2016.07.09 (Sat)


選挙前日の社説 朝日の妄想と産経のリアリズム


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

どちらが正しいか考えてみよう

 明日はいよいよ参議院選挙の日を迎える。
今朝の朝日新聞と産経新聞の社説を読み比べると、教条主義者の朝日新聞とリアリズムに徹した産経新聞の違いがはっきり分かる。
朝日新聞の示す方向と産経新聞の示す方向のどちらが正しいか。
有権者はよく考えた上で明日の投票に望むべきである。

⇒朝日新聞社説(1016/7/9)
参院選 あす投票 有権者の「知る義務」


「3分の2」が衆院に続き参院でも実現すれば、70年前に公布された現憲法のもとで初めてだ。憲法改正の国会発議が、いよいよ現実味を帯びてくる。

(と憲法改正への危機感を示して・・・)

 この選挙は歴史の岐路になる可能性がある。それなのに、与野党の論戦はかみ合っているとは言えない。
 だからこそ、あすの投票日を前に、有権者の「知る義務」について考えてみる。


と「東日本大震災で、原発の安全神話にだまされていたことを知った憲法学者の樋口陽一の言葉を引用して、安倍首相は憲法改正について一言も触れない、我々は騙されていると批判する。
特定秘密保護法も安全保障関連法も選挙では一言も言わなかったのに強行採決をしたという。
野党の言い分そのままである。

「改めて思い起こそう。特定秘密保護法も、解釈改憲の末の安全保障関連法も、政権は直前の選挙であまり語らぬまま、多数を得た国会で押し切った。
 この選挙は「二度あることは三度ある」のか、「三度目の正直」なのかが問われている。今度こそ、有権者ひとりひとりが「知る義務」を果たそう。」


(中略)

「たとえば、自民党の改憲草案が、いかに権力への縛りを緩めて、国民を縛る内容か。個人の権利より、どれだけ「公の秩序」を重視しているか
 首相は「(草案が)無傷でいくとはおそらく自民党の誰も考えていない」という。だとしても、草案には自民党がめざす国や社会の姿が描かれている。
 それを支持するのか、しないのか。あすの一票の確かな判断材料になる。」


はっきりと自民党が野党時代に作成した憲法草案を否定している。
自民党の草案が個人の自由を縛るものとは被害妄想狂も甚だしい。
国民あっての国家、国家あっての国民という極めて常識的な考え方を否定して、国家権力が国民の権利を縛るかのような朝日新聞の印象操作を果たして国民は見破ることができるだろうか。
中国、北朝鮮、ロシアに囲まれた日本の緊迫する国際環境に全然目もくれない朝日新聞の社説は異様だと気づかないだろうか。

これに対して産経新聞社説は、今目の前にある危機に目を向けろとリアリズム路線である。
朝日新聞の言うように、観念的な国家と国民の対立関係の問題ではないのだと。

⇒産経新聞社説(同上)
【主張】参院選あす投票 平和と繁栄守る選択を 眼前の危機を直視しているか


世界の中で日本はいかなる状況に置かれているか。それを考えながらあすの参院選に臨みたい。
 もとより、消費税増税の再延期とその後の対応という経済、社会保障が争点の選挙である。
 しかし、日本がいかにして自国の平和と安全、国民の生命と財産を守っていくか。不断に取り組まねばならないテーマについて、切迫度を増していることから目をそらしてはならない。


(中略)

選挙戦の論点に沿えば、安全保障関連法の制定など日米同盟の抑止力を強化していく近年の安全保障改革の流れを進めるか、それを止めるかの選択である
 参院選の公示直前、中国の軍艦が尖閣諸島(沖縄県)周辺の接続水域や口永良部島(鹿児島県)周辺の領海に侵入した。海上保安庁の巡視船では太刀打ちできない軍艦を中国が投入し、尖閣危機は一段と深刻になった。6月中旬には、これまでよりも尖閣方面へ南下してきた中国軍戦闘機が攻撃的飛行をしたため、航空自衛隊の戦闘機と空中戦の一歩手前までいく事態になった。
 日本が手をこまねいていれば、尖閣は奪われ、次は先島諸島や沖縄本島が危うくなる。


(中略)

南シナ海、北朝鮮、ロシアの危うい現状を指摘した上で・・・

「冷戦期をはさみ、自衛隊と日米同盟に基づく米軍の存在が抑止力となって、日本の平和を守ってきた。憲法9条が日本を守ってきたというのは幻想にすぎない
 9条を金科玉条とすることが抑止力の構築も妨げてきた。何もしなければ平和がもたらされるという「戦後平和主義」は侵略を誘う危うい考え方だ。その論者は昨今の出来事をどう説明するのか。」


(中略)

アメリカも次第に内向きになって来たという現状を踏まえて・・・

「民進、共産など野党4党は同法廃止を唱えるが、平和の追求とは全く逆の効果しかもたらすまい。廃止すれば日米同盟は確実に弱体化する。喜ぶのがどの国か分かりそうなものではないか
 自衛隊を違憲としてきた共産党と「共闘」できるという民進党などの安保感覚は大丈夫か。」


と共産党と共闘する民進党を批判している。

産経新聞社説はPonkoの下手な抜粋ではなく是非とも全文をお読み頂きたい。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

18:39  |  2016参院選  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★外敵を見せない内訌マスコミ

ロシア(当時ソ連)のミグ戦闘機の亡命事件は古いですが、その後も、ロシア潜水艦だかが津軽海峡を通過していたり、終戦どさくさの火事場泥棒行為と非戦闘員殺傷の国際法違反を行い、いまだに盗んだ北方領土を返さないロシア(当時ソ連)は、現在も不気味な軍事大国です。

北朝鮮は、非正規の輸出入をもくろみ地下経済でしか蓄財できないくせに、あいも変わらずでかい花火を打ち上げて、政権維持と国威高揚と恫喝瀬戸際外交しかできない、世界に冠たるチンピラ王朝です。

中共シナは、非自由主義で毛沢東以来の革命は銃口からの実態を、平等に名を借りて隠ぺいする独裁泥棒国家であり、南シナ海と東シナ海に跳梁跋扈して隠しきれない体質を露見させています。
日本の領海内はもちろん公海も世界の環境も破壊し、少数民族を弾圧して恥じず、天安門に象徴されるように言論の自由を重火器で弾圧して、党幹部が19世紀の王侯貴族のように莫大な富を不正蓄財している、日本人がイメージするような自由と平等なんかどこにあるか知れやしない匪賊暴力国家です。

現実主義で、日本の国境と領海と国益と日本国民の生命財産を託すに足る政党、政治家に一票を投じるべきですね。
弓取り |  2016.07.09(Sat) 20:56 |  URL |  【コメント編集】

朝日新聞が言うことの反対を取るのが鉄則でしょう。
朝日新聞は嘘の垂れ流しばかりですから。
おっさん |  2016.07.09(Sat) 21:24 |  URL |  【コメント編集】

★朝日に誰が支援しているのか?

出鱈目新聞を支援する国は、チャイナしかない。
広告も激減しているだろうし社会から排除される運命にある。
それでも朝日を取っている人も居るだろうけど、出鱈目情報で何が解るのだろう?
クオリティー新聞は、昔の事完璧に日本人を騙して来た新聞だ。

katachi |  2016.07.09(Sat) 23:39 |  URL |  【コメント編集】

朝日は安倍には厳しく小沢には異常に甘い


小沢も世襲なのに批判なし
小沢も対米追従で湾岸戦争費用130億ドル差し出したのに批判なし

対米追従はやめろと言いながらアメリカに押し付けられた憲法にしがみつき、海外が少しでも安倍批判すると大喜びアメリカが言ってるから~
日本もアメリカの真似をしろ~左翼の方がよほど対米追従
ななし |  2016.07.10(Sun) 16:30 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/3964-69d4d389

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |