2016.10.03 (Mon)


「総立ち拍手」をテレ朝「報ステ」も批判の愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

下地・足立日本維新の会議員の質疑をスルーする反日テレビ

 TBS「サンモニ」に続いてテレ朝「報ステ」も海保・警察・自衛隊への自民党議員全員の「総立ち拍手」を批判した。
民主党政権初のルーピー鳩山の国会演説の後の民主党議員の「総立ち拍手」の時は自民党もメディアも一切問題にしなかったのに、なぜ安倍政権での「総立ち拍手」を批判するのか理解できない。

やはりTBSが批判したように「暴力装置」の日頃の貢献を賞賛したことが問題であるらしい。

テレ朝「報ステSunday」(2016/10/2)
"総立ち拍手"批判に総理は


 民進党のモナ男は衆院予算委員会での質問の冒頭に「民進党は批判だけにとどまっていると国民にみられている側面がある。変わらなければならない」とイイカッコシイをしたのも束の間、「総立ち拍手」を執拗に批判した。
そして終わってから「『民進党ここにあり』というのを示せた一日だった」と記者会見で威張って見せたのはお笑いだった。

平石直之(サブキャスター)
「この立ち上がっての拍手ですが、結構長い時間続いたんですけどねえ。後藤さん、どう思いますか?」

後藤謙次(ジャーナリスト)
「この拍手はですね、総立ち拍手ですけども、違和感を感じるのは拍手を送っている先なんですね。あの自衛官や海上保安官のみなさんに送ってるというよりは、安倍総理に送ってる拍手という所に多分みんな違和感を感じていて、議員てのは一人ひとりが多くの票を獲得して国会に出て来てるんですね。ところが、あの姿を見ると主体性というものがまったく感じられないですね。
それが自民党には全く対立意見が出ない。自民党の空気というか弛緩した多数を制した自民党の緩んだ空気て言うのがあの議場に反映された
その意味で違和感を持っていてですね、もっと民進党もうまく攻めなきゃいけなかった場面ですね、あれは」

久富慶子(キャスター)
「あー」

平石
「ねえ」


 安倍総理に起立拍手していると勘違いしてるのは、安倍総理に対する「劣等感」のせいだと後藤謙次の解説で初めて分かった。
だから劣等感を持つモナ男も「どこかの国のようだ」と批判したが、安倍総理に「どこかの国とはどこの国か」と逆襲されて答えに詰まってしまった。
「北朝鮮とか中国」と答えればよかったではないか。

TBSは国会論議の本質的な部分を視聴者に伝えようとせずに、面白おかしい部分だけ取り上げて報道している。

TBS「Nスタ」(同上)
自民党憲法草案で激論
「僕ちゃん知らない」で応酬

長妻昭(民進党)
「自民党の責任者としてなぜこういう草案を出されたのか」

ナレーション
「長妻議員は『より人権が制約される』と心配を持っている方がたくさん居ると批判」

安倍総理
「まず事実誤認がありました。私が自民党憲法草案を出された。どこに出したんですか?」

民進党席からの野次
「世に出した!」

安倍総理
「世に出したのは私ではありません。谷垣総裁の時に出した・・・」

長妻
「何だかよく分からない答弁でございました。これ総理ですね、谷垣総裁の時に作ったものだから、世に出したものだから『ボクちゃん知らないよ』と・・・」

安倍総理
「『谷垣さんの時に決めたんだから僕ちゃん知らないよ』なんて私一言でも言いました?まったく言ってないことを言ったのごとく言うというのは、これはデマゴーグなんですよ」

ナレーション
「安倍総理は自民党法案に付いて、『基本的人権については全く立場が変わらない』と強調した上で逐条的な解釈は憲法調査会でご議論頂きたい』と改めて述べたのに対し、長妻議員は『説明できないならデマゴーグという誹謗中傷は撤回してください』などと迫るなど、激しいやり取りが続きました」


長妻議員も言い方がゲスの極みである。
論議の本質からはずれたところで応酬している。
テレビのライブ放送で視聴者を意識した民進党得意のスタンドプレイである。

憲法問題の逐条的な論議は予算委員会ではなく、憲法審査会で行うという安倍総理の答弁は正しい。

こんなことより、下地幹郎議員(日本維新の会)が民進党の蓮舫代表の名前を引用して、二条国籍がなぜ問題なのか分かりやすく説明したことの方が大切である。
二重国籍者は日本のパスポートで例えばアメリカに行き、そこから中国や北朝鮮にそれぞれのパスポートで入出国して、また日本のパスポートを使って日本に帰国した場合は、この二重国籍者がどこの国に行ったのか分からないという例を説明した。
スパイには絶好の条件である。

⇒衆議院インターネット審議中継(20106/10/3)

2016100301.jpg

民進党殺しの足立康史議員は・・・

「日本維新の会は憲法改正を掲げて改正に必要な3分の2の議席を獲得した。
逆に言うと岡田民進党は『3分の2を阻止する』と言ってポスターを貼りまくった。
あのポスターを実現できなかったのは民意だと思う


と発言。
第一、「3分の2を阻止する」なんて政策でも何でもない。
民進党のアホさ加減丸出しというところである

足立康史(日本維新の会)
「何としても安倍総理がいらっしゃる間に憲法改正を実現していきたいと個人的には深く思っています」


こういう質疑を何故テレビで放映しないのか。
インターネット審議中継かユーチューブでしか見られないのである。
反日既成メディアを打ち砕くのはまさしくネットメディアである。

【追記】
門田隆将氏も産経新聞で次の様に書いている。
蓮舫の発言が二転三転したことを簡潔にまとめて、それを擁護する朝日と毎日を批判している。

産経新聞(2016/10/2)
【門田隆将の新聞に喝!】
新聞は蓮舫代表の二重国籍問題を正確に報じたか? 重要なファクト隠し論点をすり替えた「朝日」「毎日」 

 新聞は、ファクト(事実)を正確に伝えているだろうか。それとも論点をすり替えることに加担しているのか。
 久々に、そんな興味深い考察をさせてくれたのが、ネットから発信されて広がった蓮舫氏の二重国籍問題だった。国会が開会となり、与野党の論戦が始まった今、その視点でもう一度、この問題を振り返ってみたい。

 言うまでもないが、日本の国籍選択は、国籍法第14条によって規定されており、「二重国籍」は認められていない。また、外務公務員法には「外務公務員の欠格事由」の項目があり、二重国籍は厳しく戒められている。
 しかし、蓮舫氏は、二重国籍を隠したまま、参院議員に3度当選し、平成22年には、行政刷新担当大臣という閣僚の座にもついていた。16年の参院選の選挙公報には「1985年、台湾籍から帰化」と書かれており、これは公職選挙法の経歴詐称にあたる。また、ネットの告発を契機に過去の蓮舫氏の発言も次々と明らかになった。

「(日本の)赤いパスポートになるのがいやで、寂しかった」(朝日 4年6月25日付夕刊)

「そうです。父は台湾で、私は二重国籍なんです」(週刊現代 5年2月6日号)

「在日の中国国籍の者としてアジアからの視点にこだわりたい」(朝日 5年3月16日付夕刊)

「だから自分の国籍は台湾なんですが、父のいた大陸というものを一度この目で見てみたい、言葉を覚えたいと考えていました」(「CREA」 9年2月号)


 …等々、かつて、蓮舫氏は、二重国籍を隠すことはなく、堂々とこれを表明していた。つまり、蓮舫氏は、「うっかり手続きを怠っていた」のではなく二重国籍を認識し、その上で国会議員となり、閣僚となっていた。そして今回の告発がなければ、二重国籍のまま自衛隊の最高指揮官であり、外交責任者たる「総理」を目指す野党第一党党首となっていたのである。問題の核心は、ここにある。

 では、新聞はこれをどう伝えただろうか。この核心をきちんと報じていたのは、読売と産経2紙だけで、ほかはこれらの重要なファクトを隠した上で、〈「純粋な日本人」であることは、それほど大切なのだろうか?〉(朝日 9月25日付)〈根底には純血主義や排外主義、民族差別意識があると感じる〉(毎日 同21日付)といった具合に論点はすり替えられた。
過去の蓮舫氏の発言を紹介し、二転三転する同氏の発言を正確に報じなければ、読者に論点は見えてこない。今回もそれらを補い、本質的な論争は、すべてネット上でくり広げられた。そこに生じたのは、ネットでも情報を取得する層と、新聞やテレビのみにこれを頼る層との圧倒的な意識の乖離(かいり)である

 国民にとって、新聞は、もはや必要不可欠な存在なのか。そんなことまで考えさせてくれた蓮舫氏の二重国籍問題だった。


(引用終わり)

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:26  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★叉もノーベル賞おめでとうございます。

単独受賞だそうで、起立して拍手ものです。(スタンディングオーベーション)
韓さんは、またも指をくわえてと言う何時ものスタイルですか?
日本は、どうしようもなく優れているんでしょうね~。
韓さんチャイナさんお先にです。
25個目ですよ。日本単一民族、世界で第2位です。
アメリカと違って日本は、移民は、不向きです。
人数だけ揃えることに疑問。
1位は、言わずと知れた人種の坩堝アメリカです。人種的には白人系でアシケナージユダヤが多いでしょう。
ノーベルもアシケナージ系ユダヤ人。
ノーベル賞も偏りが見られますね。
katachi |  2016.10.03(Mon) 23:04 |  URL |  【コメント編集】

今日の国会も酷かった。
すりかえ、逆切れ、質問返し。
建設的な議論をしてほしい。
 |  2016.10.04(Tue) 00:09 |  URL |  【コメント編集】

死人に口なし?谷垣さんに押し付けるのはちょっと…ノブテルみたいなこと言われちゃうとがっかりだよね。
今の総裁は安倍さんで、今の自民党があの草案を推しているんだから、
「これをベースに議論を進める」って言った手前やっぱ説明しないとまずいんじゃない?

あと二階が「外交で活躍している総理に敬意を表した」とか記者会見で言っちゃったでしょ。
二階らしいゴマすりだろうけど、マスゴミ連中はあの発言があるからあげつらうんだと思う。
地方紙の一面コラムとかにも総理への拍手って書いてあるもん。
やじうまでした |  2016.10.04(Tue) 00:24 |  URL |  【コメント編集】

民進党はいにしえの社会党に先祖返りですな。とにかく全員落選して早く絶滅すればいいのに。それよりも維新が第二党になって国民のための実りのある国会議論を早く見たいものです。
 |  2016.10.04(Tue) 12:26 |  URL |  【コメント編集】

テレ朝・TBSのニュースショウは観ない。イデオロギー脚色が表に出すぎだ。
NHKも挟み込んで放映する。ニュースはNHKのデジタルで読む。
そしてネットで確認することにしている。
このブログで朝日・TBSのニュースショウを読みとやっぱりなーと確信する。
それにしても国会での民進党のお粗末さはあきれるばかりだ。
愚門しか発言しない民進党につきあわされる安倍首相も気の毒だ。

名無しさん@ニュース2ch |  2016.10.04(Tue) 12:45 |  URL |  【コメント編集】

民進党と社会党がダブって見える
消えていくんだろうな
匿名 |  2016.10.05(Wed) 22:58 |  URL |  【コメント編集】

★指定暴力団民進組の機関紙ども

放送法と電波法にあぐらをかくマスゴミは、解散を!
特に電波法の格安さは大問題、電波法改正でオークションにして、マスゴミにも、巨額な使用料を払わせるべき、また新規参入で様々なメディアを、参加させるべきです。
政界ウォッチャー三十年 |  2016.10.12(Wed) 15:55 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4092-299b16ba

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |