2016.06.11 (Sat)


中国海軍尖閣侵入にもどこ吹く風の翁長県知事


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

中国に舐められないためには

 産経と読売の社説が中国海軍の尖閣諸島接続水域侵入を強く批判したのに対し、朝日は完全スルーして一日遅れの今日、「習近平の指示ではなくて現場の暴走かも」「話し合いで解決を」「市民レベルの交流を」と、中国寄りのまったく的外れの社説を出したことは前記事でご紹介した。

この朝日新聞の他に、自分の行政区域なのにだんまりを決め込む首長が居る。

2016061101.jpg

翁長雄志沖縄県知事である。
自分の行政責任がある地域に中国の軍艦が近づいて威嚇行動をしても何とも思わないのである。

彼が中国の工作員だと思われても仕方の無い所以である。

産経新聞もこの翁長沖縄県知事を「何とも言わないのか」と皮肉っている。

産経ニュース(2016/6/11)
中国軍艦侵入にもだんまり…翁長沖縄県知事、発言なしですか


 中国海軍の艦艇が尖閣諸島周辺の接続水域に初めて侵入したことに、沖縄県石垣市の中山義隆市長は「非常に強い危機感を持っている」と述べました。尖閣を行政区域に抱える市政トップとして当然の反応でしょう。対照的に何もコメントしなかったのが翁長雄志知事でした。
 翁長氏は昨年5月の外国特派員協会での会見で「私も尖閣は日本固有の領土だと思っている」と明言しました。ならば即座にメッセージを発してもよかったはずです。共産党の志位和夫委員長も「軍艦侵入は軍事的緊張を高めるだけ」と批判したのですから。米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設反対を訴える翁長氏として、中国の脅威を強調すると米軍基地の重要性を認めざるを得ないと懸念したのでしょうか。それとも翁長氏には危機感がないのでしょうか。(編集局次長兼政治部長 有元隆志)


(引用終わり)

産経新聞が言うように、「中国の脅威を強調すると沖縄米軍基地の必要性を認めなくてはならなくなる」「危機感が無い」
という以上に、そのイデオロギーが「中国への編入」を願っているからである。

日本政府が即座に反応したのは当然とは言いながら良かった。
斎木昭隆外務事務次官が9日の午前2時に駐日中国大使の程永華を外務省に呼びつけて抗議した。
民主党時代、中国政府とのパイプを持つ財界人の丹羽 宇一郎在中大使が夜中に中国政府に呼び出されてノコノコ出頭したことを悔しく思ったが、その逆を行った。

 産経新聞系のZAKZAKによれば、尖閣諸島で日米VS中の軍事衝突があれば中国は1週間で全滅という景気のいい話が載っているのでそれで溜飲を下げることにするか。
少々長いがコピペご容赦。

ZAKZAK(同上)
自滅への一歩を踏み出した中国 尖閣で軍事衝突なら「1週間で全滅」の指摘も


 沖縄県・尖閣諸島周辺で「開戦の危機」が、にわかに高まっている。中国海軍のフリゲート艦が、接続水域に侵入するなど挑発行為をエスカレートさせたのだ。中国海軍が初の艦艇派遣に踏み切ったことで、自衛隊や米軍との軍事衝突も現実味を帯びてきた。東アジアで軍事的覇権を強める「赤い帝国」と激突した場合、どうなるのか。軍事専門家のシミュレーションには「中国艦隊は1週間で全滅」という分析もある。

 「緊張を一方的に高める行為で、深刻に懸念している」「わが国の領土、領海、領空を断固として守り抜くために毅然と対処していく」

 中谷元(げん)防衛相は9日、中国のフリゲート艦による接続水域内への侵入について、厳しい口調でこう言い切った。

 これまでも、中国公船による尖閣周辺への侵入は、連日のように繰り返されてきた。ただ、日本の海上保安庁に相当する中国海警局の公船がほとんどで、軍艦が姿を見せたことはなかった。

 防衛省などによると、9日未明に久場島北東の接続水域に入ったのは、中国海軍のジャンカイI級フリゲート艦1隻。排水量約4000トンで、ロケット砲や艦対空ミサイルなどを装備する最新型の戦闘艦だという。

 海自護衛艦「せとぎり」は事前に、「このままだと、わが国の領域に入る」とフリゲート艦に何度も警告していた。

 軍事ジャーナリストの世良光弘氏は「今回は『軍部の暴走』という言い訳は通用しない。このまま中国側の挑発が激化すれば、尖閣周辺での局地戦が勃発することもあり得る。中国海軍の艦艇派遣で、自衛隊も艦艇投入に踏み切る大義ができた」と語る。

中国軍艦が今後、接続水域を越えて、海の領土である領海へ侵入すれば、日本政府は自衛隊に海上警備行動や防衛出動を命じて対応する。

 制服組自衛官のトップ、河野克俊統合幕僚長も記者会見で「相応の対応は取っていく。一般論としては、海上保安庁で対応できない場合は海上警備行動をかけたうえで、自衛隊が対応する仕組みになっている」と述べた。

 海上警備行動の場合、武器使用は「正当防衛」か「緊急避難」に限定されるが、防衛出動の場合、自衛隊には自衛権に基づき必要な「武力の行使」が認められている。

 もし、中国側が戦端を開いたら、どうなるのか。

 前出の世良氏は「有事となれば、海自佐世保基地から8隻の護衛艦からなる第2護衛隊群が急派される。航空自衛隊那覇基地からはF15戦闘機30機程度が、空中戦に備えて出撃するだろう。他の基地のF2戦闘機が応援に駆けつける事態もあり得る」といい、続けた。

 「後方支援に回るのが、米海軍の第7艦隊だ。米原子力空母『ロナルド・レーガン』に加え、イージス艦など10隻、原子力潜水艦3隻が出動するはずだ。中国側は東海艦隊が前線に投入される。駆逐艦やフリゲート艦、潜水艦など50隻が所属する艦隊だが、自衛隊と米軍との戦闘力の差は歴然だ。1週間で東海艦隊が全滅する事態もあり得る。中国は『自滅への第一歩』を踏み出したともいえる」

中国は南シナ海に続き、尖閣諸島を含む東シナ海でも軍事的覇権を強めている。日中中間線付近には軍事拠点化が懸念される海洋プラットホームを次々に増設している。一線を越えた隣国に対し、日本も相当の覚悟が必要といえそうだ。

 静岡県立大特任教授で軍事アナリストの小川和久氏は「まだ、中国が完全に牙を剥いたという段階には入っていない。今回の挑発は、10日から17日まで、沖縄東方海域などで行われる日米印共同訓練『マラバール2016』をにらんで、中国側がメッセージを発したと捉えるべきだろう。今後も日中間で、こうした駆け引きが続くはずだ」と指摘する。

 今回の中国の暴挙に対し、日本政府の動きは早かった。外務省の斎木昭●(=隆の生の上に一)事務次官は9日午前2時ごろ、中国の程永華駐日大使を外務省に呼び出して、厳重抗議した。

 前出の小川氏は「官邸は異例の早さで対応した。中国側に極めて強いメッセージを発した。これまでのところ、日本側の対応は適切だったといえる。中国側も、日米と衝突すれば大変なことになると分かっている。海上自衛隊に海上警備行動が発令されるギリギリのところで挑発を続けるだろう。日本側は今後、防衛力の整備を進めるのとともに、海上保安庁の予算を拡大し、領海に関する法改正を早急に進める必要がある」と語った。


(引用終わり)

これはあくまでアメリカ様が日本を守ってくれるということが前提である。

日本は中国に舐められぬように更に一層国力を付けるべきである。
そのためには経済も大事だが憲法改正、軍事力強化が急がれる。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:54  |  沖縄基地問題  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★学ばない人の末路

今頃になって日英同盟の頃が日本の一番いい時だったと
懐古趣味に浸って明治賛美。
一方的に日本が有利に守ってもらえた日英同盟だったが
大正の不況時から、国内では英国悪玉論、ユダヤ陰謀論が巻き起こり
メリットより劣等感や反発心が先行し、日英同盟破棄。

ヤルタ会談で日本侵攻が決まっていたのに
ロシアは違う!信用できる!と特別扱いしてに泣きつき
のらくらはぐらかされ、やはり北方領土をとられた。

自衛隊が中国に勝つわけないよ?
省内LANは半島資本のjcom
携帯スマホは中共ファーウェイソフトバンク
衛星は大陸資本のスカパーの間借り
先の大戦時と同様、軍事情報は筒抜け。
日本軍を通じてドイツ軍の情報が筒抜けだったように、
今も自衛隊を通じて米軍や豪州軍の情報が筒抜けの可能性もある。

情報漏れるから、日米安保解消してもいいや。
米国は北米と南米で一つの大陸だし、北極海と南極海、西大西洋と東太平洋あるから困らない。
日本は中韓北露とくっつけば?白人が嫌いなんでしょ?
すでに優秀な日本人は米国を拠点にしてるから構わないよ。
 |  2016.06.12(Sun) 03:51 |  URL |  【コメント編集】

更新ありがとうございます。
仰るとおり、相手の基地を叩く事ができないミサイルを保持しない日本は丸裸です。
日本の平和は、アメリカの庇護があったればこそ平和を享受できましたが、本当にアメリカが命懸けで助けてくれるかどうかは、土壇場にならなきゃ分かりません。
ウイグル、チベットの方達のような幼児も容赦なく殺戮する中国共産党に侵略されるのを防ぐ為にも、9条に関して憲法改正は必要でしょう。(天皇陛下を元首にするのは反対です。象徴という古来神官のお立場が陛下をお守りするにも適切な称号だと思います。) 一日も早く強力な攻撃可能なミサイル防衛システムを確立する事が日本の領土、領海、更に台湾などの親日国を守る為にも必要だと思います。
ケイシ |  2016.06.12(Sun) 07:23 |  URL |  【コメント編集】

もう、国防強化憲法改正は、待ったなし。

しかし、できるところからやろうとしている安倍政権にそれができるかな。
英 |  2016.06.12(Sun) 07:40 |  URL |  【コメント編集】

★本土復帰は必要なかった

話し合いが通じない相手に対して話し合いでと何十年たってもお花畑朝日・毎日。
そんなことをしている間にどんどんとサラミ日本。

翁長雄志を沖縄県知事に選んだ沖縄県民。
こんなもんが沖縄議会の半分以上の支持を受けている。
情報はネットが使えない沖縄県民には反日・偏向琉球新報・沖縄タイムスしか無い。
沖縄県特有の反米・親中。
龍柱の翁長県知事。
だから中国を沖縄は呼び寄せる。
そして中国に危機感を感じない。

中国がだんだんと南シナ海や東シナ海で活動を活発化させ。
尖閣諸島などいよいよ公船だけでなくて軍艦を出して来ているというのに、
これに危機感を持たない、
沖縄県民、ボケまくり。
沖縄の安全は沖縄だけの安全ではなく日本全体の安全なのだから、沖縄翁長がどれほど沖縄以外の日本に迷惑なのか。

地方自治の力が強まるとこういう弊害があるという実例だ。
中央集権で国防・安保は地方に邪魔されないのが国民の生存権の元だろうに。
やはり憲法がおかしいし、法体系がおかしい。
もちろん国ほろんで憲法残る、憲法学者は狂っている。
M |  2016.06.12(Sun) 08:24 |  URL |  【コメント編集】

★時の流れに身を任せ爪を研ぐ

チャイナの国内も安定的ではないし何が起こってもおかしくない。
沖縄が、日本領である限り日本は、守り抜く。
攻めてくれば殲滅有るのみです。
チャイナのミサイル攻撃は、無差別攻撃に近いのではと思う。
どの位の精度が有るのか解らない。
背に腹は、変えられない超法規的行動でチャイナの殲滅を計ることである。
一度そうなれば、憲法改正は、即日で完成である。
九条が国を亡ぼす前に超法規を実行命令出すしかない。
日本自衛隊は、その時点で日本軍となりネガティブリストに従う事になる。
チャイナは、日本が何も出来ないと思っているが、この現憲法はジョークでしかない事が解るだろう。
katachi |  2016.06.12(Sun) 12:21 |  URL |  【コメント編集】

相手の身になって考えよう。中国は?
この程度を考えない政治家に権限を与えてはいけない。ばんばん落選させよう。
弓取り |  2016.06.12(Sun) 14:07 |  URL |  【コメント編集】

★【韓国式捏造すり替え共産シナ遺棄化学兵器処理事業の即時廃止を要求しよう!河野洋平、キムチ伊藤忠商事(株)、(株)フジタは、公安案件だ!】

【韓国式捏造すり替え共産シナ遺棄化学兵器処理事業の即時廃止を要求しよう!河野洋平、キムチ伊藤忠商事(株)、(株)フジタは、公安案件だ!】

*****
◆島根大学法文学部卒業生Ran (広島県福山市在住) 女史 コメント H28/X/XX (加筆済版)
元内閣官房長官河野洋平および内閣府大臣官房企画調整課遺棄化学兵器処理担当室は現在も依然、「共産シナ人民解放軍が現在も共産シナへ遺棄し続けている化学兵器」を「旧日本国軍が国民シナへ遺棄した化学兵器」と韓国式捏造すり替え、日本国民の血税(国税、地方税など)を共産シナ、キムチ伊藤忠商事(株)、(株)フジタなどへ韓国式横流し続けています。
*****

by長野県J
A敦子 |  2016.06.14(Tue) 12:35 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/3910-bd3422ca

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |