2016.12.04 (Sun)


トランプ次期大統領を危惧するTBS「サンモニ」


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

マスコミが報じないトランプ台頭の秘密とは?

今日のTBS「サンモニ」は最近、コメンテーターとして登場してきた外交評論家の岡本行夫氏が黒板を使ってトランプ現象を解説した。
岡本氏が初登場した時は、パヨクコメンテーターの中で浮いていたように見えた。
今日も比較的バランスの取れたコメントをした。

TBS「サンモニ」(2016/12/4)
人事を相次ぎ次発表
トランプ氏の政権運営は?

岡本行夫
「経済政策はいままでのビジネスマンとしての信念もあるので変わらないと思うが、外交政策や安全保障政策はまだまだ思いつきで言った部分もあると思うし、これからだと思う。
行政府は(ジェームズ)マティスさんにしても(マイケル)フリンさんにしてもゴツゴツの武闘派なので、ちょっとどうなるのかなと思う。
しかし大事なことは、トランプを選出したアメリカ社会はブルーカラーの人達の力ではあるけれども、基本的には家庭に居る女性達が10年位前の安定した落ち着いた社会を取り戻して欲しい、生活を取り戻して欲しいという割合穏健な欲求から来たもので、孤立主義とか愛国主義とか、排外主義とか、そういうものがアメリカ社会に今溢れているわけではない。
だからアメリカ社会は健全なままだと思う。

 経済が良くなる、強いアメリカになる可能性は相当ある。
そうすると、日本との外交政策はOKだと思う
駐留軍経費を100%負担しろと言っているが、あれは出来ないことは彼も段々分かると思う。
アメリカの兵隊さんの給料を負担しない限り100%にはならないのだから。
中国との間は台湾の謝英文さんとの話にもあるように、段々やっぱり緊張化していかざるを得ない。
ロシアはプーチンとの関係をこれから良くしていくといっているが、これは分からない。
彼は選挙キャンペーン中は色々言ったが、これも行政府のブレーキも相当掛かる。
問題の欧州は今日、イタリアのオーストリアの国民投票が行われる。
かなり悪質なナショナリズムとか孤立主義がこれから出てくる可能性もある。
だから、このトランプアメリカの使命というのは大西洋共同体のいわば親分として、どうやって欧州も含めてまとめて行くかという事だと思う。

 中東にはかなり彼はこれから強硬に出て行く可能性がある。
闘う相手はイスラム国、シリア、イラン、イランは折角できた核合意をもう一回破棄するのか、ここは相当に懸念される。
問題は世界経済全体に与える影響で、いま反グローバル化の動きがあり、彼はTPPの離脱で走り始めてしまったが、TPPを支持する人もアメリカ内に沢山居るから、とせうやって現実路線に集約させていくか。
総じて言えば、そう心配することはないのではないか

涌井雅之(造園家・東京都市大学教授)
「トランプを見ていると、減税と社会保障の直しで高度成長を果たしたけれども財政赤字を生んだレーガンを思い出す。
そしてネオコンだ


関口 宏(司会)
「はあ、はあ」

涌井
「非常に軍事に片足を・・こういう状況のなかでアメリカがどうになるかは岡本さんが解説したとおりだろうが、一番私が心配しているのは、ポピュリズムの台頭だ。
どこの国でもポピュリズムが台頭して来て、民主主義と国家主権と低成長の中で、アンチグローバリズムが出てきて、結局は建前よりも本音だと言って、未来より現実だという、この路線が出てきている。
政権は強くなければならない。そこに惹かれてどんどん過激になっていくという、そこが一番心配だ。大きな問題点だと思う」


涌井センセの解説と江崎道朗氏の解説のあまりの落差に驚く。

「ネオコンの外交政策は共和党の伝統的外交政策とは異なり、アメリカが軍事的にどんどん世界中に出ていってどこにでも介入するべきだ、という『介入主義』です(「マスコミが報じないトランプ台頭の秘密」42頁)

「このようにトランプの外交政策はネオコンのような介入主義ではなく、共和党の伝統的政策に基づく、アメリカが主導して自由と繁栄の国際秩序を守るという考え方です(同43頁)


江崎氏は著書のなかでトランプ現象を生んだアメリカの背景を見事に解説しているが、涌井センセイは空疎な言葉を並べているに過ぎない。

「政権が強くならなければならないと過激になるのが心配」とは「サンモニ」が嫌悪する安倍政権が頭にあるのではないか(笑)

大宅映子(評論家)
「トランプさんは私達が戦後、戦争が起きてしまってから世界を平和にしなきゃとみんな理想があってEUが出来たという、ああいう形のなかで、我々が持っていた、正しいと思っていた価値? 平等だとか自由だとか民主主義だとか、人権だとか、そういうものを殆ど否定してる。
ほとんどエイリアンとしか思えない、私からすると。
だからエイリアンだからしょうがないとか、次の大統領が決まったんだから現実的に対応しなくちゃいけないだとか、あんまり変わり身早くやって欲しくないと私は思う。
変なところは変だと言わないと、あのまま突っ走られて世界中が・・・」

関口
「混乱しますよね、多分ね」

大宅
「はい。物凄い不安定になる。私は日本の立場として同盟国として『やっぱりそこは変だよ』って・・・」

関口
「うーん、はい」

大宅
「言うべきだと私は思う」

関口
「日本がねえ」

大宅
「はい」

関口
「物申すことは必要でしょうねえ」


大宅氏のコメントになると突然、関口の合いの手がたくさん入るのはなぜか。

アメリカではオバマのリベラル民主党が主張する自由、平等、民主主義が行き過ぎて、性差別や人種差別、違法移民の肯定などなど、いわゆる過度の「ポリティカル・コレクトネス」(政治的公平性)が白人の間に不平等感を生んでトランプ現象が起きたとされている。

大宅映子も登場した時は他のコメンテーターとは一味違うコメントをしていたが、いまや完全に「サンモニ」カラーに染まっている。

大崎麻子(関西学院大学客員教授)
「この夏に、30年前の高校時代のお世話になったカリフォルニア中部の大農業地帯に行った時、当時はトランプ支持層は貧困層だと言われてたけど、そこのはエリアの人達はみんなトランプサポーターだった。
必ずしもブルーカラーだけではなくて、ちゃんと納税して、自助努力で財を成していった自負がある人達で、80年代のアメリカをもう一回取り戻したいという事と、強いアメリカ。
中東のオバマが物凄く腰が引けてて、アメリカは民主主義の提唱者だからもっとバアーッと力を持ってやっとけば良かったんだとか、そういう層が物凄くサポートしてるから、もしかしたら行くのかなと思った瞬間があった。
そういう人達が求めているのは強いアメリカだと思う」

関口
「そうですね、昔の良き時代をもう一回復活させてくれと、ねえ。
岸井さんどうですか?」

岸井成格
「それと非常に関係していると思うんですけどね、どうも見てるとCIAとか軍部の情報機関が重視してるっちゅう印象が非常に強いですね。
ということは恐らく政治の素人だけに、そしてアメリカファーストという以上はやはりとういうとこに頼らざるをえないという所が心理的にあるかもしれないですけどね。
だけど、これは岡本さんが一番ご存知だと思うけど、そういう軍部とか情報機関の情報だけ頼っていると、ああいう間違ったイラク戦争やっちゃったり、そういうことが起こる可能性があるわけですね。
それをどうやつてカバーし、ブレーキ掛けていくのかっちゅう、そういう機能をどこが持つかですよね。
そこの人事を非常に注目しておく必要があると思いますね」


「トランプはイラク戦争が大間違いだったとして、こう激しく批判しています(以下略)」(同書42頁)

関口
「そうですよねえ」

岸井
「あるいは国務省、長官はどうなるのとかね。NSC、国家安全保障局の中に狂犬、マッドドッグじゃなくて、監視ドッグ、ウォッチドッグという形がどうやって取れれるかというのが大事だと思いますね」

関口
「年明けたらもうすぐですからね」


このテーマの前振りのVTRで国務長官には「狂犬」と呼ばれるマティス元中央軍司令官を指名するとトランプ氏が演説した模様を紹介。
ジエームス・マティス氏は海兵隊の出身で、中東知友親に豊富な実戦経験があり、「狂犬」の異名を取った。
第二次世界大戦中に陸軍参謀総長を務めたマーシャル元帥以来67年ぶりと解説。
国家安全保障局(NSC)の補佐官に指名されたマイケル・フリン氏は元国防情報局長。
軍の出身者が相次いで要職に指名されている。

コメンテーターの皆さん、江崎道朗氏の「マスコミが報じないトランプ台頭の秘密」を読んでからコメントして下さい。

あっ!「マスコミが報じない・・・」と言うから、コメントしてはいけないんだっけ(笑)




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:56  |  -アメリカ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4173-5a085878

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |