2016.11.21 (Mon)


日本はトランプ氏に備えよ


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

安倍首相の優れた外交手腕

 産経新聞の阿比留瑠比編集委員が安倍首相とオバマ米大統領やヨーロッパの首脳達の信頼を得るに至る様子を書いている。
これを読むと安倍首相が如何に外交に長けているかが分かる。

 ギクシャクする各国の首脳間の関係を日本の安倍首相がうまく取りなして関係改善を果たし、各国の首脳に感謝され信頼を高めるというくだりは、安倍首相が国際会議の主催国だったドイツのメルケル議長をひとつの発言で救ったために会議が終わった後、メルケル首相が近寄ってきて感謝の意を述べたという昔の話を思い出す。

 メルケル首相と言えば、ただ一人トランプ次期米大統領に注文をつけて牽制したと高く評価する向きがあるが、如何なものか。
いまや彼女の力も失せ、次期選挙には出馬しないという噂もある。

【追記】
メルケル首相は20日、首相4期目を目指す意向を正式表明した.。
(中略)
ただ続投を目指す環境はこれまでになく厳しい(産経新聞11月22日)


⇒産経ニュース(2016/11/21)
立ち話でおしまい、日米首脳 安倍晋三首相にとってオバマ氏とは何だったのか
阿比留瑠比


 安倍晋三首相は20日(日本時間21日)、訪問先のペルーの首都リマでオバマ米大統領とごく短時間、立ち話を交わした。両首脳は、この4年間の日米同盟強化の取り組みについて「双方が強い指導力を発揮してきた」と互いをたたえ、感謝を述べあった。ただ、おそらく最後の接触となるにもかかわらず、米側は正式な首脳会談も開こうとせず寂しい幕引きとなった。首相にとってオバマ氏は、どんな大統領だったのか。(阿比留瑠比)

 「これは大丈夫だ。うまくやっていける」

 トランプ米次期大統領との初会談ではこう手応えを感じた安倍晋三首相だが、オバマ氏との関係は当初、ぎこちなかった。オバマ氏がこの5月に現職の米大統領として初めて、被爆地・広島を訪れるほど両首脳の関係が構築されるまでの道程は、平坦(へいたん)ではなかった。

 「明日はオバマ氏とのガチンコ勝負になる」

 平成25年2月22日のワシントンでのオバマ氏との初会談前夜、再登板を果たして約2カ月の安倍首相は周囲に意気込みを語った。首相は当初、1月中の訪米を目指していたが、米側が日程調整などを理由になかなか首を縦に振らず、じらされての会談実現だった。
 オバマ氏サイドに対しては、安倍首相の就任前から日米双方の左派・リベラル勢力によって「危険なナショナリスト」「歴史修正主義者」などといったレッテルが刷り込まれていた
 この訪米の際のオバマ氏主催の昼食会でも、安倍首相を含む両国要人がワイングラスを傾ける中で、オバマ氏のテーブルの上にはミネラルウオーターが1本置かれているだけだった。オバマ氏はあくまで前評判通りの「ビジネスライク」に徹し、胸襟を開く様子はなかった。

 「初めの頃、オバマ氏は私を腫れ物に触るように扱っていた」

 安倍首相が周囲にこう振り返るように、日米両首脳には当初、明らかに距離感があった。それどころか、この年12月に首相が靖国神社に参拝すると、米側が「失望」を表明するという日米対立まで起きた。

 「オバマ政権は全く戦略的でない。あんな声明を出したって、中国や韓国の反日勢力を勢いづかせてかえって東アジアの緊張を高めるだけだ。米国の世界戦略として全く意味がない」

 安倍首相は周囲にこう激怒したが、同時に日米関係の修復・強化の手も冷静に打ち続ける。
 安倍首相は、国際会議や各国首脳との個別会談などあらゆる機会を通じ、自身は自由、人権、法の支配など民主主義の諸価値を何より大切にしていることを訴え続けた。また、首脳会談を拒否している中韓に対しても、「対話の窓」は常に開かれていることを強調し、徐々に国際社会での信用を高めていく。
 一方、オバマ氏は「世界中の首脳に友人がいない。特に英国、サウジアラビア、イスラエル…と同盟国とは関係が悪い」(外務省)といわれる孤立気味の大統領でもあった
26年6月にブリュッセルで行われた先進7カ国(G7)首脳会議では、ウクライナ問題を引き起こしたロシアへの制裁方針をめぐって首脳間でオバマ氏が孤立し、オランド仏大統領とは激しい口論にもなった。そこに助け舟を出し、会議を軟着陸させたのが安倍首相だった。周囲にこの時のことをこう明かしている。

 「イタリアのレンツィ首相にはハイタッチを求められ、オバマ氏には初めてハグ(抱擁)された」

 ようやくオバマ氏が、安倍首相への信頼を態度に表した瞬間だった。さらに安倍首相は、安全保障と歴史問題の二つの面から戦略的に日米同盟強化を図る。
 安保面では、一時的に内閣支持率を約10ポイント犠牲にしてまで米国や英連邦各国からの要請が強かった特定秘密保護法と、集団的自衛権を限定容認する安全保障関連法を相次ぎ成立させた。
 歴史問題においては、米上下両院合同会議演説で米議会を魅了する「和解」のメッセージを発し、米国が歓迎できる戦後70年談話を発表した。安倍首相はこの頃、「米国に対しては、歴史問題はもう終わった感がある」と感想を漏らした。
 外交面での実績の積み重ねと、内政における高い内閣支持率の維持という強い政権基盤を示したことで、ようやくオバマ氏の広島訪問に持ち込んだのである。

一方、トランプ氏とはどうなるか。安倍首相は会談後、周囲にこう今後への自信を示していた。

 「トランプ氏と(外国首脳として)最初に会えたのはよかった。初接触は重要だ。彼は基本的に、大統領就任までの会談要請は断っているということだ」


(引用終わり)

 安倍首相の優れた外交手腕がよく理解できる一文である。
オバマ大統領とは何だったのか?
結局はリベラル左翼の民主党の大統領に過ぎなかったということだ。
最初は日本への理解も無かったに等しい。
核兵器廃絶という理想を演説してノーベル平和賞を受賞したが、安倍首相の靖国神社参拝を阻止し、中国を増長させ、世界のパワーバランスを危うくさせている。

 一方トランプ次期大統領はアメリカのサヨクリベラルやエスタブリッシュメントと戦う真性保守派である。

江崎道朗氏は大統領選の結果が出る前に出版した「マスコミが報じないトランプ台頭の秘密」(青林堂)のなかで、「日本はトランプに備えよ」(86頁)と語り、

①トランプ氏とのパイプ作り、
②防衛費を増やしアジアの平和と自由を守るためにアメリと共に戦う姿勢を見せろ


と書いている。
まさしく先見の明がある人である。
リベラル左翼が安倍首相とトランプ氏の初会談を批判する中、安倍首相は最初の手を打った。
次は容易ではないが防衛費を増やすことである。

 大東亜戦争の時は大国アメリカと戦うために国民は不平も言わず協力して節約し、防衛費を捻出した。
「欲しがりません勝つまでは」と。
あの時の日本人の心意気がいまでも日本に残っているかどうかである。
それとも毎日、テレビの芸能人のバカ騒ぎに興じ、少しでも美味しいものを食べ、毎日を楽しく過ごし、子供が保育園を落ちれば「保育園落ちた 日本死ね!」と罵るだけで満足している日本人でいるのか。
それが日本の将来を決めるのだと思う。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:18  |  -アメリカ  |  TB(1)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★さっさと消え去れオバマ

オバマ大統領が世界を悪くしたのだ。
仕事らしい仕事もせず、中国の海洋での基地作りだとか放置して来た無責任男だ。

にもかかわらずデカイつらをしてよく言う。
M |  2016.11.22(Tue) 01:22 |  URL |  【コメント編集】

★日本に三国人の政党は、要らない。

結局時代は、形を変えて昔の環境に近くなっている。
当時は日韓併合していたから鮮人も日本人扱で政治家がいた。
現在は、民主党から名を変えて民進党だ。
昔は、富国強兵だったが、今もそれに近い状況になって来た。
やはり経済と軍事は、外交の力を示す。
左翼リベラルは、相手にレッテル張って敵を作らなければ存在価値を有しないのである。
オバマは、そのような人間なのだ。
本当は、どうでも良い存在だった。
アメリカの似非ユダヤにしても無能な大統領が、飾りとして重宝されるのだ。
ただアメリカの大統領と言う冠が付いていたから日本もそれなりに扱ったに過ぎない。
トランプになれば、日米同盟の変化が、見られると思う。
だから軍事への備えは、必要になる。
したがって反日の三国人政党民進党は、日本の自立にとって邪魔な存在になる。
彼らは、単に日本の弱体化が、狙いだ。
この様な政党を野放しにしてはいけない。、
帰化も含め民族別精査が、必要な時期に有ると思う。
安倍氏の移民問題は、危険を伴っている。
katachi |  2016.11.22(Tue) 07:05 |  URL |  【コメント編集】

>太平洋戦争の時は大国アメリカと戦うために国民は不平も言わず協力し
>て節約し、防衛費を捻出した。

「太平洋戦争」ではなく、「大東亜戦争」だったから国民は不平を言わず協力し
たのです。我が国から「太平洋戦争」という用語が亡くならない限り、戦後
体制はなくなることはありません。
おっさん |  2016.11.22(Tue) 08:39 |  URL |  【コメント編集】

★【保存版】共産シナを「中国」と呼称しているのは、韓国、帰化未帰化在日韓国人たち、帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社等のみです。

【保存版】共産シナを「中国」と呼称しているのは、韓国、帰化未帰化在日韓国人たち、帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社等のみです。
-----

共産シナを「中国」と呼称しているのは、韓国、帰化未帰化在日韓国人たち、帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社等のみです。

韓国、帰化未帰化在日韓国人たち、帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社等以外の世界各国において、共産シナの正式かつ公式の呼称は「共産シナ」「人民シナ」等であり、共産シナの日常の呼称は「土人シナ」「野蛮シナ」「人●しシナ」「他民族虐●シナ」「侵略シナ」等です。

例えば、ドイツ、オーストリア、スイス、リーヒテンシュタイン、オランダ、デンマーク、ノルウェー、アイスランド、フィンランド、エストニア、ラトヴィア、ハンガリー等において、共産シナの正式かつ公式の呼称は、ヒーナ人民共和国[die Volksrepublik China]、人民ヒーナ[das Volkschina]等です。
A敦子 |  2016.11.22(Tue) 09:21 |  URL |  【コメント編集】

 おっさんさんの言われるとおり、先の第二次世界大戦を”大東亜戦争”と言わずに”太平洋戦争”と言う人は、GHQのWGIPによって洗脳された東京裁判史観至上主義者か、敢えて故意に先の戦争を貶めたい反日主義者かのいずれかだと断定してもいいでしょう。

 ”太平洋戦争”という人がいたら、どんなに立派なことを説いていても、眉に唾をつけて聞いた方がいいと思います。
tbsasahinhk |  2016.11.22(Tue) 09:58 |  URL |  【コメント編集】

★大東亜戦争に

訂正!
ponko |  2016.11.22(Tue) 12:29 |  URL |  【コメント編集】

>>あの時の日本人の心意気がいまでも日本に残っているかどうかである
たしかに今の情勢が退っ引きならない脅威に晒されてる事になってるのは薄々感じてるだろうし
流石にマスコミが喧伝している事も事実の隠蔽、歪曲された正しくない事だということも気付いてるでしょう。
だけど実際その脅威に立たされていざ実行出来るか?と問われたら実現出来るのは難しいだろうなと。
実際言ってもそういった戦争とかの国難に晒される事なく70年過ごしてきて目の前にある危機が迫ってるって分かってても徴兵でなくてもライフラインや食料の制限が掛けられたりしたら、それこそ大規模なデモが起こるでしょう。

別に否定とか批判とかではなくその心意気を実現出来るかどうかは相当のハードルが高いと思う。
定時で上がり |  2016.11.22(Tue) 17:28 |  URL |  【コメント編集】

 茹で蛙の様なお花畑在住の我が日本人ではありますが、武士階級が失せたとしても、大東亜戦争の時の日本庶民の底力は、二千年有余を誇る歴史を持ち、一朝ことある毎に国土を守り通してきた事実は消えません。

 エリート族は余り頼りになりませんが、いざとなれば庶民が立ち上がる国民性は完全に消滅したとは、私は考えておりません。

 

 
tbsasahinhk |  2016.11.22(Tue) 17:46 |  URL |  【コメント編集】

おいおい。

確かこのponkoさんのブログでも、

広島のオバマの事は賛美してたんじゃなかったっけ。

ついでに言えば、トランプ氏は、正式に

TPP脱退宣言をした。

安倍総理に、トランプ氏を説得できるとは到底思えんけどね。

英 |  2016.11.22(Tue) 21:27 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4160-d464953c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

★安倍政権 内政そっちのけで外交にのめり込みではありませんか?

本稿、政権中枢向けの、注意喚起目的での出稿である。 いつも読まさせていただいている保守系ブロガーの主張と自分の主張を組み合わせ、「外交にのめり込み過ぎている?」安倍首相に内政面での関与を促したいとの視点でのシナリオとなった。 本稿、引用記事だらけである。が、それは、安倍政権にモノ申されているネット界の賢者それぞれの主張が、実は、辿っていけば同じことを意図しているような気がするのであり、そ...
2016/11/23(水) 06:19:28 | 祖 国 創 生

▲PageTop

 | BLOGTOP |