2016.09.30 (Fri)


蓮舫代表の国家意識と国会衣装を批判せよ


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

国家への帰属意識や愛国心を軽視する野党

 蓮舫民進党代表の二重国籍問題はガソリーヌ山尾の不正問題のようにこのまま終息してしまうのだろうか。
もしそうだとすれば日本人特有の熱しやすくて冷めやすいという国民性が露わになったといえる。

 しかし、識者はこの問題の本質を問いかけている。

「戦後日本の野党勢力は、国家への帰属意識や愛国心を軽視している」というのである。
リベラル派は国家という概念を嫌い、「国民」を「市民」と呼ぶ。
国家は「市民」を圧迫する悪しき権力であるというステレオタイプの発想である。
しかし国民の集合体が国家であり、国民の平和を乱すものがあれば国民(国家)は銃を取って戦うの当然である。
憲法9条は国民が銃を取ることを否定し、死ねと言っているのである。

⇒産経ニュース(2016/9/28)
「日本帰属意識が希薄な野党政治家」「脆弱な戦後日本のリベラル派」蓮舫氏の二重国籍で露呈


2016093001.jpg
参院本会議に臨む民進党の蓮舫代表=28日午前、国会(斎藤良雄撮影)

 蓮舫氏の二重国籍問題について私が一番深刻だと感じたのは、蓮舫氏自身、また民進党や共産党などの野党政治家が、ナショナル・アイデンティティー(日本への帰属意識)の大切さをほとんど認識していないことです。

 今回の騒動を見る限り、蓮舫氏が日本に強い帰属意識を持ち、専ら日本の国益のために働く存在なのかどうか疑わしく感じざるを得ません。蓮舫氏は、国籍を取得し、法的には日本人になった後も「私は帰化しているので国籍は日本人だが、アイデンティティーは「台湾人」だ」(『週刊ポスト』2000年10月27日号)などと語っています。蓮舫氏は、政治家となって以降、日本以外を利するように働いたことはないと主張しています。それでも、自身のなかでナショナル・アイデンティティーがどのような変化をたどり、現在、いかなる状態にあるのか国民にしっかりと説明する責任があるはずです。

 私がこのように述べれば、「右翼的だ」「排外主義だ」と反発する向きもあるかもしれません。

 だが、そうではないのです。民主政治の質を高めるためにも、政治家が確固たる愛国心の持ち主だと示すことは大切なのです。蓮舫氏のように野党第一党の代表にとって、この点はとりわけ重要です。野党の仕事は、時の政権や政策の批判です。その欠陥を指摘し、国民に広く知らしめ、より真っ当な政治へと導くことです。国民一般が野党の批判に耳を傾け、それを真剣に受け止めるようにするには、批判は、外国勢力の影響や党利党略、偏ったイデオロギーなどからではなく、日本という国家や国民の将来を一心に慮(おもんばか)る気持ちから出ているのだと国民一般が確信できるようにしなければなりません。多くの国民が、野党も日本を愛し、国家・国民の行末を真剣に考えているのだと信じるようにならない限り、野党の政権・政策批判は国民一般には届きません。これはちょうど、自分自身のことを本当に思ってくれてのことだという確信を持てない限り、人は他者からの批判や忠告をあまり傾聴する気にならないのと同様です。

戦後日本の野党勢力は、国家への帰属意識や愛国心を軽視する傾向が顕著でした。蓮舫氏の今回の騒動も、日本維新の会は例外ですが、民進党などの野党陣営はあまり問題視していません。例えば、民進党の岡田克也前代表は「お父さんが台湾出身で、女性であることは多様性の象徴であり、民進党代表としてふさわしい」と的外れな発言をしつつ、蓮舫氏を擁護しました。国籍やそれが象徴する国家への帰属意識、愛国心の有無などの重要性をまったく理解していないことの表れでしょう。

 私は、ここに、戦後日本の左派(リベラル派)の脆弱(ぜいじゃく)性を見いだします。民主党が、政権を担ったにもかかわらず、すっかり国民の信頼を失ってしまった大きな原因もこの点にあるでしょう。

 二重国籍問題に対する野党の対応を見る限り、彼らの多くは相変わらず愛国心や帰属意識を軽視し、国家という枠組み自体に疑念を抱いているようです。これでは、野党陣営の批判が国民一般に真剣に受け止められることは難しく、その結果、日本の民主政治の機能不全も続くでしょう。

 「グローバル化」に踊らされ、格差社会化が進み、国民生活の基盤が揺らぎつつある日本にいま必要なのは、確固たる愛国心や国家への帰属意識を備え、国民に信頼される健全な左派政党(福祉重視の政党)のはずです。残念ながら民進党には期待できないようです。
 【プロフィール】施光恒(せ・てるひさ) 昭和46年、福岡市生まれ、福岡県立修猷館高校、慶應義塾大法学部卒。英シェフィールド大修士課程修了。慶應義塾大大学院法学研究科博士課程修了。法学博士。現在は九州大大学院比較社会文化研究院准教授。専攻は政治哲学、政治理論。近著に『英語化は愚民化』(集英社新書)。

(引用終わり)

  昨日の国会では共産党の市田副委員長が安倍首相に対し「南スーダンへの自衛隊派遣は『殺し殺される危険がある」と糾した。

⇒テレ朝ニュース「殺し殺される…」南スーダン派遣の自衛隊巡り激論(2016/9/29)

安倍首相は勿論、「殺し殺され」などという、おどろおどろしいレッテル貼りは全くの的外れだと切り返した。

NHKの討論会で共産党の委員が防衛費を「人殺し予算」と発言して番組終了まで訂正しなかったが(この時、出演者全員がこの発言を咎める中、民進党のガソリーヌ山尾だけノホホンとしていたと批判された)、このような偽平和主義が日本を滅ぼすのである。

 さて最後に言いたい事はこのことである。
上に見られる蓮舫民進党代表の衣装である。
国会に出席する「いでたち」である。
耳には大きな二個のビアス、腕輪、ドレスの襟の派手なビジュー。
スケートの羽生選手じゃあるまいし、国会では不似合いで場違いな衣装である。
さらに、足元のサンダル風の履物に見えた爪には真っ赤なペディキュアがされていたという。

福井の国産品の宣伝のために履いた稲田防衛相の網タイツをパヨクがシツコク批判するなら、この蓮舫の場違いな衣装こそ批判されるべきではないか(笑)

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

08:33  |  民進党の正体  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

蓮舫に日本への帰属意識を求めることは意味がないでしょう。シナ共産党
の回し者でしかないのです。シナでは蓮舫が民進党の党首になったことを
大喜びしているでしょう
おっさん |  2016.09.30(Fri) 09:14 |  URL |  【コメント編集】

★野党は、真っ先にオリンピックを否定しなければいけない。

国家意識・国家帰属を持たないリベラルは、オリンピックを最も忌み嫌うべき存在ではないのか?
国旗掲揚、国の威信をかけて戦う競技なんて、奴らにとって矛盾での何ものでもない。
そう言う意見は、野党から出てこない。
NHKは、日本の国旗が揚がる時は、スルー国歌もスルーしてしまう。
視覚的に国を薄めている。
日本には、解体すべき組織が沢山ある。
その中の一つNHKが、筆頭である。
katachi |  2016.09.30(Fri) 11:50 |  URL |  【コメント編集】

 NHK、朝日新聞、共同通信社、電通。

 真っ先に解体、遺棄する対象が以上の4つである。
tbsasahinhk |  2016.09.30(Fri) 12:44 |  URL |  【コメント編集】

★半島の血で染まった

施光恒氏の引用文は正しくその通りです。
いわゆる団塊世代といわれるひとりですが今やわずかな年金生活者でも
ありますがふざけた社会になりました^^
我々の時代には非正規雇用などという言葉も無かった・・・・・

その昔、松下政経塾といえば日本国家を憂い優秀な経済人、政治家を
輩出すると期待されていたが、今思えば半島の血を引くのが潜り込み
今や政治屋稼業とし君臨する始末・・・・・

我が日本国はパチンコを筆頭にマスメディアそれら半島の血ですっかり
汚染されてしまった、一刻もはやく真の日本を取り戻さなくてはならない。

山梨県民 |  2016.09.30(Fri) 13:20 |  URL |  【コメント編集】

「レッテルはり」じゃなく「煽情的な表現」でしょ

テレビでこの答弁見てた安倍ファンの高齢父親が
この言葉を聞いて顔をしかめていました

「ブーメラン」「レッテルはり」など
ネット見たことない人でも
ネット俗語だとわかるような言葉は使わない方がいい
秀才官僚が書いた原稿とは思えない
嫁 |  2016.09.30(Fri) 15:40 |  URL |  【コメント編集】

★ネット俗語?

ブーメラン、レッテル貼りは新聞や新聞のメディアでも使ってますよ(笑)
優秀官僚の書いた作文を棒読みするより言葉が活きていてよっぽどいい。
ponko |  2016.09.30(Fri) 19:33 |  URL |  【コメント編集】

★高齢のおとうさま

蓮舫のけばい衣装のほうに顔をしかめましょうね。
弓取り |  2016.10.01(Sat) 00:25 |  URL |  【コメント編集】

★二重国籍には忠誠の誓いと反した場合国籍剥奪を

忠誠心なき帰化人は、敵とみなされても仕方がない、いつ寝返るかわからない危険分子、欧米でも帰化には忠誠の誓いがあり、かつ二重国籍を認めない方向に向かっています、偽装難民とテロリスト、また各国でコミュニティを作り乗っ取り寸前、まあ日本人の甘さも問題ですが。
政界ウォッチャー三十年 |  2016.10.12(Wed) 17:20 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4087-ef864098

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |