2016.08.06 (Sat)


日本の領海を侵犯した中国が「日本は冷静な対応を」だと!


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

いよいよ海自の出番か

 中国政府は日本の領海を侵犯しておきながら、ここは中国の領海だからいたずらに騒ぐなと日本に警告して来た。
尖閣諸島に対する歴代日本政府の曖昧な態度が中国を付け上がらせている。

 識者たちはかねてから、このまま尖閣諸島を放って置けば、いつか必ず中国は取りに来ると警告を発していた。
石原慎太郎元都知事は灯台を建てるとか、船着場を造れと言っていたが、中国に気兼ねして国は放置して来た。

 東京都への国民からの寄付金は何億にもなったが、どこに消えたのか誰も分からない。
民主党の野田元首相が慌てて国有化を宣言したが逆効果だった。
むしろ東京都が日本国民の寄付金で灯台でも船着場でも作るべきだった。

 竹島はまさにその逆で、韓国は次々と小さな島に港や灯台を造り軍隊を配備してしまった。
取り返すことは容易ではない。

 しかし、尖閣諸島は無人の島だ。
中国と日本が口先でオレのものだと言っても実効はない。
建造物を作るなりして実効支配を早くした方が勝ちだ。

 中国が近々そうすることは目に見えている。

時事通信(同上 22:35)
日本に「冷静な対応」要求=尖閣沖の公船・漁船航行で-中国

【北京時事】沖縄県・尖閣諸島周辺に中国海警局の公船7隻と漁船約230隻が航行しているのが確認された問題で、中国外務省の華春瑩副報道局長は6日、談話を出し、「中国側は関係海域の事態を適切にコントロールする措置を取っている」と強調。その上で「日本が冷静に現在の事態に対応し、情勢の緊張と複雑化を招くいかなる行動も取らず、ともに海域の安定に建設的な努力を行う」よう求めた。
 公船とともに多数の漁船が尖閣周辺に集まるのは異例。中国の強引な海洋進出に批判を強める日本をけん制するとともに、領有権に関して既成事実を積み重ねる狙いがあるとみられる。
 華副局長は尖閣諸島について「中国固有の領土」であり、周辺海域を含め「争うことのできない主権を有する」と従来の主張を繰り返した。 
 中国当局はこれまでも、尖閣諸島沖の日本の排他的経済水域(EEZ)で、海警局の係員が中国漁船への立ち入りを実施。海上での取り締まりにより中国の主権や管轄権を主張している。


産経ニュース(同上)
尖閣へ集結の中国漁船約230隻、乗り込むのは軍事訓練受けた漁民か 
習近平政権、日本支配の打破へ新段階 南シナ海関与を牽制も

 【北京=西見由章】尖閣諸島(沖縄県石垣市)の周辺海域に中国が漁船約230隻を集結させたのは、日本の実効支配を崩すため新たなステージに踏み出そうとする習近平政権の明確な意思がうかがえる。南シナ海問題への関与を牽制(けんせい)する狙いもあるようだ。
 これだけ大量の中国漁船が尖閣諸島周辺に集まったのは、日中平和友好条約締結のため国家指導者、鄧小平が来日する半年前の1978年4月に100隻以上の中国漁船が集結して以来とみられ、極めて異例だ。当時、漁船の一部が日本領海に侵入し、領有権問題の存在をアピールした。
 今回も漁船に乗り込んでいるのは「射撃などの軍事訓練を受けた漁民」(中国軍事研究者)で、中国当局や軍の意を受けて動く民兵の一種とみられる。
 中国当局は安倍晋三政権の内閣改造で、安倍首相に政治信条の近い稲田朋美氏の防衛相起用などを受けて政権の「右傾化」を警戒。今後の南シナ海問題への関与強化に対抗する狙いもあるようだ
 先月12日にオランダ・ハーグの仲裁裁判所が南シナ海における中国の主権を全面的に否定する判断を示して以降も、中国は海洋進出の既成事実を積み重ねる姿勢を崩していない。今後、行動をエスカレートさせる可能性もある。
 中国が大量の船や大型船を尖閣周辺に出せば海上保安庁による対応は難しくなる。中国は海上警備行動の発令を「軍事力の行使だ」として牽制しているが、日本側の毅然(きぜん)とした対応が求められている。


(引用終わり)

稲田朋美防衛大臣で日本は「右傾化」するとは大間違い。
稲田氏の立ち位置は左右のど真ん中である。
真性保守派は常にど真ん中である。

尖閣諸島は沖縄県に所属する。
日本政府を敵視する翁長沖縄県知事は、中国に尖閣諸島を乗っ取られても痛くも痒くもないのか。
中国を批判する姿勢は全然見せない。
沖縄も中国に贈呈したいのであろう。

戦後70年、平和ボケした日本国民と日本政府が長い間、領土領海に対する確りした認識を持っていなかったことがこのような事態を招いたのである。

いつまでも海保任せにしているべきではない。
海自が前面に出る時期が近づいている。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:37  |  -中国  |  TB(0)  |  CM(16)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

 領土問題は、お互いがけん制し合っていても何の解決にもならない。
 早く実効支配の確実な証拠を作ることが最大の肝要事項である。

 アメリカの力が完全になくなる、否、中国がそうみなす前に、我が国の固有の施設を構築する必要を強く感じる。

 早い者勝ちである。
 昔から我が国固有の領土であるといくら喚いてみても、相手がいちゃもんをつけてきている状況では、実効支配の状況を作るのは早い者勝ちであり、仮に武力衝突があってもその覚悟の上で毅然と戦わない限り領土を自衛することは出来ない。
tbsasahinhk |  2016.08.07(Sun) 00:09 |  URL |  【コメント編集】

★どうしようもない中共の何枚舌

いったい、連中には舌が何枚あるのやら(笑)
こういう場合、引くふりをして押すのが一番、そこは気力や胆力の問題ですが、カチンときたら、一呼吸おいて、引くふりをしながら押してしまいまはしょう、相手は生半可な事では動かない、匪族ですから、あとは他の国々と連携して、追い詰める、まあ逃げ道は用意しませんと、ゆっくりしかし確実に倒す、その気合いでいって欲しいです。
政界ウォッチャー三十年 |  2016.08.07(Sun) 00:20 |  URL |  【コメント編集】

日本のメディアがスクープと称して「北朝鮮のミサイル挑発に対して日本は原子力潜水艦と原潜搭載型核武装の検討段階に入ったようだ」と宣言すれば、支那の挑発もすべて解決し終了するでしょうよw

日本政府は否定も肯定もせずに、「そのような事実は了解していません」とただ微笑んでいればいいだけです。
 |  2016.08.07(Sun) 01:24 |  URL |  【コメント編集】

★余り国や国民が、解らんチンだと

最後の手段として自衛隊のクーデターも起こりうる。
憲法は着して、日本を軍事政権下に置いて日中戦に突入も有りうる。
今儘でアメリカ頼り外圧頼りだったが、背に腹を変えられない状態であれば自衛隊が動いてほしいと思う。
そうでなければ日本は、消滅すると言う事だ。
其処まで来ている危機を完治できない日本であれば仕方ないであろう。
katachi |  2016.08.07(Sun) 02:56 |  URL |  【コメント編集】

憲法は、着して>憲法は、破棄して
完治>感知
katachi |  2016.08.07(Sun) 02:59 |  URL |  【コメント編集】

領海を侵犯したら撃沈すると世界中に公表し、侵犯を発見したら、2回ほど
警告し、聞き入れなかった場合は撃沈すべし。相手が漁船だろうが公船だ
ろうが構うことはない。日本の漁船が漁のために尖閣周辺に近づいたら、
海上保安庁の船が、漁船をその地域に入れないなんて異常です。このよう
な行動を見れば、諸外国は尖閣はシナの領土だと認識してます。
おっさん |  2016.08.07(Sun) 08:03 |  URL |  【コメント編集】

★もう、遅い

遅い

日本国政府の動きが遅かった。
外務省も足をひっぱるだけ。
偏向マスコミも中国の味方でじゃまをするだけ。

遅れは被害の大きさになって利息支払いになる。
もうそこまで来た。

南シナ海で最初に衝突が起こると思っていたけれど、
東シナ海かもしれない。

あいかわらず
偏向マスコミは中国有利に電波をとばす。

話し合いで解決とか言ってるあいだに南シナ海に軍事基地は出来、
東シナ海にプラットホームは立ち。
便衣兵は漁船でやってきた。

たぶん、日本は何もできないで、
中国軍が上陸してやっと
重いこしをあげるんだろう。
M |  2016.08.07(Sun) 08:52 |  URL |  【コメント編集】

★即応体制の無い日本

海保に死人が出て海自が、出る様じゃ遅い。
何時も事前に手が打てない。
内閣に軍事専門家が居るのかな?
素人の集まりでは、話にならない。
相手に手を出させ大義名分かしようとしている日本が見える。
人の犠牲を創らずに手前で手を打てよ。
katachi |  2016.08.07(Sun) 11:35 |  URL |  【コメント編集】

★東京都内そして日本国内における対韓国、対北朝鮮および対共産シナの核兵器配備を強く要望します。

東京都内そして日本国内における対韓国、対北朝鮮および対共産シナの核兵器配備を強く要望します。
-----

東京都知事の小池百合子(自民党)先生は東京都知事選挙において、東京都内における対韓国、対北朝鮮および対共産シナの核兵器配備を公約として明言されましたし、防衛大臣の稲田朋美(自民党)先生は、日本国内における対韓国、対北朝鮮および対共産シナの核兵器配備を言及されましたし、・・・、日本国民引いては日本人は、東京都内そして日本国内における対韓国、対北朝鮮および対共産シナの核兵器配備を強く要望します。

東京都内そして日本国内における対韓国、対北朝鮮および対共産シナの核兵器配備に反対しているのは、帰化未帰化在日韓国人、帰化未帰化在日韓国人広告会社各社、帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社、帰化未帰化在日韓国人経団連関係者、帰化未帰化在日韓国人経済産業省関係者、帰化未帰化在日韓国人によって韓国式騙されている(=韓国思想洗脳されている)バカサヨ日本人、民団、韓国、北朝鮮、共産シナなどだけです。
A敦子 |  2016.08.07(Sun) 14:04 |  URL |  【コメント編集】

★連投失礼致します

ここは、やはり海上自衛隊の警備発令かと思います。
判断は防衛大臣ですので、稲田防衛大臣の決断かと、北のミサイルへの破壊措置命令が出ていますから、同じように警備行動を発令したままにしないと、残念ながら海上自衛隊も動けません、大臣の決断を求めます。
政界ウォッチャー三十年 |  2016.08.07(Sun) 18:05 |  URL |  【コメント編集】

★緊急事態

おっさん様の意見に賛成です。すぐに政府は世界に向けて大々的に日本が侵略を受けていることを発表、緊急事態態勢をとることを宣言し、警告から反撃までを動画発信しながら単独防衛すべきです。
それに呼応するかのような沖縄の無法者は内乱準備の容疑でばんばん逮捕拘束すべきです。
弓取り |  2016.08.07(Sun) 18:44 |  URL |  【コメント編集】

米大統領がトランプになりますように!

核武装を急ごう日本。

二度と核攻撃を受けないためにも。
 |  2016.08.07(Sun) 22:53 |  URL |  【コメント編集】

★決断できるのか?

責任もって決断せ~。
憲法変える前の前哨戦だ。
自衛隊を本気で動かしてみろ!
katachi |  2016.08.08(Mon) 06:48 |  URL |  【コメント編集】

冷静沈着に、普通の国の対応策である、警告してから拿捕して、船を爆破、これが普通の国の冷静な対応です!
中国がしそうな、領海侵犯、すぐ攻撃みたいに、短絡的に熱くなっては駄目!
名無し |  2016.08.08(Mon) 13:15 |  URL |  【コメント編集】

眉毛 ‏:

政府が出すのは中国公船の「写真」だけ、オカしくないか?

なぜ尖閣を取り囲む漁船の大群や公船の大群の動画を見せないのか。
国民に知らせたくないという意図を感じる


オフイス・マツナガ:

やはり「写真」公開に強硬に反対しているのは「外務省だった」

 理由は「相手を刺激する」


オフイス・マツナガ :

岸田さん、反対しているみたい。

 安倍さんも大変!
* |  2016.08.09(Tue) 15:18 |  URL |  【コメント編集】

オフイス・マツナガ ‏@officematsunaga 5分5分前
【緊迫・東シナ海】岸田文雄外相が駐日中国大使に抗議 「一方的に現場の緊張を高める行動は断じて受け入れられない」 - 産経ニュース http://www.sankei.com/politics/news/160809/plt1608090007-n1.html

ポイント:<日本政府の閣僚が中国側に直接抗議するのは初めて>
「岸田は今までなにやっていたのか?」



オフイス・マツナガ ‏@officematsunaga 4分4分前
オフイス・マツナガさんがオフイス・マツナガをリツイートしました
【ポイント:<日本政府の閣僚が中国側に直接抗議するのは初めて>】

「岸田は今までなにやっていたのか?」
 なんか、
「日本の閣僚に、靖国参拝するな!といってました」(その他記者




Mi2 ‏@YES777777777 18分18分前
【中国漁船の写真公開】海上保安庁は、尖閣諸島周辺で撮影した中国漁船の映像を公開。現在も通常に比べてるとはるかに多い数の中国公船が尖閣諸島周辺に展開している。
聞く耳を持たない中国に抗議する段階は終わっている。最悪の事態に備えるべき。


* |  2016.08.09(Tue) 19:32 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4012-2b72ec11

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |