2016.09.13 (Tue)


民進・蓮舫議員はやっぱり二重国籍だった!


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

それでも代表戦から降りないのか?

 今日、民進党の蓮舫議員が記者会見でついに自ら台湾籍であり日本国籍との二重国籍であると告白した。
ここまで蓮舫の説明は二転三転し、嘘の上塗りを続けてきた。

「私の記憶の不正確さで混乱を招いたのは申し訳ない」と詫びることで事態が収拾されたわけではない。

二重国籍であるならば、「日本に帰化した」と平成16年の選挙公報で虚偽の記載をしたことは明らかに公職選挙法違反であり、経歴詐称のかどで議員辞職しなければならない。

それを記者会見で「日本のためにしっかり仕事をしたい」とまだ立候補するつもりでいるのは鉄面皮であり、それを許す民進党も、気勢を上げる共産党と共に明らかに同罪である。

いずれにしても、あれほど嘘を重ねても反省の色も見せず、いけシャーシャーと笑いながら二重国籍を報告する蓮舫にますます憎悪の念が湧いた。

産経ニュース(2016/9/13)
民進・蓮舫代表代行、台湾籍認め謝罪 党代表選辞退はせず

 民進党の蓮舫代表代行は13日午前、国会内で記者会見し、日本国籍と台湾籍とのいわゆる「二重国籍」疑惑について「17歳のときに抜いたという認識だった台湾籍が残っていた」と明らかにし、「私の記憶の不正確さによって、さまざまな混乱を招いたことは、本当におわび申し上げたい」と謝罪した。
 蓮舫氏側は今月6日に台北駐日経済文化代表処(東京都港区)で台湾籍を放棄する書類を提出しており、手続きが進められている。
 立候補している党代表選(15日投開票)については「日本のためにしっかりと仕事をしたいという思いは変わらない」と述べ、辞退しない考えを示した。
 蓮舫氏は昭和60年1月に日本国籍を取得し、代表処で台湾人の父と放棄の手続きをしたと説明。関係者が今月6日に代表処で台湾籍の除籍を照会したところ、確認が取れず台湾籍を放棄する手続きも行った。蓮舫氏によると、12日夕に代表処から籍が残っている連絡があったという。
 蓮舫氏は会見で「17歳当時、父に確認すればよかった」と釈明。平成22年の菅直人内閣での行政刷新担当相就任や今回の代表選出馬に際して確認しなかったことに関しては「日本人だから、そこに制限はないと認識している」と述べた。
 この問題で、蓮舫氏は当初「生まれたときから日本人」と主張し、その後「法律的には昭和60年から日本人だ」と修正するなど、説明が二転三転。台湾籍の放棄が完了していたのか疑問視されていた。
菅義偉(すが・よしひで)官房長官は13日午前の記者会見で、蓮舫氏が台湾籍が残っていると明らかにしたことについて「議員自身で説明する問題だ」と述べた。


(引用終わり)

 この偽民進党の蓮舫議員の告白に、本物の台湾・民主進歩党の管碧玲立法委員(国会議員)が、「台湾は国家ではない」二重国籍ではないという自己弁護をしたことに腹を立てて、フエイスブックで「「冷酷すぎる女だ」と批判したが、すぐ削除した。

産経ニュース(同上)
【蓮舫「二重国籍」】
父親の“祖国”から「冷酷すぎる女」と非難された蓮舫氏

 【台北=田中靖人】民進党の蓮舫代表代行が台湾籍の保有を明らかにしたことを受け、台湾の中央通信社は13日、日本の報道を引用する形で、東京の台北駐日経済文化代表処(大使館に相当)が「中華民国籍をいまだに保有していることを伝えた」と報じた。
 記事は、蓮舫氏を15日の民進党代表選で「最も呼び声が高い」とした上で、「ただ、メディアやネットで『にせ日本人』だと疑われている」と問題の背景を説明。蓮舫氏が台湾籍の放棄手続きを取っていることも紹介した。
 一方、与党、民主進歩党の管碧玲立法委員(国会議員)は12日、フェイスブックで、蓮舫氏が11日の記者会見で「一つの中国」原則に基づき「台湾は国家ではない」と発言したと主張した上で、「冷酷すぎる女だ」と批判した。聯合報(電子版)が13日朝、報じた。
 管氏は13日午後現在、「誤解の可能性がある」として書き込みを削除しているが、情報は拡散。野党、中国国民党の寥国棟立法委員が13日の立法院(国会)の本会議で、「政府は抗議すべきだ」と問いただすなど、蓮舫氏の発言への関心の高さを示した。


(引用終わり)

今日の日本テレビ「情報ライブみやねや」は全員が蓮舫を擁護するトーンだった。
9月3日の同局の「ウェークアップ!ぷらす」での蓮舫の発言VTRを取り上げたが・・・

辛坊治郎
「分かりました。これに関してはデマだという事はお伝えしたいと思います」
の部分はカットした。
辛坊の「デマ」発言は間違っていたからである。
日テレずるいぞ!!

TBS「Nスタ」は蓮舫の会見ニュースを完全スルー。

テレ朝「スーパーJチャンネル」は冒頭に取り上げたが、「日本国籍を取得していれば日本での政治活動は法律上問題ない」(レイ法律事務所高橋知典弁護士)と説明。

現地レポート
「民進党内には『大臣までした人にこんな問題が起こるとは』『説明が二転三転して批判は免れない』という声が上がっています。
ただそれでも蓮舫氏の優位は変わらず、党員・地方議員などの票で大きくリードしています。

ただ蓮舫陣の幹部は『代表にはなれても、その後が大変だ』という嘆きの声も上がっています。
本来であれば蓮舫さんが先頭に立って舌鋒鋭く政府与党を徹底追及する戦略でしたが、まずは釈明から始めざるを得なくなりそうです。
普通は新体制になればお祝儀相場と言って支持率も上がることが多いのですが、党内からは今回はそれも期待できなくなったという恨み節も出て来る状況です」


当たり前である。

テレ朝「報ステ」(同上)

後藤謙次(ジャーナリスト)
「少なくともこれまで2回、蓮舫さんはこの問題を回避するチャンスがあった。一回目は国会議員に立候補する際、その時にキチッと調べておくこと。二回目は民主党政権で閣僚になった時。
この時は民主党の幹部も含めてそこに注意が行かなかった。
ある面で未熟さが露呈した。
 
 もうひとつ注目したのは、日本政府がこの問題についてずうっと沈黙を守っていた点だ。
ひとつは日中国交正常化が実現した時、日中共同声明に『ひとつの中国』というのが厳然と謳われている。
この問題を突き詰めていくと、この日中間の外交問題に発展しかねないということがあって政府は沈黙している。

もうひとつは、台湾の人達は非常に紳士的である。
東日本大震災の時、多大の義捐金を日本に贈ってくれた。こういう台湾の人達を大切にしたいという政府内の空気が今回の問題に投影されてたのではないか。
逆側から見ると日中関係そのものが非常に微妙な状況にあるということが浮き彫りになった」


なんだか曖昧な話にもって行きたいようだ。
蓮舫個人の経歴詐称と日中関係とは直接関係がない。
二重国籍について政府がいま静観しているのは、蓮舫が民進党の代表になったら徹底的に追求しようと手ぐすね引いて待っているからだろう。

10分後から始まるTBS「News23」がこの問題を果たしてどう報道するか見ものである。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:02  |  民進党の正体  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★脱税スパイ疑い

法務省や細田・ケントギルバート等が違法ではないと言い出した
日本は北朝鮮とも国交を結んでいない
夕刊フジの記事にあるように
野党のみならず与党・官公庁・マスコミ等に多数いるのではないか?
何らかの規制を設けた方がよくはないか?
 |  2016.09.14(Wed) 01:40 |  URL |  【コメント編集】

★蓮舫は、日本で利用できるか?

出来なければ、政界を去ってもらえ。
在日の特性は、特に特亜は、日本の為に利用できるか否に掛かっている。
たかられっぱなしは、相互的では無い。
日本の制度は、戦後かなりGHQによって歪められた。
創価を認可したのも元を糺せばロックフェラーのアメリカだ。
先進国は、創価をカルト扱いだが、アメリカはそうでは無い。
こんな歪んだ国を何時まで続けるのだろう。
小池氏は英断をふるって認可取り消しをしてはどうか。
小池氏は、その権限を持っている立場で有る。
創価が消滅すれば、司法・検察・警察・が正常化に向かう。
katachi |  2016.09.14(Wed) 08:52 |  URL |  【コメント編集】

★日本国の場合、(故意又は過失を問わず)二重国籍者は、日本国籍を剥奪されることとなります。

日本国の場合、(故意又は過失を問わず)二重国籍者は、日本国籍を剥奪されることとなります。
-----

内閣官房長官の菅 義偉先生はH28.09.07、内閣官房長官かつ内閣法制局担当なので、「一般論として申し上げれば、外国の国籍と日本の国籍を有する人は、22歳に達するまでにどちらかの国籍を選択する必要があり、(故意又は過失を問わず)選択しない場合は日本の国籍を失うことがあることは承知している」と日本国の公式法解釈を述べたわけです。

この日本国の公式法解釈に該当する二重国籍者は、日本国籍を剥奪されることとなります。

(注釈)
「一般論として・・・を失うことがある」=「原則として・・・を失うということ、基本的に・・・を失うということ」
A敦子 |  2016.09.14(Wed) 09:25 |  URL |  【コメント編集】

中国人は、価値観やモラル、民度などあらゆるものが日本人と正反対。金のためなら見えすぎたうそやホラ、捏造もかまわないのだ。
性質は韓国人と一緒だ。日本が援助し、工場を建てて技術や金を投入してきたことを中心に経済が発展してきたのに、感謝も恩も感じない。
中国共産党の世界革命のために、日本の技術と金を利用することが目的だったのだ。  sony sharp nec fujitsu toshiba
アメリカと肩を並べるようになったから、日本は用済みということだ。だから世界中で反日活動を展開するのだ。
お人よしの日本人が、在日コリアンに手玉に取られていることを見習った中国は、日本を徹底的にカモにしたのである。中韓は価値観や感情が日本人とまったく異なるのだ。
次は襲ってくるのはわかっているのだから、 攻撃されないように準備や根回しをするのは同然だ。
欧米、その他の国には、中国や韓国、朝鮮が、今の世界の価値観や法や倫理を無視した危険思想の国であることを明らかにして、国際的に対抗しなければならない。
中国が日本にとって必要不可欠な国ではない。相手は自由のない共産主義国家で洗脳された人間なのだ。
まともな交渉や商売はできない。まずは天安門事件を再発させて、世界の失敗モデルである共産主義の中国共産党を崩壊させなければならない。

090-5019-原口浩也-7878 |  2016.09.16(Fri) 16:54 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4061-39c4e6ac

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |