2016.10.05 (Wed)


憲法に家族の助け合い要らないと蓮舫がアベ批判


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

日本の家族制度崩壊狙うサヨクの陰謀

 今日の参議院予算委員会で蓮舫民進党代表は安倍首相に対して自民党の憲法草案に「家族は助け合わなければならない」となぜ書いたのかと詰問した。
まったくの愚問である。

⇒TBSニュース(2016/10/5)
参院予算委で補正予算案審議、蓮舫代表が安倍首相と論戦


2016100501.jpg

 国会です。今年度の第2次補正予算案は参議院に舞台を移して審議が始まりました。民進党の蓮舫代表は代表に就任して以来2回目の安倍総理との直接対決に臨みました。国会記者会館から報告です。
 参議院予算委員会で民進党の蓮舫代表は、自民党の憲法改正草案で「家族は助け合わなければならない」などと規定した理由について安倍総理を質しました。

 「助け合わなければならない、これを憲法に規定するというのは具体的にどういう意味合いなんでしょうか」(民進党 蓮舫代表)

 「我が党の草案についてですね、逐条的にお答えする、これは行政府の長としては立場にはないということを申し上げているところでございます」(安倍首相)

 「いや逃げないでいただきたいんですが。なんで家族を憲法にあえて入れたんですかと聞いてるんです」(民進党 蓮舫代表)
 「その議論そのものについては私は本来議論する場はですね、憲法審査会でこの議論をぶつける場であろうと、私はここで自民党の憲法改正草案についてそれを解説する立場にはないと」(安倍首相)

 蓮舫代表が何度も、自民党憲法改正草案の24条で「家族は助け合わなければならない」なとど規定した理由について質しましたが、安倍総理は、行政府の長であるので解説する立場にないとして、重ねて憲法については憲法審査会で議論すべきという考えを示し、議論は平行線のままでした。
 また、これに先だって蓮舫代表が永田町で取り沙汰される来年1月の衆議院解散について質したのに対し、安倍総理は「現在全く考えていないが、その時に適切に判断したい」と述べました。


(引用終わり)

自民党が家族の大切さをいちいち憲法に記入しなければならないという日本の現状がむしろ問題である。

戦前の家族制度は日本の文化を継承してきた。
日本の底力は家族制度に源泉があると気付いたマッカーサーの命令で戦後、日本の家族制度を崩壊させようとした。
コミンテルンがこれに乗じて加担した。

いま日本で起こっている悲しい社会現象の大部分は伝統的な家族制度の崩壊によるものである。

●家族から離脱したホームレス(無職のルンペン)
●彼らの不法行為の見逃し(公園や河川敷の不法住居)
●家族から見放された孤独死の増加
●安易な親殺し、子殺し、友達殺しの増加
●安易な男女関係と愛人殺し、私生児殺しの増加
●シングルマザーの称揚(テレビメディアが持て囃す)
●安倍政権の「女性の社会進出」の過度な強調
●家庭を守る主婦を軽視
●その結果の配偶者控除の廃止(【追記】10月6日見送り決定)
●婚外子と正嫡子の遺産相続の平等化判決(司法の左翼化)
●夫婦別姓推奨
●戸籍制度の否定
●同性婚の承認(東京渋谷区などでの市民権付与)
●LGBTの不必要な強調


などなど。
順不同で思いつくだけでもこんなに沢山ある。
自民党が三代一緒に住める家を新築した場合は税制の優遇措置をすると提案したら、贅沢だと野党が批判した。
玄関が二つあるとは何事だと。
折角の妙案を野党が潰した(らしい)。
その後。、この話はとんと聞かない。
ウチの近所では入居当時は若かった夫婦も今は年老いて、二世帯住宅に改築して玄関が二つあるのをよく見掛ける。
ジジババと若夫婦と孫の三世代が居間で一緒にくつろぐ姿は想像しただけでも微笑ましいではないか。

「家族制度の崩壊」でググッたら過去の自分のブログ記事が出てきてしまった。

⇒「家族制度崩壊狙う朝日新聞」(2015/2/24)

「家族は助け合わなければならない」どという当たり前のことを、いちいち憲法に書かなければならないこと自身が誠に情けないことなのである。

明治天皇の教育勅語・・・
「汝臣民、父母に孝に、兄弟に友に、夫婦相和し、朋友相信じ・・・」
をマッカーサーが日本の学校教育から奪い去ってしまったことに全て起因する。

家族の崩壊を狙うのは日本をダメにしようとする反日勢力の工作員であると見て間違いない。
二重国籍の責任をいまだ取らずに、アゴラの公開質問状にも答えようとしない非日本人の蓮舫だけには言われたくないものである。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:15  |  民進党の正体  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

憲法は ”コンスティテューション(意味=体質)”と言う。つまり国の体質を書いた物です。
最初は国制と訳していた。

日本は大昔から家族・親子をものすごく大切にしてきた。
そんなことは明治憲法の時代は当たり前のことだったので書かなかったが、今 家が壊れそうになっているので憲法に書きいれるのは当たり前だ。
保守派の中にも このことに反対するものがいるが、コンスティテューションの意味がわかっていない。
八目山人 |  2016.10.06(Thu) 07:05 |  URL |  【コメント編集】

★家族は最小の助けあい

スウェーデンでは、社会民主主義の行き過ぎで、家庭崩壊が酷く見直しが議論されています。
年老いた、祖父母を施設に入れ見舞いにもこない、人間として冷酷ですね、昔テレビでスウェーデンを扱った番組で、施設の老人に、今まで一番変わった時はなんですか?とインタビューした時、第二次世界大戦でもなく、老人の方が涙ぐみ、家庭が崩壊したと答えていたのを覚えています。
日本も崩壊の危機にどう対応すべきか、危路です。
政界ウォッチャー三十年 |  2016.10.12(Wed) 15:28 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4095-6c737105

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |