2016.08.06 (Sat)


中国の挑発に稲田防衛相は断固として立ち向かえ


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

稲田新防衛大臣を挑発

 中国が尖閣諸島をめぐっていよいよ間合いを詰めて来た。
中国政府の船と民間の漁船が相携えて日本の尖閣領海に侵犯して来たのは始めてである。
新任の稲田朋美防衛大臣の対応を瀬踏みしているのだ。

柔和なリベラル派岸田外相では舐められるばかりだろう。
稲田氏の毅然とした対応に期待する。

産経ニュース(2016/8/6)
尖閣の接続水域に中国海警局6隻と中国漁船230隻来襲! 
外務省の金杉アジア大洋州局長「緊張をさらに高めるエスカレーションだ」

2016080603.jpg
沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域を航行する中国海警局の船=6日午前(第11管区海上保安本部提供)

 日本の外務省は6日午前、沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域に中国海警局の船6隻とその周辺に中国漁船約230隻を確認したとして、中国側に抗議したと発表した。
 外務省によると、接続水域に入った中国海警局の船のうち、3隻はその外観から武器を搭載していると分析している。


(引用終わり)

漁船が230隻とはただ事ではない。
尖閣諸島海域が漁船で真っ黒に埋まってしまったと考えても良い。

そして近い内に必ず彼等は上陸する。
それを見過ごせば尖閣諸島はやすやすと中国のものになる。
リオのオリンピックの開幕式で日本は浮かれているが、日本の国民が危機感を持つことが一番大切だ。

【追記】朝日新聞は同件を次のように報じている。

朝日新聞(同上13時05分)
尖閣諸島の接続水域に中国公船6隻 外務省が電話で抗議

 6日午前8時5分ごろ、沖縄県・尖閣諸島の魚釣島沖の接続水域に、中国海警局所属の公船「海警」6隻が航行しているのを海上保安庁が確認。外務省の金杉憲治アジア大洋州局長が郭燕・在日中国大使館公使に電話で接続水域から出ることを求め、「現場の緊張をさらに高める行為」として強く抗議した。同省によると、接続水域には公船がほぼ毎日3隻進入しているが、6隻に増えたため抗議のレベルを上げたという。


(引用終わり)

産経ニュースは「中国漁船約230隻」と報じているが、朝日新聞デジタルは無視。
実にのんびりした報道だ。
もしかして産経の230隻は23隻の間違いか?と外務省のホームページで確認したら、間違いなく230隻と書いてあった。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

13:22  |  -中国  |  TB(0)  |  CM(15)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

 敵ながら天晴と言わざるを得ない、中共!

 日本の外務省、防衛省に爪の垢でも飲ませて欲しいものだ。
tbsasahinhk |  2016.08.06(Sat) 14:34 |  URL |  【コメント編集】

★早速防衛大臣を試しに来たな。

元寇襲来の様な風景ではないか。
日本としては、潜水艦でどの位沈められるか試験出来るのではないか。
潜水艦1隻でどの位沈めるのか計算できようと言うもの。
いざとなれば尖閣周辺に機雷をばら撒けば、無人島で有っても近づけまい。
katachi |  2016.08.06(Sat) 14:52 |  URL |  【コメント編集】

稲田が頭がよけりゃあ別にそれでいいけどよ、コイツウエマツヨウギシャじゃん
防衛、外交、は人の気を理解できない読めないやつは致命的
ゴジラの防衛大臣みたいにはどうやってもなれんな
 |  2016.08.06(Sat) 15:03 |  URL |  【コメント編集】

★あの二階堂さえも稲田無能認定!

http://www.nikaidou.com/ 二階堂ドットコム
2016年8月4日 19:25 貴様ら!俺の言うことを聞いてみませんか?

稲田朋美やたら持ち上げられてるけど。。。
答弁の時とか、なんかしゃべりがガキっぽいというか。。。軽いなぁ、と感じるの俺だけ?
内容は重いんだけど、しゃべり方がなんか、「頑張って爪先立ちしてる大学生」くらいにしか思えんのだわ。。。
こぴ |  2016.08.06(Sat) 15:08 |  URL |  【コメント編集】

稲田「基本的人権、国民主権、平和主義、この3つをなくさねばなりません!」

↑ どう見ても中国人民解放軍のお友達です有難うございました。
 |  2016.08.06(Sat) 15:11 |  URL |  【コメント編集】

★在日が、湧いてますな。

そんなに怖いか。
日本の女を怒らすと何するか解らんぞ。
日本の主権者は、実は女だからな。
katachi |  2016.08.06(Sat) 15:25 |  URL |  【コメント編集】

無人機で長江と黄河のダムにミサイルを撃ちこんで大洪水を発生させれば数億人は確実に亡き者にできるから、亡命東トルキスタン・チベット人に民間軍事会社を結成させて支那中共へ闇工作活動をさせるべきだ。
 |  2016.08.06(Sat) 17:43 |  URL |  【コメント編集】

★中共は火付け強盗

国際法も守らない無法者、勝手に線を引きこれは私のものアル、冗談ではありません、日本も断固たる態度が必要ですが、東南アジアの諸国とも連携し、強盗団を追い払うべきです、共同軍事演習が難しいなら、別の名目で、海難救助や海賊または密輸対策として、日本の自衛隊及び海上保安庁と合同訓練すべきでしょう
政界ウォッチャー三十年 |  2016.08.06(Sat) 17:47 |  URL |  【コメント編集】

尖閣周辺に中国の公船(武装してるとか)と320の漁船、この漁船はいざというときに中国軍の指揮下で日本を侵略することでしょう? ベトナムでも同じような事をしてる!
 |  2016.08.06(Sat) 17:59 |  URL |  【コメント編集】

★安倍首相の「法則発動」

アメリカは、小泉ブッシュの頃は日本核武装を
当然のことのように支持していて、核兵器開発にも協力すると言っていた。

だが安倍政権ではダンマリだ。
安倍首相は、個人的な友人が米軍系ワシントンやNATOには、いない。

安倍首相が満州利権にしがみついている限り
日本が西側先進国の一員となることは、ないだろうね。
うーぼーと |  2016.08.06(Sat) 18:16 |  URL |  【コメント編集】

 外務省、防衛所のだらしなさより、もっと性質の悪い亡国の輩は、新聞テレビの自称ジャーナリストという特亜国目線の者たちである。

 国民がもっと目覚めれば中共だって 朝鮮だって、今の様に傍若無人にふるまうことを自重するだろうけど、戦前の日本と同じように我慢の限界が超えるまで駄目だろうね。

 そうなってからじゃ、引っ込みがつかなくなるのは経験から少しは学べばならないと思うのだけどなぁ。
tbsasahinhk |  2016.08.06(Sat) 18:49 |  URL |  【コメント編集】

稲田大臣に恐怖する人々のコメントって本当に哀れですねw
あなたたちが恐怖のあまり大臣を叩けば叩くほど、大臣はスキルアップするでしょうよ。
 |  2016.08.06(Sat) 23:24 |  URL |  【コメント編集】

「核廃絶を唱えながら核武装議論を深める」これこそが世界平和と二度と核攻撃を受けない国づくりの本来の在り方ではないでしょうか。

もちろん、1、2、3、で核保有国の核兵器が同時に全廃絶できるのならば核武装議論なんて必要ないんですがねw まあそれは有り得ない妄想ですね。

都知事になった小池氏、防衛大臣になった稲田氏、総務大臣の高市氏、3氏ともに「核武装は日本の安全保障議論から排除できない」とはっきりと主張する女性政治家です。

日本の政治は、保守な女性政治家に任せた方がいいのでは…と思えてくる今日この頃です。
稲田朋美応援団 |  2016.08.06(Sat) 23:44 |  URL |  【コメント編集】

★谷口教宇宙神ってなんだよ。

個人崇拝は、偶像崇拝ではないか。
それは全く違うぞ!間違った見解は、言わないでもらいたい。
谷口雅春氏は、大本教の分派である。
大本教を受け継ぎながら、独自の解釈を霊性によって自動書記したもので有り、谷口個人の頭脳知で書かれた物では無い。
従って日月神示同様文章は、素人には難解な文字で有る。
日本には、そう言う言霊的集団が、多元的に存在する。
katachi |  2016.08.07(Sun) 03:20 |  URL |  【コメント編集】

国連事務総長のパンさん、一度でいいから韓国人を代表してライダイハンに謝罪してくれませんか。その瞬間が国連事務総長として勤める中で、そしてパンさんの人生で最も世界平和に貢献する瞬間ですから。だから国連事務総長さん、お願いだから騙されたと思って(実際には騙してない)韓国人を代表してライダイハンに謝罪してほしいです。
x |  2016.08.07(Sun) 06:11 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/4011-93b098d7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |