2016.09.22 (Thu)


ミャンマーの国防相が稲田防衛相に植民地からの解放を感謝


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

ミャンマー(ビルマ)の独立を助けてくれたと

 稲田防衛相がミャンマーの国防相との会談で、旧日本軍が英国軍を駆逐してビルマを独立させてくれたと感謝された。
旧日本軍がアジアの植民地解放に大いに寄与したことは教科書でも取り上げないから大多数の日本人は知らない。
慰安婦を陵辱したとか反日左翼勢力が声を大にしてネガティブキャンペーンをするから、過去の贖罪をしなければならないと思っている。

産経ニュース(2016/9/21)
ミャンマー国防相「旧日本軍の独立支援にいつも感謝」 稲田朋美防衛相と会談

 稲田朋美防衛相は21日、ミャンマーのセイン・ウィン国防相と防衛省で会談し、中国が強引な海洋進出を続ける南シナ海での法の支配の重要性について一致した。セイン・ウィン氏は「わが国の独立の歴史において、日本と旧日本軍による軍事支援は大きな意味があった」と感謝した。稲田氏は「両国は歴史的にも大変深い絆で結ばれている」と応じた。
 セイン・ウィン氏は「アウン・サン将軍が『ビルマ独立義勇軍』(BIA)を設立し、BIAと日本軍が英国の植民地支配を打ち倒した。ミャンマーは日本兵と日本に対し、いつも感謝している」と繰り返した。
英国による植民地統治時代のミャンマー(旧ビルマ)は、旧日本軍から支援を受けたアウン・サン将軍らが1941年にBIAを設立し、英国軍と戦って43年に「ビルマ国」として独立。その後、再び英国領となったが、48年に「ビルマ連邦」として独立した。


(引用終わり)

20160922015.jpg

「アジアの解放、本当は日本軍のお陰だった!」(高山正之 2014/12/22)
「ひと目でわかる『アジア解放』時代の日本精神」(水間 政憲 2013/8/18)

などアジア解放に日本軍が尽くした記録は多数出版されている。

 しかし朝日新聞は日本人に贖罪感を埋め込もうと必死である。
産経新聞が「歴史戦争」と題して戦後日本人の間違った歴史認識を正そうと連載をしているのに対し、朝日新聞はこの夏から「日本帝国」が如何に近隣諸国を植民地化したか、そして敗戦の末660万人の日本人が日本に引き揚げたかと特集している。

⇒朝日新聞(2016/8/26)
植民地支配の記憶の中で 帝国の解体


この1ヶ月前の朝日新聞の記事をなぜか昨日、スマホ向けのスマートニュースは載せた。
この旧日本軍が支配した過去の地域の地図はあたかも南シナ海を支配しようとする中国を思い浮かばせる。
朝日新聞の意図はそこにあるのだ。

いま引用ししようとしたら既にスマホからは削除されている。
スマートニュース前にも書いたが、産経新聞の記事も載せる一方でそれ以上に沖縄タイムズや琉球新報などの沖縄二紙や本土の大部分の左翼新聞の記事を載せている。

日本人は過去に悪いことをしたのだという贖罪感を日本人に埋め込んで二度と立てないように画策する中国や韓国の手先になっているのが日本の反日左翼メデイアである。

【追記】ちなみに21-22日のスマートニュースの「政治」記事ソースをカウントしてみた。

①毎日新聞 15
②朝日新聞 12
③琉球新報  7
③ブロゴス  7
③産経新聞  7
⑥北海道新聞 5
⑥時事通信 5
⑦共同通信 4
⑦日刊ゲンダイ 4

日によって多少のバラツキがあるものの大体こんな調子である。
産経新聞を除けば、みんな左である。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

16:09  |  いい話  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

ミヤンマーと韓国との違いですね。
日本の中にも韓国と同じような人間がわんさといるから始末が悪い。
マスコミはNHKを始め左へ狂いまくっています。
NHKへの受信料の支払いはこれを助長しています。このことを早く理解し
て受信料の支払いは止めるべきでしょう。
おっさん |  2016.09.22(Thu) 18:39 |  URL |  【コメント編集】

★情報戦・歴史戦の「戦場」はどこか?

メディアは、絶対不利だった日本の防衛線の拡大は侵略扱いし、欧米列強による植民地支配からの解放は、アジア人すべてへの虐待にすり替えてしまいます。
解放されたアジア人の事実の証言や感謝の気持ちはもみ消し、それどころか気高い日本の先人の行為を、悪玉に仕立てあげます。

反日サヨクメディアは、こともあろうにお客様である一般日本人に対して、大人にも子供にも男女性にも関係なく、無差別に歴史戦・情報戦を仕掛けてきたのです。しかも、莫大なカネを稼ぎながらです。
新聞記事やルポや社説の偏向もそのため。テレビ番組つくりでも、露出させる「評論家」も「学者」のたぐいも、たいがいサヨク仲間です。

そんな情報戦の「戦場」はどこか?新聞テレビますメディアにちからを握られている限り、日本全国の津々浦々が、サヨクの情報戦の戦場にされてしまいます。
弓取り |  2016.09.23(Fri) 00:46 |  URL |  【コメント編集】

先日の共産党大会で志位委員長自ら25年対比で党員数▲5.2%
赤旗▲7.4%党員構成中心=団塊世代だと発表した。
何か朝日新聞とダブってしまう。
若年層は朝日なんて読んでない。当然だろう嘘捏造は当たり前だ。
反省すらない。購入対象も団塊以上が主体だろう。ここらが段々と
鬼籍に入っていく。部数減少に弾みがつくことだろう。
名無しさん@ニュース2ch |  2016.09.23(Fri) 10:11 |  URL |  【コメント編集】

ベトナムの日刊紙「トゥオイチェー」が7日間にわたってベトナム戦争での
韓国軍による虐殺などを報じた。ベトナムでは政府がこういう記事を書くことを押さえてきたが7日間も特集で報じたということは当然、政府の了解が
あってこそ報じることができる。
朝日・毎日・東京・北海道・神奈川など左派新聞は絶対に報道しないだろう。
もちろんNHKも報道しないだろう。

名無しさん@ニュース2ch |  2016.09.23(Fri) 10:23 |  URL |  【コメント編集】

★反日の巣窟琉球新報

 高校生の時、海上自衛隊練習艦隊が戦後初めて那覇港に寄港したが、この時の音楽隊の演奏会が行われたのが琉球新報ホールである。信じ難い事であるが、この時の琉球新報は至極真っ当な新聞社だったと言う事である。所が、祝福すべき祖国復帰が実現するや本土左翼勢力の毒牙に飲み込まれ、今では沖縄独立をも扇動する反国家・反日の売国・左翼新聞になっているのがこの新聞社である。その中で、同紙が執拗に記事として取り上げ、県民を洗脳しているのが「日本軍罪悪史観」である。実際はなかったことが既に明らかになっているのに、今なお集団自決を日本軍の責任にし、「集団死」と言う言葉まで捏造している。
 この新聞社には、真実を報道するという報道機関としての自覚が全く存在しない。まるで、当時の沖縄戦は沖縄県民と日本軍との戦いであったかのようである。連日執拗に報道される琉球新報は、沖縄県民に多大の影響を及ぼしている。その結果の一つが、国防を無視し、シナに抗議一つ出来ない翁長知事の誕生であることは言うまでもない。
 当方の母の話から聞く当時の日本軍(母がいた島では友軍と呼称)は、住民との関係は良好であり、当時若かった母は良く兵隊に可愛がられていたとのことである。琉球新報よ!嘘ではなく、本当の真実を語れ!そうすれば、当時精強であった日本軍が、如何にアジアの植民地解放に尽力したかが自ずと分かるはずである。記事を見て、ミャンマー軍では今も行進の時に軍艦マーチが流れていることを思い出した次第である。日本軍に感謝!
真珠湾 |  2016.09.24(Sat) 10:01 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4076-a4976d1e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |