが仕掛けたが、その後の実行は日本人が行ってきた。
これを「敗戦利得者」という。

「太平洋戦争の発端となった真珠湾攻撃」という伝え方が、WGIPであり、東京裁判史観なのだ。
日本のテレビは、「日本悪玉論」を宣伝する敗戦利得者の実行機関であり、日本国民に対する裏切り者なのだ。我々は、自分の目で「日本悪玉論」を宣伝するテレビをよくよく見据えようではないか。
たつや |  2016.12.06(Tue) 22:02 |  URL |  【コメント編集】

★コミンテルン(共産主義者)こそ諸悪の根源!

>日本もルーズベルトもソ連のコミンテルンに嵌められていたのだ。

「日本もルーズベルトも」と言うより「日本国(民)も米国(民)も」と言うべきでしょう。
ルーズベルトは元々「反日主義者」でしたし、側近(コミンテルンのスパイ)の影響があったとはいえ「共産主義」に傾倒していたことは確かですから、むしろ「確信犯」と言っても過言ではないかと。
極めつけは国際法違反である「日本への原爆投下指示」を「遺言」として残したという話もありますから、ルーズベルトの日本に対する憎悪の目は半端ではなかったように思えます。
まぁ、結局のところ戦中も戦後も世界中を大惨害の坩堝に叩き込んだ「諸悪の根源」は全て「コミンテルン(共産主義者)」だったわけですが。
歴史の真実 |  2016.12.07(Wed) 05:05 |  URL |  【コメント編集】

コメントで大東亜戦争の真実を語る方々も、「太平洋戦争」と言われるのに
抵抗を感じます。なぜ、大日本帝国が命名した「大東亜戦争」と言う用語を
使われないのでしょうか。この用語が一般に使われるようになるまでは、
戦後体制からの脱却はおぼつきません。世界中からこの戦争のお陰で植
民地が消滅しました。当に「大東亜戦争」だったのです。ただしかし、中華
人民共和国がその後新たな植民地を多数作り出しています。
おっさん |  2016.12.07(Wed) 08:12 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4175-66671012

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |