2016.08.15 (Mon)


天皇陛下は反省したが安倍首相は反省してないと朝日新聞


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

いい加減に自虐史観にオサラバしよう

 前エントリーでテレ朝が天皇陛下の「深い反省」を強調していたことに違和感を感じていたが、やはり朝日新聞が書いていた。

⇒朝日新聞デジタル(2016/8/15 21時29分)
天皇陛下、再び「深い反省」 改めて戦没者への強い思い


 天皇陛下が8日に「生前退位」をにじませたビデオメッセージを公表して以降、初めて公の場で述べる「おことば」は例年以上に注目を集めた。「過去を顧み」とさきの大戦をはじめとする戦争の歴史に言及。昨年の戦没者追悼式で新しく用いた「深い反省」の表現を再び選び、改めて戦没者への強い思いを明かした。
 昨年は戦後70年の節目とあって新しい表現が多く加えられたが、今年はその中から「深い反省」の表現が残った。1992年に歴代天皇として初めて訪問した中国での歓迎晩餐会(ばんさんかい)、94年に韓国の大統領を歓迎した宮中晩餐会で用いられた表現だ。
 「日本国憲法下で象徴と位置づけられた天皇の望ましい在り方を、日々模索しつつ過ごして来ました」。陛下は8日のビデオメッセージでそう語った。象徴として陛下がとりわけ重きを置いてきたのが、戦没者への慰霊だ。
 陛下は折々に「過去の事柄が正しく継承されること」の大切さを口にしてきたが、戦争の歴史が忘れ去られることに焦燥感を募らせているとも聞く。戦後70年に続いて「深い反省」を用いたのは、改めて過去に向き合おうというお気持ちの表れともいえる。(島康彦)


(引用終わり)

「戦争の歴史が忘れ去られることに焦燥感を募らせているとも聞く」と勝手に天皇陛下のご心中を推測している。
宮内庁よ、天皇陛下がこのようなサヨク新聞に利用されるような作文を書くな!

一方で、朝日新聞は安倍首相がアジア諸国に侵略した加害者として反省しなかったと安倍首相を批判した。

⇒朝日新聞デジタル(同上)
戦没者追悼式、首相が不戦の決意 加害と反省には触れず


 戦後71年の終戦の日となった15日、政府主催の全国戦没者追悼式が日本武道館(東京都千代田区)で開かれ、天皇、皇后両陛下が臨席して約310万人の戦没者を悼んだ。安倍晋三首相は昨年に続き不戦の決意を強調したが、アジア諸国への加害と反省には4年連続で触れなかった。
 追悼式には全国から約5300人の遺族らも参列した。安倍首相は式辞で「皆様の尊い犠牲の上に、私たちが享受する平和と繁栄があることを片時たりとも忘れない」と哀悼の意を表明。さらに海外に残された約113万柱の戦没者遺骨を念頭に「おひとりでも多くの方々が、ふるさとに戻っていただけるよう、全力を尽くす」と誓った。
 歴代の首相が踏襲してきたアジア諸国への「加害」と、それに対する「深い反省」や「哀悼の意」については、第2次安倍政権の発足以来、式辞の中で触れていない。安倍首相は昨年に続いて「戦争の惨禍を決して繰り返さない」との表現で不戦の決意を示した。
 正午の黙禱(もくとう)に続き、天皇陛下は「おことば」で昨年と同様に「深い反省」という表現を選び、「戦争の惨禍が再び繰り返されないこと」を切に願うと述べた。
 参列を予定していた5100人余りの遺族は世代交代が進む。20年前に1千人以上いた戦没者の妻は初めて一桁となる7人。子や孫は3千人を超え、全体の6割に達した。遺族を代表し、父親の瀬川寿(ひさし)さんがフィリピンで戦死した広島県東広島市の小西照枝さん(74)が追悼の辞を述べた。(久永隆一)


(引用終わり)

 戦後71年経っても自虐史観から抜けきれない日本。
それを日本人に意図的に押し付けようとするサヨクメディア。
その方が中韓北そしてアメリカにとって都合がいいからだ。

 私達はいずれ死ぬ。
しかしこれからまだ未来のある子供達や、これから生まれて来る子供たちにいつまでも戦後レジームを負わせていいのか。
いま生きている大人達にそれを否定する責任はないのか。
それには、まず朝日新聞などの反日メディアを叩き潰すことだ。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:45  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★日本にばかり反省を促すが。

最も戦争を好み殺戮して来た国は、アメリカではないのか?
アメリカのやる事は、全て正義と言わんばかりに反省と言う言葉を聞いたことが無い。
アジアで国として唯一アメリカと戦争したのはアジアで日本だけだ。
しかも戦争の武器も自前で揃えアメリカと互角の勝負をした。
それ以外のアメリカの戦争は、強引な介入として力でねじ伏せるやり方だが、どれも成功して居ない。
成功しない状態で地域が不安定化する事をアメリカは、歓迎している。
第三次世界大戦をどのように何処で起こすか常に可能性のある場所で試し不安定要素を作りだしている。
其の不安定が、頂点に達すれば作為的に見られない形で自然に戦争が勃発した様な姿に姿を変える。
その時点で画策して来た計画者は、責任を取らずに姿を消すだけだ。
後は戦争の後をどう収拾するかを始まった時点で予測を立てれば良い。
計画者は、この世をどうしたいかの主体的考えさえあれば、計画的に戦争を収束させ新秩序を作りだす。
それで知らないうちに国が消え民族だけが国境の無い原野に放置される。
そして世界政府成るものが樹立されネットワーク的に統括支部が出来人類支配が可能になる。
そんなに上手くいくかな?
もう好い加減虚構社会の支配を退け実体のある日本政府と国家の有り方を考えた方が良いのではないか。
先ずは現憲法の破棄から始めよう。今の憲法では、危険すぎる。
katachi |  2016.08.16(Tue) 00:46 |  URL |  【コメント編集】

◆反日左翼の太田泰彦(日経新聞・論説委員)が反日的歴史観で解説!懲りない反日メディア(『未来世紀ジパング』【太平洋の島国と忘れ形見…戦後71年、日本の貢献】)
(16/08/15放送)

太田泰彦の反日歴史解説
「ただ!忘れてはいけない事があります!かつて、南シナ海や太平洋でこれほど勢力を広げた国がありました。

1942年当時の日本軍の最大勢力の範囲です。西は現在のミャンマーでしょ?東は日本とハワイの間くらい。それから南はオーストラリア北部まで。(暗く物々しい音楽が流れる)

日本はかつて、太平洋の多くの国々を戦争に巻き込んだ訳ですよね。そしてここが激戦地になって物凄い多くの方々が亡くなってる訳なんです。
その一つがオーストラリアに近いソロモン諸島のガダルカナル島、これがあります。」

↑そもそも荒らしたのは大きな火力の米軍の攻撃によるものですが、反日主義者はこの歴史を語る時、アジア諸国はすでに彼らの国々ではなく、欧米諸国の侵略により植民地支配されていた事実を言わない。

実際、日本軍のおかげで、東南アジア諸国を植民地支配していた白人諸国の支配に大きな亀裂が入りました。
だからこそ戦後、東南アジアの親日感情は強い。日本軍の歴史をそんなにマイナスに考えていない証拠です。太田泰彦の解説通りなら、反日国家郡になっているはずです。

●ティ・サイ(前インド弁護士会会長)
「インドの独立は日本のおかげで30年早くなった。この恵みを忘れてはならない」

●バ・モウ(前ミャンマー首相)
「我々を白人の支配から救ってくれたのは日本だ。 日本ほどアジアに貢献した国はない。日本ほど誤解されている国もない」

●シャルル・ド・ゴール(フランス大統領)
「(日本による)シンガポール陥落は、白人植民地主義の歴史に終焉をもたらした。」

●シャプエ(前マレーシア外相)
「日本がなかったら、東南アジアの独立はなかった。 日本が見せてくれた高貴な犠牲を否定するのは『バックミラー』だけを見ているのと同じことだ」

●アーノルド・トインビー(イギリスの文明評論家)
「第2次大戦で、日本は自分のためよりも、むしろ戦争で利益を得た他の国のために偉大な歴史を残した。
その国とは、日本が提唱した大東亜共栄圈(アジア)に含まれる国々だ。」

反日解説の提供◆富士学院・YANASE・プリントパック・富士通エフサス・MAZDA・JBCC・HIS・COMTEC
反日マスコミ【検索】 |  2016.08.16(Tue) 01:20 |  URL |  【コメント編集】

★反省よりも英霊に対する感謝を

いつも拝見しております。
仰る通りですが、今上陛下御自身がいつまでも反省とか口にして頂きたくないのが心ある国民の本音です。赤紙1つで戦場で散華された英霊の方達の何を反省しろというのですか?
反省よりも、貴方達のお陰で皇統も 継続し国民は平和と繁栄を享受しております。国民に代わり心より感謝致しますと述べて頂きたいと想います。陛下がそのように申されれば、英霊や先の大戦で犠牲になられた多くの御霊の本当の鎮魂になるのだと強く想います。
ケイシ |  2016.08.16(Tue) 07:37 |  URL |  【コメント編集】

「自虐史観からおさらばしよう」はそのとおりですが、それは極めて困難で
すね。このブログで比較的真っ当なコメントを寄せられる方にも、防衛大臣
が8月15日の靖国参拝を取りやめたことに対して、多くの批判がありま
すが、それ等の批判に対して「8/15に参拝を強要する人って、『誠意を見
せろ』って恫喝するヤクザみたい。 品がない。」と言っておられる方もおら
れます。このコメントを見て、こんな方でもこんな意見を言われるのだから、
100年経っても自虐史観からの脱却は不可能と感じました。
8月15日は政府主催の「全国戦没者追悼式」が行われる日です。本来なら
この日に、恐れ多いことですが天皇陛下が靖国神社に行幸され、首相以
下が参拝される日が来れば、その日こそ「自虐史観からの脱却」が成し遂
げられた日になるのではと思います。
おっさん |  2016.08.16(Tue) 08:51 |  URL |  【コメント編集】

★天皇の発言は政治利用するものがいつも待っているのだ

天皇が「反省」と言えば
その意味、真意がどうであっても
これまた政治利用される。

で、さっそくされているではないか。

天皇は戦争のどこかの部分で「反省」すると言っているわけで、
それがどこか分からないから
政治利用する者が「戦争全体」を「反省」と解釈して流しても
有効になってしまう。

そういう重要な言葉は
天皇が日ごろ気にしている「天皇の政治利用」を考えれば
言うべきではない。

常に天皇は「政治利用」される危険がある立場
というのを宮内庁も
よく考えないと。

だから、天皇の影響力がマイナスにもプラスにもはたらくと
言うのだ。
M |  2016.08.16(Tue) 12:02 |  URL |  【コメント編集】

★戦争当時朝日は、喜々として煽ったではないか。

日本が負ければ、手のひら返しか。
それがクオリティー新聞のしたことだ。
今は、見る影もなく黄昏ている。
国民の多くが保守で有り反日朝日のPRに乗る人間は、特殊な存在となっている。
反日朝日の価値は、存在しているのだろうか?
比較検討する道具でしかなくなっているではないか。
間違った指針を示して来た反日朝日は、脆くもクオリティー新聞の全否定を受けている。
これは反日朝日の記者たちの人格否定に相当する。
katachi |  2016.08.16(Tue) 23:55 |  URL |  【コメント編集】

★天皇陛下は権威であります

天皇陛下は権力ではなく、権威であります、御言葉を利用する不敬の輩、自己矛盾だとわからない赤は病院へ。
もう、電波も紙切れもいらないでしょう、何しろエコロジーなんですから(笑)
政界ウォッチャー三十年 |  2016.08.17(Wed) 20:49 |  URL |  【コメント編集】

★たびたび失礼致します

マスゴミはしょせんゴミです、ゴミはゴミ箱へ、
まあ、繰り返し申し訳ありませんが、押し紙だの無理やり、販売店に押し付け、新聞奨学生なる、現代の奴隷制度、また拡張団なるヤクザ、昔から赤が書きヤクザが売って馬鹿が読む、しかしその仕組みは段々通用しなくなりはじめました。
労基署や公正取引委員会は、もっと仕事をしてほしいです。
政界ウォッチャー三十年 |  2016.08.18(Thu) 00:29 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4025-254d785f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |