2016.10.26 (Wed)


沖縄県議会の「土人」発言非難決議に自民県議が反対


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

暴言や暴行は「市民」なら許されるのか

 大阪機動隊の「土人」発言について沖縄県議会が非難する決議案を提出しようとして自民党議員に反対され、結論を持ち越したのはケシカランと反日サヨク新聞の沖縄タイムズが怒っている。

「警察」と「市民」を同列に扱うなというのである。
警察も市民であり人間である。
にも変わらず本件で警察を国家権力とみなし、市民を弱者に見立てるのは明らかに間違っている。
なぜならば暴力を振るう沖縄市民活動家は決して弱者でもなく正義でもないからだ。

その上、彼等市民活動家の大部分は沖縄外や国外から馳せ参じたニセ沖縄市民であり、リアルな沖縄住民は迷惑しているのである。

したがって、自民党県議員が非難決議に反対したのは当然である。
以下、沖縄タイムズがいかに反日サヨク新聞であり、琉球新聞との「沖縄の二紙は潰さなアカン」(百田尚樹)ことを証明する記事として引用する。

⇒沖縄タイムズ(2016/10/26)
沖縄・自民の県議「反対派も暴言」 警察と市民を同列で比較


 沖縄県東村高江で米軍ヘリパッド建設に反対する市民に機動隊員が「土人」「シナ人」などと差別発言した問題を巡り、抗議決議を審議した25日の県議会総務企画委員会で、沖縄・自民の議員が発言は市民の挑発が原因だとの認識を示し、市民側の発言を問題視した。逮捕権など強い公権力を持つ警察の職務中の発言と、市民の発言を同列で比較する姿勢に疑問の声が上がりそうだ。
 発言したのは又吉清義氏で、反対派も警察官に暴言を吐いているとして批判。市民側に挑発やあおりなどがあったとしたら「犯罪行為ではないのか」と述べ、「土人」発言の映像撮影者が特定できているとして経緯を調査すべきだと主張した。
 また、「土人」「シナ人」の受け止めは「千差万別」とも発言。特に「シナ人」は、高齢者は抵抗感なく使用しているとし、「あまりにも過敏に反応し過ぎでは」とも語った。
 また、花城大輔氏も市民の発言を問題視し、県警に内容を質問。重久真毅警備部長は隊員の報告として「トラックにひかれて死ね」などの発言が市民から出たと説明した。重久氏は「警察官も人間なので冷静さを保てない人が出てくるのも事実」との認識を示した。

■抗議決議は持ち越し

 渡久地修委員長が抗議決議と意見書の文案を提案したが、沖縄・自民が会派内で協議が必要として結論を26日に持ち越した。26日の委員会で全会一致となれば28日に臨時会を開き可決される見通し
 ただ、沖縄・自民内には抗議の必要性を認める意見がある一方で「機動隊員の発言は県警本部長がすでに謝罪しており、抗議の必要はない」との意見もあり、対応は流動的な面もある。
 抗議決議、意見書を巡っては、与党内で機動隊の撤退を盛り込む案があったが、野党や中立を含めた全会一致を目指すため、委員長提案で撤退には踏み込まず抗議する文案を提案した。

同列視できない

 【解説】東村高江のヘリパッド建設現場での「土人」「シナ人」発言を巡り、県議会の自民党議員の一部から抗議する市民側の発言を問題視し、抗議行動の在り方の確認まで求める声が上がった。圧倒的な権力を持つ警察と、力を持たない市民との関係性を無視し「どちらにも非がある」とみせかける、市民弾圧ともいえる。
 県議は総務企画委員会で、市民側にも「暴言」があり、機動隊の差別発言を誘引したとの認識を示した。

 混乱する高江の現場で、市民側が荒い言葉で機動隊に抗議する姿があるのは事実だ。だが、逮捕権など圧倒的な公権力を持つ警察側と、非暴力で声を上げる市民の抗議を同列視するのは、とても平等ではない。
 大阪の松井一郎知事の機動隊擁護発言も問題は底通する。声を上げる弱者を徹底的にたたき、権力側を正当化する、という姿勢だ。
 翁長雄志知事は名護市辺野古の新基地建設や高江ヘリパッドでみせる政府の強行的な手法に、「沖縄以外の都道府県で同じことができるのか」と疑問を投げ掛ける。日本の南の島に迷惑施設を集中させ、上がる反発の声を力で抑える。これが今、沖縄で起きている現状だ。 警察の差別発言を“好機”とし、抗議する市民の権利まで抑制することは許されない。(政経部・大野亨恭)


(引用終わり)

沖縄在住のジャーナリスト惠隆之介氏が沖縄の真実を伝えている。
沖縄の言論空間がいかに真っ赤に染まっているかがよく分かる。

⇒日刊SPA!(2014/10/24)
大阪府警機動隊員の「土人」発言に沖縄県在住者として言いたいこと
<文/ジャーナリスト 惠 隆之介>


2016102601.jpg


■大阪府警派遣機動隊隊員による「土人」「シナ人」発言

 沖縄県東村高江の米軍北部訓練場付近で10月18日、大阪府警機動隊隊員2人が、米軍ヘリパッド(ヘリコプター離着陸帯)移転建設に反対する活動家たちと対峙した際、それぞれ「土人が」「だまれ、こら、シナ人」と発言したという。
 通常は本件のような事案の際は本部長注意であるが、大阪府警は21日、二人に戒告の懲戒処分を行った。前線で活動家たちと対峙する機動隊員の中には、今回の処分への不満が漂っている
 この騒動について、「琉球新報」や「沖縄タイムス」をはじめとするメディアは、「抗議する市民に対する沖縄人差別」と、あたかも一般の沖縄県民が県外から来た警察官(機動隊隊員)に虐げられているかのごとく報道している。だが、沖縄2紙の報道の偏向ぶりを知る私には、いつものように“沖縄県”対“本土”という対立構図をつくり出そうという意図が見えてならない
 以下、沖縄在住の県民としての視点から、今回の騒動について述べてみたい。

■米軍基地返還のためのヘリパッド移設工事になぜ反対するのか?

 そもそも、ヘリパッド移設工事を移設反対派は「新基地建設」と喧伝しているが、ウソである。実際は7800haの北部訓練場の北半分を年内に返還するため、同地域に設置されていた6カ所のヘリパッドを残り南半分に移設する必要がある。2カ所は既に完成しており、残る4カ所を建設移設する必要があるのだ。これを移設反対派が阻止することから混乱が生じている。
 反対派は工事車両の通行を妨害し、また作業員の活動を阻止しようとしている。彼らは高江の公道で勝手に通行車両を止めて工事関係者をチェックしている。そのため、地元民の生活にも支障を来しており村民の不満も高まっているのだ。しかも活動家の中には県外から来た者や朝鮮半島から来ている外国人もいるのだ
 私は8月、たまたま通りがかった高江地区で通行妨害を注意している機動隊員一人が、反対派に包囲され、罵詈雑言を浴びせられる光景を目撃した。反対派は機動隊員の帽子をはぎ取り、メガネを奪ったが、県外から派遣されて来たこの隊員は無言で耐えていた。

(ブログ友が県の職員に暴行を働くノーカット版の動画をアップしているが、見るに耐えない。主犯格は山城博治だった)

 沖縄県警の機動隊員に至ってはさらなる嫌がらせを受けている。辺野古キャンプシュワブ基地フェンスには横断幕が貼られ、県警機動隊指揮官の写真と氏名が表示されていた。さらにテント小屋には各隊員の氏名、階級が併記された個人写真が掲示されている。非番で家族を伴って買い物中の隊員が活動家と遭遇した際、子供へ危害を加えるぞ、と脅迫もされているのだ。
 器物損壊・傷害・公務執行妨害の疑いで移設反対運動のリーダー山城博治容疑者が逮捕されたが、反対派たちは日頃、暴力行為や器物破損活動を平然と行っているにもかかわらず、自分たちの行為は棚に上げて、ここぞと言わんばかりに「沖縄人差別」と騒ぐのはいかがなものか。

■沖縄県警だけでは沖縄県の秩序を守れないという事実

 また、在沖米軍軍人とその家族も、基地ゲート前で活動家らが行うヘイトスピーチや嫌がらせに反感を募らせている。活動家らは米軍関係者の運転する車輌の通行を妨害し、「F●●k!」を連呼、中指を突っ立てて卑猥な言動をくり返している。米軍家族の子女はあまりに異様な光景に泣き出す始末である。
 米軍の友人に今回の「土人発言騒動」を説明したところ、「信じられん!」と絶句した。「日本の警察は活動家の言いなりか? 処罰を受ける対象はまずこの左翼テロリストたちではないか?」と語気を強めて言った。
 沖縄県議会は今週、県外応援機動隊の撤収決議を行う。万一本件が実現すれば、沖縄県警単独では基地反対派を制することは不可能となろう。  平成2年11月、県内暴力団抗争が激化し、警戒中の県警警官二人が暴力団に射殺されたことがあった。警察庁はこのとき九州管区から合計500人の機動隊を沖縄に派遣し、約2カ月かけて組員を徹底検挙、鎮圧しているのだ。当時街は戒厳令下のように緊迫していたが、多くの県民は、この時の県外の機動隊の命がけの応援に感謝していた。
 最後に黙々と任務を遂行する機動隊諸兄に対し、良識ある沖縄県民の一人として感謝と敬意を表したい。

【惠隆之介(めぐみりゅうのすけ)】
ジャーナリスト。1954年沖縄コザ市生まれ。防衛大学校管理学専攻コース卒。海上自衛隊幹部候補生学校、世界一周遠洋航海を経て護衛艦隊勤務。退官(二等海尉)後、琉球銀行勤務。米国務省プログラムにて米国で国際金融等研修。著書に『海の武士道DVD BOOK』『沖縄が中国になる日』『マンガ海の武士道』(以上、育鵬社)、『沖縄よ、甘えるな!』(WAC)、『いま沖縄で起きている大変なこと』(PHP研究所)ほか、多数。


(引用終わり)

沖縄県議会が「県外応援機動隊の撤収決議」をするというなら、懲らしめに一切の国からの援助を断ったらどうだろうか。

Ponkoはいままで電凸や反対メールの呼びかけは控えてきたが、今回だけは皆様に呼びかけたいと思う。

⇒沖縄県議会(「ご意見メール」がない)
【お問合せ】
http://www.pref.okinawa.lg.jp/cgi-bin/simple_faq/form.cgi

沖縄県庁〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2電話(代表):098-866-2333

沖縄タイムズはネット上の意見先が不明。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

11:56  |  沖縄基地問題  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★パヨクに次ぐ流行語となるか、プロ土人

プロ市民が沖縄戦線で進化してプロ土人となった。

プロ土人=道路を封鎖して検問して寝転んで、仕事もしないで、自分たち以外すべてに怒っている生物
さよならサヨク |  2016.10.26(Wed) 12:46 |  URL |  【コメント編集】

★私人逮捕

「逮捕権など圧倒的な公権力を持つ警察側と、非暴力で声を上げる市民の抗議を同列視するのは、とても平等ではない。」
でも、『私人逮捕』とか言って、防衛局職員を『リンチ』したのは、『平和運動の市民』ですよね。
“日本ではない”出来事のようだ。
タロウ |  2016.10.26(Wed) 14:27 |  URL |  【コメント編集】

沖縄の市民なる輩(関西弁系が多い?の)妨害がネットでたくさん出てます。沖縄警察は全く機能せず!
知事の意向ですかね!
蝦夷(先住民系) 征夷大将軍に敗北 |  2016.10.26(Wed) 17:20 |  URL |  【コメント編集】

★土人以外にもっと大事な話があるだろう。

何サボっているんだ。
議会がこんな土人如きの話で前進しないのは、時間と経費の無駄だ。
劣化が激しすぎる。税金ドロボー。
katachi |  2016.10.27(Thu) 00:12 |  URL |  【コメント編集】

★県外の基地外

県外の基地外テロリスト集団、何が市民ですか(笑)
県外の基地外テロリスト集団を、守るお仲間も、お里が知れます、テロリスト集団の仲間なら、もうバッヂなんかいらないでしょう(笑)

http://otokogumdoronikazu0000000.blog.jp/

http://wwwjtheravadanetsatoutesuroushibuykusyogaisyaombudsman0000.dreamlog.jp/

http://sesesekurokawashigeru.blog.jp/
政界ウォッチャー三十年 |  2016.10.27(Thu) 02:59 |  URL |  【コメント編集】

マスゴミ、メデタイアらはまだまだ日本国民を騙せると、馬鹿にしているのか。
まだまだ報道しない自由行使中か。本当に要らない「知的財産」。
いい加減、沖縄(だけではないが)の幟や横断幕の支那朝鮮語を載せろよ。ニュースには動画で流せよ。
誰が誰を「戦争にゆかせない」(本当にこう書いてあった)のか、幟を立てている輩に訊いてくれよ。
大和の国の日本人 |  2016.10.27(Thu) 11:22 |  URL |  【コメント編集】

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-383010.html
所詮琉球新報の記事だから程度が知れてるけど「相手をいかに挑発し暴力を使わせるかが大事」
とよくもまあこんな理論を堂々と載せられるなと。厚顔無恥も甚だしい。
定時で上がり |  2016.10.27(Thu) 19:39 |  URL |  【コメント編集】

イヤイヤ、呆れ果てる恵何某って、奄美の人で、特定の宗教関連の絡みあるでしょうが?普通の沖縄の人から、
遠い人種だし。
ライアー |  2016.11.03(Thu) 22:23 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4128-861a915e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |